2020年2月20日 第8号

 こんにちは、心理カウンセラーのゆうきです。まだまだ寒い日が続く2月、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?バンクーバーの冬は雨が多く、澄み切った冬の青空を見ることがとても少ないと思います。日照時間も少ないことで、気分的にも鬱々としやすいと多くの方からも聞きます。そんな時は、呼吸を使って、少し気持ちをゆったりとしてみてはいかがでしょうか?

 近年、多くの方が実践している、ヨガ、また瞑想やマインドフルネスでは、「呼吸」をとても大切にしています。呼吸は、私たちが毎日無意識にしていること。そんな呼吸は、人間の体の生命維持活動の中で唯一、意識的にもコントロールできるものです。呼吸を意識的にコントロールすることで、私たち自身が、日々の気持ちを整えることが可能です。

 呼吸という言葉は、サンスクリット語でプラーナ(Purana)といって、生命のエネルギーのことを表します。呼吸をするということは、生命のエネルギーを活性化すること。だからこそ、呼吸はとても大事なのです。

 呼吸を整えることの効果としては、吐くことによって副交感神経の活性化を促します。すなわち自律神経を安定させる効果があります。そして呼吸そのものが、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」や「セロトニン」の分泌を促すことから、リラックス効果やストレス解消に有効です。

 なので、この冬のバンクーバーで少しでも気分が鬱々とした時は、やっていることを少し横に置いておいて、気持ちを呼吸に合わせてみましょう。基本的な呼吸は、鼻から吸って、そして、ゆっくりと口から息を吐く、です。

 自分で数えながら…

 5(吸う)・2(とめる)・7(吐く)。これを5回繰り返してみてください。

 そして5回繰り返したら、次の5回の呼吸に、イメージを載せていきましょう。

 鼻から吸う時に黄金エネルギーを吸っているイメージで、そして吐く時は、身体の中に溜まった必要のないものが出て行くのをイメージして。

 身体に溜まった疲れ、嫌な気持ち、鬱々した気分などを、呼吸を吐く時に全て出してしまいましょう。そして生き生きとした黄金のエネルギーを身体に満たせるように、そのエネルギーを吸って、その明るさで体中を満たしましょう。

  気分はいかがですか? バンクーバーの冬、少しでも快適に過ごせますように!

 

オススメの瞑想アプリ(英語)

Stop, Breath & Think
https://www.stopbreathethink.com/

Calm
https://www.calm.com/

 

 


加藤夕貴
MA, RCC ((BC州認定臨床心理療法士)、認定表現アーツセラピスト  想像して創造する遊びの中で、気づきと心の成長を促す、表現アーツセラピーを中心に、バンクーバーと日本で心理カウンセリングやワークショップを行なっている。

HP:http://www.youkikato.com/japanese.html

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。