2017年11月2日 第44号

 オンタリオ州オタワでは10月30日朝、6時間の間に50ミリを超える記録的大雨を記録、それに伴う洪水が各所で発生した。市中心部を流れるリドゥー川に面した、バンク通りぞいのペブ・ビルディングには大量の水が流れ込み、消防隊員が閉じ込められた女性一人を救助した。また市南部の住宅地に住むドノバン・トンプソンさんも、床上浸水のため午前5時ごろに目が覚めた。その時には今のカウチが浮き上がるほどの水位だったという。生後間もない赤ちゃんとともに無事避難したトンプソンさんだったが、車を修理して売る商売をしていた彼の家にあった車も浸水、被害を受けた。

 カナダ環境省によると、今年に入ってからのオタワ市の降水量はすでに1200ミリに達し、年平均降水量の943ミリを大幅に上回り、最高記録を更新しているという。

 また強風により電線が切れるなどして、9千世帯以上が停電となったほか、オタワ=カールトン地区の学校は休校となり、多くのオフィスも休業となった。

 さらに同市北部、ガテノーヒルズのハリントン湖沿いの一軒家に住むトルドー首相はこの朝、近所の道路が冠水したためジョン・ディアー社製の4輪バギーで自宅を出発、離れた場所に待機していた迎えの車に向かった。同首相の家は、国会議事堂からは約26キロメートルほど離れている。

 

 

2017年11月2日 第44号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドで2番目となる、シニア向けデイサービス・センターが10月24日、オープンした。

 中僑林植生成人日間中心(S.U.C.C.E.S.S. Jackson Lam Adult Day Centre)は、中華系カナダ人コミュニティに向けて、各種ソーシャルサービスを提供している非営利団体サクセス(S.U.C.C.E.S.S.)が運営する、身体機能が衰えたり認知症の症状を伴ったりしたシニア向け施設。

 同市スティーブストンのモンクトン通りに面した、同じ団体が2007年に建設し運営している介助付きシニアホームのオースチン・ハリス・レジデンスに併設される形でオープンした同施設は、コミュニティのメンバーから30万ドルの寄付があったことから実現にこぎつけた。

 施設の利用時間は月曜から金曜日までの午前8時半から午後5時半までで、最大で25人を受け入れられる。家族などが朝に預けた老人には、午後のピックアップまでの時間に軽い運動やクッキングクラス、美術やクラフト、歌などのアクティビティが提供される。

 そのほかに外出の機会もあり、昼食は洋食と中華が用意されるという。バンクーバー・コースタル保健局からの助成を受けているこの施設の、1日の利用料金は9ドル(昼食とスナック含む)。こうした形態の施設は新しいものだが、需要が急速に高まり利用者希望者の多くが待機を余儀なくされているという。

 保健局では同団体とパートナーシップを組み、リッチモンド市だけでも25の施設を新規オープンさせる予定。

 

 

2017年11月2日 第44号

 最近死亡者が続出して社会問題となっている、オピオイド系鎮痛剤の乱用による中毒。ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア市に住むレイン・トンプソンさん(16歳)が、その中毒患者に解毒剤(オピオイド拮抗薬ナロキソン)の処置を行う講習会に参加したのは、10月28日のことだった。

 その講習後、市内中心部を友人と歩いていたトンプソンさんは、歩道で意識を失っている若者のまわりに多くの人だかりができているところに出くわした。近くに寄っていったトンプソンさんに対し、この若者の友人は、ヘロインを吸引したあと意識を失ったと説明した。

 この若者は昏睡に陥り無呼吸状態という、典型的な薬物中毒の症状を呈していた。この時点では誰も救急車を呼んでいないことに気が付いたトンプソンさんは、911番通報するとともに、つい2〜3時間前にもらったばかりの解毒剤キットを取り出した。解毒剤を一本注射するごとに2分待ち、若者の症状を確認する処置を繰り返したトンプソンさん。若者の意識と呼吸が回復するまでに、彼女は結局6回の注射を打った。その後救急車が到着するまでの間、心肺蘇生術を続けていたトンプソンさんは、人命救助につながるこのキットと使用方法を、多くの人が習得すべきだと取材に話していた。また彼女の母親も、彼女と同年代の若者が意識を失っている現場に直面しながら、人の命を救うことに徹した娘を誇りに思うと語っていた。

 

 

2017年11月2日 第44号

 ブリティッシュ・コロンビア州ローワーメインランドとバンクーバー島を結ぶBCフェリーのシニア料金(月曜日から木曜日まで)が、2018年4月から再び無料になる。現政権が選挙中の公約に基づき、実施する。

 同料金はかつて無料だったが、2013年に当時の自由党政権が利用客の減少と人件費や燃料代の高騰を理由に、正規料金から50パーセント割引くだけに改定していた。

 また今回の無料化と同時に、地方航路についてはシニア以外の料金も15パーセント値下げすることを、BC州交通省が明らかにした。

 

 

2017年10月26日 第43号

 ケベック州とアルバータ州で連邦補欠選挙が23日に実施された。ケベック州はケベックシティに近い選挙区ラック-セントジョンで、1980年以来、保守系政党が議席を保持してきた。アルバータ州はエドモントン市近郊スタージェン・リバーパークランド選挙区、ここも保守党が長く議席を保持している。

 今回の選挙は、ケベックは保守党デニス・レベル前議員が、アルバータ州は保守党ローナ・アンブローズ前暫定党首が、政界引退による辞職で空席となっていたために実施された。

 結果はケベック州では自由党リチャード・ハーバート氏が、アルバータ州では保守党デイン・ロイド氏が当選した。

 アルバータ州は予想通りの展開。ロイド氏が77パーセントを獲得して圧勝。NDPは7・7パーセント、自由党は12パーセントと、2015年選挙よりも低い得票率となった。

 ケベック州の結果は予想外となった。自由党が38・6パーセントで当選、次点は保守党で25パーセント、次いでケベック連合党23・4パーセント、2015年選挙では健闘した新民主党(NDP)が今回は11・7パーセントと苦戦した。当選したハーバート氏は同選挙区の出身で立候補する直前まで、同選挙区を含むドルブーミスタシニ市の市長を務めていたという知名度があったことが有利に働いた。自由党は37年ぶりに保守党から同選挙区の議席を奪った。前回自由党が議席を獲得したのは、現在のジャスティン・トルドー首相の父ピエール・トルドー元首相時代。今回の結果に、自由党では2019年総選挙に向けケベック州でのさらなる議席獲得が実現できるのではと期待が膨らんでいる。2015年にはケベック州78議席のうち40議席を獲得している。

 一方NDPが苦戦を強いられた。今月誕生したNDP新党首ジャグミート・シング党首は、カナダ連邦主要政党初の非白人党首。インド系カナダ人でシーク信者のシング党首は、男性シーク信者特有の長いひげとカラフルなターバンという出で立ち。党首選の時には党内のケベック州党員から党首にふさわしくないのではとの声が上がったという経緯がある。今回の結果が党首への拒絶反応かは特定できないが、NDPがケベック州で厳しい戦いを強いられることは予想されている。

 保守党も今年5月に誕生した新党首アンドリュー・シェア党首で、37年間続いた保守党議席を失った事実は厳しく受け止められている。保守党の党首としてケベック州では存在感が薄いシェア党首で、どう盛り返していくのか。与野党で明暗の分かれた補欠選挙となった。

 

 

 

今週の主な紙面
11月23日号 第47号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
気持ち英(え〜)会話…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
第7回牡蠣の早あけ世界大会…V-11
人類学博物館で先住民セイリッシュ族の織物展 The Fabric of Our Land: Salish Weaving…V-11
ハロウィン発表会 グラッドストーン日本語学園…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
$5クッキング…V-23
2017 年JET ゴルフ納会・総会…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月23日号 第47号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ