2019年6月13日 第24号

 カジュアル衣料品の生産販売大手ユニクロと、アメリカの著名アーティスト、カウズ(Kaws)によるコラボTシャツが、先週発売された。ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドのショッピングセンター、リッチモンドセンター内にある同店では販売開始の7日、この商品を手に入れようと未明から店舗前に並ぶ人が出始め、最終的に何百人の長蛇の列となった。

 これに先駆け販売が開始された中国では、開店と同時に店内になだれ込んだ客がこのTシャツを奪い合う事態となり、その様子を撮影した動画が投稿され話題となった。一方リッチモンド店ではこの日、店内の利用客を一定の人数に抑える入店制限を行ったため、大きな混乱は起こらなかった。しかし開店から30分たった10時30分頃でも、入店待ちの列は少なくとも100人以上となっていた。

 市内の高校に通う高校生の一人は、特にカウズのデザインには興味はないものの、友達がこの話題で盛り上がっていたり、中国のセレブがこのデザインの服を着ていたりしていることから、このTシャツが母親へのいいプレゼントになると思い、3時間待ち続けたと取材に話していた。またある女性は、この商品を欲しがっていた友人が仕事で来れなかったため、自分が列に並んで買いに来たと語っていた。また中年の男性は、妻に言われるままに買いに来たと答えていた。

 もちろんカウズの熱狂的なファンも列に並んでいた。ほぼ全デザインの商品を購入した客の一人は、朝の7時半にショッピングモールに来たものの、一番乗りとはならなかった。午前4時半ごろには、すでに誰かが並び始めていたという。

 

2019年6月13日 第24号

 ブリティッシュ・コロンビア州ローワーメインランドにある、人口2万6千人弱の町ラングレーに、認知症の老人を対象とした施設が間もなくオープンする。

 『ザ・ビレッジ』と名づけられた、約5エーカーの広さの施設には、平屋建ての住居(キャビン)のほか、コミュニティセンターなどが建てられている。この『村』の建設が自分にとって最後のプロジェクトであり、成し遂げたかったことだと語るプロジェクトリーダーのエルロイ・ジェスパーセンさんは、シニア世代の住宅問題の中でも、これまでは看過されがちだった、こうした人たちへの住宅提供に情熱をかけてきた。

 『村』の中には6つのキャビンがあり、1棟あたり12〜13人の認知症高齢者が暮らすことになる。『村』の敷地は完全に仕切られているほか、外との出入りは1カ所で管理されているため、入居者はその中を安全に歩くことができる。

 この施設のモデルとなったのは、オランダにある世界初の認知症高齢者向けの村『ホーフウエィ(Hogeweyk)』で、BC州でもこのコンセプトに基づいた施設がいくつか建設予定となっている。

 しかし入居費用はそれなりにかかり、ザ・ビレッジの基本料金は月決めで6千9百50ドルから7千8百ドルとなっている。このほかにも、個人の出費(トイレ用品など)が必要となる。

 

2019年6月6日 第23号

 カナダ政府が、中国税関がカナダからの豚肉製品の検査を強化する予定との告知をカナダ国内の養豚産業に6月4日に通達していたことが分かった。ロイターが伝えた。

 最初の報道ではカナダ産精肉製品との情報があったが、実際には豚肉製品が対象という。マリークロード・ビボー農務・農産食品大臣が声明で明らかにした。「現在、豚肉製品の製造企業や養豚産業と対策を協議中で、行政上の過誤による貿易支障ではないということを明確にし、品質を保証することが重要と認識している」と説明している。

 中国側は、最近輸入した豚肉製品に規則違反が見つかったケースがあったことや、アフリカ豚コレラへの危険性を考慮した対応との声明を発表しているとロイターは伝えている。中国の養豚産業は豚コレラの発生で大打撃を受けているという。

 中国からカナダ製品輸入に制限がかけられれば、カナダの養豚産業への影響は大きい。昨年12月に中国通信大手ファーウェイ孟晩舟副会長兼CFO(最高財務責任者)がブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー国際空港で拘束されて以降、今年に入り、キャノーラ生産大手2社の製品の輸入が禁止され、豚肉製品製造業2社の輸入許可が一時的に停止されている。

 今回の措置が報復かどうかについては伝えられていない。

 

2019年6月6日 第23号

 カナダ中央銀行は5月29日、金利を現行の1・75パーセントに据え置くと発表した。金利については現状に妥当との判断を強調した。

 中央銀行は2017年7月から2018年10月までの間に5度の金利引き上げを実施している。その後も一時は積極的な引き上げを示唆していたが、経済状況の変化から最後に金利を引き上げて以降は現行を維持し、必要となれば引き下げも視野に入れているとの表現に変化している。

 今年4月24日の経済見通しでも、2019年前期の経済成長をそれまでの1・7パーセントから1・2パーセントに下方修正している。しかし経済の停滞は一時的なものとの認識を示し、今後の世界経済の情勢に注視するとしている。

 中央銀行は、これまで通り危険水準に達している国民の世帯当たりの負債額への懸念を示すともに、カナダに直接影響がある低迷する原油価格やアメリカ・中国の緊張した貿易関係にも注視すると報告している。

 

2019年6月6日 第23号

 自由党政権内で早くもジャスティン・トルドー首相に代わる党首候補の名前が挙がっていることが明らかになった。5月28日にトロント・スター紙が党関係者の話として伝えた。

 同紙によると、次期党首候補には現在イギリス中央銀行総裁マーク・カーネイ氏の名前が挙がっているという。

 同氏は2008年2月にカナダ中央銀総裁に就任し、その手腕でリーマンショックからカナダ経済を守ったと評価された。2013年7月からイギリスに引き抜かれる形で現職に就いている。任期は2020年1月まで。

 2015年に発足したトルドー政権は、発足当時は高い支持率を誇っていたものの、SNCラバランスキャンダルやパイプライン抗争、環境問題、中国問題などで支持率を落とし、現在は野党第一党保守党に支持率でリードされているという世論調査結果も出ている。

 今年10月に実施される総選挙では厳しい選挙戦が予想され、仮に政権を継続できたとしても、約140議席程度で過半数を大きく下回ることが予想されている。

 そんな中で飛び出した党内からのカーネイ総裁への党首交代論。今後の選挙戦にどのような影響が出るのか、注目されている。

 

 

今週の主な紙面
6月20日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系センター「七夕祭り」へ行こう!…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月20日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ