2017年7月20日 第29号

 携帯電話のアプリを利用して車の乗り合いを可能にする、アメリカで始まった配車サービス、ユーバー。その業務形態が既存のタクシー業界を脅かすだけではなく、自治体によっては違法操業になるのではないかなど様々な指摘がなされているが、そんな論議を横目に勝手に事業をスタートした業者がある。

 それは、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市で3月に営業を始めた「U滴快車(Udi Kuaiche)」。ちなみに、中国語のみのサービスだ。同社のウェブサイトには、その企業目的が「中国人コミュニティのすべての人にライドシェアサービスを提供し、この業界の次のリーダーを目指す」ことだと表明している。

 しかしライドシェアはBC州では違法行為とみなされている。業界最大手のユーバーは2012年に一時期営業を行ったことがあるが、すぐに州の旅客運送委員会から営業停止を命じられている。

 これに対しU滴快車は、BC州には同社の営業を取り締まる法律は存在しなく、したがって法に抵触しているとは思わないと、メディアに公言している。そのうえで、もし当局がしかるべき条例を整備したならば、それには従うとしている。

 これに対しリッチモンド市は、同社がBC州政府の許可のみならず、市の事業許可証も取得しないまま営業を開始したことを指摘、法が整備されていないことが即営業許可に結び付くわけではないと反論している。

 メディア関係者が匿名で、中国語メッセージアプリ微信(WeChat)からこのサービスを利用してみたところ、10分以内に付近にいたドライバーが到着したという。サービスの利用に際し、ユーザー登録は必要ない。料金は一般のタクシーなら16ドルほどかかる距離が、9ドルで済んだ。支払いは現金、クレジットカード、または前出の中国語アプリから人民元での支払いもできる。

 BC州タクシー協会は、当局の監督を受け車もドライバーも基準を満たしているタクシーに対し、低価格の乗り合いには危険が付きまとうと警告している。もし事故などに遭っても、タクシー乗車時のような補償が得られない危険性を指摘している。

 この批判に対しU滴快車は、ドライバーの採用は厳格に行っており、彼らに対する訓練もなされていると反論。しかしメディアが匿名で利用したドライバーは、知人の紹介があれば簡単にドライバー登録でき、トレーニングを受けたことはないと話している。これに対し同社は、インタビューを行えばその人物の運転傾向やスキル、地元の道路事情の精通具合は判断できるし、ドライバー登録に当たり犯罪履歴のチェックは必須としていないとしている。

 この件に関しBC州交通局は、この件を承知しており現在調査中であると、メディアに文書で回答している。

 

 

2017年7月20日 第29号

 オンタリオ州トロントにあるフードマーケット内の菓子店で、ネズミが菓子をかじっている動画がインターネット上に投稿されたことがきっかけとなり、このマーケット全体が17日、当局によって営業停止処分を受けた。

 この市場は同市中心部、クィーン通りウェストに面したクィーン・ライブ・フレッシュ・フード・マーケット。同マーケット内にある菓子店、メリ・バクラバ・アンド・チョコレート・バーの展示棚で、ネズミ2匹が置いてあった菓子の入ったトレーに登り、菓子をかじっている様子を通行人が窓越しに撮影した。なお店は営業時間外で、中に人はいなかった。

 この動画が15日インターネット上に投稿されたことから、トロント市公衆保健局の検査官が17日に立ち入り検査を行った。その結果、この店を含むマーケット内の5店舗でネズミによる食品のダメージが確認されたことから、同日のうちに全店を営業停止処分とした。

 菓子店の共同オーナーの一人は、ネズミの問題は以前からあり、市場の入っているビルディングが古いことが、そもそもの原因だと取材に話している。このビルディングは以前はセント・パトリック市場と呼ばれており、1854年に建てられたもの。1920年代から80年代までは、屠殺から精肉までを行う鶏肉精肉店が入っていた。

 このオーナーによると、以前のネズミ被害は約2年前に発生し、その時には専門業者による駆除が行われ、それ以後は今月初めになるまでネズミの姿は見なかったという。また同店の菓子は隣町のスカボローにある工場で生産され、この店では小売りしか行っていない、動画でネズミがかじっていたのは、窓際に置いたディスプレー用商品で、販売しないものだったと取材に説明、これらはすでに廃棄処分されたし、販売用の菓子類はキャビネットなどに保管されていると付け加えている。

 その一方で、今回の事件で店の信用が失われてしまい、小さな家族経営の同店にとっては大きな痛手になったと語っている。

 

 

2017年7月13日 第28号

 トロント不動産協会は6日、6月の住宅販売数が前年同月比で37・3パーセント減少したと発表。一方で平均価格は6・3パーセント上昇し、79万3915ドルだった。ただ価格は前年同月比で14・9パーセント上昇した5月よりも上昇幅は緩やかになっている。

 6月に新たに売り物件としてリストされた件数は前年同月比で15・9パーセント増加。それでも5月の48・9パーセントよりは落ち着きを見せている。

 こうした動きの要因の一つは、オンタリオ州政府が4月に導入した海外購入者税で、すでに価格のピークを迎えたとの思惑から売りに出す人が増えているのではないかとみられている。一方で、買い手側はオンタリオ州政府の政策がどのような影響を与えるのかとりあえず様子を見ているのではないか、とトロント不動産協会は分析している。

 バンクーバーでは5日、グレーターバンクーバー不動産協会が6月の統計を発表。ベンチマーク価格は99万8700ドルで前月比1・8パーセント上昇、前年同月比で7・9パーセント上昇した。販売数は先月比で10・8パーセント減、前年同月比で11・5パーセント減だった。バンクーバーではコンドミニアムの需要が高く、価格は一軒家が前月比1・4パーセント上昇だったのに対し、コンドミニアムは17・6パーセントも上昇した。

 BC州政府はメトロバンクーバーの物件を対象に海外購入者税を昨年8月に導入。それ以降、市場はやや落ち着いているようにみえるが、課税導入前の昨年前半の異常な高騰ぶりから少し落ち着いたに過ぎないとの見方もされている。

 今後は、今週にも引き上げられると予想されているカナダ銀行の金利の影響が、どのように出てくるのかが注目されている。これまでカナダ銀行は2015年以降0・5パーセントという超低金利を実施してきたが、金利が引き上げられれば住宅ローンにも影響が出ると予測されている。

 

 

2017年7月13日 第28号

 ブリティッシュ・コロンビア州の次期政権を担う新民主党(NDP)が、閣僚人事に動き出した。4日、政権移行チームで現在広報役を果たしているキャロル・ジェームズ議員は、バンクーバー市ジェフ・メグ前市議、セントラル1クレジットユニオン前CEOドン・ライト氏、元マニトバ州政府エクゼクティブ・ディレクターのボブ・デュワー氏が、ジョン・ホーガン次期政権を支える役職に就くことを発表した。

 メグ前市議は2008年に当選し、以来、バンクーバーオリンピック・パラリンピックやオリンピック選手村問題、自転車レーンの設置などに尽力した。ジェームズ議員は、メグ氏の実績は市町村政府との協力関係を築く上で重要な役割を果たす、と語った。

 ライト氏は以前にBC自由党政権で森林省や教育省の副大臣などを務めた経験を持つ。民間ではブリティッシュ・コロンビア・インスティチュート・オブ・テクノロジー(BCIT)の校長も務めた。

 デュワー氏は今回の州選挙でNDPの選挙活動を先導した人物。NDP政権では州首相の特別アドバイザーに就任する。

 ジェームズ議員はバランスの取れた人材が揃ったと語った。

 NDP新政権は来週に就任式を迎える予定になっている。

 

 

2017年7月13日 第28号

 連邦新民主党(NDP)の党首選に立候補していたピーター・ジュリアン議員が党首選からの撤退を7日表明した。記者会見では資金不足が理由と語った。

 ジュリアン議員はブリティッシュ・コロンビア州ニューウエストミンスター‐バーナビー選挙区選出。一番乗りで今年2月に立候補を表明し、BC州からの党首誕生を狙った。

 しかし、資金集めが思うようにいかなかったと記者会見で明かした。「党員からの支援を測る物差しの一つに金銭的な支援がある」と述べ、現時点で必要額よりもはるかに少ない金額しか集まっておらず、これも党員の意思表示の一つとして「党員の判断を、この時点で受け入れた」と語った。

 評論家は、ジュリアン議員が立候補を表明して以降、BC州では州議会議員選挙が政治的話題の中心で、なかなか連邦NDPの党首選に注目が集まらなかったことも、ジュリアン議員にとっては不運だったと解説した。

 資金的には不足していたが、党内議員からの支持は最も多く、6議員がジュリアン議員の支持を表明していた。うち5人はケベック州議員。これらの議員の支持が、どの候補に回るかにも今後は注目が集まる。

 ジュリアン議員は、公約として高等教育の無償化、住宅価格の是正、パイプライン建設反対を訴えていた。特にパイプライン建設反対は、ジュリアン議員の影響で現在全候補の公約にもなっている。

 これで立候補者は、ニッキー・アシュトン、チャーリー・アンガス、ガイ・キャロンの連邦NDP3議員と、オンタリオ州議会NDPジャグミート・シン議員の4人となった。

 NDPは2015年10月の総選挙で野党第一党から第二党転落。トーマス・マルケア党首交代を党大会で決定し、今年に入って本格的な党首選に突入した。次期党首は今年10月1日に発表される。

 

 

 

今週の主な紙面
7月20日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ピアニスト・ジェイミー・パーカーが音楽祭『サマー・ミュージック・バンクーバー』で演奏…V-2
認知症と二人三脚…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
企友会・日加商工会議所ゴルフ大会…V-4
20周年を迎えたウエストポイントグレイ日本語クラス…V-16
ヨガと健康…V-22
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
The Nations Cup 2017 日系代表チームが初出場!…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月20日号 第29号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ