2019年9月12日 第37号

 カナダ統計局は6日、8月の就業者数が8万1100人と大幅な増加だったと発表した。失業率は求人者数も増加したことから前月と変わらず5・7パーセントのままだった。

 好調だったのはサービス業で、金融、保険、不動産、小売り、教育分野で増加。また専門職、科学技術分野でも増加した。

 民間企業で9万4300人増、自営業は1万1200人減となった。フルタイムが2万3800人増だったのに対し、パートタイムが5万7200人増となった。

 地域別ではオンタリオ州、ケベック州が好調で、マニトバ州、サスカチワン州、ニューブランズウィック州でも微増した。

 全国で最も失業率が低かったのは前月の4・9パーセントから改善したケベック州で4・7パーセント、次いで前月まで4・4パーセントと最も低かったブリティッシュ・コロンビア(BC)州がやや悪化して5・0パーセントだった。オンタリオ州は5・6パーセント。

 主要都市ではBC州バンクーバーが相変わらず最も低く4・4パーセント、ケベック州モントリオールが5・6パーセント、オンタリオ州トロント5・9パーセント、アルバータ州カルガリーは7・3パーセントと0・4パーセント悪化した。

 今回の労働統計は来月実施される総選挙前最後の報告となる。経済対策を最優先に掲げる自由党政権にとっては朗報で、ビル・モルノー財相は「素晴らしいニュース」とツイート。自由党政権の経済対策が機能していることを強調した。

 4日にはカナダ中央銀行が金利の据え置きを発表。昨年10月以来金利の変更はなく、1・75パーセントを維持した。金融報告書では2019年前半は経済が好調だが、後半はやや減速すると予測、アメリカと中国の間で起こっている貿易摩擦が予想以上にカナダに大きな影響を与えていると報告している。

 

2019年9月12日 第37号

 ニューブランズウィック(NB)州で起きた新民主党(NDP)の元州議会選挙候補者14人がグリーン党に党替えした一件で、NDPジャグミード・シング党首は5日ケベック州モントリオールで会見し、14人全員が党替えしたというグリーン党の発表には虚偽があると批判した。

 少なくとも14人中5人は、グリーン党が許可なく党替え者名簿に自分たちの名前を入れられたと主張しているという。

 このシング党首の記者会見の2時間後には、5人の署名入り声明がNDPから発表され、自分たちはNDP党員として誇りを持っていると語っている。自分たちの名前が許可なく党替え宣言書に含まれたことは遺憾だとしている。

 これに対してグリーン党広報はNDP元候補者のグリーン党への党替え宣言については、NB州元NDP幹事ジョナサン・リチャードソン氏から受け取ったと説明。グリーン党への移党を否定した5人のうち2人と話したが、NDPから党替えしないよう圧力をかけられたと話していると語っている。

 発端は今月3日、NB州NDPとして州議会議員選挙に立候補した14人の元NDP候補者が、グリーン党に党替えする宣言をし、州選挙でも、連邦選挙でも、グリーン党を支持するよう記者会見で訴えたことだった。

 10月の連邦総選挙ではNDPとグリーン党は議席を争うとみられている。現在支持率を上げているグリーン党の勢いは東海岸州で強く、NDPは厳しい状況に立たされている。選挙が間近に迫った現時点でも、NDPはNB州で一人の候補者も擁立できていない。グリーン党は同州選挙区数の約半分ですでに立候補者を擁立している。

 NB州でのNDP・グリーンの争いは、全国的な争いの縮図で、グリーン党の議席増加はどれだけNDPから議席を奪うことができるかにかかっているといっても過言ではない。

 今回の総選挙ではグリーン党が台風の目になることは間違いなく、NDPはシング党首が就任して以降ベテランNDP議員が続々と引退宣言し、現在でも候補者探し、献金集めなどで苦戦を強いられている。

 NB州元NDP幹事リチャードソン氏は今回のことで、元候補がNDPからグリーンに党替えした理由について、NB州ではターバンを巻いた党首の党では票が集まらないのではないかと発言して批判を浴びた。その後、リチャードソン氏の所有車が傷つけられ、「人種差別者」呼ばわりされたと本人が明らかにしている。

 NDPシング党首がシーク教のインド系カナダ人のため、選挙に勝てないとの声はこれまでにも党内で上がったことがあり、NDPにとってこれから投票日まで厳しい戦いが迫られることになる。

 NDPは7日にオンタリオ州オタワで総選挙用事務所を開設、翌日には選挙活動用のツアーバスを公開し、本格的な選挙戦モードに突入した。

 

2019年9月12日 第37号

 カナダ政府が5日、ようやく在中国カナダ大使を任命した。緊張関係が続くカナダと中国の関係修復を任されることになったのは、ジャスティン・トルドー首相が信頼する経済顧問のドミニック・バートン氏。

 「在中国カナダ大使に任命され光栄です。カナダと中国の関係は非常に重要なものであり、カナダという素晴らしい国を代表し、現在の厳しい状況を打開するために尽力したい」との声明を発表した。

 バートン氏は経済に精通しているだけではなく、中国に滞在した経験があるという。コンサルタント会社マッキンジーの役員として2004年から2009年に上海に滞在していた経験がある。同社は昨年退社している。中国語は話せないが、中国政府に近い関係者とのパイプがあるという。

 トルドー首相は「アジアでの経験があり、世界経済の専門家として評価が高いバートン氏は適任」と声明を発表した。クリスティア・フリーランド外相は両国間の関係が厳しい現状の中で、トルドー首相と直接つながっている人物が選ばれたということを中国側が分かっていることが重要と話した。

 中国政府はバートン氏の任命を承認すると発表した。 カナダと中国は、カナダ当局が昨年12月にアメリカの要請で中国通信大手ファーウェイの孟晩舟CFOをブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港で拘束して以降、硬直状態が続いている。

 昨年12月には中国でカナダ人男性2人が拘束され、今年に入ってからは中国がキャノーラ製品、精肉製品のカナダからの輸入を停止。カナダの生産者に大きな打撃を与えている。それでも中国が姿勢を軟化させる様子はなく、カナダの関係者からはようやく決まったカナダ大使に期待の声が上がっている。

 カナダは今年1月、孟CFO拘束問題について不適切な発言をしたとして、ジョン・マッカラム前在中カナダ大使を解任。以降、大使不在のまま自由党政権は中国との修復関係を模索していた。

 一方で中国も空席だった在カナダ中国大使を数日前に発表。6日、フリーランド外相はカナダが新しい中国大使を承認すると発表。前日のカナダ大使の任命に続き、両国がお互いの大使を承認したことで、中国・カナダ関係にとって「前向きな第一歩となる」と語った。

 ただ中国側は、カナダと中国の関係が硬直している要因はすべてカナダ側にあるとの認識を強調している。

 

2019年9月12日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州ポートムーディ市ロブ・ヴァグラモブ市長が9日、同日から職場に復帰すると発表した。記者会見したヴァグラモブ市長は、私自身にとって、パートナーにとって、家族にとって悪夢だったと語り、市長職から離れていた間の市の案件が滞っていることについて申し訳なく思っていると語った。

 同市長は今年3月に性的暴行で起訴され3月28日から休職していた。容疑は、市長が市議時代の2015年4月1日に同州コキットラム市で女性に対して性的暴行をしたというもの。被害にあったという女性はCTVの取材に対してズボンの中に無理やり手を入れようとしたと語っている。同市長に対する告訴は2018年10月に実施されたBC州地方選挙の選挙活動期間中だった。

 記者会見では事件のことについては多くを語らず、近いうちに解決するとの見通しを語った。検察によると、同市長は12日にポートコキットラムの裁判所に出廷する予定になっているという。

 ヴァグラモブ市長は早く通常の業務に戻りたいと語り、市長としてのすべての職務に復帰すると明らかにした。ただし市警委員会役員の職務からは外れる。「職務復帰できてうれしく思っている。現在市が抱えている重要な案件にこれから取り組んでいきたい」と意欲を示した。

 

2019年9月12日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州レベルストーク近くにあるグリフィン湖に沈んでいる乗用車を発見したのは13歳のマックス・ウェレンカさんだった。アルバータ州在住のマックスさんは今年8月、家族と一緒にBC州グリフィン湖近くのキャビンに滞在していた。滞在中、湖でボートを漕いでいる時に沈んでいる乗用車を見つけたという。

 見つけた当初は、この辺りでは2009年に自動車の衝突事故があり、それと関係しているのではと家族はあまり気にしなかったと話している。

 しかし乗用車を見つけた翌日に、たまたまキャビンを訪問してきた連邦警察(RCMP)の警察官に、見つけた乗用車のことを話したとマックスさんの母親ナンシー・ウェレンカさんは振り返っている。その時に、どうして2009年当時の事故車を引き上げていないのかと質問すると、警察官に事故車は引き上げたと言われたとナンシーさんは、テレビ局のインタビューに答えている。

 8月21日には警察がグリフィン湖で乗用車を湖面から確認しようとしたが、ナンシーさんによると、湖面が太陽で反射していたせいもあって警察は確認できなかったという。

 そこでマックスさんが自分のGoProカメラを持って湖に潜り、沈んでいる乗用車の様子を動画撮影して、その3日後には警察が湖から乗用車を引き上げた。

 引き上げられた乗用車は1992年にBC州からアルバータ州に向かって運転している途中に行方不明になったBC州バンクーバー島のミルベイ在住だった当時69歳のジャネット・ファリスさんのものと分かり、遺体も乗用車から発見された。

 このニュースにナンシーさんは、引き上げられた乗用車から遺体が見つかったと聞いて驚いたとメディアの取材に語っている。27年間も行方知れずになっていた家族の消息がこういう形で分かって残された家族はどんな気持ちだろうかと気づかった。

 ファリスさんの家族は、これまでどうして行方知れずになっていたか分からないということがすごく不安だったが、これで少なくとも納得できると感謝した。

 RCMPは今回13歳の少年が27年もの歳月を経て未解決事件を解決するきっかけを作ったことについて、警察官として将来有望と称賛した。

 マックスさんは、疑問に思ったことを解決するために行動しただけと語り、それが誰かのためになるならやってみる価値はあると思ったと誰よりも大人な回答をした。

 

 

今週の主な紙面
9月12日号 第37号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
日加ヘルスケア協会座談会「胃と腸の話」講師 スティーブン橋本さん…V-12~13
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは9月12日号 第37号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ