2018年2月8日 第6号

 6月27日から29日まで香港で開催される『一帯一路国際フード・エキスポ』に、カナダの農業製品を売り込みに赴く食品業界グループが、地元企業に参加を呼びかけている。このフード・エキスポには世界40カ国以上からおよそ1200社が参加、自社製品の中国および世界市場への売り込みをはかる。

 このエキスポにカナダ代表として公認されているのが、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市の北米投資協会「North American Investment Association, (NAIA)」。同協会会長で、乾燥ブルーベリーの販売を手がけるフイジン・フーズのCEOでもあるエイミー・フアンさんは、昨年12月のカナダと中国の自由貿易に関する交渉が不調に終わったことや、アメリカの保護貿易主義的な動きが強まる中では、民間の事業主が主体的に海外に活路を見出していかなければならないと語る。

 またフアンさんは、中国では中間所得層が増加し、健康的で高品質な食品への関心が高まっており、カナダの農産物を売り込む好機だと指摘する。彼女によると、カナダ産アイスワインの他、赤ワイン、粉ミルク、シーフードやビタミン剤などがアジアで人気だが、様々な需要がまだ見込まれるという。このフード・エキスポは、自社製品と会社名を世界市場にアピールする絶好のチャンスだと力説するフアンさん。中国政府の予測できない規制などから、二の足を踏むカナダの企業もまだ多いが、そうした不安を解消するためにNAIAは積極的に進出企業のサポートをしているという。

 さらに同市市議会議員のビル・マクナルティさんも、こうした民間企業主体の草の根的なアプローチの方が、政府の交渉団より効率的なことも多く、歓迎するとコメントしている。

 

 

2018年2月8日 第6号

 9日から韓国の平昌で開催される冬季五輪のアイスホッケー会場整備のため、経験豊富なカナダ人が4日、韓国へ向かった。

 この男性は、オンタリオ州ロンドン市のアール・ニコラス・アリーナのアイスリンク整備を30年近く行ってきたベテラン、アート・ジョンストンさん。「単純に氷の上をぐるぐる回っているだけじゃない」と、ザンボーニ(Zamboni、スケートリンクの表面を滑らかに整える製氷車)の操作の難しさを語るジョンストンさん。

 「どのくらい深く表面の氷を削り、どれくらいの水を噴射するか。それを間違ったために、シュートしたパックがゴール前で変にバウンスするなんていうことだけは見たくないから」と、整備の責任の重さと難しさを語っていた。一方、ザンボーニを操るジョンストンさんが楽しみにしているのは、その様子が観客スタンドの子供たちの目をくぎ付けにすることだという。「彼らが、いかに興味津々なのかが手に取るようにわかる」とジョンストンさん。

 地元ロンドン市のアイスリンクで乗った最初のザンボーニは、フォード社製のディーゼルトラクターの後部に、雪を積み込む箱を取り付けただけのものだった。それでもすぐに、彼はこの仕事のとりことなった。

 そんなジョンストンさんが五輪大会のアイスリンクを整備したのは、2010年のバンクーバー大会が初めてだった。その時に、平昌大会の製氷チームから今大会への参加を打診された。

 今回ジョンストンさんが乗るザンボーニは、30年前のトラクターからは格段に進化している。しかし自分の愛する仕事をこなすジョンストンさんの情熱は、今も昔も変わってはいない。

 

 

2018年2月8日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア市に住む、難病を持ちながらも笑顔でみんなから愛されていた4歳児が1月27日、突然この世を去った。

 ステファニー・オーさんの息子ドミニク君は、先天的遺伝子疾患であるプラダー・ウィリー症候群を患っている。そのため筋肉の発達が遅れ喋ることもできなかった。

 外出時はベビーカーに乗せられるドミニク君だが、いつでもバスが走っているのを見ると、手足をばたばたさせ目の輝きが増すのがわかった。また普段から明るい笑顔を絶やさないドミニク君は、コミュニティの人々から愛されてきた。さらに、このことを取材したメディアの報道を見て、全国的にも彼の名前が知られるようになった。

 ドミニク君の家族にとって、みんなでバスを見にいくのがとても幸せなひとときだったと、親族は語る。バス運行会社のBCトランジットはある時、ドミニク君を招待してバスの運転席にドライバーと一緒に座らせたこともある。感動を言葉にできないドミニク君の目には、感激のあまり涙があふれていたという。

 「彼は不自由な身ではあったが、全く気にしていなかった。彼は人生を心の底から楽しんでいた」と語るオーさん。

 そんなドミニク君が、ベッドの中で息を引き取っていたのは1月27日の朝のことだった。「きっと天国のひいおじいちゃんの様子を見に行ったのよ」と、彼の大叔母にあたるジェニファー・ブラマンさん。最愛の息子の突然の死に打ちひしがれていた母親のオーさんは、1月29日になってようやくメディアの取材に応じた。どんなことでも当たり前と思わず感謝すること、そして笑顔は人を笑顔にするという、その素晴らしさを息子から学んだ。彼からは自分のことも学び、人生の価値を教えてもらったと、オーさんは語っていた。

 

 

2018年2月8日 第6号

 中華系カナダ人歌手が、米ミネソタ州ミネアポリスで開催されたアメリカンフットボール(NFL)の優勝決定戦にちなんだコンサートの舞台に、中国人として初めて立った。

 この歌手は、中国で大人気のクリス・ウーさん。中国で急増しているNFLファンのアンバサダーとしてスーパーボウル前日に開催されたライブコンサートに招待された。

 1990年に中国・広州市で生まれたウーさんは、10歳の時に母親とともにカナダに移民。2007年には韓国に渡り、2012年からは同国のアイドルグループEXOのメンバーとして活躍した。その後同グループを離脱、中国でソロ活動を始める。同国の映画『ロクさん(Mr. Six)』に出演したり、『西遊記2・妖怪の逆襲(Journey to the West: The Demons Strike Back)』で主役の玄奘三蔵を演じるなどして、一躍大スターとなった。中国のSNS微博(ウェイボー)の彼のアカウントには2800万の、またインスタグラムにも560万人ほどのフォロワーがいる。

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市と中国で活躍するウーさんは、同市のオリンピック・オーバルでバスケットボールの試合に参加しているところや、中華レストランで食事をしているところなどがよく目撃されている。

 

 

2018年2月1日 第5号

 オンタリオ州進歩保守党(PC)パトリック・ブラウン党首が1月25日、党首を辞任した。前夜に放送されたCTVニュースで女性2人がブラウン氏から性的に不適切な行為を受けた経験があると告白。当時10代だった2人の女性は、その時の様子を赤裸々に語った。

 ブラウン党首は緊急記者会見を開き、そのような行為に及んだ事実はないと全面否定。その時は党首を継続する意向を示していたが、翌朝になって辞任を声明で発表した。

 ブラウン氏の辞任表明後、党はすぐに声明を発表し、ブラウン氏には自身の無実を法的に証明する権利があるとしながらも、党本部はブラウン氏が党首では今年実施される選挙は戦えないことを全会一致で合意したと説明した。

 ブラウン氏はオンタリオ州進歩保守党の党首に就任する前は連邦政府保守党議員で、今回の件は連邦議員時代だったと女性は証言している。

 オンタリオ州は今年6月に州議会議員選挙を控えている。14年間続く自由党政権を倒す機会を狙っている野党進歩保守党はここまで世論調査の支持率で与党自由党をリードし、政権交代の可能性も高いだけに、今回の党首辞任には衝撃が走った。

 翌日、PCは、ヴィック・フェデリ議員を暫定党首に全会一致で決定したと発表した。州議会議員選挙に間に合うように「3月の終わりまでには新党首を決定したい」とフェデリ暫定党首は語った。

 そこで早速、党首選に誰が立候補するのか、さまざまな名前が評論家らから挙がっている。

 フェデリ暫定党首がすでに立候補に興味を示している。2015年の党首選にも出馬した経験があり、その時は投票を待たずに撤退し、オンタリオ州議会議員クリスティーン・エリオット氏の支持に回った。

 今回、そのエリオット氏も立候補をするのではとみられている。エリオット氏は、スティーブン・ハーパー保守党政権時代に財務大臣を務め2015年春に逝去したジム・フレアティ氏の妻で、前回はブラウン氏の対抗馬として注目を集めた。

 その他には、オンタリオ州議会議員リサ・マクリード氏、ブライアン・マルローニ元首相の長女で今年の選挙にPCから立候補を予定しているキャロライン・マルローニ氏らの名前が挙がっている。

 現在連邦保守党議員リサ・レイト氏の名前も挙がっていたが、レイト氏はすでに立候補しない意向を表明した。

  PCを支持する評論家の多くは、次期党首は女性がいいのではと解説している。

 

 

 

今週の主な紙面
2月15日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
強豪ひしめく「打揚会」第45回スティーブストン国際空手道選手権大会…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月15日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ