2018年7月26日 第30号

 ジャスティン・トルドー首相は18日、内閣改造による新内閣を発表した。5人が新たに閣僚入り。今回は、担当省が代わった大臣はいるが、閣僚から外れた大臣はいなかった。

 来年10月に実施される総選挙まで残り15カ月となるこの時期の内閣改造は、選挙対策内閣となった。

 重視したのは、アメリカとの経済関係、国内の州政府との調和、2019年選挙対策。

 アメリカとの関係では、アメリカに偏る輸出先を多角化するための大臣2人を任命した。一人はジム・カー前天然資源大臣。国際貿易省を国際貿易多様化省と名称を変更し、多様化をより鮮明にした。もう一人は、新設省で初閣僚入りを果たしたメアリー・エング中小企業・輸出振興大臣。中小企業の輸出振興を手助けする。トルドー政権初の中国系大臣。アメリカに頼り過ぎた貿易がトランプ大統領の采配によって顕著になった貿易問題の緩和を図る。カナダは輸出の75パーセントがアメリカとなっている。

 国内の州政府との調和の任命を受けたのは、ドミニク・ルブラン前漁業海洋兼カナダ沿岸警備隊大臣。新設された政府間関係・国内貿易に、北方問題の担当も加え、自由党政権が推進する全国規模の政策実行に向け各州との交渉役を担う。

 特に国内では、州政府で保守派政権が勢力を増している。これまでのサスカチワン、マニトバ州政府に加え、今年6月の選挙ではオンタリオ州で進歩保守党政権が誕生した。自由党政権が来年1月から実施する炭素税導入反対でサスカチワンと歩調を合わせる。さらにアルバータ州、ケベック州での選挙を控え、保守党色が強くなる傾向が地方で相次いでいる。

 もう一つの国内対策パイプライン関連では、ルブラン大臣の後任にブリティッシュ・コロンビア(BC)州ノースバンクーバー選挙区ジョナサン・ウィルキンソン氏が漁業海洋・カナダ沿岸警備隊大臣に就任した。BC州で反対活動が続くトランスマウンテン・パイプライン拡張工事計画への対策と、BC州での議席確保の両方を目的としている。パイプライン反対派は、輸送オイルサンド量が3倍に増加するといわれる拡張工事でオイル漏れが起こる可能性が高くなり、海洋汚染が深刻化することなどを理由に反対活動を続けている。パイプラインターミナルがあるバーナビー市は、ウィルキンソン大臣の選挙区からタンカーが航行する湾を挟んで向かい側にある。

 2019年選挙対策には、オンタリオ州、ケベック州出身議員を多用した。新設された高齢者大臣に就任したフィロメナ・タッシ氏は、オンタリオ州ハミルトン選挙区。ハミルトンといえば、トランプ政権が実施した鉄鋼・アルミニウム関税引き上げで最も打撃を受ける鉄の町。その他、エング中小企業・輸出振興大臣もオンタリオ州出身。

 ケベック州出身で初閣僚入りを果たしたのは、パブロ・ロドリゲスカナダ民族遺産・多文化主義大臣。ケベック州のメラニー・ジョリーカナダ民族遺産大臣は観光大臣、公用語・仏語圏諸国連合大臣を担当する。フランソワフィリップ・シャンパーニュ前国際貿易大臣はインフラ・地域社会大臣に移り、ケベック州での活動に重心を置く。

 選挙対策とパイプライン対策では、アルバータ州のアマルジート・ソーヒ前インフラ・地域社会大臣が天然資源大臣を担当。保守党が強いアルバータ州での議席確保と、トランスマウンテン・パイプライン拡張工事対策を兼ねる。

 そして最も注目されたのが、新設された国境警備・組織犯罪削減大臣を担当するビル・ブレアー氏。元トロント市警長官を務めたブレアー大臣は2015年に初当選。以降、マリファナの合法化の促進などで大臣以上の活動をしていた。それが今回は、アメリカとの国境沿いで増加しているアメリカからの非合法な難民希望者の対策や、組織犯罪の減少を目的とする省を担当する。ブレアー大臣もオンタリオ州選出。

 これでカナダ政府は34大臣となり、トルドー前内閣の29から5人増加。男女比は17対17で男女平等を保っている。

 トルドー首相はオタワでの就任式終了後の記者会見で、国内で地方政府の状況が変化していると語り、それでも「環境問題にしても、移民政策にしても、国家安全にしても、国民との公約を実行するための強い姿勢を示さなければならない」と述べた。

 

 

2018年7月26日 第30号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)とオンタリオ州で大きな山火事が発生している。

 オンタリオ州北部では23日時点で、55カ所で消火活動が続けられ、21カ所ではいまだ制御不能状態だという。すでに避難命令や避難勧告が出ている地域もあり、注意を呼びかけている。現在、カナダ国内はもちろん、アメリカのミネソタ州、ウィスコンシン州、メキシコからも消火活動の応援が来ている。

 BC州では内陸南部のオカナガン地方で山火事が続いている。避難指示や道路封鎖などがあった地域もあるが、BCワイルドファイア・サービスによると、消火活動が功を奏し、週末から少しずつ火事が収まりつつあるという。22日には消火活動の一環として、2カ所の山火事を一つにして消防士の安全を確保しながら迅速な消火につながる措置を取った箇所もあったという。

 それでも、強風や落雷などで再び勢いが増すこともあることから、住民には注意を呼びかけている。

 

 

2018年7月26日 第30号

 世界各国で展開するアメリカの事業用不動産サービスおよび投資顧問会社CBREグループが24日、テクノロジー関連の人材保有に関する報告書を発表した。

 アメリカ・カナダの50都市を対象に13項目を調査。テクノロジー関連の雇用状況、教育レベル、事務所賃貸契約料、人口分布の動向、住宅価格などが調査対象に含まれている。

 総合で1位を獲得したのはサンフランシスコ・ベイエリア、2位シアトル、3位ワシントンDCとトップスリーにはアメリカの都市が入った。そして4位にトロント。5位ニューヨークと続く。カナダの他の都市では、13位にオタワ、14位モントリオール、25位バンクーバーとなった。

 2012年から17年までにテクノロジー関連人材確保で1位となったのがトロント。5年間で8万2100人と2位サンフランシスコの7万7800人を上回った。カナダの都市では、モントリオールが2万2300人で6位、バンクーバーが1万6100人で11位、オタワは9700人で22位だった。

 雇用者全体のうちテクノロジー関連人口の比率が最も高かった都市は、オタワで11・2パーセント。次いでサンフランシスコ9・8パーセント、3位にトロントの8・9パーセントとなった。モントリオールが6・8パーセントで7位、バンクーバーは5・9パーセントで12位だった。

 平均年収では、1位はサンフランシスコで12万5400米ドル、2位シアトル11万7300米ドル、3位ニューヨーク11万2600米ドル。カナダのトップはオタワの30位で8万8千米ドル、トロントが37位で8万3200米ドル、バンクーバーが49位7万5千米ドル、モントリオールは最下位の50位で7万4200米ドルだった。

 カナダでの年収が低い要因のひとつに、カナダドルが弱いことが挙げられている。

 

 

2018年7月26日 第30号

 去就が注目されていたMLS(メジャーリーグサッカー)バンクーバー・ホワイトキャップスFCのMF アルフォンソ・デイビーズ選手の、バイエルン・ミュンヘンへの移籍を、ホワイトキャップスが25日に正式に発表した。

 デイビーズ選手はチームを通してコメントを発表。「子供の頃からこのような瞬間をいつも夢見ていた」と語った。

 ホワイトキャップスによると、移籍金は約2200万USドル。これは2008年にスペインのチームと契約した当時18歳のNYレッドブルズ・ジョジー・アルティドール選手(現トロントFC)のMLS最高額1千万USドルを大きく上回る。

 今季大ブレイクしたデイビーズ選手はここまで20試合に出場し、3ゴール、8アシスト。チームによれば、今季終了までホワイトキャップスに在籍し、プレーする。

 5歳の時に難民として家族と共にカナダに移民したデイビーズ選手、生まれは両親がリビアの内戦から逃れてたどり着いたガーナの難民キャンプ。移民してからはアルバータ州エドモントンで育った。

 すでにカナダ代表にも選出されている17歳。FIFAワールドカップ2026年カナダ・メキシコ・アメリカ3カ国共同開催の決定にも直前にスピーチして一役買った。

 バイエルン・ミュンヘンはドイツのブンデスリーガに加盟する。ブンデスリーガには、現在ホワイトキャップスで活躍しているMF/DFマルセル・デヨン選手もFCアウクスブルグでプレーした経験を持つ。

 ファンにとっては、今季大活躍しているデイビーズ選手のプレーがバンクーバーで見られるのは今季限りとなる。

 

 

2018年7月26日 第30号

 カナダ環境省が23日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州南西海岸地域に高温注意情報を発表した。

 7月中旬から暑い日が続くBC州南西部で、今週末にかけて沿岸部で30度前後、内陸部では35度近くまで気温が上昇すると予測している。

 高温注意情報が発表された地域は、メトロバンクーバー、フレーザーバレー、ウィスラー、サンシャインコースト、州沿岸中央部・北部、バンクーバー島東部・内陸部。

 環境省は、十分な水分補給、冷房が完備されているような涼しい場所で数時間過ごす、直射日光はなるべく避け、外出時はSPF30以上の日焼け止めを使用する、なるべく日陰を選ぶ、人やペット、特に子供や高齢者を、駐車中の車内に置き去りにしないなどの対策を取るよう促している。

 カナダ環境省は高温により心身に異常を来す危険がある場合に高温注意情報を発表している。

 高温の影響を受けやすい子供、高齢者、妊婦、持病のある人などは、特に注意が必要と呼びかけている。

 

 

 

今週の主な紙面
8月9日号 第32号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月9日号 第32号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ