2018年6月14日 第24号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府新民主党(NDP)から今年10月に行われる統一選挙に出馬する可能性が出てきた。

 名前が挙がっているのはBC州NDPレオナルド・クロッグ議員で、ナナイモ市の市長戦に立候補するのでは、とのうわさが流れていると11日、地元紙が一斉に伝えた。

 もしクロッグ議員が立候補すれば、おそらく州議員を辞職することになる。そうなれば、ナナイモ選挙区で補欠選挙を実施しなければならない。

 現在BC州NDP政権は、41議席しか持たない少数派政権。自由党が最大政党で42議席。しかしグリーン党3議席がNDPと非公式ながら連立体制を取っている。議会では、NDP・グリーンで44議席とわずか2議席だけ自由党を上回っている。87議席の残り1議席は元自由党ダリル・プレカス議員で、NDPから議長を打診され受理し議長となったため、自由党を離党した。

 補欠選挙となった場合、もし自由党が勝てば、NDP・グリーン43、自由党43で、同数となる。局面が変わる可能性もある。

 クロッグ議員が市長戦に出馬という話は、支持者からの期待が大きいこともある。ナナイモ市は現在議会が非常に荒れた状態で、今年2月には市の最高総務責任者が市長と市議を脅したとして逮捕された。こうした状態の市を救済できる人材が18年間この選挙区でNDP州議員を務めてきたクロッグ議員との声が上がっている。

 さらに、この選挙区は過去30年間自由党が当選したのは2001年の1回のみ。長年NDP選挙区として知られている。

 BC州統一選挙は10月20日に実施される。

 

 

2018年6月14日 第24号

 ケベック州モントリオール市の東90キロメートルほどにある、人口800人ほどの町サン・ナゼール・ダクトンに住む老女が、運転中にハンドル操作を誤り、道路脇の溝に突っ込み死亡した。

 この女性ブランシュ・マジョールさん(97歳)は、車の運転が何よりも好きだった。彼女は姪のマデレン・マジョールさんに対し、視力が十分で神が自分に運転することを許して下さる間は、運転が私の至上の喜びであり、他の何もいらないと語っていたという。

 そんなマジョールさんだったが、7日午後に近くのサン・トゥージェーンに向かって運転中、おそらく車の前を横切った鹿か何かの動物をよけようとハンドルを切り、そのまま道路わきの溝に突っ込んだ。あおむけの状態になった車の中で、彼女は帰らぬ人となった。

 検視の結果によると、死因は頸椎骨折。ほぼ即死に近く、苦しみを感じることはなかっただろうと検視官は話していた。また検視官によるとマジョールさんの健康状態は良好で、心肺機能に問題はなく、運転中に心臓発作を起こした形跡もなかったという。また警察は、スピードの出しすぎの可能性もないとしている。実際のところ、マジョールさんはかつて、ゆっくり走りすぎると、警察官から注意されたことがあったほどだ。

 

 

2018年6月14日 第24号

 日本のアパレルメーカー・ユニクロがブリティッシュ・コロンビア州メトロバンクーバーに4号店を予定していることが6日分かった。

 ユニクロは昨年秋にメトロバンクーバー1号店(2万800平方フィート)をバーナビー市メトロタウンにオープン。オープン当日は開店前から多くの人が列を作った。

 今年に入り、2号店(1万2800平方フィート)をサレー市ギルフォード・タウン・センターに、3号店(8千平方フィート)をリッチモンド市リッチモンドセンター内にオープンした。

 4号店はコキットラム市コキットラムセンターで、広さは1万2千平方フィート。今年の秋にオープン予定。

 今年はその他にオンタリオ州トロント市でも3店舗を秋にオープン予定。ユニクロカナダは2016年秋に、カナダ旗艦店となる2万7千平方フィートのカナダ1号店を同市ダウンタウンのCFイートンセンターにオープンしている。

 

 

2018年6月14日 第24号

 ケベック州モントリオール市に、全自動公衆トイレが近々導入される。約300万ドルをかけて市内12カ所に設置が予定されているこのハイテク公衆トイレは、重量センサーをはじめ、便座やトイレ床面の自動洗浄システムを備える。

 同市は世界大恐慌に見舞われた1930年代、市内の衛生向上と雇用創出のためにアールデコ調の凝った公衆トイレを約20カ所設置したことがある。しかし老朽化が進んだため70年代には全て取り壊され、以来市内には公衆トイレがなくなっていた。

 こうした全自動トイレを数多く導入しているフランスをはじめ、ヨーロッパでは公衆トイレが数多く設置されているのに比べると、カナダの大都市は大きく遅れていると識者は指摘している。オンタリオ州トロント市にも全自動トイレは3カ所導入されているほか、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市の中心部には一般の人が使えるトイレが11カ所あることが、ダウンタウン・バンクーバー事業改善協会が作成したオンラインマップで確認できる程度。

 公衆トイレの少なさは、高齢者や妊婦、胃腸疾患を抱える人などが外出を控える要因になっていると、「消化器系の難病患者の組織クローン病・大腸炎カナダ」のラシード・クラークさんは、メディアの取材に答えている。

 

 

2018年6月14日 第24号

 アルバータ州政府は州政府発行の公式身分証明書や書類に第3の性を使用できると8日発表した。従来通りの「F」女性、「M」男性に、「X」第3の性が加わる。

 「X」が使用できるのは、アルバータ州発行の運転免許証やIDカードのほかに、出生証明書や死亡証明書などの公式記録として保存する書類でも使用できるようになる。

 レイチェル・ノッテリー州首相は、トランスジェンダーの人々にとっては大事な一歩と語り、「誰でも自分が自分として生きる権利がある」と述べた。

 表示の変更は全ての年齢で可能。12歳から医師からの証明書などがなくても変更可能。ただし17歳までは親の承諾が必要。12歳未満は証明書が必要となっている。

 アルバータ州以外では、オンタリオ州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ノースウエスト準州で導入され、連邦政府もパスポートなどの公式IDで使用可能としている。

 

 

 

今週の主な紙面
6月21日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
食都神戸2020プロジェクト…V-2
ウィルチェアーラグビー カナダカップ2018日本チームが準優勝…V-11
サレー日本語学校学習発表会と卒業式&創立40周年記念式典…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
ヨガと健康…V-21
ジャズと絵画のコラボ…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは6月21日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ