2017年5月11日 第19号

 オンタリオ州のカトリック教系小学校で予定されていた演劇が、性別の転換といった内容を含んでいて児童にはふさわしくないという理由から、上演が中止された。

 この決定を下したのは、同州ナイアガラ・カトリック教区教育委員会に属する5つの小学校。保護者らがフェイスブック上で演劇の内容を強く非難したことが、その始まりだったと、この演劇を企画した劇団カルーセル・プレーヤーズの芸術監督ジェシカ・カーマイケルさんは取材に説明している。また彼女によると、中止の決定は上演まで48時間を切った段階で突然なされ、また納得のいく説明も公になされていないと、公開質問状で問いただしている。

 またカーマイケルさんは、中止の決定は誤った情報に基づいたものであるか、性的少数者や女性に対する嫌悪感、不寛容などに起因しているのではと、懸念を表している。

 予定されていた子供向けの劇『男子、女子、そして神話上の創造物(Boys, Girls and Other Mythological Creatures)』は、サイモン、アビー、ザックの3人組が不安や変化に対峙しながら学んでいくというストーリー。特にサイモンは、途中からシモーヌという王妃に変化する。

 脚本を書いたマーク・クロウフォードさんによると、この劇の主旨は、真の自分の姿を表すことへのためらいを克服することだと語り、今回の上演中止の決定は、子供たちが芸術や幅広い知識に触れる機会を制限するもので、ショックを受けていると、同劇団のウェブサイトでコメントしている。さらに彼は、ごく一部の大人の偏見と差別、嫌悪感が今回の決定の原動力となったことに不安を感じていると付け加えている。

 教育委員会のフェイスブックには、生徒の年齢にはふさわしくない内容と判断したことが中止の理由との説明がなされているが、この劇の対象年齢は6歳から10歳に指定されている。

 

 

2017年5月11日 第19号

 マニトバ州ウィニペグのガーデンシティ・カレッジの学生が製作した気球が5日、ほぼ宇宙とも呼べる成層圏上部に達した。

 これは、世界各地で同時に高高度気球を打ち上げる「世界スペース・バルーン大会」に参加した同カレッジが打ち上げたもの。こうした気球の製作に必要な材料は、高品質の気球本体やヘリウム、ロープのほかは、台所やホームセンターで入手できると、指導にあたった同カレッジの教員ゲーブ・クラリービスさんは取材に説明している。

 気球にはサラダボウル2個を張り合わせた「宇宙船」が吊り下げられ、中には少量のDNAとオゾンや紫外線の計測機器が設置された。オゾンや紫外線が、DNAにどのような影響を与えるのかを研究するためだ。また飛行の様子を記録するカメラや、落下した「宇宙船」を回収するための追跡装置も備えている。

 この気球は、上空30キロメートルまで上昇した。これはジェット旅客機が通常飛行する高度の約3倍に値する。一方、公的に宇宙と呼べるのは100キロメートルからだが、気球に設置されたカメラの動画を見ると、上空ではすでに漆黒の闇に太陽が輝いており、いかにも宇宙然としていた。

 

 

2017年5月18日 第20号

 ブリティッシュ・コロンビア州議会議員選挙の投開票が9日行われ、自由党43議席、新民主党(NDP)41議席、グリーン党3議席となった。この結果、87議席中44議席で多数派政権となるために1議席足りなかった自由党の少数派政権となることが、ほぼ決まった。

 しかし、この時点ではまだ確定していない。最終結果は5月24日以降に発表される。

 自由党クリスティ・クラーク党首は10日、記者会見を行い、ジュディス・ギチョン副総督との会談で最終選挙結果が出るまでの間、クラーク党首が州首相として継続するようギチョン副総督から要請があったと明らかにした。

 13日にはBC選挙管理委員会が、未集計の不在者投票と、9票差でNDPが議席を確保したコートニー‐コモックス選挙区、560票差で自由党候補が当選したバンクーバー‐フォールス・クリーク選挙区での再集計を発表。未集計の不在者投票数は約17万6千票あり、今月22日から24日に集計を行い、最終結果が発表される。

 不在者投票とは、在住する選挙区以外で投票された票や郵送による投票のことで、毎回選挙投票日以後に集計されている。これまでは不在者投票結果で政権が変わるほどの接戦がなかったため、あまり注目されなかった。しかし今回の選挙では、獲得議席数の配分が不在者投票の結果次第では変わってくるため、注目されている。

 もし仮に9日の投開票結果のままとなれば、BC州では1953年以来の少数派政権誕生となる。そして、議会のカギを握るのは3議席と最も少ないグリーン党という構図になり、自由党もNDPも、グリーン党の同意なしに法案を通すことができないという微妙なバランスを保つ。

 クラーク党首は「多数派だろうと、少数派だろうと、党を越えて協力してやっていかなくてはいけない。これまでとは違う政府を希望したという有権者のメッセージを受け止めてやっていく」と10日の記者会見で語った。

 不在者投票の結果が左右する選挙区が最低でも5選挙区あると予測されている。結果次第では、自由党の多数派政権、もしくはNDP政権誕生の可能性も残っている。

 

 

2017年5月18日 第20号

 MUJIカナダは15日、今年バンクーバーにオープンする2店舗のうち、メトロタウン店を今夏オープンすると同社サイトで発表した。バーナビー市にあるメトロタウン内には、今週から店舗開店区画に看板を設置。オープン間近を知らせている。

 無印良品は、カナダ1号店を2014年トロントにオープン。オンタリオ州ではすでに3店舗を展開している。待望のバンクーバー出店は昨年発表され、今年2月には日本を紹介するイベント「ジャパン・アンレイヤード」で、バンクーバー市のパシフィック・リム・ホテルに期間限定店を1カ月間オープン。2月16日には良品計画代表取締役会長金井政明氏がバンクーバーで講演を行っている。2月の時点で、今秋までには2店舗をオープンすると発表していた。

 MUJIカナダ社長秋田徹氏はプレスリリースで、「バンクーバーの無印良品ファンの期待に沿えるよう準備を進めているところです。カナダ西部にようやくオープンできることをうれしく思います」と語っている。

 メトロタウン店は、広さ7770スクエアフィート。グランドレベルのディズニーストアの前にオープンする。

 

 

2017年5月18日 第20号

 バンクーバー市パークボードは15日、賛成多数でバンクーバー水族館での新たな鯨類保有禁止を決定した。決定事項の中には、現在保有している鯨類も含め、水族館でのイルカショーなどへの参加も禁止している。

 バンクーバー水族館では、現在イルカ類など3頭を保有。しかし、鯨類の保有については反対者も多く、反対派はこれまで何度も保有禁止をパークボードに訴えていた。

 今回7人中6人のパークボード委員が賛成に回った背景には、昨年11月、2頭の親子ベルーガが原因不明で相次いで死亡したことがある。水族館では徹底的な原因究明を行ったが、いまだに原因は特定できず、毒による人為的な可能性も残されている。

 今回の決定に水族館側は法的な措置も視野に入れ、戦う姿勢を見せている。同水族館館長ジョン・ナイチンゲール博士は、パークボードの決定後、会議場の周りで保有継続を訴えていた水族館の立場に賛成するサポーターに向け「これで終わりではない。我々はイルカたちに最適な環境を提供するために戦い続ける」と語った。

 バンクーバー水族館は、海洋哺乳類レスキューセンターを保有し、海洋哺乳類の治療、リハビリセンターも兼ねている。カナダ西部沿岸だけでなく、太平洋全般を網羅し、傷ついたイルカやオットセイなどの大型海洋生物は同水族館に運ばれケアされる。こうして運ばれた哺乳類の90パーセントは自然へと返されるが、自然界では生き残れないと判断された動物は水族館で保有飼育している。

 パークボードによると、リハビリセンターはパークボード管轄外にあるため、今回の決定の対象外になるという。水族館側はイルカなどが今後保有できなければ、リハビリセンターで快復した海洋動物を飼育できる場所がないため、大きな影響が出ると主張している。

 

 

 

今週の主な紙面
5月25日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
Kimono Culture着物を通して日本文化の美を紹介する企画展…V-2
老婆のひとりごと…V-3
外から見る日本語…V-5
認知症と二人三脚…V-12
バンクーバー・ホワイトキャップス…V-16
$5クッキング…V-16
オタワ便り…V-22
Saoriのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは5月25日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ