2017年11月16日 第46号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のBCプレースで9日に開催された女子サッカー親善試合カナダ対アメリカの一戦は1-1の引き分けに終わった。この日は2万8017人が詰めかけ、両チームに大声援を送った。

 先制したのはアメリカ。31分にFWアレックス・モーガンが決め1-0。前半を終えた。カナダは後半に入って間もない57分。FWディーン・ローズに代わって32分から途中出場したFWアドリアナ・リオンが混戦の中で押し込みゴール。この前にはFWジェニン・ベッキーのシュートがGKに、DFレベッカ・クインのシュートがバーに当たり阻まれ、3度目のシュートでようやくゴールが決まった。

 カナダはその後も何度かゴールチャンスがあったが好セーブやポストに阻まれ、追加点を奪えなかった。

 試合後、カナダのジョン・ハーマン監督は、選手の成長に手応えを感じていた。若返りを図っている両チーム。アメリカのジル・エリス監督は、この両チームの対戦はどんな状況だろうとライバル心が現れる好ゲームとなると引き分けを評価した。

 12日にアメリカのカリフォルニア州サンノゼで行われた同カード第2戦は1‐3でアメリカが勝利した。

 

 

2017年11月16日 第46号

 連邦政府キャサリン・マッケナ環境相は14日、世界と協力して石炭発電の世界的な廃止に向けて尽力すると発表した。

 今月6日から17日までドイツのボンで開かれている国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)に出席するためにボンを訪問しているマッケナ環境相は、各国政府や企業などと協力しながら石炭発電の廃止を目指すと記者団に語った。

 16日にはイギリスと同盟を立ち上げ、各国に賛同するよう呼びかける。トロント地方紙トロントスターによると、イタリア、フランス、チリがすでに石炭発電廃止に向けた政策を始めていると同相が語ったという。

 カナダ国内では2030年までに石炭発電の全面廃止を目指している。現在石炭発電を行っている州は、アルバータ、サスカチワン、ニューブランズウィック、ノバスコシアで、国内の温室効果ガス排出量の10パーセントを占めている。ただノバスコシア州同年11月に連邦政府との間で2030年以降も石炭を発電に使用し続けることで合意。連邦政府は、ノバスコシアはすでにカナダの目標をクリアし、2020年までにエネルギー供給の40パーセントを再生可能燃料に切り替えられる準備を進めていると説明している。

 カナダはパリ協定で2030年までに2005年比で30パーセントの温室効果ガス削減を目標としている。

 石炭発電については今年アメリカのドナルド・トランプ大統領が石炭発電を促進する方針を発表。カナダの脱石炭発電運動はアメリカとの関係に摩擦を生じさせるのではとの懸念の声が上がっている。カナダは現在アメリカ、メキシコと北米自由貿易協定(NAFTA)を巡る交渉中で、交渉は難航していると伝えられている。

 

 

2017年11月16日 第46号

 MUJIカナダは13日、メトロバンクーバー2号店となるMUJIダウンタウン店を12月2日にオープンすると発表した。開店は午前10時。

 店舗はロブソン・ストリートに面したサーロー・ストリートの北側(1125 Robson St)で、売り場面積は1万4507平方フィート。アジア以外では北米・ヨーロッパを含めて最大規模の旗艦店となる。

 4500アイテムを超える品揃えに加え、世界でも限定された旗艦店でしか扱っていないMUJIラボコレクションを扱うほか、バンクーバーを拠点とするエシカル・ビーンのコーヒーを味わえるMUJIコーヒーカウンターを設置。さらにアロマバーやMUJIユアセルフといった日本ではお馴染みのサービスも提供する。

 MUJIカナダは、2014年にトロントに1号店を出店して以降、現在トロントでは4店舗を展開、バンクーバーでは1号店をメトロタウンに今年8月オープンしている。

 

 

2017年11月16日 第46号

 11日のリメンバランスデーでは、従軍中に命を落とした兵士たちの功績を称える式典がカナダ全国で行われた。ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学内のウォー・メモリアル・ジムでも朝から行事が行われたが、その入り口にナチス・ドイツ軍を礼賛するポスターが張られているのが見つかった。

 ポスターには、リメンバランスデーに用いられる標語『忘れてはならない(lest we forget)』をもじり『第二次世界大戦の真の英雄を忘れるな(lest we forget the true heroes of WW2)』という見出しとともに、ナチス・ドイツ軍兵士の写真が大きく印刷されていた。また、ナチス・ドイツの象徴スワスチカをあしらったポスターもあったという。

 同大学ではすぐさまポスターを撤去し、この件を人種差別とヘイトクライムだとして深刻に受け止めると発表している。

 カナダ国内のユダヤ人コミュニティの相互扶助組織であるブナイ・ブリス・カナダも12日、こうした行動が学内のユダヤ人や、少数派の生徒を危険にさらすと指摘、ポスターを貼った行為を激しく非難する声明を発表した。さらにこれは、第三帝国の専制政治と真っ向から対峙して命を落としたカナダ人兵士への冒涜にほかならないと付け加えている。

 

 

2017年11月16日 第46号

 オンタリオ州トロントで、宅配業者大手のUPSが荷物用自転車を使った宅配業務の試験運用を始めた。3輪自転車ながら、サドルから後ろは人の背丈以上ある荷物室で覆われ、前方には屋根が張り出し、そのまま運転席風のフロントウィンドウに続くデザインは、まさに街中でよく見かける同社の焦げ茶色に黄色のロゴが入ったトラックやミニバンの小型版といった感じ。

 大きさは全長2・8メートル全幅1・2メートルで、運転者を含む最大積載重量は400キログラムとなる。フロントウィンドウにはワイパーを装備するほか、ヘッドライトやウィンカーなど安全対策も万全。

 持続可能性と都市部における大気汚染削減をめざして始められたこのプロジェクトは、今後6カ月をかけて同市ヨーク大学地区で続けられ、次のステップへのデータ収集が行われる。

 同社が最初に宅配自転車の運用を始めたのはドイツ・ハンブルグで、2012年のことだった。その後ローマやウィーン、ダブリンなどヨーロッパ各都市に拡大していった。

 また最近、クリーンエネルギーに関する調査研究を手掛けるペンビーナ研究所が、トロント地区における自転車宅配の成長性についてまとめた報告書をメディアが紹介していた。

 

 

 

今週の主な紙面
11月23日号 第47号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
気持ち英(え〜)会話…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
第7回牡蠣の早あけ世界大会…V-11
人類学博物館で先住民セイリッシュ族の織物展 The Fabric of Our Land: Salish Weaving…V-11
ハロウィン発表会 グラッドストーン日本語学園…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
$5クッキング…V-23
2017 年JET ゴルフ納会・総会…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月23日号 第47号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ