2019年1月24日 第4号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州メトロバンクーバーの公共交通機関を管轄するトランスリンク社は21日、バンクーバー市にあるスカイトレインのコマーシャル-ブロードウェイ駅の改築工事を終え2月2日に新しいプラットホームを披露すると発表した。

 新しくなった同駅は、これまでとは全く違った使い勝手のいい駅になっているという。ダウンタウンのウォーターフロント駅からサレー市のキングジョージ駅までのエキスポラインと、バンクーバー市VCC-クラーク駅からコキットラム市のラファージ・レイク-ダグラス駅までのミレニアムラインが交わるコマーシャル-ブロードウェイ駅は、スカイトレイン全駅の中でも最も利用者数が多い駅で、一日約15万人が利用している。一日に同駅を通過するスカイトレイン数は約9万本、連絡しているバス停からの99Bラインを含むバスの便数は約6万本となっている。

 こうした最大利用者数の利便性を向上するために2015年春から第2次アップグレード工事を開始。総工費6千万ドルの工事が今回ようやく完成した。

 広々としたプラットホーム、ミレニアムラインへの容易なアクセス、ブロードウェイ通りの上に架けられた歩道、さらに70台分の駐輪場所も確保されている。

 今後はミレニアムラインが西へと延長される計画で、同駅はその拠点となり、ますます利用客が増加すると見込まれている。

 

2019年1月24日 第4号

 アフリカのブルキナファソで16日、カナダ人男性カーク・ウッドマンさんが殺害されていたことが分かった。15日に複数の銃を持った男たちに誘拐され、翌日に数発撃たれた姿で見つかったという。ブルキナファソの公安省の発表によると、発見されたのはウッドマンさんが働いていた場所から100キロメートル離れた場所で、これまでのところ犯行声明などは出されていないという。

 ウッドマンさんはノバスコシア州ハリファックス出身で、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーに本社のあるプログレッシブ・ミネラルズ社に約30年勤め、地質学者であり、探査部副社長を務めていたという。西アフリカで約20年過ごした経験があり、ハリファックスの同業者の間ではよく知られていた人物だったとの友人の言葉が紹介されている。

 ケベック州シェアブルックで行われていた自由党閣僚会議に出席していたカナダ連邦政府クリスティア・フリーランド外相は、「今回の凶悪な犯行を非難する」と語り、「カナダはブルキナファソの当局と協力して犯罪者を必ず法で裁くよう尽力する」と語った。

 ブルキナファソは西アフリカに位置し、最近カナダを含む欧米諸国から鉱山への投資が増加している。北はマリ、東はニジェール、南はガーナ、南西はコートジボワールと接し、最近はマリやニジェールからアルカイダやイスラム国と繋がっているグループによる暴力の影響が深刻化しているという。

 ブルキナファソではケベック州出身カナダ人女性エディス・ブライスさんが一緒にいたイタリア人男性とともに昨年12月15日から連絡が取れない状況になっていることが分かっている。同国公安省は今月17日に2人の消息不明を誘拐として認識しているとの声明を発表している。

 トルドー首相は記者会見でブライスさんは生きている可能性が高いとみている、と記者の質問に答えて語っている。

 

2019年1月24日 第4号

 ケベック州モントリオールの高級シニアホームで93歳の女性が凍死しているのが21日発見された。女性はヘレン・ロウリー・ホッテさん。ケベック連合党の元党首ジル・デュセッペ氏の母親であることが分かった。

 警察当局は事件性はないと発表、聴覚障害が要因だったのではないかと説明している。

 警察によると同日午前4時15分に、ロウリー・ホッテさんの暮らす棟ではない棟で火災報知器が作動。ロウリー・ホッテさんのいる棟には関係がなかったため、その棟の入居者は避難する必要がないことが伝えられた。

 しかし、ロウリー・ホッテさんは聴覚が衰えていたため避難の必要がないことを知らずに外に出たのではないかとみられている。このビルでは非常時にはドアのロックは解除されるが、非常ベルが解除されると通常は外から侵入できないように自動的にロックがかかるようになっているという。

 非常ベルを聞いて一度外に出たロウリー・ホッテさんは、ビルに入ろうとすると鍵がかかって入れず、そのまま低体温症で死亡したのではと警察は説明している。警察に女性が倒れているとの一報が入ったのは非常ベルが鳴ってから7時間後だった。

 カナダ環境省によれば、この日のモントリオールはオンタリオ州からケベック州南部を襲った激しい冬の嵐のせいで零下20度まで気温が下がり、体感温度は零下30度だったという。

 今回の訃報にジャスティン・トルドー首相は、デュセッペ氏と家族にお悔やみを申しあげますと語った。

 

2019年1月24日 第4号

 カナダの会計事務所MNP LLPが実施した家計の財務状況調査で、月末に支払い不能になるまでの余裕が200ドル以下との回答が前回調査の40パーセントから46パーセントとなり、国民の約半数に上ることが分かった。同社が21日に報告書を発表した。

 同調査は四半期ごとに実施され、最新は昨年12月調査時の結果となっている。

 支払期日の迫った請求書やローンの支払いのための十分な収入がないと答えたのは31パーセント、生活や家族のための支出に借金を増やす必要があると答えたのは45パーセントで、いずれも前回調査より増加している。

 また金利が上昇すれば家計が苦しくなると回答したのは約半数に上り、前回調査よりもローンやクレジットカード負債に苦しむ国民の現状が浮き彫りになった。

 地域別では、支払い不能になるまで200ドル以下の余裕しかないと回答したのが最も多かったのは、サスカチワン州とマニトバ州で56パーセント、次いでアルバータ州48パーセント、オンタリオ州とケベック州は46パーセントだった。

 カナダ銀行は2017年7月から金利を5回引き上げ、現在は1・75パーセントとなっている。今月は据え置いたが、今後も緩やかに金利を引き上げていくと語っている。

 

2019年1月24日 第4号

 アメリカでは予算案が成立しないことの影響で、一部政府機関が閉鎖されたり、職員が無給で働いたりする事態となっている。旅客機の運航に欠かせない航空管制官もその例外ではなく、およそ1万人の航空管制官が昨年の12月下旬以来、無給で働いているという。この事態に対しカナダの航空管制官が、アメリカの航空管制官にピザをおごる運動が全国的に広まっている。

 カナダ航空管制協会のピーター・ダフェイさんによると、この活動が始まったのは10日、アルバータ州エドモントンの航空管制センターの職員が、米アラスカ州アンカレジの航空管制官のためにピザを買うお金を出し合ったのがきっかけだった。エドモントン航空管制センターはアルバータ州の空域だけではなく、北極圏を含むカナダ北部空域の西半分の管制も担当している。また両国の航空管制官は、北米の航空管制のために毎日のように会話しており、共同体意識が自然とつくられている。

 この活動は瞬く間にカナダ全土の管制官の間に広がり、ダフェイさんが電話取材に語ったところによると、13日までに約300のピザが、米国内各地の36の管制施設に届けられたという。そして、その数は現在も増加しているとのこと。

 航空機の安全を担う航空管制官の仕事は、とてもストレスフルだとダフェイさん。レーダースクリーン上に映し出される無数の航空機を、無線交信だけでコントロールする彼らには、常に100パーセントの完璧が要求され、一瞬の遅れも許されない。

 あるカナダの航空管制官は、『ピザ基金』に500ドルを寄付した。また別の管制官は、米アリゾナ州フェニックスにある2つの管制センターで働く職員の昼食代を自腹で賄った。これは毎冬、カナダ西部からアメリカに渡るカナダ人の安全を守ってくれることへのお礼だと、この管制官は語っていた。

 

 

今週の主な紙面
2月14日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
盛岡の完熟りんごがカナダに初上陸…V-2
若手日系人調査(Global…Youth Nikkei…Research…Project)…V-5
MOVIES TIME OUT…V-11
Noriko Jazz Band 本格始動!…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは2月14日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ