2019年1月31日 第5号

 総選挙の年となる2019年の国会が28日に開会した。連邦議員が議論をかわすオタワの本会議場は現在、大規模な建て替え工事が行われているため、臨時に建てられたこれまでとは異なる会議場で開かれた。中には迷子にならないように早めに来て探索した議員もいたという。建て替え工事終了までは10年かかるとみられている。

 会場を移して始まった国会は早速熱い議論の応酬になった。議論の中心はやはり中国通信大手ファーウェイ(華為技術)の副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏をめぐっての与党自由党政権の対応だった。ジョン・マッカラム前駐中国大使を解任したことでカナダと中国の関係がますます緊張することは間違いなく、野党保守党は自由党政権の外交政策の稚拙さを指摘した。

 さらに、今年が選挙の年となることで、自由党のばら撒き政策を責め、自由党政権が続けば国の借金が増えるばかりか、炭素税の導入で国民の生活も苦しくなると批判している。

 自由党は2015年に政権を取って以降の政策の成果を強調。好調な経済や中間所得層や低所得層を対象とした政策で国民の生活が豊かになってきていることを主張した。

 野党新民主党は党首が国会に議席がないため、存在感を示せないでいる。ジャグミード・シング党首は議席を獲得するため、今年2月に実施される補欠選挙でブリティッシュ・コロンビア(BC)州バーナビー・サウス選挙区から立候補することを表明している。NDPにとっては、ここが第一関門となる。

 今年はこれから10月21日の投票日まで各党の選挙に向けた動きが加速していく。

 

2019年1月31日 第5号

 アメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズ社(GM)がオンタリオ州オシャワの工場を今年末で閉鎖することを発表して以降、自動車関連の労働組合ユニフォーが閉鎖撤回を訴えて活動を続けている。

 これまでに一部従業員が職場を離れるなどのストライキを起こしていたが、今回はメキシコで製造された自動車を購入しないよう不買運動を呼び掛けていると25日、ロイターが伝えた。

 ユニフォー会長ジェリー・ディアス氏によると、約60万台のメキシコ生産GM車がカナダとアメリカで販売されているという。GMカナダはカナダで販売されているGM車47種のうちメキシコ生産車は3種で年間約3万7千台と説明している。

 GMの注意を引き、交渉再開にこぎつけ、オシャワ工場閉鎖の撤回を引き出すための手段という。もし不買運動が成功しなければストライキも視野に入れるとしている。

 GMはカナダのオシャワ工場を含め、アメリカと合わせ5工場の閉鎖を発表。電気自動車や自動運転車へと重点を移すための措置と説明している。オシャワ工場が閉鎖されれば約3万人の従業員に影響が出るとされている。

 

2019年1月31日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市にある貨物船が停泊するバンクーバー港で、クレーンが倒れる事故が起こっていたことが28日に分かった。

 事故は同日午前4時頃に発生したという。同港に停泊していた貨物船の積み荷の上にクレーンの一部が折れ曲がって倒れたという。火災なども起こっておらず、けが人も報告されていない。事故原因などは分かっていない。

 被害を受けたのはパナマ船籍の貨物船とCTVは伝えている。

 

2019年1月31日 第5号

 米ワシントン州でのはしかの流行を受け、ブリティッシュ・コロンビア州疾病管理センターが旅行に関する注意情報を出した。

 米ワシントン州クラーク郡では先週末までに31件のはしかが報告され、同州は緊急事態宣言を発令している。米ワシントン州と、隣接するオレゴン州は個人的または哲学的理由からの予防接種拒否を認めている。同郡は、予防接種率が全米平均より低い『アンチ予防接種地域』として知られており、31件のうち27件は、はしかに対する予防接種を受けていない人が発病している。また1人が入院した。

 同州ポートランドの公衆衛生当局者は、はしかに感染する恐れがある場所としてポートランド空港のほか、同市のプロバスケットボールチーム、ポートランド・トレイル・ブレーザーズの試合会場、宅配荷物の一時預かり施設であるアマゾン・ロッカーやコストコやイケアといった店舗を挙げている。

 BC州疾病管理センターは、こうした場所への旅行で、はしかに感染する恐れがあると警告している。はしかは保菌者のせきやくしゃみでも空気感染する、感染力が極めて強い感染症。特に1歳未満の乳児のほか、今まではしかの予防接種を受けたことがない人に対し、旅行前に予防接種を受けるよう呼び掛けている。はしかのワクチンが含まれている新三種混合ワクチンは最寄りの医療機関、ホームドクター、また多くの薬局で受けることができる(詳しくは『immunize』『BC』で検索)。

 BC州では毎年、何件かのはしかの発症例が報告されているが、そのほとんどは予防接種をちゃんと受けずに、はしかの発生が続いている地域へ旅行、帰国後に発症しているケースがほとんだと、疾病管理センターでは話している。2018年にBC州内で報告された6件の発症例のうち、2件はインドとフィリピンで感染したものだった。今年も、フィリピンから帰国した州民が1人、はしかを発症している。

 

2019年1月31日 第5号

 オンタリオ州に住む兄弟が、カヌーを担いでエベレスト登山のベースキャンプまでの道のりを2週間以上かけて踏破した。

 この兄弟は、カイル・ロバーツさんとトム・シェレンバーグさん。二人とも精神的疾患を負っているが、今回の登山の目的は、精神的障害という余分な重荷を背負っている人々への理解を深めてもらい、ネパール・カトマンズ市にある女性のためのメンタルヘルス施設への寄付を募るというもの。

 この挑戦に多くの支援が寄せられたことから、自分たちも支援されていない人たちに何かをしなければいけないと感じたと、シェレンバーグさんはエベレストのベースキャンプからメディアの取材に答えている。

 彼らはそれぞれ1艘ずつ、自分の身長の2倍以上の長さのカヌーを担いでベースキャンプを目指した。カヌーを担ぐのに、特別な方法が取られたわけではない。車から降ろしたカヌーを湖畔まで運ぶ時のように、カヌーを両手で頭上に掲げ、食料や寝袋が詰め込まれたリュックを背負っての登山だ。これらを合わせると、彼らが背負っていた荷物は36キログラム(80ポンド)を超えるていた。

 またカヌーがあるため、2人は通常の登山開始地点よりかなり前から歩き始めるしかなかった。2人は体の痛みと、絶えないけがに耐えながら登山を続けた。シェレンバーグさんの足先は感染症を起こした。

 18日間の苦行に耐えてベースキャンプにたどり着いた時、感極まった2人は大声で泣いたという。彼らは登山の状況をオンラインで逐一公開していたが、この様子を見守っていた家族や友人らは、目的を達成した2人を誇りに思うと取材に語っている。

 これから彼らは、200キロメートル以上の道のりを約1週間かけて下山する予定だ。

 

 

今週の主な紙面
2月14日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
盛岡の完熟りんごがカナダに初上陸…V-2
若手日系人調査(Global…Youth Nikkei…Research…Project)…V-5
MOVIES TIME OUT…V-11
Noriko Jazz Band 本格始動!…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは2月14日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ