2017年9月14日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州からアルバータ州にかけての広い範囲で4日夜、流星の中でも特に明るい火球が目撃され、多くの人がソーシャルメディアで報告したり、警察や報道機関などに連絡したりした。

 それらによると、火球の出現時刻は太平洋夏時間で午後10 時14 分ごろ。まばゆい緑色の閃光を放った火球は、やがて暗いオレンジ色に変わって消えたという。また、その1分後ぐらいに大きな音や空気の振動を感じたと報告する人もいた。

 またアメリカ気象学会にも、カナダからはBC 州からサスカチワン州まで、またアメリカ側ではワシントン州、アイダホ州、およびモンタナ州から計90 件以上の情報が寄せられた。同学会では、この火球はBC 州ボズウェル上空で大気圏に突入、約100キロメートルを燃えながら飛行し、同州ミドウクリークあたりで燃え尽きたと推定している。

 警察にも多くの目撃情報が入ったが、同様の過去の例から見てその正体は隕石だろうと推測されるが、折からの山火事の煙のため実際にどんな物体だったか、またどのあたりに落下したかは確認困難だと話している。

 燃えて落下する隕石が燃え尽きずに地上に激突した場合、新たな山火事が発生するのではないかと心配する声も聞かれたが、ブリティッシュ・コロンビア大学で天文学と天体物理学を教えるジェイミー・マシュー教授は、隕石は地面に落下する時までには速度が落ち摩擦熱も冷め、単なる石となっているため周りの木や草に火が点くことはないと、その可能性を否定している。

 また防犯カメラが捉えた映像などから、マシュー教授はこの隕石の大きさを長椅子程度だと推定している。この程度の隕石だと燃え尽きなかったとしても非常に小さくなっており、クレーターなどを作ることもなく、森の中に紛れ込んで発見することは不可能だと話していた。

 

 

2017年9月14日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーに住む父親が、子供たちだけでバスに乗せたことを非難する世間の風潮に、失望している。

 5人の子供の父親エイドリアン・クロックさんは、7歳以上の子供4人についてはノースバンクーバーにある学校への通学に、バスを利用させている。この通学を実現させるために、クロックさんは2年を費やしたと取材に語っている。バス通学は片道およそ45分。ダウンタウンにあるコンドミニアムの自宅の窓からは、子供たちが乗車するバス停を見ることができるし、下車するバス停は学校の目の前にある。さらに子供たちが持っている携帯電話で、クロックさんは彼らの現在位置を常に把握することもできる。

 子供を育てるということは、最終的に親離れさせることであり、子供たちがどの範囲だったら新しいことに挑戦できるかを見極めるのも、親の大事な役目と語るクロックさん。しかし、この件は子供省の知るところとなり、調査されることに。役所には、もっと大局的にものごとを見てほしかったと、落胆しているクロックさん。

 1週間に及ぶ調査の結果、10歳未満の子供を親の目の届かないところに置くことは許されないとの結論が出された。それがバスに乗るのであれ、近所で自転車に乗ったり、近くのコンビニへ歩いて買い物に行ったりするのであってもだ。クロックさんによると、当局はこの結論を、BC州の裁判所の決定ー8歳未満の子供にはひとりで留守番させてはならないーに基づいて出したと説明しているという。さらにオンタリオ州のように、親の監督が必要なくなる子供の年齢を16歳にしている例も引き合いに出している。一方で親の監督が必要な年齢は、法的には明示されていないことも報告書の中で明らかにしている。

 ブリティッシュ・コロンビア州大学で人口と公衆衛生を教えるマリアナ・ブルッソーニ教授は、現代は過保護が当たり前になりつつあると指摘。しかし、それは子供たちが新たなことに挑戦したりリスクを取ったりする機会を奪い、自立心の確立に悪影響を及ぼすと説明している。

 また教授は、バスのほうが乗用車よりも安全だということも強調している。2009年から2013年の間に、バスに乗車中死亡した14歳以下の子供は皆無だったのに対し、乗用車では106人の同年代の子供が死亡しているという。

 

 

2017年9月14日 第37号

 ノバスコシア州ハリファックスの男性が、ポーカー大会で獲得した賞金を全額寄付することにした。

 スコット・ウェレンバッハさん(66歳)が、この夏に参加したのは、スペイン・バルセロナで開催されたポーカースター・チャンピオンシップ・トーナメント。6日間のこの大会には1万7000人が参加、ウェレンバッハさんはオンライン・トーナメントで出場権を得た50人のうちの一人だった。参加料は約50ドル程度、往復の旅費は大会主催者が負担した。

 ウェレンバッハさんいわく参加者の約4分の1がプロという大会の中で、彼は常に全身全霊を傾けて勝負に挑み17位という成績を収め、9万2000ドル相等の賞金を獲得した。しかし彼は、この賞金全額をどこかに寄付することにしたと、取材に語っている。

 ちなみにウェレンバッハさんの職業は、チベット語やサンスクリット語で書かれた仏教書の翻訳。この仕事に携わって30年になるという彼はしかし、寄付の理由は仏教の教えに従ったからではないと話している。彼はポーカーが大好きだが、ポーカーにのめり込みすぎている人や酔いすぎている人、よく勉強しないままプレーする人、また、うまくプレーするにはあまりにマゾヒスティックな人など、ポーカーで逆に困難な状況に陥るような人から巻き上げたお金が賞金となることには抵抗があると語っている。

 また、そういう人間の性は自分を含め誰の中にもあり、賞金を寄付することで「少なくとも、このお金でいいことをした」と自分に言い聞かせ、自分のポーカー中毒を正当化しているのだろうと付け加えている。

 どこへ寄付するかは決めていないと言うウェレンバッハさん。しかし他の宗教と同じく性差別が残る仏教に携わる女性を支援するため、ネパールやチベットの女性修道院への寄付も考えているという。

 

 

2017年9月7日 第36号

 ユニクロカナダは9月6日、ブリティッシュ・コロンビア州1号店を10月6日オープンすることを発表した。

 場所は同州バーナビー市にある巨大ショッピングモール、メトロタウン・メトロポリス。ここにはすでに先月26日、日本の無印良品がBC州1号店をオープンした。

 ユニクロカナダは、国内では昨年トロントに2店舗をオープン。今回のメトロバンクーバーでのオープンについて、ユニクロカナダ社長林泰寛氏は、「カナダや海外展開において、バンクーバーは重要な位置を占めていると認識している。グレーターバンクーバーエリアにユニクロを展開できることをうれしく思っている」と声明を発表した。

 

 

2017年9月7日 第36号

 ブリティッシュ・コロンビア州内陸部で発生した山火事は9月に入っても収束する気配をみせない。アルバータ州とアメリカ国境に近いクランブルック周辺では、9月1日、2日に避難勧告が出され、多くの住民が避難を余儀なくされている。

 原因は2つの山火事が広がったため。一つはラム・クリークで発生し220ヘクタールに、もう一つはセント・マリーズ・リバーで250ヘクタールに及んでいる。

 現在のところ直接の影響は出ていない。しかしこの辺りは観光地でもあり、火事が拡大すれば歴史建造物などにも及ぶのでは、と心配されている。

 9月1日には非常事態宣言が15日まで延長された。これまでに4万5千人が避難を余儀なくされている。BCワイルドファイア・サービスは4日時点で、火事による焼失面積は約114万8千ヘクタール、現在も162カ所で火事が続き、うち4カ所は4日に新たに発生したものと報告している。現在は182機の消化専用機やヘリコプターを使用、約3800人が消火活動にあたっている。これまでにBC州政府は4億6400万ドルを費やしている。

 9月5日には、連邦政府とBC州政府がバンクーバーで対策を話し合った。午後には記者会見を開き、人命最優先で対応すること、被災者への金銭的な支援を続けること、農家や牧場主などの被害を把握し経済的な支援すること、環境対策も考慮することなどが報告された。さらに今回の話し合いには先住民族も参加。被害にあっている先住民族の人々やコミュニティへの支援を確認。さらに連邦、州政府と一緒になって今後の対策を講じることでも意見が一致したと語った。

 現在BC州ではメトロバンクーバーを含め山火事の影響による大気質注意勧告が発令されている。

 

 

 

今週の主な紙面
9月21日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
こだわりのお弁当作り ~お弁当で日本とカナダを表現〜…V-11
メープルロード「VIFF バンクーバー国際映画祭2017日本映画特集」…V-12,13
MOVIES TIME OUT…V-13
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-10

詳しくは9月21日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ