2017年3月23日 第12号

 ジャスティン・トルドー首相が、ニューヨークで米ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカ・トランプ氏とミュージカルを鑑賞したとして話題になっている。

 ミュージカルは、2001年9月11日アメリカで起きた同時多発テロにより、大西洋を渡ってくる飛行機がアメリカへ入国できなくなった事態を受け、38機がカナダ大西洋岸の小さな町、ニューファンドランド・ラブラドール(NL)州ガンダーに着陸した時の、街の人々と足止めされた約7千人の乗客の交流を描いたもの。

 カナダ人夫妻デイビッド・へイン氏とアイリーン・サンコフ氏の制作で、12日からブロードウェイで上演している。

 トルドー首相が訪れたのは15日。会場の約千席のうち、カナダ関係者が約400席を埋め、トルドー夫妻の他には、ジョン・クレチェン元首相や同州選出国会議員ジュディ・フーテ氏、NL州ガンダー市の市長も出席した。

 そこにはトランプ氏やアメリカの国連大使ニッキー・ヘイリー氏も出席。NL州関係者に声を掛けたと伝えられている。

 トルドー首相はミュージカルが始まる前に、観客の前で舞台あいさつ。「カナダとアメリカほどの友情で結ばれた関係は他にはない。この素晴らしい物語は、まさにそれを物語っている」と語った。首相は、舞台が終わった後、トランプ氏と言葉を交わしたことを明かし、「楽しんだようだった」と語った。

 

 

2017年3月23日 第12号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー水族館の海洋汚染研究課では、いわゆるマイクロプラスチックによる海洋汚染の原因解明に挑んでいる。

 マイクロプラスチックとは、直径5ミリメートル以下のプラスチック片のことを指す。同課課長ピーター・ロスさんは、これは化学汚染ではなく物理的汚染であり、今までの海洋汚染とは全く別のものだと、取材に説明している。

 最近BC州沿岸で行われた調査では、1立方メートルの海水中から2万5千個のプラスチックの破片や繊維が検出されたという。これらはプラスチック製品ースーパーのレジ袋、タバコのフィルター、発泡スチロールなどーが徐々に崩壊していった結果だが、ロスさんは意外なものも、その原因になっていると指摘する。

 それは、フリースなどの化学繊維の衣類が洗濯されるときに出る繊維だ。セーター一枚を洗濯した場合、その排水の中には、最大で1万本もの微細繊維が含まれ、そのまま下水道に流れ込むと、ロスさん。

 しかし、一枚一枚のフリースが、最終的にどのくらいの規模で海洋汚染に寄与しているかは、まだ明らかにされていない。ロスさんらは現在、浄水場に流れ込む下水と、処理後にフレーザー川に放出される処理済みの水のサンプルに、それぞれどのような種類のマイクロプラスチック類が、どれくらい存在しているかを調査している。その調査結果によっては、浄水場の処理方法の変更を促すことになるかもしれない。

 プラスチック類による海洋汚染は世界的な問題となっており、ある研究によると、その海に流れ込む量は、毎分ゴミ収集車1台分になっているという。また、この状態が続けば、2050年には地球上の海に住む魚の数量よりも、プラスチックゴミの数の方が多くなるとされている。

 この問題に取り組むため、バンクーバー水族館では最近32万5千ドルを投じて、犯罪捜査などにも用いられる赤外線分析器を導入した。これを用いれば、どのような種類のプラスチックゴミであるかを、より正確に突き止めることができ製造側へのアドバイスも可能になるという。

 バンクーバーに本社がある非営利アウトドア用品メーカー、マウンテン・エクイップ・コープ(MEC)は、自社製品が環境に及ぼす影響を削減する努力を長年続けてきている。その一環として、ロスさんの研究に5万ドルの寄付も行っている。マイクロプラスチックによる汚染は、同社やパタゴニアといったアウトドア用品メーカー大手でも、取り組むべき問題として認識されてきていると、同社は取材に語っている。

 同社の製品試験所で取材に応じた製品責任者ジェフ・クロックさんは、製品の素材を変えたり、製造方法を変えたりして、この問題の上流にいる生産者として、できることに取り組んでいると説明。世界で何十億ドル規模となる服飾業界が、この問題の解決に寄与できることは間違いないが、研究が十分進んでいないため、どう取り組めばいいのか分からないのが現状だと語っている。

 同州バンクーバー島にあるバンクーバー・アイランド大学ナナイモ校の博士サラ・ドューダスさんの研究グループは、BC州沿岸部の各地から採取したカキの内臓を溶かし、どれくらいのマイクロプラスチックが蓄積されるかを調査した。極めて根気のいる、この研究で分かったことは、ほとんどすべてのサンプルにプラスチック繊維が含まれていたことだ。

 こうしたプラスチック汚染が、実際のところ、自然環境や人体にどのような危険性を及ぼすのかは、分かっていない。しかしドューダスさんは、この研究をその端緒にしたいとしている。

 

 

2017年3月23日 第12号

 ブリティッシュ・コロンビア州サイモン・フレーザー大学で文化地理学を教える教授ポール・キングスバリーさんは、研究室の大学院生らと超常現象を追う人々を対象とした研究を行っている。

 4年プロジェクトのこの研究は、今年で2年目を迎え、先週には中間報告を行っている。キングスバリーさんらが調査しているのは、いわゆるゴースト・ハンターやUFO愛好家、またサスクワッチ捜索者のグループ。

 キングスバリーさんが、この研究を始めた動機は、人々がどうして、このような怪しげなサブカルチャーに魅せられるのかを調べたかったから。

 彼らはゴースト・ハンター・グループにインタビューしたり、UFO学会やサスクワッチ・サミットに出席したりした。またBC州内で実際に行われた幽霊調査の現場にも9回立ち会った。

 そんなゴースト・ハンター・グループのひとつが、同州バンクーバーに拠点を置く北方超常現象調査所(Northern Paranormal Investigations)。この調査所を仲間と設立したニッキー・パターソンさんのまわりでは、子供のころから不思議なことが起こっていた。新築のアパートでは、食器棚の扉が勝手に開いたり閉まったりしたし、別の家では夜中に何度も玄関の鍵が開いていたり。彼女を悩ます怪現象について、10代の頃には図書館以外には何も解決の糸口を探る手立てはなかった。

 そんな自分の体験をもとに、同様な怪現象にさいなまれている人々の助けになれる存在でありたいと、彼女は、この調査所の設立に加わった。

 ゴースト・ハンターが行う幽霊調査は、多くの場合無料。調査を行うことで依頼主に安心感を与えていると、キングスバリーさん。パターソンさんの調査所が行った調査でも、多くは科学的な説明がつくものだったという。しかし中には、目の前に突然白い物体が現れ顔をはたかれた例や、何かに体を触られている感覚を覚えた例など、説明できないものもあった。

 彼らは調査後に発見事実を報告するセッションを開く。ただし、そうした録画や録音などの事実を提示し、考えられる論理を紹介するのみで、実際の現象がどうして起こったのかを具体的に説明することはしない。論理的に説明がつかない事実があったとしても、それが、すぐさま幽霊の存在を肯定する証拠とはならないと、同調査所の共同設立人ダリル・ピアソンさんは説明する。

 キングスバリーさんによれば、幽霊やUFO、サスクワッチといった超常現象は、それを追いつづける人々にとって最適の対象だという。こうしたものは常に手の届かないところにあり、だれも研究室などに持ち込んで調べることができないからだ。

 

 

2017年3月23日 第12号

 アルバータ州エドモントンの北、セント・アルバートに住むキャスリン・モローさんの愛犬が行方不明になったのは、2013年の大晦日の夜のことだった。

 グリフと名づけられたベルギー原産の小型種ブリュッセル・グリフォンは、モローさんの妹の愛犬ジェイ・ジェイ(フレンチブルドックとペキニーズブルドックの交配種)とともに姿を消し、モローさん姉妹は何者かに盗まれたのだろうと思っている。

 以来姉妹は愛犬を探し続けてきた。しかし、グリフには入れ墨もマイクロチップの埋め込みもしておらず、最近では愛犬との再会はかなわぬ夢なのかと思い始めていたと、取材に語っている。

 そんな状況が一転したのは、彼女の友人らが一枚の犬の写真の存在を知らせてきてからだった。

 その写真の犬は、エドモントンの動物シェルターに保護された犬のもので、外見がグリフにそっくりだった。この写真を見た瞬間から自制心を失っていたとモローさん。この犬がグリフかどうかを確かめるためにシェルターを訪れた時、グリフはひどく傷つき、栄養失調状態だった。

 グリフを保護したエドモントン市営の動物介護管理センターによると、この犬を持ち込んだ人物らは、犬の発見当時の状況や、自分たちの名前や連絡先の提供を拒んだという。

 モローさんの呼びかけにグリフが応えたこと、また、グリフの医療・歯科治療記録、そして警察への盗難届けをシェルターに提示することで、彼女は無事グリフを自宅に連れ帰ることができた。

 現在10歳になるグリフは、自宅で療養中だが、順調に回復しているという。家族はジェイ・ジェイもすぐに見つかることを期待している。奇跡はすぐ近くまで来ているかもしれない、私たちは決してあきらめないと、モローさんは取材に答えていた。

 

 

2017年3月23日 第12号

 オンタリオ州に住むカーラ・ウッドコックさん(22歳)は、オンライン上の売買サイトに次のような広告を出した。「不遜で思いやりに欠け、自己中心的で意地の悪い弟。たったの50ドル」。姉弟けんかの最中に、これを投稿したカーラさんは、さらに、この弟(デビッドさん18歳)は人にはあれこれ頼みごとをするくせに、他人の依頼はすべからく断る、とんでもない奴と、付け加えている。

 この投稿は瞬く間に閲覧数が増え、ついにはメディアが取材するほどに。テレビのインタビューにカーラさんは、こんなできそこないをほしがる人がいるとは思えないし、また、こんなとんでもない弟を他人に押し付け、その人を不幸にすることはできないと語っている。

 一方、弟は、姉こそがすべての元凶だと主張している。彼の説明によれば、カーラさんは全世界が自分を中心に回っていると信じているし、母親もそれを否定しないと話している。

 

 

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ