2017年5月25日 第21号

 株式会社名創優品産業のブランドMINISO名創優品が4月、バンクーバーにオープンした。

 同社サイトによると、日本人デザイナー三宅順也と中国の起業家葉国富により2013年7月に設立され、現在は毎月、平均80から100店舗のペースで世界に新店舗を開店しているという。

 今月15日付けのリテール・インサイダー電子版には、「日本のライフスタイルブランド」を手掛ける中国の生活雑貨小売店MINISOと紹介され、本社は広州となっている。

 バンクーバーではウエストブロードウェイの1号店を皮切りに、今月にはトゥワッセンミルズに、7月にはウエストバンクーバーのパーク・ロイヤルとダウンタウンのグランビル・ストリートに開店。今後1年以内にカナダ国内に30から50店舗、最終的には500店舗展開を目標にしていると、同電子版でMINISO(カナダ)市場開発部長ジャック・リアン氏のコメントとして伝えている。

 日本国内での商品単価は200円、カナダでは2ドルとなっている。

 

 

2017年5月25日 第21号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドで20日、浮き桟橋に近づいてきたアシカが、桟橋のへりにしゃがみこんでいた少女のスカートをくわえ、海中に引きずり込む事故が起こった。

 事故が起こったのは、同市南西角にある漁港スティーブストン。同港は、浮き桟橋に横付けした漁船から新鮮な魚が買えることで有名。連休初日の当日も、好天に恵まれ多くの人でにぎわっていた。

 その桟橋のすぐそばにアシカが現れるとすぐに人だかりができ、中にはパンなどを与える人もいた。アシカは桟橋や漁船の間を泳ぎ回っていたが、そのうち上半身を海中から突き出し、桟橋にいた人にエサをねだるようなしぐさをし始めた。

 その直後、桟橋のヘリに少女が海を背にしてしゃがみこむやいなや、再び身を乗り出したアシカは、そのワンピースのスカート部分をくわえ少女を海中に引きずり込んだ。すかさず同行していた、少女の祖父と思われる人物が飛び込み、少女をアシカから引き離し、桟橋にもどした。

 たまたま、その様子を撮影していた、サイモン・フレーザー大学の学生マイケル・フジワラさんも、男性の手を引っ張り桟橋に這い上がるのを助けた。彼によると、少女の家族はショックを隠し切れないまま、足早に現場から立ち去ったという。

 この動画を見たバンクーバー水族館の水棲哺乳類飼育長ダニエル・ハイソンさんは、見物客がエサを与えないことに対し、動画の中でアシカが刻々と攻撃的になってきている様子を指摘している。少女を引きずり込む前、アシカが海中から身を乗り出し、短く息を吐きだした行動は、アシカがストレスを感じていることを表す、攻撃の前兆だとハイソンさん。アシカがこうしたしぐさを見せたら、すぐに安全な距離をとることが重要だと説明する。

 また、ブリティッシュ・コロンビア大学の海洋哺乳類研究部部長のアンドリュー・トライテスさんは、このアシカは人からエサをもらうことに慣れているように見え、この場合少女の白いワンピースをエサと勘違いしたのではないかと指摘する。いずれにしても、アシカの行動は非難されるべきものではないとしている。

 スティーブストン港湾局は、アシカなど海棲哺乳類にエサを与えることがいかに危険か、メディアを通じて警告している。こうした海獣に対する「餌付け」は、プリンス・ルパートからコモックス、ビクトリアまでのBC州沿岸地域で広く見られ、多くの問題を引き起こしているという。

 これが山だったら、わざわざグリズリー・ベアに近づいて、ハムサンドを与えるような行為は危険だと誰でも知っている。それと同じように、体重が200キログラムにもなる海獣にパンを与えることも危険行為だということを肝に銘じてもらいたいと、局長のロバート・キースマンさん。

 またアシカが一度、この少女を噛もうとしたにもかかわらず、彼女を桟橋から遠ざけるどころか、スカートの裾が海側にたれるように少女を後ろ向きでしゃがませた家族の行動を「無謀」だと強く非難している。この一件の後、港湾局は日中の見回りを強化するとともに、海洋哺乳類の生態系を乱す行為には、最高で10万ドルの罰金が課せられると警告する看板を増やした。

 また看板には、アシカによるけがは深刻な感染症を引き起こし、四肢切断や死に至る危険があると警告している。アシカの口腔内のバクテリアは特定の感染症を引き起こすため、それにあった処置をする必要があるという。水族館のハイソンさんは、今回のようなケースでアシカに噛まれ、皮膚に裂傷を負ったら水族館に連絡をするようアドバイスしている。けがの治療をする医師に、水族館から適切なアドバイスを行うことができるからだ。

 

 

2017年5月25日 第21号

 ノバスコシア州東部の港町グレースベイで、徐々に拡大する謎の穴に、住民が不安を感じている。

 アパートの敷地内、建物から5メートルほどしか離れていないところに、この穴が現れたのは昨年のこと。以来、砂利や土砂で何度も埋め戻す作業が行われてきたにもかかわらず、穴は徐々に大きくなっており、このままでは建物に住めなくなるのではと、アパートの住人らは不安を隠せずにいる。

 穴から一番近い部屋に住んでいるスティーブン・ブティリエさんは、ベッドを穴から遠い部屋に移したと、取材に話していた。別の住人ジェシー・ベインブリッジさんは、深さを測ろうと、強力な懐中電灯で底を照らそうとしたり、巻き尺を伸ばし入れたりしてみたが、確認できなかったという。さらに小石を投げてみたが、それが底に当たったような音は聞こえなかったと付け加えていた。

 建物の所有者は、住人の安全が第一であり、専門家を呼んで原因を突き止める予定だと語っていた。

 

 

2017年5月25日 第21号

 ノバスコシア州ハリファックスで5日夜、酔った勢いで他人のアパートに上がりこもうとした男が、翌日お詫びのビールを玄関先に置いて行った。

 男は、ケイトレン・ハインズさんが住むアパートの上の階に、自分の友人がいると言い張り、彼女の部屋に上がりこもうとした。ハインズさんはなんとか男を追い払ったものの、数分後には戻ってきて、何とか鍵を開けようと試みていた。結局、うまくいかないことがわかった男は立ち去ったが、次に戻ってきたら警察に通報しようと思っていたと、ハインズさんはメディアの取材に答えている。

 幸い男は戻ってこなかったようだったが、次の日ハインズさんは、玄関先にメモと一緒に缶ビールの半ダースパックが置かれていることに気が付いた。すぐに昨夜の男からだと気が付いたと、ハインズさん。メモには、夜更けに迷惑をかけたことを詫びると同時に、そのしるしとしてビールを置いていく旨が書かれていた。また、男はハインズさんの家を去ったあと、少なくとも8キロメートルは離れていた別の家まで歩いて行ったことが書き加えられていた。

 まさか、こんな結末になるとは思っていなかったハインズさん、この一件をお詫びメモとともにフェイスブックにアップした。

 

 

2017年5月25日 第21号

 ブリティッシュ・コロンビア州ペンバートンで毎夏開かれてきた音楽フェスが、7月中旬の開催を前に突然中止となった。

 ペンバートンは、スキーリゾートで知られるウィスラーの北約150キロメートルの、人口2500人弱の町。この町で音楽フェスが最初に開かれたのは2008年のことだった。その後、主催者の変更があった2014年からは毎夏開催されてきた。

 昨年は、主催者の予想をはるかに上回る18万人の人出で賑わい、この山あいの小さな町を一躍有名にした。しかし18日に突然、同フェスのウェブサイトに今年のイベントの中止と、フェス運営組織が破産したことを知らせるコメントが載せられた。

 破算管財人には大手会計事務所のアーネスト・アンド・ヤングが指定された。ウェブサイトのコメントには、破産のため主催団体には購入済みチケットに対する払い戻し能力はなく、購入者は、無担保債権者として、管財人に債権額の申請手続きを行うよう案内がなされている。

 つい1カ月前には、今年のフェスのスケジュール(7月13日〜16日)と、参加予定ミュージシャンがウェブサイト上で公表されていた。中には、アメリカの人気ヒップホップアーティスト、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)や、イギリスのロックバンド、ミューズ(Muse)などが名を連ねていた。

 管財人によると、イベント予算は2200万ドルと見込まれていたところ、主催者には820万ドルの収入しかなく、1000万ドル以上の資金不足に陥っていた。イベント費用のほとんどは米ドル建てになっているが、イベントが始まった当初はカナダドルも強く、為替差損も少なかったが、近年のカナダドル安がイベントの経営状態を悪化させてきた。昨年キャンセルに追い込まれるまでの6年間、同様の音楽フェスを続けてきたスコーミッシュ・バレー・ミュージック・フェスティバルも、同じ理由で資金不足に陥った。

 この突然のキャンセルにショックを受けているのは、フェスを楽しみにしていた参加者だけではない。地元コミュニティにとっても、このイベントは大きな収入源となっていた。チケット価格には、地元自治体収入分の3ドルが上乗せされていたほか、地元経済活動の活性化につながっていたからだ。

 しかし、スコーミッシュ・リロエット地域行政区長、ラッセル・マックさんは、同音楽フェスが毎年赤字を重ねてきていたことを指摘、音楽フェスは長続きしないだろうと思っていたと、取材に語っていた。

 

 

 

今週の主な紙面
5月25日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
Kimono Culture着物を通して日本文化の美を紹介する企画展…V-2
老婆のひとりごと…V-3
外から見る日本語…V-5
認知症と二人三脚…V-12
バンクーバー・ホワイトキャップス…V-16
$5クッキング…V-16
オタワ便り…V-22
Saoriのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは5月25日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ