2019年6月6日 第23号

 ブリティッシュ・コロンビア州ノースバンクーバー市のスーパーマーケットで購入したサケの切り身に、海シラミ(sea lice)の通称で知られる寄生虫が張り付いていたことを、購入した生物学者がネット上で公開、サケの海面養殖の問題点を指摘している。

 この生物学者は、地元に住むアレクサンドラ・モートンさん。調査のために5月31日、大手スーパーマーケットのスーパーストアで、養殖物のアトランティック・サーモンの切り身を購入した。地元で売られている魚に付着しているウィルスを調査するために、彼女は定期的に市販されている切り身などを購入しているという。

 そんな彼女でも、生きたままの海シラミが切り身の表面に付着していたのを発見した時は驚いたと、取材に話している。海シラミが付いたままの市販品が店頭に並ぶことは滅多にないとしながらも、これは多分、調理場で大量の海シラミがサケから洗い落とされ、その場に残っていたそのうちの一匹が何かの拍子に、加工された切り身に張り付いたのだろうと、モートンさんは推測する。

 この件についてのメディアからの質問に対し、スーパーストアを傘下に持つロブローズは、切り身の加工業者に連絡を取り、品質管理方法について協議すると回答している。また同社は消費者に提供する食品に誇りを持っており、海シラミ自身は人体に無害ではあっても、今回のようなケースは起きてはならないことだという認識を示している。また店頭に出回っている商品の全品検査を行った結果、この件以外には海シラミは見つからなかったと報告している。

 またモートンさんも、スーパー側に何ら落ち度はないと話している。一方で、この一件が示しているのは、BC州沿岸部で行われているサケの養殖(オープン・ネット海面養殖)が引き起こしている問題だと指摘する。養殖場のネットで囲われた、限られた海中に閉じ込められた養殖魚の間では、寄生虫やウイルスが蔓延しやすい。また、その付近では寄生虫の幼生が大量に浮遊するため、そばを通過する野生のサケにも影響が及ぶ。またウロコが十分に発達していないサケの幼魚などが海シラミに寄生されると、体を十分に守れないため死に至ることもあるという。

 この状況を解決するには、ネットで囲う海面養殖場ではなく、陸上のタンクで養殖することだと、モートンさん。一般に閉鎖循環式陸上養殖と呼ばれるこの方法は、すでに北米各地で行われている。しかしBC州サケ養殖業協会のショウン・ホールさんは、広大な土地にコンクリート製タンクを設置し、大量の電力を消費して中の水を巡回させるなどして、海に近い状態を作り出さなければならない点を指摘、まだ日が浅い養殖方法だとしている。

 

2019年6月6日 第23号

 アルバータ州カルガリーにある公園の再開発現場から、3千年ほど前の先住民の遺物が大量に発掘された。

 場所は、同市東部の歴史的地区にあるジャック・ロング公園。火によってひびが入った石や骨のほか、先住民テント(ティピ)を建てたときに並べられたと思われる環状列石が発見された。そのほかにも、ここで暮らしていた初期の移民のものとみられる陶器の破片やすず製コップ、手製の釘なども発見されている。

 この公園で上下水道管埋設工事のため掘削を行っていたところ、金属のすずの塊、ガラスの破片などが次々と見つかったため学術調査を行うことになったと、同市の造園技師ダニエル・イングランドさんは取材に語っている。いくつもの試験発掘とともに、地中レーダーによる解析も行われた。

 ヨーロッパからの移民が到着する何千年前に、この地に定住していた先住民をより詳しく知る上で、こうした遺物の発見には心踊らされると話すのは、調査リーダーのケンドラ・コロミヤさん。集められた遺物は調査終了後、王立アルバータ博物館に展示される予定だ。

 発掘現場のジョン・ロング公園は、再開発によって芝生のオープンスペースやピクニックエリア、遊園地、レインガーデン、またイベント用の舗装エリアなどを備えた、コミュニティ・スペースとなる。また工事完了は、この秋を目指している。

 

2019年6月6日 第23号

 カナダ・モーゲージ・ハウジング公社(CMHC)は5月31日、全国の高齢者施設や賃貸住宅の空室率を発表した。それによると、独立型高齢者住宅の空室率は昨年の3パーセントから4・2パーセントとなり、2012年以来初めて上昇に転じた。なお、ブリティッシュ・コロンビア州の賃貸住宅の空室率は、2018年10月の段階で1・4パーセントだった。

 CMHCの主席マーケットアナリスト、エリック・ボンドさんによると、空室率は改善したものの、高齢者施設で提供されるサービスなどから、その賃貸料は上昇傾向にある。独立型高齢者住宅の賃貸料は昨年から平均で5・4パーセント上昇して、3千2百ドルを若干上回るところまで来ている。この状況から、高齢者施設は決して誰でも入れるようなものにはなっていないと、ボンドさんは指摘する。

 また1日あたり90分の高レベルケアを必要とする人向けの特別施設の空室率は逆に低下し、1・3パーセントとなった。低下率が最も大きかったのは、BC州のバンクーバー島だった。

 昨年、空室率が最も低かった高齢者施設は、中程度の価格帯の物件だったが、今年に入り人気は低価格帯の物件にシフト、その需要が高まってきているという。

 一方で、高齢者が一般在宅にとどまることを支援するオプションが増えていることから、実際に高齢者施設に入居する老人の割合は、特にBC州では低く、8パーセント台になっている。

 2016年に出された予測では、BC州では2035年までに新たに3万900床の長期ケア施設が必要になるとされていた。この年までには、BC州の総人口の4人に1人が65歳以上になっているという。

 

2019年6月6日 第23号

 ブリティッシュ・コロンビア州ローワーメインランドのポートムーディで5月31日、クマが列車にひかれる事故が起こった。

 場所は同市を通るスカイトレイン・ミレニアム線のムーディ・センター駅付近。同線を運行するトランスリンクの係員が、列車との接触が原因とみられるけがを負ったクマを正午ごろ発見した。自然保護官が出動し、このクマを線路の敷地から移動させた。

 この間、同線はムーディ・センター駅とコキットラム・セントラル駅間で折り返し運転となり、利用客はこれら両駅で、そこから先の接続列車に乗り換えなければならなかった。

 

2019年6月6日 第23号

 ケベック州東部の病院で、20年にわたり看護師として勤務していた女性が、実は無資格だったことが発覚し解雇された。

 この女性が勤務していたのは、人口14万5千人弱の都市サグネ市を構成するジョンキエール地区の病院。同地域を管轄する当局によると、この女性は何らかの方法を用いて病院に看護師として採用された。その後も同姓同名の別の看護師の看護師免許番号を使って、勤務を続けてきた。

 しかし先月、看護師のトレーニング・コースに参加した際に、この看護師免許番号から確認された年齢と、彼女の実際の年齢が一致しないことから偽装が発覚した。その場で資格停止となった彼女は、その後の調査の結果から無資格であることが判明、病院も解雇された。

 それまでの20年間、この女性は病院内のいくつかの部署で働いてきたが、その中には手術室も含まれていたという。

 

 

今週の主な紙面
6月20日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系センター「七夕祭り」へ行こう!…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月20日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ