2017年11月16日 第46号

 オンタリオ州トロントで、中国からの留学生が相次いで行方不明になった。警察は身代金目的の詐欺誘拐事件とみて捜査を続け、3人を無事保護した。

 ユアンウェン・ツァンさん(20歳)は8日午後に同市中心部のヤング通りとグランビル通りの辺りで目撃されて以来行方不明に。またユー『キャンディ』リウさん(17歳)は10日午前10時30分ごろにヤング通りとフィンチ・アベニューの付近で、またキ『ジェイデン』シュさん(16歳)は9日午前10時30分ごろ東イグリントン・アベニューとミッドランド・アベニューの近くでそれぞれ目撃されたのが最後だった。

 警察によると詐欺の手口は、留学生に対しては携帯電話の電源を切って外部との接触を絶ち、しばらくの間身を隠さなければ本国にいる家族に危害が及ぶと警告する一方、その家族には子供を誘拐したと脅し高額な身代金を請求するものだという。

 しかし誘拐された中国人の一人リウさんは誘拐犯の脅しを無視して外部の情報にアクセス、自分たちに関するニュースから、これが詐欺であると知り、警察に連絡を取った。彼女は12日夜、モントリオールで警察に保護された。また残りの二人も先週末に無事保護された。

 警察では詐欺誘拐犯の行方を追っている。

 

 

2017年11月16日 第46号

 アルバータ州南東部、人口1万4千人余りのブルックス市に住むジム・サードさんの飼い犬、ベイダーが自宅を飛び出したのは9月下旬のことだった。その日の朝、ベイダーがハイウェイ沿いの草むらで、ウサギかネズミを探しているのを家族が目撃している。しかし彼らが昼食に出かけ、戻ってみると犬の姿はどこにも見当たらなかったという。

 「ベイダーがいなくなったあと2〜3日間は多分、1日10時間近く彼を探していたと思う」と取材に語るサードさん。その後まわりの民家のほか動物病院や動物保護団体などを訪ね歩いたが、ベイダーは見つからなかった。

 そんなサードさんのもとに、フェイスブックを利用して迷い犬を探すグループから連絡が入ったのは1カ月以上たってからのことだった。それによると、マニトバ州の人口約1万5千人の町スタインバッハで、ベイダーに似た犬が目撃されたという。この町は同州ウィニペグ市の南東に位置し、サードさんの自宅からは1200キロメートルあまり離れていた。

 ベイダーの保護に協力した犬のブリーダーによれば、犬は行儀よく犬小屋に落ち着いたという。その後、こうした犬の搬送をボランティアで行っているトラックドライバーのグループによって、ベイダーは無事家族に再会することができた。ようやく家族全員が揃った気持ちだというサードさんは取材に対し「犬にしろ何にしろ、その存在がいかに素晴らしいものだったかは、それを失ってから初めて気づくものだ」と語っていた。

 

 

2017年11月16日 第46号

 カナダ交通省は今月27日から、航空機内に乗客が持ち込める物品の規制を改正する。

 規制対象を国際基準に合わせるために行われるこの改正で、刃渡り6センチ未満のナイフならば国内線と、ほとんどの国際線の機内に持ち込めるようになる。ただしアメリカ行きのフライトでは引き続き全てのナイフが持ち込み禁止となるほか、かみそりの刃やカッターナイフも、国内外を問わず全ての便で持ち込みが禁止される。

 そのほかの変更点としては、350ミリリットル以上の粉末の持ち込みが新たに禁止されることとなった。この中にはバス・ソルトやベビーパウダー、フットパウダー、クッキングパウダーのほか砂などが含まれる。一方、粉ミルクやプロテインパウダー、紅茶やコーヒーは量に関わらず持ち込み可能。

 

 

2017年11月16日 第46号

 アルバータ州の配管・暖房施設施行業者LPHインダストリアルのデレック・スコットさんは8日、エドモントン市南部の工事現場に向かう途中で、同社のトラックの一台が交通事故に巻き込まれたとの電話連絡を受けた。

 現場に到着したスコットさんが目の当たりにしたのは、ほとんど新車のようなBMWにぶつけられた自社のビックアップトラックだった。その中には、男性一人とその娘、さらにその娘の生後6週間になる新生児がいたが、彼らはBMWに乗っていたグループに誘拐されたという。

 一方、そのBMWのまわりには警察官と消防隊員が集まり、中にいた素っ裸の5人を車外に出そうと奮闘していた。そのうちの女性の一人は激しく抵抗し、最終的には5人がかりで引きずり出さざるを得なかったという。5人は裸のまま後ろ手に手錠をされ、警察に連行されていった。このうちの4人は、複数の理由で病院へ連れていかれたが、薬物やアルコールが関与しているとのこと。

 また、この5人組と、誘拐された親子3人は顔見知りだったことを、警察は明らかにしている。

 5人のうち27歳の男性と、それぞれ35歳と30歳の女性は今週、やはりエドモントン市南部の町リダックの裁判所で誘拐と公務執行妨害の容疑で公判にかけられる予定。残りの2人の未成年の少女には容疑はかけられていない。

 今回の一件は、まずリダック群に住む親子3人が、強制的にBMWに乗せられ自宅から連れ去られたところから始まる。トランクに詰め込まれた男性は、車が走行している間にトランクを開けて脱出することに成功した。続いて娘と新生児もBMWから逃げ出した。

 道端にいたこの3人を、たまたまピックアップトラックで通りかかったLPHインダストリアルの従業員が車にかくまったものの、背後からBMWに突っ込まれた。この従業員がスコットさんに話したところによると、3人は靴を履いておらず、明らかにトラブルに巻き込まれている様子だったという。

 BMWの5人組の逮捕劇が繰り広げられている間、この3人は多くを語らずピックアップトラックの中にいたままだったという。彼らにけがはなかった。

 

 

2017年11月16日 第46号

 ニューファンドランド・ラブラドール州のセントジョン市で今年1月に設立された、ヒゲ愛好家団体ニューファンドランド・ラブラドール・ベアード・アンド・マスタッシュ・クラブが販売している2018年のカレンダーが、世界から注目されている。この団体はヒゲ愛好家の集まりであると同時に、地元の慈善事業にも積極的に参加することを目的としている。

 今回のカレンダーは、地元で乗馬や馬の世話を通して子供や大人のセラピーなどを行っている、スピリット・ホースNLへの寄付金集めとして販売されているもの。

 海辺や床屋、カボチャ畑でポーズをとるのは、上半身裸で下半身には人魚の尾びれを履いた、ひげ面のいかつい男性陣。彼らは自らをマービィ(merb'ys)と呼ぶが、これはマーメイド(mermaid)とビー(b'yーニューファンドランド地方の方言で坊やとか仲間を表す言葉ー)の造語だという。

 

 

 

今週の主な紙面
11月23日号 第47号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
気持ち英(え〜)会話…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
第7回牡蠣の早あけ世界大会…V-11
人類学博物館で先住民セイリッシュ族の織物展 The Fabric of Our Land: Salish Weaving…V-11
ハロウィン発表会 グラッドストーン日本語学園…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
$5クッキング…V-23
2017 年JET ゴルフ納会・総会…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月23日号 第47号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ