2018年2月15日 第7号

 最近カナダ各地の大学に、いくつもの謎の宅配物が送り届けられており、業者が調査を開始した。

 荷物が届いたのは、カナダの東海岸から西海岸のブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー島までのいくつかの大学で、オンラインショッピングサイト大手のアマゾンから、大学の学生自治会宛に送られていた。

 商品は、携帯電話の充電器、睡眠マスクや釣り道具、性的玩具など様々で、中には車のヘッドライトに付ける飾りの、大型まつ毛などもあった。

 こうした宅配物が届き始めたのは、昨年秋頃からだという。荷物のパッケージには送り状が添付されておらず、誰がオーダーしたのか、また誰が送り主なのかが分からない状態になっていた。

 大学自治体側から報告を受けたアマゾンは調査を開始。これら商品をアマゾンのサイト上で販売した出品者は、送り主や発送元を確認していなかったことを突き止め、アマゾンの利用契約に違反したとして同サイトから削除するとともに支払いを停止、当局に通報したとメディアに説明している。

 オンタリオ州北部を管轄する連邦警察(RCMP)は、これらの商品は中国企業による、若者向けマーケティング戦略のものだろうとみている。実際その効果が現れているようで、これまで60個ほどの荷物を受け取ったというノバスコシア州ハリファックス市にあるダルハウジー大学の学生自治会会長のアミーナ・アバワジーさんは、「最近では、これが当たり前のようになってきて、『今週はこんなものが届いた』と話し合うようになった」と、メディアに答えている。

 多くの大学では受け取った商品の扱いに苦慮し、寄付や資金集めのために販売しているという。その一方、BC州ビクトリア市キャムサン・カレッジの学生サービス課のマイケル・グローバーさんのように、ありがたく受け取り、次にどんな商品が来るのか楽しみにしているというところもあった。

 

 

2018年2月8日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア州で2017年に薬物過剰摂取による死亡者数が過去最高の1422人となったことが分かった。1月31日、BC州検視局が発表した。

 報告によると、この数字は試算としながらも、993人だった2016年から43パーセント増加。正確な統計ではさらに増えると予想されている。

 薬物過剰摂取による死亡の最大原因はオピオイドの一種フェンタニル。2017年死亡者数の約81パーセントの死亡原因で、それ以外の薬物による死亡者数は約300人で毎年とそれほど変わらないとも報告している。死亡者の約半数は30歳から49歳まで、5人のうち4人が男性という。

 BC州政府は2016年4月に薬物過剰摂取死亡者急増を受け緊急事態宣言を発令。州内全域に薬物を安全に摂取できる専用薬物摂取センターを開設している。

 BC州保健局長ペリー・ケンダル氏は、引き続き薬物中毒者ケア対策プログラムを拡張していくことが必要と強調している。

 

 

2018年2月8日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア州で2月3日に自由党党首選挙が実施され、アンドリュー・ウィルキンソン党首が誕生した。

 自由党党首選にはウィルキンソン党首を含め6人が立候補。マイク・デヨン元財務大臣、マイケル・リーBC州議員、前バンクーバー市長サム・サリバンBC州議員、トッド・ストーン元BC運輸大臣、そして、元サレー市長で連邦保守党議員だったダイアン・ワッツ氏。

 選挙は最終の第5ラウンドまでもつれ、第4ラウンドまでトップを走っていたワッツ氏との一騎打ちは53パーセント対47パーセントでウィルキンソン氏が勝利した。早々と脱落したデヨン氏や自由党議員支援者がウィルキンソン支持に回ったとみられている。

 ウィルキンソン党首は2013年にバンクーバー-キルチェナ選挙区から立候補し初当選。技術・革新大臣や司法長官などを歴任した。政界に入る前は医師や弁護士という異色の経歴を持つ。今回党首選が発表されると、すぐに立候補を表明した。

 ウィルキンソン党首は就任会見で「議会初日にNDP(新民主党)と対峙するために、これから党が結束していかなければならない」と語った。BC州議会は13日に再開する。新民主党(NDP)ジョン・ホーガン政権初の議会の式辞に全力で対抗する意欲を見せた。

 昨年5月のBC州議会議員選挙で、クリスティ・クラーク党首率いる自由党は、最多議席数を獲得したものの、過半数にはわずかに届かず少数派政権となった。そして再開した議会でNDP・グリーン党による不信任が可決され、政権の座を明け渡すことになった。

 その後、自由党よりも議席が少ないNDPがグリーン党と政策で協力することを条件に政権を担当することになり、2001年から続いた自由党政権が終了した。これを受けてクラーク党首が8月に辞職。選挙に勝利したにもかかわらず、党首交代という事態で党首選となった。

 ウィルキンソン党首誕生を受け、グリーン党アンドリュー・ウィーバー党首は祝辞を贈り、自由党とグリーン党が合意できる政策で協力することを期待していると語った。

 BC州では2月14日にクラーク前党首のケローナ・ウエスト選挙区で補欠選挙が実施される。長年自由党が持っていた選挙区だが、ウィルキンソン党首になって初めての選挙となる。

 

 

2018年2月8日 第6号

 オンタリオ州進歩保守党(PC)党首選への立候補が相次いでいる。2月1日には、クリスティン・エリオット氏が立候補を表明した。

 エリオット氏は2006年から2015年までオンタリオ州議員を務め、2015年の党首選に立候補。しかしブラウン氏に敗れ、そのまま政界から引退した。夫は2015年に逝去した元連邦保守党政権ジム・フレアティ元財務大臣。党首選が決まった当初から立候補者として名前が挙がっていた。

 また、2月4日には出馬が噂されていたキャロライン・マルルーニー氏が立候補する意向を記者団に語った。

 「約15年続く自由党政権からの変化が必要」と語り、州民は嫌気がさしている、新しい政府を欲していると続け、だから自分が「党首選に立候補する意思を固めた」と語った。

 マルルーニー氏は政治家としての経験は一度もない。しかし、父はブライアン・マルルーニー元首相で知名度は高く、弁護士やビジネスマンとしてこれまで活躍してきた華やかな履歴も持つ。

 今年実施されるオンタリオ州議会議員選挙にも、すでに立候補が決まっていて、党首選にかかわらず政界入りを目指していた。

 これで現在までのところ立候補を表明しているのは、ダグ・フォード元トロント市議と合わせて3人になった。

 オンタリオPCは、1月25日にブラウン前党首が突然の辞任を強いられた。前日のニュース番組で2人の女性が、当時連邦保守党議員だったブラウン氏から性的に不適切な行為を受けたと告白。ブラウン氏は緊急記者会見を開き内容を全面否認したが、党内から辞任を迫られた。

 そのため、州議会議員選挙が6月7日に迫る中、急きょ党首選が実施されることになった。

 党首選立候補締め切りは2月16日、新党首は3月10日に決定する。

 

 

2018年2月8日 第6号

 アルバータ州政府レイチェル・ノッテリー州首相は2月6日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州産ワインの購入を停止すると発表した。現在、同州で販売されているワインの撤収などはないという。

 これはBC州政府が1月30日に発表したオイルサンド輸送に関する新規制に対する報復措置で、ノッテリー州首相は「アルバータ州の産業を攻撃すると、こうなるという事実を示してBC州政府の目を覚まさせるいい1歩になった」と語った。

 アルバータ州はBC州産ワインを年間約1700万本購入、約7千万ドルになる。BC州ワイン産業にとってBC州以外では最大販売先で約10〜15パーセント占める。

 2月1日には、アルバータ州が検討しているBC州からの電力購入の契約を白紙に戻すと発表している。ノッテリー州首相によると、この契約白紙でBC州が被る損失額は5億ドルになるという。

 BC州のやり方は「違法であり、違憲だ」と批判しているノッテリー州首相は、この時これが第1歩だとし、まだ対抗措置を取る用意があると語っていた。その第2弾としてBC州ワインを攻撃した。数日前にはアルバータ州のレストランがワインの提供を停止するとツイッターで発表した。

 これにはBC州はもちろん、アルバータ州からも賛否両論が噴出している。アルバータ州で販売されている国内産ワインの多くがBC州産で、BC州ワイン産業に関わっている人々も多いという。「州民から政府がチョイスを奪うのはいかがなものか」との声も紹介されている。アルバータ州野党の連合保守党ジェイソン・ケニー党首は、ノッテリー州首相の手段に賛同している。

 BC州のワイン産業は、パイプライン建設とは全く関係ない。ただBC州ではケローナ-ウエスト選挙区で2月14日に補欠選挙が行われる。この辺りはワイン産地で知られる。今回のアルバータ州政府の措置が選挙にどのように影響するかにも注目が集まっている。

 BC州政府は1月30日にオイルサンド輸送に関する環境対策の規制強化を検討していることを公表。これが実行されれば、現在進行中のキンダーモーガン社トランスマウンテン・パイプライン拡張工事計画がさらに遅れることになる。

 BC州ジョージ・ヘイマン環境相は31日、現段階ではまだ提案だとしながらも、アルバータ州政府が違法だという主張には同意できない、BC州政府には、環境管理法に基づいて、BC州の海岸線や州内の環境を保護する権限があると反論している。

 

 

 

今週の主な紙面
2月15日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
強豪ひしめく「打揚会」第45回スティーブストン国際空手道選手権大会…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月15日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ