2017年11月2日 第44号

 バンクーバー市は10月29日、アビュータス・グリーンウェイの利用方法を絵にした市民100人のスケッチを公開した。

 同市は27日から29日までを「アビュータス・グリーンウェイ・デザイン・ジャム」と題して参加者を募り、アビュータス・グリーンウェイの未来図を市民とともに考える機会とした。

 その最終日に公開されたアビュータス・グリーンウェイの未来予想図。公園やコミュニティガーデン、フードトラックなど、それぞれに思いのこもった理想の利用方法が描かれていた。中には、ストリートカーが走る姿もあった。

 このアビュータス通りには以前に使用されていた線路が約8・5キロメートル残されている。線路は6thアベニューとファーストリートから南に延びミルトンストリートまで達している。ここは市が2016年3月にカナディアン・パシフィック・レールウェイから購入した土地の一部。バンクーバー市は以前からストリートカー構想を持っていた。

 市の運輸担当ロン・ラクレア氏は記者会見で「市民が集えるプラザやコミュニティガーデンのような場所を作れるとてもいい機会」と述べ、市民全体のアイデアが反映されるものにしたいと語った。

 市は今回示されたデザインを審査するチームをすでに作り、街づくりに動き出している。最初のドラフトが完成するのは早くても2018年春。現在この通りは、歩行者や自転車で利用されている。

 

 

2017年11月2日 第44号

 アルバータ州連合進歩保守党(UPC)は10月28日、投票の結果ジェイソン・ケニー氏が党首に決定したと発表した。

 電話とコンピュータによる3日間の投票で、ケニー氏は3万5623票、61パーセントを獲得。他の候補、元ワイルドローズ党首ブライン・ジーン議員1万8336票、31・5パーセント、元進歩保守党選挙対策担当ダグ・シュウェイツァー氏4273票、7・3パーセントを大きく引き離しての党首就任となった。

 ケニー氏は決定後、「常識と一般アルバータ州民の価値観を基本に置いた政府構築に1歩近づいた」と党員に語った。

 49歳のケニー氏はこれまで約20年間政治家として活動。連邦議員として、スティーブン・ハーパー保守党政権時代には、移民相、雇用相、国防相などの主要閣僚を歴任した。2015年総選挙でもアルバータ州カルガリー-ミッドナポール選挙区で保守党から立候補し当選。しかし、2016年7月に国会議員を辞職してアルバータ州進歩保守党党首に立候補することを表明。2017年3月に党首に決定した。進歩保守党は2015年アルバータ州選挙で新民主党(NDP)に惨敗しジム・プレンティス党首が辞職したため、党首選が行われた。

 ケニー氏は進歩保守党党首就任後、保守系が二つに分かれていたことがNDPに敗北した要因として、同じく野党保守のワイルドローズ党との統合を模索。今年7月に両党内で行われた統合の是非を問う投票で両党とも賛成多数で統合を決定し、連合進歩保守党に党名を変更、党首選が行われていた。

 UCPにとって、今後は党の政策作りとケニー氏の議席確保が急務となる。29日にはカルガリー-ローヒード選挙区のデイブ・ロドニー議員が辞職を表明。ケニー氏に選挙区を譲ると発表した。補欠選挙での議席獲得を狙う。ケニー氏は、NDP政権が年内に補欠選挙を実施するだろうと語っている。

 

 

2017年11月2日 第44号

 連邦政府は、マリファナの危険性と正しい知識を普及するためのキャンペーンに、今後5年間で364億ドルを充てることを10月31日、発表した。

 対象は主に若者で、健康被害や運転への影響などを教育していくという。ジネッテ・ペティパス保健相は、「マリファナについては間違った知識が蔓延している」として、繰り返しキャンペーンを行い、対象とする人々へ確実に情報が届くようにすると語った。ソーシャルメディアなども活用する。今回の費用は、2017年予算案に組み込まれた960万ドルとは別に計上する。

 自由党政権は2018年7月1日のマリファナ合法化の実現を目指して、現在法整備などを進めている。しかし野党保守党が反対しているほか、健康・保健関連機関や州政府などからは、時間的に厳しいのではとの声が上がっている。

 

 

2017年11月2日 第44号

 ブリティッシュ・コロンビア州新民主党(NDP)政権は10月30日、市政への献金を規制する法案を発表。企業・組合からの献金を禁止し、個人献金額は1200ドルを上限とすると発表した。

 今回の対策は、今年7月に政権がNDPに交代し、導入された政党献金規制とほぼ同様の内容。同州セリナ・ロビンソン市政関係及び住宅相は、今年中には議会で可決される見通しで、可決されれば来年行われる市町村選挙に適用されると語った。

 市町村や労働組合では、概ね賛同する声が上がっている。

 

 

2017年11月2日 第44号

 カナダ統計局は10月25日、2016年に実施された国勢調査の結果のうち、先住民族、移民、住宅に関する項目をまとめた報告書を発表した。

 移民については、海外生まれのカナダ移民が750万人となり全人口の21・9パーセントを占めた。これは、1921年の国勢調査で22・3パーセントが記録されているが、戦後では最高。統計局は2036年までには、さらに増え、25〜30パーセントに達するだろうと予測している。このうち、英語・フランス語以外を母国語とするのが70パーセント以上。1921年の調査では70パーセント以上が母国語を英語・フランス語としており、完全に逆転した。

 前回調査の2011年から2016年の間に新移民となったのは約120万人。2016年の全人口の3・5パーセントを占めた。カテゴリー別では経済移民が60パーセント、家族移民が26・8パーセント、難民移民が11・6パーセント。移民出身地域で最も多いのは、中東を含むアジア圏で61・8パーセント、次いでアフリカ13・4パーセント、ヨーロッパは11・6パーセントと3番目だった。

 2016年調査でビジブルマイノリティ(白人、先住民族のカテゴリーに属さない人種)は、770万人で全人口の22・3パーセント、うちカナダ生まれは30パーセントだった。出身地では南アジアが最も多く190万人。ビジブルマイノリティの4分の1を占めている。次いで中国160万人、20・5パーセント、出身地に関係なく黒人のカテゴリーに当てはまる人は120万人と初めて100万人を突破。15・6パーセントを占めた。

 また15歳以下の子どものうち、220万人、カナダ全体の37・5パーセントが海外生まれ、もしくは両親のどちらかが海外生まれ。今回の調査では人種分布が大きく変化していることが明らかになった。

 また先住民族の人口が急増したことが明らかになったことも今回の調査の特長。167万人が、自身が先住民族と申告。これは全人口の4・9パーセントで前回調査の3・8パーセントから大きく増加。10年間では42・5パーセント増加している。理由としては出生率が高いこと、さらには前回までは先住民族として登録しなかった人たちが自らを先住民族と認めるようになったことが上げられている。

 住宅関連では、移民者の定住先としてアルバータ州、マニトバ州、サスカチワン州と、西部カナダへの定住者数が前回調査より大きく増加。安定した経済と住宅事情が理由とみられている。

 住宅事情では全国1410万世帯のうち住宅を所有しているのは950万世帯、67・8パーセントで前回調査の69パーセントを下回った。住宅のうち、コンドミニアムで生活する世帯が最も多かったのはブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーで、地区全体の30・6パーセント、次いでアルバータ州カルガリーで21・8パーセント、BC州アボツフォード-ミッション21・5パーセント、同ケローナ21・3パーセント、オンタリオ州トロント20・9パーセントと上位をBC州が占めた。

 BC州への移民者は減少傾向にあるという。2001年調査では20・8パーセントだった移民者が、2016年では14・5パーセントに。オンタリオ、ケベック、アルバータに続く。理由は高額な住宅事情と雇用状況。専門家は裕福な外国人の移住に目が奪われがちだが、一般移民者は大金を所持していないため自分たちが定住できる場所に移民する傾向があると分析している。今回の調査でのバンクーバーの不動産価値の平均は100万5920ドル、トロントが73万4924ドル、モントリオール36万6974ドル。全国平均は44万3058ドルだった。

 

 

 

今週の主な紙面
11月23日号 第47号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
気持ち英(え〜)会話…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
第7回牡蠣の早あけ世界大会…V-11
人類学博物館で先住民セイリッシュ族の織物展 The Fabric of Our Land: Salish Weaving…V-11
ハロウィン発表会 グラッドストーン日本語学園…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
$5クッキング…V-23
2017 年JET ゴルフ納会・総会…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月23日号 第47号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ