2017年3月9日 第10号

 ヌナブト準州の中央部、北極圏内の村クガールクにある唯一の学校が、火事により焼失した。人口1000人足らずの同村は、ハドソン湾よりさらに北、北西航路につながるブーシア湾の南端に位置し、同準州の州都イカルイトからは北西に1100キロメートルほどの位置にある。

 不審火が原因とみられる火事は、2月28日深夜に発生。消火活動はマイナス60度という想像を絶する寒さのためはかどらず、鎮火したのは1日の朝になってからだった。

 けが人が出なかったのが不幸中の幸いと村の関係者は話しているが、村に適切な消火設備があれば消火できたかもしれないと、悔やんでもいる。

 また火事は隣接する村役場やディーゼル発電機、およびその燃料タンクにも延焼する危険性もあった。村全体が暖房を電力に頼っているため、もし発電施設が機能停止に陥れば、村は非常事態になっていた。

 多くのヌナブト準州のコミュニティの例にもれず、クガールクでも若年層人口の割合が極めて高い。村の人口の約30パーセントにあたる310人の子供たちが、幼稚園から12年生として学校に通っている。また、学校は45人のスタッフを抱えている。

 村では授業を続けるための場所確保に奔走している。コミュニティホール、教会、北極圏カレッジ、村役場などがその候補に上がっている。また学校の体育館も焼け落ちたことが、村民に大きなショックを与えているという。

 こうした遠隔地のコミュニティにある学校が焼失したのは、同村が初めてではない。同準州バフィン島の南西部に位置する、人口1300人あまりの村ケープドーセットでも2015年に、学校が放火により焼失している。5人の青年が訴追され、一人に有罪が確定している。新校舎はまだ竣工していない。

 

 

2017年3月9日 第10号

 現在、アルバータ州カルガリーに住むアブダルファタシュ・サボニさんが、シリアから難民としてカナダに到着したのは、1年1カ月前のことだった。

 サボニさんは自宅の台所を利用して、天然素材の石鹸作りに余念がない。かつて彼はヨルダンやシリアで、2つの石鹸工場を経営していた。

 天然素材と手作りであるため、工程は4〜5日かかるという。また、その表面にはサボニさんのかつての工場のエンブレムが押印されている。ちょうどアイスホッケーのパックほどの大きさの石鹸は、4つを1パックとして包装、リボンをかけて10ドルで販売する。サボニさんの長男も包装を手伝っているという。

 彼らがカナダに来た時、この国の人々は自分たちを温かく迎え入れてくれたとサボニさん。そのお礼に何かをしたいと思ってきた彼は、かつての自分の仕事で、みんなに喜んでもらおうと考えた。

 取材中、記者が石鹸の原料は何かと尋ねたとき、主原料がオリーブオイルであることは認めたものの、それ以外は企業秘密だと、サボニさんは笑顔で答えていた。

 

 

2017年3月9日 第10号

 カナダ国内のシェフやメディア関係者、ライター/ブロガーなどによって選ばれる、カナダのベスト・レストラン100。その2017年版が2月28日に発表された。

 今年は82人の投票によって順位が決定したが、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー・イーストサイドのレストランが、新規開店レストラン部門の最優秀賞に輝いた。

 このレストランは、同市ペンダー通りぞいにある、キッサ・タント(Kissa Tanto)。ベスト100のランキングでは14位だが、オーナーのタニス・リンさんは、かつて訪れた東京のジャズ喫茶のような、ロマンチックで落ち着いた雰囲気を目指して、このレストランを作ったという。

 同市の中華街にある中華レストラン、バオ・ベイ(宝貝)も経営するリンさんとともに、長年料理長を務めてきたジョエル・ワタナベさんとスーシェフ、アラン・チョウさんらが提供するのは、和食とイタリアンのフュージョン料理。メニューの一部を紹介すると、ホームメードの発酵生地を用いたパン(オリーブオイルと海苔バター添え)、揚げオリーブ、サフランとパルメザンチーズを盛った茶碗蒸し、ラム肩肉のナスフリッター(ガーリック味)と卵黄添えなど。

 BC州からトップ10入りしたのは、ローズウッド・ホテル・ジョージア内のホークスワース・レストラン(6位)のみ。ちなみに1位はオンタリオ州トロントのレストラン、アロ(Alo)。そのほかもトロントとモントリオールのレストランがベスト10を席巻、10位に辛くもアルバータ州カルガリーのピジョンホールが滑り込んだ。

(ベスト100のランキングは、『Canada’s』、『100』、『Best』、『Restaurant』で検索)

 

 

2017年3月2日 第9号

 ジャスティン・トルドー首相は2月22日、4選挙区での補欠選挙を実施すると発表。19日発表した1選挙区と合わせて5選挙区で4月3日に補欠選挙が行われる。

 自由党が2015年10月に政権を取って以降、初めてとなる選挙。首相に就任して1年半、トルドー首相への国民の評価が示される。

 補欠選挙が行われる選挙区は、元自由党議員の3選挙区と元保守党議員2選挙区。ケベック州セイント・ローレント選挙区はステファン・ディオン前外相の選挙区で、1月の内閣改造で欧州・ドイツ大使に任命された。オンタリオ州マーカム・ソーンヒル選挙区はジョン・マッカラム前移民相の選挙区。マッカラム前移民相も内閣改造で中国大使に任命され、議員を退いた。同州オタワ‐バニエ選挙区は元自由党モーリル・ベランガー元議員の選挙区。ベンラガー元議員はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、ギリギリまで議員として活動していたが昨夏に死去。8月23日から空席となっていた。

 アルバータ州カルガリーヘリテージ選挙区は保守党スティーブン・ハーパー前首相の選挙区。2015年に保守党が大敗し党首を辞任したが、昨年議員を辞職した。同州カルガリーミンドナポール選挙区は保守党ジェイソン・ケニー元雇用社会開発相の選挙区。ケニー元雇用相は国会議員を辞職し、現在はアルバータ州進歩保守党党首選に立候補している。

 保守党は現在14人が立候補している党首選の真っ只中で、ローナ・アンブローズ暫定党首にとってこれが党首として最後の大仕事となる。

 ただ、自由党、保守党ともに、前回の選挙では得票率55パーセント以上という元閣僚級議員の選挙区だけに、どちらかの党が全議席を獲得するような大きな番狂わせはないのではとみられている。

 新民主党(NDP)も現在党首選が本格的に始まったばかりで、補欠選挙までにNDPが大きく躍進するということもないとみられている。

 

 

2017年3月2日 第9号

 ブリティッシュ・コロンビア州自由党政権が来年度予算案を2月21日、発表した。マイク・デヨン財務相は「州民還元予算」と名付け、好調なBC州経済の恩恵を州民に還元する予算案だと強調した。

 今年5月に行われるBC州議会議員選挙直前の予算案は、選挙をにらんだ大盤振る舞いな内容となった。

 ヘルスケア、児童福祉、教育、住宅などで減税や負担減などが目立った。企業への減税も盛り込まれた。一方で、環境問題対策や弱者救済にはほとんど手は付けられていなかった。また所得税や州税の減額も盛り込まれなかった。

 最も注目されたのは健康保険料(MSP)の減額。年間世帯所得が12万ドル未満の世帯で保険料を50パーセント減額するとした。これにより大人1人当たり年間約450ドル、家族4人の場合約900ドル減額になるとしている。実施は2018年1月1日から。減額は自動的に行われるわけではなく、申請しなければならない。デヨン財相は将来的にはMSP廃止も視野に入れていると語った。

 これに野党新民主党(NDP)ジョン・ホーガン党首が反論した。これまでBC州政府は保険料をずっと引き上げてきたと指摘。選挙前になって急に減額という自由党政権の子供だましな予算案に州民は騙されないだろうと批判した。「クリスティ・クラーク州首相は自分の州首相としての地位を保持したいだけだ」とホーガン党首。保険料減額はNDPがずっと主張してきた政策。「NDPの政策を近々発表する。自由党とは違った選択肢で州民に貢献できると確信している」と語った。

 法人税減税では、中小企業への法人税をこれまでの2・5パーセントから0・5パーセント減額する。マニトバ州に次いで低い税率と胸を張った。さらに企業の電気料金にかかる州税を2年で廃止するという。まずは2017年10月1日から現在の7パーセントを3・5パーセントに減額。2019年4月までに完全に廃止するとしている。市町村、病院、学校は対象外。個人住宅ではすでにPSTは課税されていない。

 その他には、教育に対しては3年間で3億2千万ドル、児童福祉には子供家族開発省へ2億8700万ドルの予算を計上、さらに5700万ドルが子供のメンタルヘルスケアや薬物問題解決に充てられている。

 他にもデイケアの確保、住宅初購入者への支援などが盛り込まれた。

 来年度予算案は、歳出が502億ドルとなり今年度の491億ドルより2・3パーセント増加する。来年度の黒字額は2億9500万ドル。今年度(今年3月31日末まで)は15億ドルとなると発表。昨年11月に試算した22億ドルから下方修正した。

 今後のBC州の経済見通しについては、好調な州経済を強調しながらも、現在アメリカとの間で続いている製材取引交渉の行方や不動産による収入減に不安材料があるとしている。経済成長は、今年度は3パーセントと予測。来年度は2・1パーセント、2018年度は2パーセントしている。

 BC州の来年度負債額は700億ドル。今年度の670億ドルから増額する。負債額は増額を続けているが、今後もその傾向は変わらず2019年度には730億ドルになるだろうと政府は予測している。

 企業や社会保障に大盤振る舞いな一方で、所得税、州税の個人への減税は盛り込まれなかった。また環境問題対策も盛り込まれず、環境保護活動家からは非難の声が上がっている。クラーク州首相はキンダーモーガン社のトランスマウンテン・パイプライン拡張工事を承認したばかり。環境対策が期待されていた。

 他にも障害者に対する社会福祉には手が付けられず11年間連続予算凍結となった。

 前回総選挙前の予算案でBC州の将来の確実な歳入源として盛り込まれた液化天然ガス(LNG)についても今回の予算案では見られなかった。高騰する住宅価格への対策も盛り込まれなかった。

 

 

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ