2018年12月6日 第49号

 ブリティッシュ・コロンビア州北東部で11月29日夕方、地震が発生した。

 カナダ地震局によると、地震の規模はマグニチュード4・5で、震源地はフォートセントジョン市の南西約16キロメートルの地点で、深さは10キロメートルだった。また本震発生後1時間もたたずに、マグニチュード4・0の余震が、同市の約26キロメートル南西で起こった。

 この地震による揺れは、同市のほか、テイラー、チェトウィンド、またドーソンクリークなどでも感じられたが、被害は報告されていない。カナダ地質調査局の研究員ホン・カオさんによると、比較的浅いところで発生した地震であるため、広範囲にわたって揺れが感じられたのだろうと説明している。

 またBC州ガス・オイル委員会が調査を行っていることに触れ、この地域で行われている、地下の岩盤に超高圧の水などを注入して行う原油採掘(水圧破砕法、フラッキング)が、今回の地震を引き起こした可能性があるとしている。BC州北部からアルバータ州西部にかけては、フラッキングによる地震の発生が多い地域として知られている。

 一方11月30日朝には、米アラスカ州アンカレジの北でマグニチュード7・0の地震が発生した。米地質調査所によると、震源の深さは44キロメートルで、アンカレジが面しているクック湾一帯には津波警報も出されたが、BC州北部沿岸には影響は及ばなかった。本震発生から6分後にはマグニチュード5・7の余震が発生するなど、活発な余震活動が続いている。

 アンカレジ市内外で停電が発生したほか、店舗の棚から商品が落ち床に散乱したり、道路に亀裂が入り陥没したりするなどの被害が発生した。ビル・ウォーカーアラスカ州知事が大規模災害を宣言したのに続き、連邦緊急事態管理庁のチームが現地入りして被害の状況を把握に努めている。またトランプ大統領も復旧に費用を惜しまないとツイートしている。

 

2018年12月6日 第49号

 今年9月にモデルのヘイリー・ボールドウィンと結婚した、カナダを代表するポップ・ミュージシャンのジャスティン・ビーバー。

 最近では米カリフォルニア州ビバリーヒルズ界隈の路上でダンスを踊るなど、仲睦まじいところが目撃されているカップルだが、ビーバーのファンは彼が音楽活動から遠ざかっていることを懸念している。

 そんな中、先ごろインターネット上で出回っていた、彼のことを心配する小さな女の子の動画に対し、ビーバーは次のようなコメントを書き込んでいる。「かわいこちゃん、目にすること全てを信じちゃいけないよ。思っているよりも早くに、何かが聴けるはずだから」

 このことを裏付けるかのように、あるメディアはビーバーに近い人物からの情報として、彼がここ何カ月間にわたり、あちこちのレコーディング・スタジオに出入りしていることを報告している。

 彼が前回アルバムをリリースしたのは、2015年11月のことだった。

 

2018年12月6日 第49号

 オンタリオ州トロント近郊の公園で11月25日、後産が捨てられているのを通りかかった人が発見し、警察が大規模な捜索を行った。しかしその後、捨てた女性が名乗り出て事件性はないことが明かになった。

 後産が発見されたのは、トロントの西隣の人口72万人ほどのミシサガ市にある、シュガー・メープル・ウッド公園。犬を連れて散歩していた人が、血にまみれた後産を発見し警察に通報した。この時点では、誰かがその場で出産して立ち去ったと思われ、その女性に医療措置が必要かも知れないということから、大規模な捜査が開始された。

 しかしこの件がメディアで報じられて間もなく、この後産を投棄した本人が名乗り出た。それによると、彼女は1年前、同州南西部の人口9万7千人ほどの都市ブラントフォードの自宅で出産後、「神聖的な」目的で後産を保管していた。

 そして出産から1年後の11月22日、後産を自然に還すことを決め同公園を訪れ投棄した。

 このことが明らかになり事件性がないと判断した警察は、捜査を打ち切った。その一方で、公共の場に臓器の一部を投棄することは、公衆の安全を脅かすことになると警告している。また動物がそれを拾う可能性や、誰かが殺傷事件に巻き込まれたとの誤解を招き、警察が不必要な捜査を行う可能性を指摘していた。

 

2018年12月6日 第49号

 ブリティッシュ・コロンビア州ローワーメインランドの公共交通機関を運用するトランスリンクは12月3日、リストバンド(ゴム製腕輪)型のIC乗車券(コンパス・リストバンド)の販売を開始した。販売個数は、大人用のブルーが千個、高齢者や子供など割引用のオレンジが千個だった。

 このリストバンド販売の告知が行われたのは、ほんの一週間前のことだったが、販売窓口となったトランスリンク顧客サービスセンター(スタジアム=チャイナタウン駅)とウェストコースト・エクスプレスのオフィス(ウォーターフロント駅)の前には、このリストバンドを手に入れようとする人たちの長い行列が、営業開始前からできていた。

 1人4個までの購入制限が設けられたもの、販売開始から2時間たたずに完売となったコンパス・リストバンド。これを受けトランスリンクは早速、製造元への追加注文に踏み切った。

 次回の入荷は、現在のところ来年2月となっている。これは製造元がドイツのためだが、確実に2月に入荷するかどうかは定かではないと、トランスリンクでは説明している。またリストバンドの色については、今回と同じように青とオレンジになるだろうとメディアの質問に回答している。

 

2018年12月6日 第49号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー中心街にある、ロブソン・スクエアのアイススケートリンクが1日、オープンした。

 同日9時のオープンには、BC州市民サービス省のジニー・シムス大臣のほかスペンサー・チャンドラ・ハーバート州議会議員、BC州小児病院基金の家族、そしてカナダ・スケート協会のメンバーらが出席して、スケートシーズンの幕開けを宣言した。

 同スケートリンクは1日より来年の2月28日まで毎日オープンし、利用時間は午前9時から午後9時まで(金曜日と土曜日は、午前9時から午後11時まで)となる。

 利用料は、BC州小児病院基金への寄付(任意)となっている。寄付金は、同病院での入院が子供たちにとって快適なものとなるよう、その環境を向上させるクリエーティブ・アート・プログラムに向けられる。

 昨シーズンは、およそ12万人がこのスケートリンクを利用した。

 

 

今週の主な紙面
12月13日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~6

詳しくは12月13日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ