2020年3月19日 第12号

 こんにちは、心理カウンセラーのゆうきです。ここ数週間で、世界中にあっという間に広がったCOVID-19(コロナウィルス)。さまざまな影響が世界的に出てきていますね。1カ月、2カ月前までは、ここまで広がるとは予測もつかなかったでしょう。そんな予測のつかないこと、不確かなことが、生きていると時には起こることがあります。

 そんな予測していなかったことが起こった時に、人はさまざまな反応をします。恐れを感じて不安になることも、気持ちが滅入ることもあります。そしてそれは、とても普通な反応です。多くの感情は、時間が経てば変化してゆくものでもあります。しかし、そのような感情が長く続くこともあり、そうなるとストレス・レベルも高くなってきます。ではそんな時、どのようにしたら良いのでしょうか?

 まず初めに一番大事なのは、今回の場合においては、テレビなど流れてくる情報を見過ぎないこと。不安要素をできるだけ少なくすることは大事です。確かな情報だけを得て、それ以外は最小限に抑えることが大事です。このように、まずは情報過多の環境を変えてみましょう。

 次に、五感をフルに使って、下記のことをイメージしてみましょう。

五感:
音楽・音と視覚的なイメージ(色や形)
心地良さ、リラックス、安心感、幸せ、喜び、楽しさ、ワクワクを感じる色や形、音や音楽はどのようなものでしょうか?思い浮かべてみましょう。

匂い・味
好きな食べ物の匂いや味、安心感のある匂い、また体が温まる食べ物はなんですか?そして幸せが広がる感じの匂いや、好きな食べ物があれば思い出してみてください。

手触り
触っていて安心する手触りはどんなもの?(例えば、ブランケット。どんな生地でしょうか? また洋服やショール、マフラーなど身に付けるものの生地も思い浮かべてみてください)

 いかがでしょうか? いろんなものが思い浮かんだと思います。実際に、イメージしたものをすでに持っているのなら、それを使ったり、洋服だったら、ワクワクした色の洋服を着てみたり、また自分の近くに置くようにしてみましょう。またそれが音楽であれば、リラックスできる音楽、また好きな音楽を聴きながら、心地の良いブランケットを膝にかけて、ホットチョコレート(温まる飲み物)を飲んでゆっくりする時間を過ごすこともいいですね。

 1日の終わりに使う寝室を、この安心やリラックスできる空間にすることも大切です。そして寝る前に、ゆっくりと呼吸をしながら、安全な場所の中でリラックスしている、そんな感覚を身体全体で感じてみましょう。自分が守られて安心ができる感覚を、できるだけ意識的に感じてみましょう。そうすることで、安心感や幸せのイメージを、心の中に育むことができます。不安になりがちな時に、是非、試してみてはいかがでしょうか。

音楽:Strong Fallings of Security & Well Being : https://youtu.be/APxWB7HZfLM
24時間ライブ Deep Soothing Healing Music: https://youtu.be/wILun2BNcxs

 

 


加藤夕貴
MA, RCC ((BC州認定臨床心理療法士)、認定表現アーツセラピスト  想像して創造する遊びの中で、気づきと心の成長を促す、表現アーツセラピーを中心に、バンクーバーと日本で心理カウンセリングやワークショップを行なっている。

HP:http://www.youkikato.com/japanese.html

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。