2019年1月10日 第2号

 ジャスティン・トルドー首相が今月初めにも3選挙区での補欠選挙日程を発表することが分かった。ただ今月2日に正式に辞職したブリティッシュ・コロンビア(BC)州ナナイモ‐レディスミス選挙区については今回の補欠選挙に含まれるかは不明だ。

 補欠選挙が行われる3選挙区は、BC州バーナビー・サウス選挙区、オンタリオ州ヨーク‐シムコ選挙区、ケベック州モントリオールのアウトレモント選挙区。ヨーク‐シムコ選挙区は保守党ピーター・バンローン議員が辞職したことで空席に、アウトレモントは新民主党(NDP)トム・マルケア前党首が辞職したことで空席になっていた。

 BC州バーナビー・サウスは、現バンクーバー市長のケネディ・ステュワート元NDP議員が昨年10月に実施されたバンクーバー市長選に参加するため議員を辞職し空席になっていた。この選挙区では、NDPジャグミード・シング党首が立候補することを表明している。NDPは現在自由党、保守党から大きく支持率で引き離されており、その要因の一つがシング党首が議席を保有していないとされることから、選挙戦に備えるために補欠選挙への出馬を決めた。党首に選ばれた当初は今年の総選挙で選挙に出馬する意向を示していた。

 シング党首がバーナビー・サウスから立候補することを発表した後、シング党首の地元オンタリオ州ヨーク‐シムコ選挙区が空席になったが、シング党首はBC州から立候補することに変わりはないと強調した。バーナビー・サウスはこれまでステュワート氏が2期連続当選しているが、2回とも僅差での当選となっている。シング党首がここで当選するかは今年の総選挙でのNDPの選挙戦を占う上でも重要な選挙となるため、注目されている。

 BC州ナナイモ‐レディスミス選挙区は、今月実施されるBC州ナナイモ選挙区補欠選挙に立候補したNDPシーラ・マルコルムソン議員が1月2日に辞職したため空席になった。連邦補欠選挙は2月に実施される予定とみられている。

 

2019年1月10日 第2号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州ジョン・ホーガン州首相は1月2日、ナナイモ選挙区の補欠選挙を1月30日に実施すると発表した。

 ナナイモ選挙区では昨年10月に実施されたナナイモ市長選にBC州新民主党(NDP)レオナルド・クロッグ元議員が出馬し当選したため空席となった。

 この補欠選挙にはすでにNDPのほか、自由党、グリーン党からも候補が発表されている。NDPはナナイモ‐レディスミス選挙区の連邦NDP議員シーラ・マルコルムソン議員が立候補する。グリーン党は元教師でナナイモ元市長フランク・ネイ氏の娘ミッシェル・ネイ氏、自由党はビジネスマンのトニー・ハリス氏を候補に立てている。

 この選挙区では長年NDPが議席を確保してきた。本来ならそれほど大きな注目を集める選挙区ではないが、現在BC州議会の状況が非常に僅差のため結果次第ではNDPの短期政権になる可能性がある。

 現在のNDP政権はグリーン党3議席との非公式の連立で成り立っている。NDPは40議席。一方自由党は42議席で、仮に自由党候補が勝利すれば議席数は、NDP・グリーン43、自由党43と同数になる。そのため4年を待たずに選挙が実施される可能性が出てくる。

 グリーン党が候補者を立てることによりNDPとグリーン党の票が割れる可能性があるのではとの懸念があるが、グリーン党アンドリュー・ウィーバー党首はその心配はないと語っている。

 

2019年1月10日 第2号

 今秋実施される総選挙を前に自由党政権ジャスティン・トルドー首相の支持率が政権交代する1年前の保守党前政権のスティーブン・ハーパー前首相とほぼ同じとなっていることが3日、世論調査で分かった。

 世論調査会社ナノス・リサーチとインスティテゥート・フォ・リサーチが昨年11月30日から12月5日までに電話とインターネットで行った調査によると、トルドー首相の実績に対して「良い」、「まあまあ良い」と答えたのは35パーセントだったと発表した。

 この数字は2014年のハーパー前首相の37パーセントと類似しているという。トルドー首相は2015年の総選挙でハーパー保守党政権に大勝し政権を奪回した。

 ただ当時の状況と現在とは簡単に比較できないため数字がすべてではないが、カナダが正しい方向に向かっているかという質問に対する答えでは、トルドー首相が政権を取った当初の2015年には63パーセントだったが、今回の調査では47パーセントと大きく低下した。

 ナノス調査会社のニック・ナノス氏はカナダ国民の典型的な傾向として政権が交代した直後には、カナダは正しい方向に進んでいるという回答を示すが政権が長くなっていくとそれが変化していくと分析している。

 一方、毎年実施される世論調査会社イプソス社による家計状況を国民がどのように感じているかの調査結果が発表された。2018年12月に実施された2019年への見通しに関する調査では、「良い」と感じていると答えたのが71パーセントで、2017年の80パーセント、2016年の75パーセントを下回った。また家計状況が現在「良い」状況と答えたのは2018年は61パーセント、2017年が66パーセント、2016年は62パーセント。2019年に備えて貯金を十分にしているという人は64パーセント、2017年は72パーセント、2016年は65パーセントだった。

 ほとんどの調査結果で2018年が最も低くなっている。トルドー首相は2015年に政権を取って以降、中間層の経済的な向上を目指すと繰り返し訴えてきたが国民が必ずしも経済状況が良くなったと感じていない実態が浮き彫りになった。

 これが今年の選挙にどう影響するのか。選挙は今年10月に実施される。

 

2019年1月10日 第2号

 アルバータ州で今春に実施される州議会選挙に新民主党(NDP)から立候補を決めていたブライアン・ピンコット氏が出馬を辞退することが1月1日分かった。自身のフェイスブックで12月31日に公表した。

 カルガリー‐アカディア選挙区で立候補が決まっていた元カルガリー市議のピンコット氏は、候補者として州民が望む議員としてやっていける自信がなくなったと語り、「過去数カ月間はうつと闘う日々だった」と明らかにした。

 同氏は2017年9月に自身がうつだったことを公表した時には、それまでの4年間うつと闘ったことで公表する決意をしたと語っている。

 昨夏にもうつの症状が現れたが、主治医と相談して薬により症状を抑えNDP候補者として挑戦することを決意したとも語っている。しかし、その後に症状が悪化。今回の辞退を決意したと語った。

 今度のアルバータ州選挙はかなり激しい選挙戦になることが予想されている。原油価格の下落による石油・ガス産業の悪化、トランスマウンテン・パイプライン拡張工事の停滞、炭素税をめぐる連邦政府との確執などアルバータ州に吹く向かい風が強くなる中、NDP政権は厳しい選挙戦になるとみられている。

 ピンコット氏は「多くの人が今度の選挙は、アルバータ州の選挙ではこれまでにないくらい汚くて、厳しい選挙戦になると予想している。私も同感だ」と語っている。

 アルバータ州では2015年の選挙まで約40年にわたり政権を取ってきた進歩保守党に変わり、NDP政権が誕生した。当初は順風満帆だったNDP政権も石油産業の低迷と連邦政府との確執が大きくなるにつれ厳しい政権運営を強いられている。そこに保守系2党が統合した連合保守党(UCP)が誕生。党首には連邦政府元国防相のジェイソン・ケニー氏が就任し、現在支持率でNDPをリードしている。アルバータ州では久しぶりに保守系政党が野党として戦う選挙となるため、激しい選挙戦になることが予想されている。

 ピンコット氏は自身のコメントの最後に、ポピュリスト的な発言は国境の南からだけでなくカナダ国内からも聞こえていると警鐘を鳴らし、「2019年がすべての人にとって素晴らしい年になることを願っている」と締めくくった。

 

2019年1月10日 第2号

 サスカチワン州スコット・モー州首相が7日、先住民族の人々に対し1950年代から始まった先住民族政策シックスティーズ・スクープを公式に謝罪した。

 シックスティーズ・スクープとは、1950年代から1980年代後半にかけて先住民族の子供を先住民族家族から引き離し先住民族以外の家族、多くは白人家族へと養子へ出す政策。約2万人が親元から引き離されたとされている。多くの先住民の子供はこの政策によりその後自分たちの言語や文化を失うだけではなく、自分の家族とも離れ離れになった人も多いという。

 モー州首相は、「サスカチワン政府とサスカチワン州民を代表して、皆さんの前でここに謝罪を表明し、心からお詫びする」と語った。さらに「被害者が経験した苦しみや悲しみに対して、失った文化や言語に対して、心からお詫びする。そしてその後自分の家族とのコンタクトを失ったすべての被害者に対して、本当に申し訳ないと思う」と語った。

 サスカチワン州政府の公式謝罪式典には約200人の被害者が参加した。

 

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ