2019年5月30日 第22号

 現在、無所属で連邦議員を続けているジェーン・フィルポット議員とジョディ・ウィルソンレイボールド議員が27日、自身の選挙区で記者会見を開き、次期総選挙には無所属で出馬することを表明した。

 フィルポット議員はオンタリオ州マークハム・ストーフビル選挙区で会見し、無所属で出馬する理由について、自分の信念に基づいて行動することを恐れるべきではない、とのメッセージを若い女性たちへ行動で示したかったと語った。「ここで私が出馬を辞めれば、これからカナダを担っていく若い女性たちにどのようなメッセージを送ることになるだろうかと思った。私は自分の意思を貫く必要がある」と述べた。

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー・グランビル選挙区で会見したウィルソンレイボールド議員は、無所属で出馬することにはリスクがあることは承知していると語り、「それでも国民の支援があれば無所属で出馬することが現状ではベストの選択肢だと確信している。現在の政治文化を変えるためにもそれがベスト」と述べた。

 両議員とも、無所属として活動することで真に国民と向き合えると強調。党にどう行動するかを指示されることもなければ、政党幹部にどう投票するかを指示されることも、企業ロビイストに影響されることもないと無所属の利点を強調した。

 ウィルソンレイボールド議員は、妥協が信念を凌駕し、仲間はずれが協調性より重要視されるような、(党内の)多様性の欠如を受け入れるわけにはいかない、党の力が強すぎると語り、この数カ月間にSNCラバラン社スキャンダルや党内での抗争で、それを学んだと語った。

 両議員が現在、無所属で議員活動をしている原因は、今年になって明らかになったSNCラバラン社スキャンダル。全国紙グローブ&メールが掲載した自由党政権によるSNCラバラン社救済策をめぐって、当時司法長官だったウィルソンレイボールド議員とジャスティン・トルドー首相をはじめとする自由党政権幹部との対立が明らかになった。

 自由党政権は、ケベック州モントリオールに本社を置くSNCラバラン社の贈賄事件について、ウィルソンレイボールド前司法長官に司法取引で解決するように圧力をかけ、これに応じなかった前司法長官は、今年1月に法務大臣兼司法長官から退役軍人担当大臣に事実上の降格人事処分を受けた。

 この事件が発覚後、自由党政権は雇用と経済の観点からSNCラバラン社を救済することはカナダにとって利益があると主張し、圧力をかけたことへの正当性を強調。ウィルソンレイボールド前司法長官の判断を非難していた。

 しかし、当事者による説明などでウィルソンレイボールド前司法長官の主張に正当性と論理性があることが明らかになった。それでも自由党政権は、自らの正当性を強調するために主要閣僚や新人議員などを使ってウィルソンレイボールド前司法長官を非難し続けた。その中で唯一、事件発覚当初から前司法長官の立場を支持していたフィルポット前予算庁長官が、この件に関する党のやり方に抗議するとして大臣辞職を表明。自由党に激震が走った。それでも自由党はSNCラバラン社救済は必要との主張を貫き、トルドー首相はウィルソンレイボールド前司法長官とフィルポット前予算庁長官を除名処分とした。

 SNCラバラン社問題についてはまだ解決していない。

 ただ、この事件の発覚後と対応のまずさにより、自由党は支持率を落とし、現在は野党第一党保守党に支持率でリードされているとの世論調査結果が発表されている。今年10月に実施される次期総選挙では厳しい戦いが予想されている。

 ウィルソンレイボールド前司法長官とフィルポット前予算庁長官は、無所属になったあと、他党から次期総選挙に出馬するのではないかとの憶測があった。最も可能性が高かったのは、グリーン党。グリーン党は現在、連邦議員はエリザベス・メイ党首と、今春 BC州ナナイモ選挙区で実施された補欠選挙で当選したの2議員のみ。しかし地方議会でも最近の選挙でグリーン党旋風が巻き起こっており、もし両議員がグリーン党から出馬すれば、連邦議会の流れが変わることは間違いなかった。

 メイ党首は、二人が無所属で出馬すると決めたのは残念としながらも、考え方が最も近い両議員とこれからも協力すると語り、二人の選挙区にはグリーン党からは候補者を出さないことを明言した。

 他の3党は、自由党、保守党、新民主党(NDP)は、その2選挙区で候補者を立てることをすでに表明している。

 

2019年5月30日 第22号

 50年前の今月25日、元ビートルズのメンバー、ジョン・レノンは妻のオノ・ヨーコとともに、パジャマ姿で平和を訴える1週間のイベント『ベッド・イン』を、ケベック州モントリオール市のホテルで始めた。

 舞台となったのは、同市中心街にあるフェアモント・ザ・クイーンエリザベス・ホテルの1742号室。寝間着姿になった2人は、この部屋のベッドでくつろぎながら、詰めかけた報道陣や当時隆盛を極めた反体制文化の指導者らを迎え、世界へ平和のメッセージを発信した。また、ジョン・レノンのソロデビュー曲で大ヒットした『平和を我らに(Give Peace a Chance)』のレコーディングも、この時なされている。

 同ホテルは50周年を記念して、この部屋を当時の面影をしのばせるデザインに改装した。半世紀が過ぎてジョン・レノンを知らない世代が増える中、そうした若い人たちにも、この時のレノンとヨーコの雰囲気を味わい理解してもらいたかったと、同ホテルの報道担当ジョアン・パピノーさんは取材に説明している。

 内装にはビンテージの録音機器のほか、花柄のティーカップセット、また当時の二人がベッドに寝ころびながら、老子道徳経の英訳版(The Way of Life)を見入っている場面や、花のにおいをかいでいる場面などを撮った写真が飾られている。また清掃係が「廊下と室内は非常に汚れ、花びらがそこら中に散らかっている」と書き残した、当時のハウスキーピング記録も展示されている。

 またホテルのロビーには、ジョン・レノンが当時運転していたのと同じタイプの白いロールスロイスも展示されている。

 同ホテルのウェブサイトによると、この1742号室の特別デザインは6月1日より12月31日までの期間限定で、宿泊費は1泊2999カナダドルからとのこと。

 

2019年5月30日 第22号

 サスカチワン州レジャイナ市の王立サスカチワン博物館で、世界最大のティラノサウルスの化石標本が一般公開された。

 25年以上前に化石が発見された時、関係者がスコッチウイスキーで世紀の偉業を乾杯したことから、『スコッティ』の愛称で呼ばれているこのティラノサウルスの化石は、全長13メートル、重さは8・8トンになるという。

 公開に当たりスコット・ムー・サスカチワン州知事は、この化石はワールドクラスの展示物でありレジャイナ市のみならずサスカチワン州、そしてカナダにとって素晴らしい財産になると確信しているとのコメントを発表している。

 化石が発見されたのは1990年代初頭だが、古生物学者らが砂岩の中に閉じ込められていた化石を全て発掘し、調査を終えるのに四半世紀の長さを要した。非常に硬い岩盤から発掘するために使われた削岩機やエアーハンマーは次々と壊れていき、屈強な男性がつるはしを打ちつけたところ、そのつるはしが曲がってしまったこともあったと、脊椎動物古生物学のキュレーターであり、レジャイナ大学で地質学を教えるティム・トカレク教授は、その苦労について語っていた。

 『スコッティ』の寿命は約30年だったと推定され、約6700万年前に地球上に生存していたティラノサウルスとしては、例外的に長寿だったと考えられている。そのため骨格に残った傷ー噛まれたあとや折れたあばら骨、あごに残った感染症の跡などーから、同じティラノサウルス間で繰り広げられた壮絶な戦いの様子もうかがえると、トカレク教授。また『スコッティ』の展示により、サスカチワン州は化石が埋もれていることで有名なだけではなく、古生物学界からも注目されるようになったと付け加えている。

 

2019年5月30日 第22号

 MLS(メジャーリーグサッカー)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは25日、バンクーバーでFCダラスと対戦、2ー1と辛勝した。

 LGBTQコミュニティをサポートするプライドナイトとして開催されたこの日の試合、ホワイトキャップスは30分にDFアドナンが先制のゴールを決めると、40分にはMFヴェントが決め、前半で2ー0とリードした。後半に入り1点を返されたもののリードを守りきり、今季ホームでの3勝目を挙げた。

 これで15試合を終え、4勝6敗5分、勝ち点17。8位と勝ち点で並び9位となった。7位のFCダラスは勝ち点18。ようやくプレーオフ圏内の7位が見えてきた。

 5月は7試合と多く、ここまで6試合は3勝1敗2分けと勝ち越している。ようやくエンジンがかかってきたようだ。5月最終戦の次試合は、31日にホームでトロントFCをバンクーバーに迎える。

 

2019年5月30日 第22号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市の観光スポットのグランビル・アイランドで、これまで時間制限付きで無料だった駐車スペースが、ピーク時間帯には時間制の有料スペースとなる。

 同観光地を運営するカナダ・モーゲージ・アンド・ハウジング公社(CMHC)は、昨年10月にこの変更を発表、今年の夏より施行するとしていたが、このたび6月1日より実施すると発表した。

 グランビル・アイランドにはおよそ1200台分の駐車スペースがあり、現在はその6割が無料。また残りの4割の駐車スペースの料金は、午前7時から午後7時までの間が1時間あたり3・50ドルとなっている。これが6月1日以降は、全ての駐車スペースが同一料金で統一され、午前11時から午後6時までは1時間あたり3ドルとなる。なお、これは夏季料金(5月から9月)で、冬季料金(10月から4月)は1時間あたり2ドルとなる。また午後6時以降午前11時までは、無料となる。

 CMHCは、この変更により無料スペースを待ったり探したりする車による、不必要な渋滞の減少が期待できるとしている。

 

 

今週の主な紙面
6月20日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系センター「七夕祭り」へ行こう!…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月20日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ