2018年4月5日 第14号

 高い人気を誇っていた自由党政権ジャスティン・トルドー首相の支持率が、急速に低下していることが世論調査で明らかになった。

 CBCによると4月3日時点で、自由党支持は34・2パーセント、保守党は37・3パーセントと約3ポイント保守訂正先週掲載した「カナダ政府、ロシア外交官4人を国外追放」記事中の、「元ロシア秘密工作員毒殺事件」は、「元ロシア秘密工作員毒殺未遂事件」の誤りでしたので訂正します。党が上回っている。新民主党(NDP)は18・4パーセント、グリーン党は5・9パーセント、ケベック党は0・1パーセント。

 自由党の支持率が下がり、保守党に抜かれたのは3月5日の調査で、自由党35・6パーセント、保守党38パーセントで、ついにトルドー自由党政権になって初めて、保守党がトップに立った。

 自由党政権は2015年10月の選挙直後の49パーセントからしばらくは、高い支持率を維持していた。しかしそれが急降下し始めたのが2016年11月。この時トルドー政権は、トランスマウンテンパイプライン拡張工事計画承認を発表した。

 2017年には38パーセントまで落ち込んだが、その後、野党に対する期待が薄いことから支持率でリードを守っていた。しかしインド訪問後からさらに落ち込み、ついに保守党にトップの座を明け渡した。

 各調査会社で多少ばらつきがあるものの、ナノスリサーチで自由党39パーセント、保守党34パーセントとしている他は、イプソスでは自由党31パーセント、保守党39パーセント、アンガスリードは自由党30パーセント、保守党40パーセントと10パーセントも差が開いている。

 自由党政権の支持率はトルドー人気に支えられてきた部分が大きく、政権奪取から2年半が経ち、そろそろトルドー人気にも陰りが見られるのでは、と分析されている。

 ただ野党保守党アンドリュー・シェア党首や新民主党(NDP)ジャグミン・シング党首の知名度がまだ低いため、これからの自由党の政策次第では、盛り返す可能性も大いにあるとの見方がある。その一方で、政権奪取後公約をことごとく破ってきたつけが、インド訪問での失態が引き金になって、支持率低下につながっているとの見方もあり、どちらにしてもこれから次期選挙までの1年半はトルドー自由党が真に国民から試される時保守党シェア党首ほかの人でもできるはず。」と、バッシーさんは自分の体験が肥満で悩んでいる人の助けになればと願っている。期になると多くの専門家はみている。

 連邦総選挙は2019年秋に予定されている。

 

 

2018年4月5日 第14号

 保守党アンドリュー・シェア党首は4月3日、ジャスティン・トルドー首相のインド訪問に関する、連邦政府の安全保障説明会に出席することを受諾したと発表した。

 シェア党首は、保守党の党員と報道陣も国家機密事項以外の説明部分に招くと語った。

 トルドー首相の2月のインド訪問については、いろいろな意味で失敗だったとの批判が野党やメディアで繰り返される中、特に、政府の国家安全保障問題担当顧問ダニエル・ジーン氏の行動が問題視されていた。

 インドで開催されたカナダ大使館主催の夕食会に、バンクーバーのインド系カナダ人ジャスパル・アトワル氏が招待されていたことが、トルドー夫人と二人で写っている写真が公表され発覚した。このアトワル氏は1986年に、ブリティッシュ・コロンビア州を訪問中だったインドの閣僚の殺害を試みた前歴がある人物。なぜインドの閣僚を襲うようなテロリストを、カナダ政府主催の夕食会に招待しているのかという疑問が浮上した。

 これについて、インドでジーン氏がメディアへの説明で、インド政府が関与している可能性があると発言した。

 ところが首相一行と共にインドを訪問していた自由党ランディープ・サライ議員が、自分が推薦したと発表。自分ひとりの判断だったと謝罪した。

 その後、インド政府がこの件に関して一切関与していないことを発表し、カナダ政府に対して不快感を示した。

 政府内で食い違う意見に、野党やメディアはトルドー首相への説明を求めたが、どちらの言い分が正しいのかはっきりと説明しなかった。

 先月にはアトワル氏自身が記者会見を開き、サライ議員に頼んで招待者リストに入れてもらったことを説明。インド政府は一切関係ないと語った。自分は今では自由党だけではなく、保守党、新民主党とも親交があり、インドとカナダをつなぐ役割をしたいと思い動いている。事件後、インドを訪問するのは3回目であり、これまでに以前のインド閣僚殺人未遂の件で、インド訪問に支障をきたしたことはないと事情を説明した。

 そこで強まったのが、国家安全保障問題担当顧問ジーン氏の行動への疑問である。なぜインド政府が関与している可能性を、わざわざメディアに説明会を開いてまで語ったのか。野党が執拗に説明を国会で求めた。

 トルドー首相はこれについて「なぜ」の部分には一切答えず、カナダの国家安全保障担当を信用していると述べるだけだった。

 ジーン氏のシェア党首と議員、メディアへの説明は4月18日に予定されている。

 

 

2018年4月5日 第14号

 2016年5月にアルバータ州フォート・マクマレーで起きた森林火災から避難する際、飛行機の2人分の座席を必要とした男性が、それを機に減量に取り組み、半分以下の体重になった。

 この男性は、トニー・バッシーさん(43歳)。当時、森林火災はいったん原油採掘現場から遠ざかったため、バッシーさんら作業員は陸路、現地に戻っていた。しかしその後事態が急変、速やかな避難が必要となり、そのための飛行機が用意された。

 空港ではバッシーさんの体格に気づいた航空会社スタッフが、特別に彼に座席をアレンジするため、手続きを待っている人が長い列を作っている中、一番前に呼び寄せた。この時のバッシーさんの体重は567ポンド(約257キログラム)、履いていたズボンのサイズは66インチで、二人分の座席を必要とした。

 「ここで搭乗を待っている人たちには、その帰りを待っている家族や友人がいる。しかし自分が座席をひとつ余分に占拠してしまったことで、そのうちの一人の帰宅を遅らせてしまった」と、深く自責の念に駆られたバッシーさんは、避難先のエドモントン市のホテルに到着した時から一念発起、減量に取り組み始めた。

 ホテル滞在中は外食するしかなかったが、その時ですらローストチキンは皮を残し、フライドポテトの代わりに野菜サラダをオーダーしていた。そして、ウォーキングも始めた。当時は出かける時、玄関を出て車まで歩くのもやっとだったバッシーさんだが、最初は5分、そして10分と、だんだんウォーキングの時間を伸ばしていった。

 彼が取り組んだ減量は、主に糖質制限とハイ・プロテインによるもの。「全て自然のもので、手術のような人工的なものはせず、ひたすら食べるものに気を付け、歩いた」とバッシーさん。現在の体重は241ポンド(約109キログラム)、元の体重の半分以上の326ポンドを減量した。ズボンのサイズも34インチとなった。

 一方、このためバッシーさんには20〜30ポンドの余分な皮膚が残った。彼は近々この皮膚の除去手術を行い、その後フィットネスジムに通い始めるつもりだと取材に語っている。その次はマラソンに挑戦し、フォート・マクマレー森林火災の5周年の記念にフルマラソンを完走する計画だ。

 もともとニューファンドランド・ラブラドール州ニューファンドランド島北端の小さな漁港、セント・ルネアー=グリキット出身のジェシーさんは、18歳で故郷を後にしてからはあまり里帰りしていない。これも、もとの体重のせいで長距離の旅行をためらっていたからだが、故郷をもう一度見てみたいと話している。

 「自分が減量を始めたのは41歳。600ポンド近い体重からの挑戦だったが、ここまでこれた。自分にできたのだから、減量は無理とあきらめているほかの人でもできるはず。」と、バッシーさんは自分の体験が肥満で悩んでいる人の助けになればと願っている。

 

 

2018年4月5日 第14号

 『もぐもぐタイム』ではなく、あえて名づけるならば『ごくごくタイム』だろうか。アルバータ州の母親が、出場していたホッケーの試合の休憩時間、ロッカールームで乳児に授乳している画像をインターネット上に投稿し、話題を呼んでいる。

 母乳保育をサポートするグループ、ミルキーウェイ授乳サービスのフェイスブック上に、その時の画像を投稿したのは、8カ月になる乳児の母親セラ・スモールさん。画像には、ロッカールームのベンチにスケート靴を履いたまま腰かけているチームメイトの間で、スモールさんがユニフォームを脱ぎ上半身裸で授乳している様子が写っている。

 同サービスはこの動画で、いつでもどこでも、必要な時に母乳を与えて問題ないというメッセージを世間の母親たちに発信できると考え、スモールさんの許可を得た上でサイトにアップした。

 これに対する反応のほとんどは、好意的なものだった。ある女性は「こういうことが特別に賞賛されたり、特別なことと思われてほしくない。これは極めて自然であたりまえのことなのだから」と書き込んでいた。また自身も大学ホッケーリーグの選手時代にゴールキーパーを勤め、現在は生後3週間になる乳児に母乳を与えている女性も「人生でめぐり逢った中で最高の映像」とコメントしている。

 一方この投稿に異を唱える人は、何か建設的なメッセージを発信したいのだったら、女性更衣室内で撮った映像を公開するような品位に欠けることは慎むべきだと指摘している。ただこれについては、授乳サービスが後日、画像に映っていたチームメイトからは一般公開の同意を取り付けていたことを補足している。

 スモールさんは自身のフェイスブックで、以前は授乳中は胸が露出しないようにと、周囲の目を気にしていたが、授乳サービスのコンサルタントとの話し合いから、これは誇りに思うべきことであり、恥じるようなものではないと自信をつけたと語っている。

 子供の頃からホッケーを続けてきたスモールさん。出産後は体が以前のように動かなくなったことに驚きながらも、この体を誇りに思っていると取材に語っている。彼女は時々、試合に搾乳器を持っていくのを忘れ、試合中に母乳が染み出すハプニングも体験している。そんな時はゲームの合間をぬってせっせと授乳しているという。

 さらにスモールさんは、この映像をどんどんネット上で広めてもらい、授乳を当たり前のことにしていきたいと願っている。「母親になることは素晴らしいことで、自分の子供が欲していることに応えられることに、幸せを感じる」と語っていた。

 

 

2018年4月5日 第14号

 ベルギービールのステラ・アルトワが、瓶ビールの製造にひびの入った瓶を使用していた恐れがあるとして、リコールを発表した。このひびが原因となり、ガラス片がビールに混入する可能性があるという。

 同社は複数の瓶メーカーからビール瓶を仕入れているが、どのメーカーのものにひびが見つかったかは明らかにしていない。同社のクリスティーナ・チョイ副社長は、リコールされる本数は北米で年間に販売される量の1パーセント以下であり、そのなかで実際にひびが入っている瓶は、さらに少量だと説明している。

 対象となるビールは、ステラ・アルトワの6本、12本、18本、および24本入りパックと、複数パックをまとめた『ベスト・オブ・ベルギー』。これに加え、アメリカではアルコール度の低いステラ・アルトワ・レジェールの6本および12本パックも対象に加えられている。

 また対象となるパックに印刷されているコードは、49、52、および55で、カナダ国内のパックの賞味期限は、2018年2月20日から9月26日の間になっている。またアメリカのパックの賞味期限は2018年2月13日から2019年2月2日の間となっている。

 なおリコールは特定期間に製造された瓶ビールのみが対象となっており、他の製造コードの瓶ビールのほか、缶ビールやレストランなどでタンクから提供されるビールには問題ない。

 

 

 

今週の主な紙面
4月19日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
アートの町・ポートムーディで個性が響き合う“一写入魂”の作品展開催中…V-2
東洋医学の杜…~鍼灸・漢方専門医のつぶやき~第1回 不眠症の鍼灸・漢方治療…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康 第26回…V-21
ホワイトキャップス、ホーム連続不敗記録11で止まる…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月19日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ