2018年11月15日 第46号

 カナダポスト労働組合(CUPW)によるストライキは今週4週目に突入した。13日には朝からオンタリオ州トロントで再開、同州スカボローの配達センターでもストライキが始まった。

 一方、9日夜から実施されていたブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市のパシフィック配達センターでは13日の朝に終了。通常業務に戻ったとカナダポストウェブサイトで発表した。

 トロントとバンクーバーは、カナダに集まる郵便物や小包の2大集配センターがあり、ここの機能が停止するとカナダ全体の配達サービスが大幅に遅れることになる。

 ストライキは10月22日から始まり、24時間の交代制で全国各地で実施されている。そのため集配が完全に止まることはないが、配達などに大きな遅れが出るとカナダポスト、労働組合ともに国民に発表している。

 先週にはジャスティン・トルドー首相がストライキについて言及したが、具体的な措置については触れなかった。

 現在もカナダポスト、労働組合の話し合いは続いているが、依然として両者主張は隔たりが大きく、歩み寄る姿勢を見せていない。

 労働組合によるストライキはまだまだ続くとみられている。

 

2018年11月15日 第46号

 フランスを訪問していたジャスティン・トルドー首相は12日パリで記者会見し、サウジアラビア人記者ジャマル・カショジ氏がトルコのサウジアラビア大使館で殺害されたとされる件で、トルコ側が入手した当日の録音テープをカナダの情報機関が聞いたことを記者会見で明らかにした。

 カショジ氏の行方についてはトルコ・イスタンブールのサウジ領事館に入館したところまでは映像で確認されているが、それ以降の消息が分かっていない。その後、サウジアラビア政府が領事館で殺害されたことを認めた。

 これについてトルコ政府は、カショジ氏が殺害された時の様子を録音したテープを入手したと発表。週末にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が録音テープの複製を、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスに渡したと言及した。

 しかし録音テープの内容を聞いたと公表したのはカナダのみ。トルドー首相は記者会見で、自身は聞いていないことも明らかにした。この件については、トルコ政府と連携しているし、他の同盟国とも話し合いを続けていると語った。

 

2018年11月15日 第46号

 ジャスティン・トルドー首相は7日、国会でユダヤ系コミュニティに謝罪した。「カナダとしてセントルイス号に乗船していたドイツ系ユダヤ人907人と、その家族に謝罪する」と語った。「当時カナダ政府が取った冷淡な行動と、もっと早く謝罪しなかったことを謝罪する」と述べた。  1939年にナチスドイツの迫害から逃れようと同年5月にハンブルグを出港したセントルイス号がカナダに到着した。しかし当時のカナダ政府は受け入れを拒絶。他の国からも拒絶された乗船者はヨーロッパに戻った。しかし歴史家によると、セントルイス号に乗船していたユダヤ人の約250人がナチスの殺人収容所で殺害されたという。  アメリカのピッツバーグでは先月、ユダヤ教礼拝堂を襲った発砲事件で11人が死亡。そのうち一人はカナダ人女性だった。  トルドー首相が説明したところによれば、カナダのヘイトクライムの17パーセントがユダヤ教を狙ったものだという。トルドー首相は、「カナダとしてもっと(ユダヤ教を狙ったヘイトクライムに対する対応に)努力する」と約束した。

 

2018年11月15日 第46号

 ケベック州モントリオールに本社を置く航空機製造会社ボンバルディア社が8日、5000人の解雇と2部門の売却を発表した。

 同社最高経営責任者アラン・ベルメア氏は、社にとって必要な措置で根幹事業の継続を進めると語った。

 ボンバルディアは、中小型航空機の製造や鉄道車両、宇宙開発事業を手掛ける世界展開するカナダ大企業の一つ。

 しかし2016年には開発を続けていたCシリーズの不振からケベック州政府が10億ドルを融資、さらに連邦政府も2億7200万ドルを無利子で貸し付ける約束をした。2政府のボンバルディアに対する融資は当時疑問視されたが、雇用を守るためと政府は説明した。

 ところが昨年にはCシリーズ事業をヨーロッパの航空機メーカー・エアバス社に提供、さらに今回は5000人解雇を発表し、政府の融資判断が疑問視されている。

 5000人のうち、2500人はケベック州で、約500人はオンタリオ州での解雇とされている。残りは海外事業所での解雇となるとしている。

 

2018年11月15日 第46号

 連邦保守党のトニー・クレメント議員がセクハラで離党した。保守党政権時代には閣僚も務めたベテラン議員のソーシャルメディアによる性的不適切行為に保守党は振り回された。

 6日にクレメント議員は自身で、これまでの3週間に自身の性的に露骨な写真やビデオをソーシャルメディアを通して女性に送信していたことを明かし、この女性に恐喝されていたとも明らかにした。クレメント議員自身は女性とは面識はないが、性的な写真などをお互い同意の上で送信していたと思っていたという。しかし実際には女性は恐喝者で金銭を要求され、そのことをオタワ警察にも相談していたと説明した。

 さらに、この女性が外国の女優だと思っていたということも語っている。

 この件を受けて保守党アンドリュー・シェア党首は1度だけの事件ということで離党を迫ることはないと語っていたが、その後、クレメント議員によるセクハラが他にも党内で発覚したことから、同議員に離党を要求したと語った。

 しかし今回の事件は、ただのセクハラ事件では止まらなかった。クレメント議員は、連邦政府が立ち上げた国会議員と情報機関による国家機密情報安全委員会の委員に選ばれている。ここで話し合われた事項は一切、外部へと漏らすことができないことになっている。

 今回のクレメント議員の軽率な行動は機密事項を引き出すための罠だったのではとの推測もある。さらに重要な委員会の委員がこうした軽率な行動を取ることで、外部に対してカナダの信用も失うのではないかとの危惧を表す声も関係者から聞こえていると各報道機関が伝えている。

 今回の恐喝事件について、現在は連邦警察が担当して捜査を行っている。

 クレメント議員は自身の軽率な行動を謝罪。しかし、来年に控える連邦選挙では無所属で出馬したい意向を示している。

 

 

今週の主な紙面
11月15日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
小野リサ北米コンサートツアーでバンクーバー初公演…V-11
平昌冬季五輪カーリング日本代表平田洸介選手に学ぶ「夢のかなえかた」…V-11
MOVIES TIME OUT…V-15
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは11月15日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ