~在バンクーバー日本国総領事館領事 生田目尚美氏、JOGMECバンクーバー事務局所長 辻本圭助氏を迎えて~

6月13日、企友会・日加商工会議所・バンクーバービジネス懇話会共催の特別講演会がリステル・ホテルで開かれ、在バンクーバー日本国総領事館領事の生田目尚美氏とJOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)バンクーバー事務局所長の辻本圭助氏が講演した。日系ビジネスを取り巻く環境を多様な視点から捉えた生田目氏と辻本氏の講演に、約50人の参加者は熱心に聞き入った。

今年37回目を迎えるパウエル祭は、バンクーバーの夏を彩るイベントの一つとして市民や観光客にも広く親しまれている。しかし、「なぜ日本のお祭りなのに『パウエル・ストリート・フェスティバル』という名前なの?」とか、「どうしてオッペンハイマー公園でやるの?あの辺りの雰囲気がちょっと心配」という声も聞こえてくる。なぜ、パウエル祭がオッペンハイマー公園での開催にこだわるのか。それは、ここが日系カナダ人コミュニティの歴史にとって忘れてはならないエリアだからだ。

作家でコラムニスト。講演・セミナー講師、約1500社の会員を持つ企業サポートの会、ワクワク系マーケティング実践会の主宰をはじめ、さまざまな活動で活躍する小阪裕司さんが、6月に来加。インタビューに応じてくれた。

7月1日は、カナダの建国146年を祝うカナダデー。カナダ各地で祝賀行事が行われる中、バンクーバーのダウンタウンでは、今年で5回目を迎えるパレードが開催された。61の団体からおよそ2000人が参加し、沿道には、20万人近くの観客が集まった。日系コミュニティからも神輿や盆踊りでおよそ230人がパレードに参加した。

カナダ総督賞受賞

UBC博士課程卒業生、約300人の中から一人に授与されるカナダ総督賞の授与式が5月22日に行われた。その受賞者、池田安里さんは昨年10月にUBCを卒業し、現在はスミソニアン博物館のうちの一つ、米国ワシントンDCにあるフリーアー・サックラー美術館で研究員を務めている。授賞式のためにバンクーバーを訪れた池田さんに話を聞いた。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。