2017年6月29日 第26号

 トロントで25日に行われたプライドパレードに、ジャスティン・トルドー首相が今年も参加した。カナダの首相として初めて参加した昨年に続き2回目。首相とともにソフィ首相夫人と、その二人の子供も参加。LGBTQコミュニティのシンボル、虹色の旗を振って行進した。他にも、自身が同性愛者であることを公表して州首相となったオンタリオ州キャサリーン・ウィン州首相とそのパートナーや、トロント市ジョン・トーリ市長も行進に加わった。

 頬に虹色のメープルリーフのフェイスペイントをしたトルドー首相は、行進前に記者団の質問に応じ「多様性こそがカナダの強みであり素晴らしさ。今日はそれを祝う一日」と語った。

 さらにこの日は、「イード・ムバラク」と書かれた靴下をはいていたことでも注目された。ラマダン明けを祝うイード・アル・フィトルで使われる言葉。前日に明けたラマダンを祝い、イスラムコミュニティに敬意を示したようだ。

 多様性を祝う象徴となっているプライドパレードだが、今年はトロント市警のユニフォーム姿での参加は見送り、警察官は私服で警備にあたった。これはプライドパレード組織委員会が黒人団体ブラック・ライブズ・マターのトロント支部の要求に応じたもの。ジョン・トーリ市長は、来年のパレードまでにはトロント市警との関係を改善していることを願っていると語った。

 この日は約150の団体・機関が参加。国内最大のパレードとなった。

 

 

2017年6月29日 第26号

 トロントのトランプ・インターナショナルホテル・アンド・タワーから「トランプ」が消えることが27日、明らかになった。

 JCFキャピタルが同日、経営契約を買収することでトランプ・オーガニゼーションと合意したと発表。トランプの名前も消えることになった。買収金額は明らかにされていない。

 65階建てのトランプタワーは予定より遅れて2012年にオープン。その後も、建設した会社が債務不履行に陥ったり、不満を抱えた投資家から提訴されたり、トランプ大統領が就任してからはデモの対象となったりと、トラブル続きだった。

 経営者交代での名称変更は、トランプ大統領就任の影響が大きいと専門家は指摘している。トランプ大統領が掲げる政策が、高級志向の富裕層を対象とするトランプタワーの顧客層から敬遠されたことも、思うように販売数が伸びていなかった要因の一つだろうと分析している。

 

 

2017年6月29日 第26号

 バンクーバー市議会は27日、市内16カ所に設置している電気自動車用充電ステーションを有料化することを賛成多数で可決した。2年間のパイロットプログラムとして実施する。料金は低速充電で1時間2ドル、高速充電は1時間16ドル。充電中の駐車料金に上乗せされる。

 今回の課金について、市議の一人は料金が適正かはパイロットプログラムを通して分かってくると思うと語った。一方で反対した市議は、課金することにより電気自動車の普及が遅れる可能性があると指摘した。

 また市議会は、住宅地に15カ所、住宅地域以外に5カ所の充電ステーションをパイロットプロジェクトとして新たに設置することも可決した。

 

 

2017年6月29日 第26号

 カナディアン・チャンピオンシップ決勝、トロントFC対モントリオール・インパクトの第2戦が27日、トロントで行われた。モントリオールでの第1戦は1ー1と引き分けている。

 先制はインパクト。36分にタブラ選手が決めた。しかしトロントはジョビンコ選手が53分に同点ゴールを決めると、アディショナルタイムに決勝点を入れ、2ー1でチームを優勝へと導いた。

 昨季はバンクーバーでホワイトキャップスを相手に劇的なゴールで優勝したトロントが2年連続の優勝を果たし、ボヤジャーズ杯とコンカカフ・チャンピオンズリーグの出場権を手に入れた。

 準決勝で活躍したトロントFC遠藤翼選手は、この日は選手登録されていなかったものの、2年連続優勝の歓喜の輪の中で喜びを爆発させていた。

 

 

2017年6月29日 第26号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市西部、ウェストエンド地区では道路わきにパーキングメーターが次々に導入されており、用事などで一時的に車を止める無料スペースを見つけることが困難になっている。

 市交通局は、パーキングメーターによる時間制有料駐車にすることで、路上駐車スペースを多くの人が利用できるようになると、そのメリットを強調している。今まではふさがった駐車スペースが短時間のうちに空くことは少なく、駐車スペースを探すために車が何キロメートルも行ったり来たりすることもまれではなかった。市としてはこうしたサービスの悪さを改善する必要に迫られていたと説明している。

 なお駐車料金は1時間1ドルでスタートするが、来春には見直される予定。また同様のパーキングメーターは同市オリンピック・ビレッジ周辺と、エミリー・カー大学そばのグレート・ノーザン・ウェイ周辺にも導入が計画されている。

 

 

 

今週の主な紙面
7月20日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ピアニスト・ジェイミー・パーカーが音楽祭『サマー・ミュージック・バンクーバー』で演奏…V-2
認知症と二人三脚…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
企友会・日加商工会議所ゴルフ大会…V-4
20周年を迎えたウエストポイントグレイ日本語クラス…V-16
ヨガと健康…V-22
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
The Nations Cup 2017 日系代表チームが初出場!…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月20日号 第29号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ