肌寒くなっていく毎日。今の時期、外に出ると、ゴホゴホ、ハックショーンといった苦しそうな音が必ずどこかから聞こえてくる。Public Health Agency of CanadaのFlu Watchによると、今年は、A型インフルエンザ(H1N1)が国内で広まっており、今後もインフルエンザの勢いが増すことが予想されている。本紙では、ヴィーガン料理研究家の石原亜希子さんから、そんな冬を乗り切る免疫力アップレシピを紹介してもらった。

「レストランは大好きな場所だけど、それをキャリアにするなんて思ってもいませんでした。だってキッチンといえば、気性の荒い怒ったシェフが働いている場所というイメージが強かったから」

元Zen Kitchen オーナーで、カナダのドキュメンタリー番組The Restaurant Adventures of Caroline&Daveで一躍有名になった、セレブシェフ石井キャロラインさんは言う。本紙では、そんなキャロラインさんが、シェフになった経緯から現在の活動を紹介する。

先月、オーストラリア政府よりワーキングホリデービザでの滞在期間が最長2年間から3年間に変更されると発表があった。(2018年11月5日)今までもワーキングホリデーをはじめとする各種ビザ要項の細部が変更されることはあったが、これほど大きな変更は世界的にも例がない出来事であり、日本のテレビでも取り上げられるなど大きな注目を集めた。今回は、2019年からの動向が注目されているオーストラリアとカナダのワーキングホリデーについて解説していく。

12月9日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内のUBCチャンセンターでバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ) の演奏会が開かれた(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。世界的に知られるバッハ演奏の第一人者、鈴木雅明氏が創立したBCJ は、国内外でバッハの宗教曲を中心とした演奏活動を行い、高い評価を受けている。

待望のバンクーバー初公演に駆けつけたのは約1100人。カリスマ性たっぷりの鈴木氏の指揮によるBCJ の演奏会は、歓迎の拍手で始まり、スタンディングオーベーションとともに成功裏に終わった。

師走に入る直前の11月30日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー・ダウンタウンのパブリック図書館で、建友会主催の消費者対象のセミナー(メディアスポンサー・バンクーバー新報)が、「健康は住宅から」と題して開催された。第1部は、伊藤公久さん(プロフェッショナル・エンジニア)の講演で、住宅の室内空気の汚染の現実、シックハウス解決策、ビルディング・エンベローブのテクノロジー、換気システムなど、健康で快適な住宅へ向けた解決策を解き明かした。第2部は、この問題をさらに深く探求するべく、パネルディスカッションが行われた。パネラーは、理学博士の高久英輔さん、呼吸器内科・医学博士の吉川純子さん、建築家の廣田瑛太郎さん。それぞれの専門分野から『健康は住宅から』のテーマを掘り下げた。

住宅という普遍的なことに、“健康”というアングルからメスを入れた講演には、少し恐怖すら感じる、まったく新しい気付きを呼び起こした。一般の生活者にとっても、建築関係者にとっても『心得ておくべき知識』で、これからの住まいづくりへの啓蒙活動でもあった。2時間半に及ぶセミナーだったが、“もっと時間を”というのが、約40人の参加者の一様の思いであった。

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ