2019年7月18日 第29号

 ケベック州モントリオールに本社を置く航空機・鉄道車両大手ボンバルディアは10日、オンタリオ州サンダーベイ工場の約550人を今年11月4日までに解雇すると明らかにした。前日に報道されていた内容を追認した発表となった。

 サンダーベイ工場は鉄道車両を製造している工場で、同社は現在オンタリオ州と契約している2件の事業も終わりつつあり、新たな契約がないためと説明している。

 550人はサンダーベイ工場従業員数の約50パーセントにあたる。

 ボンバルディアはアメリカでの受注に成功しているが、アメリカではアメリカ国内で全車両の70パーセントを完成させなければならないとの規則がある。オンタリオ州の場合は25パーセントだという。アメリカでの受注成功がカナダでの雇用確保を保証するわけではない。

 今後オンタリオ州で新たな受注の可能性もあるが、現時点で解雇を解消するような発表は出されていない。

 オンタリオ州ダグ・フォード州首相は連邦自由党政権を批判した。トロントで計画されている公共交通機関計画を連邦政府が意図的に遅らせているために起こったことだとし、ケベック州モントリオールやブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーでの計画はすぐに承認していると語った。

 自由党政権は、オンタリオ州からの申請手続きが不十分なためで他の都市は詳細な計画で申請していると反論している。

 

2019年7月18日 第29号

 中国外務省は15日、中国の山東省で複数の外国籍の学生を薬物関連事件で拘束したと発表、そのうちの一人がカナダ国籍であることを公表した。

 カナダ外務省は13日、中国の山東省煙台市でカナダ人1人が薬物関連事件で拘束されたと公表、ただ詳細は明らかにしていなかった。

 中国外務省は、今回山東省でカナダ国籍の学生1人を含む複数の学生の拘束は、江蘇省徐州市で起きた別の薬物関連事件で語学学校の外国籍教師5人、学生9人を含む19人が拘束された事件とは別件と発表している。この事件では12日、在中国イギリス大使館がイギリス国籍4人が拘束されたと発表している。

 カナダと中国は、昨年12月にブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港でカナダ当局が中国通信大手ファーウェイの孟晩舟CFOをアメリカの要請により拘束して以降、関係が硬直している。孟CFO拘束直後に中国でカナダ人元外交官ら2人が拘束され、カナダ政府は「恣意的な拘束」と批判している。

 

2019年7月18日 第29号

 自由党は、スティーブン・ギルボールト氏をケベック州モントリオールのローリエ|セントマリー選挙区の候補者とすると11日、発表した。

 同氏は、環境保護団体イクイテールをケベック州に設立し、世界的な環境保護活動団体グリーンピースでも活動していた環境保護活動家で、トランスマウンテン・パイプライン建設反対派でも知られている。

 今回、パイプライン建設を承認した自由党政権から立候補することを、「目的を達成するためには妥協も必要」と語り、これまで外から対策を批判したり、環境保護への提案をしたりしてきたが、次の段階として中から物事を変えていく必要があると語り「それがこれから私がやっていくことだ」と語った。

 この日の候補者発表にはジャスティン・トルドー首相も駆けつけた。自由党にとってこの選挙区は1988年以来、ケベック連合党、新民主党(NDP)に取られている。今秋実施される総選挙で自由党は厳しい戦いを強いられることは間違いなく、ケベック州が大きなカギを握る。

 パイプライン反対派を取り入れることでケベック州での票はもちろん、全国的に大きなアピールとなる。

 一方、これまで一緒に反対活動を行ってきた反対派は「裏切り行為だ」と批判している。

 

2019年7月18日 第29号

 ジョン・マッカラム元在中国カナダ大使が、中国の外務省関係者にこれ以上カナダへの締め付けを強めると保守党を助けることになると語ったと10日付の香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えた。

 保守党の方が自由党よりも中国政策で厳しいため、秋の総選挙で保守党が政権を取ることは中国にとっても利益がないとの内容だったと伝えている。

 これについて11日クリスティア・フリーランド外務相は、マッカラム元大使の発言はカナダ政府を代弁するものではないと強調。カナダ国籍の人間が外国政府に対して、その外国政府に利益となるカナダ国内の選挙結果を得るために、これをすべき、もしくは、これはしない方がいいといったアドバイスや意見を述べるのは、「非常に不適切」と語った。

 マッカラム元大使は、昨年12月にブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港で拘束された中国通信大手ファーウェイ孟晩舟CFOのアメリカへの身柄引渡手続きについて、孟CFO側が有利との見解をカナダ国内で中国向けメディアに発信した。これが不適切と批判を浴び、今年1月に大使を解任されている。カナダ政府は未だ新大使を任命していない。

 孟CFOの身柄拘束以降、カナダと中国の関係は硬直した状態が続いている。中国では昨年2人のカナダ人男性が拘束され、今年に入り中国がカナダからのキャノーラ製品と牛肉・豚肉製品の輸入を停止している。

 このマッカラム元大使の発言に対して野党第一党の保守党アンドリュー・シェア党首は、自由党要人が10月の選挙で自由党政権が再選されるよう中国政府に働きかけるような発言を断じて許すわけにはいかないと語り、外国政府にカナダ選挙への介入を要請するようなものだと批判した。

 12日には保守党議員らがCSIS(カナダ安全情報局)にマッカラム元大使の発言はカナダの民主主義を脅かすものだとして調査するよう要請する書簡を送ったことを明らかにした。

 マッカラム元大使は、在中国カナダ大使に任命されるまでは長く自由党議員として務め、ジャスティン・トルドー政権では移民大臣を務めた。

 

2019年7月18日 第29号

 メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは13日、BCプレースでスポーティング・カンザスシティと対戦した。

 先制はスポーティング。27分にホワイトキャップスDFアドナンがオウンゴールし、先制点を献上した。後半に入り追い上げたいホワイトキャップスだったが、56分、スポーティングが追加点で0|2。さらに90分にもダメ押しのゴールで0|3と試合を決めた。

 ホワイトキャップスはこれで3連敗。5月25日の勝利以降、6試合連続で白星から遠ざかっている。今季はここまでまだ4勝、9敗4分けで勝ち点は20。同日に最下位だったコロラド・ラピッズが同点で勝ち点1を獲得したため、勝ち数が少ないホワイトキャップスが最下位に沈んだ。  ホワイトキャップスが勝てないのはMLSレギュラーシーズンだけではない。現在カナダ国内のプロチームが参加しているカナディアン・チャンピオンズシップ(CC)でも、格下カバルリーFCにカルガリーで勝ちきれず0|0の引き分けに終わった。

 CCは北中米カリブ海サッカー連盟が主催する国別クラブチーム対抗CONCACAFチャンピオンズリーグへの出場権を獲得するための国内トーナメント。MLSに所属するホワイトキャップス、モントリオール・インパクト、トロントFCは予選を免除され、3回戦から参加する。

 カバルリーFCは今季が初シーズンとなるカナディアン・プレミア・リーグに所属するチームで1回戦から勝ち上がってきた。そのチームに無得点の引き分けに終わった。次は24日BCプレースで第2戦を迎える。これで勝てなければ今年のCCはこれで敗退する。

 

ホワイトキャップス対スポーティングKC、7月13日BCプレース。Photo by Preston Yip

 

 

今週の主な紙面
7月18日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
日系博物館「カラサワ・ミュージアム」オープン…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康…V-21
求人情報…V-4~5

詳しくは7月18日号 第298号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ