2018年2月22日 第8号

 ブリティッシュ・コロンビア州の作家が描いた一枚のイラストが、インターネット上で予想外の共感を呼び話題となっている。

 17人が殺害された、米フロリダ州南部のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の銃乱射事件。この悲劇に突き動かされるようにイラストを描いたのは、同州バンクーバーのイラスト作家ピア・ゲラさん。これまでもブライアン・K・ボーガン原作のSFコミック『Y・最後の男(Y: The Last Man)』の作画を担当するなど、プロのイラスト作家として活躍してきた。

 そんなゲラさんは、犠牲者の一人で同高校のフットボール・チームのアシスタント・コーチかつ警備スペシャリストだったアーロン・フェイスさんをモチーフに一枚のイラストを作成した。フェイスさんは同校の元生徒で、在学中はフットボール・チームの選手だった。

 事件当日、高校内で使用されていた無線システムを通じ、爆竹のような音の正体の確認依頼がなされた際、「爆竹ではない」と応答したのがフェイスさんだった。彼は生徒を銃撃からかばおうとして、凶弾に倒れた。

 『ヒーローを迎えて(Hero's Welcome)』とタイトルが付けられた、ゲラさんのイラストには、大勢の若者たちがこちらを見てたたずんでいる前に、彼らと向き合っている、大柄なフェイスさんの後ろ姿が描かれている。そして幼い女の子がフェイスさんの手を取り、「フェイスさん、こっち。ほんとに多くの人が、あなたに会いたがってるわ」と語りかけ、若者たちに引き合わせようとしている。

 この大勢の若者たちは、いままでに起きた学校での銃乱射事件の犠牲者たちだ。

 このアイデアを思いついた時、ネット上で注目されるほどのインパクトはないだろうと思っていたと、ゲラさんは取材に語っている。ところが公開されるやいなや、このイラストに心を打たれた、涙が止まらなかったなど、彼女のもとには多くのコメントが寄せられ続けている。

 なおゲラさんのイラストが世間から注目されたのは今回が初めてではない。昨年は、幼児体形のトランプ大統領が、バノン元主席戦略官の膝の上に抱かれながら「自分は大人さ(I'm a big boy)」とうそぶく様子を描いたイラストが話題となった。ゲラさんは、トランプ大統領が選出されて以来、こうした主張を述べるイラストを描く必要性を感じるようになったと、取材に語っている。

 

 

2018年2月22日 第8号

 毎年この時期、コーヒーチェーン大手のティムホートンズが展開するくじ『ロ・ロ・ロールアップ・ザ・リム(RRRoll Up the Rim)』。コーヒーなどが入れられた紙コップの縁をめくると、当たり外れがわかるという仕組みだが、そこに何もかかれていない紙コップが混入していることがわかった。

 この『無表記コップ』が出回ったのは、東海岸諸州とアルバータ州のコーヒー店。ティムホートンズが15日メディアに語ったところによると、XLサイズのコップの製造ロットいくつかで、はずれくじを意味する『次回に期待(Please play again)』が印刷されないミスが発生したという。同社は外部コンサルタントに紙コップ製造についての監査を依頼、くじの公正性には影響なしとの報告を受けたとしている。しかし、具体的に何個の紙コップでミスプリントが発生したのか、というメディアの問いに対しては回答していない。

 なお、この『無表記コップ』を「ひいてしまった」場合は、これを店に持ち込めば別の紙コップと交換すると、ティムホートンズでは話している。またその際、好みの飲み物を注文することができるという。

 

 

2018年2月22日 第8号

 韓国の平昌で開催されている冬季オリンピックでカナダ選手の活躍が続いている。大会2日目でスノーボード選手がカナダに初メダルをもたらすと、大会3日目にフィギュアスケート団体でカナダ初の金メダルを獲得。以降、金メダルラッシュが続いている。

 スピードスケート男子ショートトラック1千メートルでサム・ジラード選手が金メダルを獲得、さらにスピードスケート男子ではロングトラックの1万メートルでテッド-ジャン・ブルーメン選手が世界新記録を出して金メダルに輝き、2日目の5千メートルの銀メダルに続くメダルを獲得した。

 ボブスレー2人乗りではクリップス・コパツ組がドイツの選手と同タイムでの金メダル。カナダのボブスレーチームが同タイムで金メダルを獲得するのは、1998年長野大会に続く2回目という快挙となった。

 20日(現地時間)には、カナダ国民が待ちに待ったフィギュアスケートのアイスダンス。最終組だったバーチュー・モイヤー組がショートを終え首位で臨んだフリーでも完璧な演技を見せ、金メダルに輝いた。個人ではバンクーバー五輪に続いて2回目、団体ではすでに今大会で金メダルを取っている。

 この他、スキーハーフパイプ女子のキャシー・シャープ選手、スキークロス男子のブラディ・レマン選手が金メダルと連日金メダルを聞かない日がないほどのゴールドラッシュとなっている。

 カナダは21日を終え、金メダル9、銀メダル5、銅メダル7の計21で、ノルウェー、ドイツに次いで、メダル数で3位につけている。

 一方で、金メダルが期待されたカーリング女子は、21日(現地時間)にイギリスと対戦して逆転負け。予選敗退が決まった。カーリング女子は、長野五輪で正式種目となって以降メダルを逃すのは今回が初めてとなった。

 

 

2018年2月22日 第8号

 ノバスコシア州の国立公園をドライブしていた観光客が17日、カーナビの指示通りに運転していたところ、道に迷い警察に助けを求める事態となった。

 場所は、同州北部に広がるケープ・ブレトン・ハイランズ国立公園。同公園は、カナダで最も美しいハイキングコースの一つカボット・トレイル(Cabot Trail)で知られている。

 この公園をドライブしていたカップルは、カーナビが提示した『最短コース』を選び、その指示通りに道を進んでいったという。結局その道では目的地に到達できそうにないことがわかり、方向転換して戻ろうとした時には雪に閉ざされ、身動きが取れなくった。そのうちにガソリンも食料も、そして携帯電話のバッテリー残量も少なくなり、警察に救助を求めた。カップルがどのくらい立ち往生していたかは明らかにされていない。

 連絡を受けた警察が現地に赴いたものの、この車を救出するためにはブルドーザーを用いて、場所によっては2メートルにも積もった雪を2時間半かけて、どけなければならなかった。

 警察は、不慣れな土地での長距離ドライブの際は、注意してカーナビを利用することと、万が一に備え十分な水や食料を携帯するよう呼びかけている。

 

 

2018年2月22日 第8号

 アルバータ州エドモントン市の女性が、追い詰められ観念したひったくり現行犯に、コーヒーをおごることにした。

 先週の昼間、ジョギング中のテス・アバーウシェさんは助けを求める女性の叫び声を聞いた。声の方を見ると、男が通りを逃げていく姿が見えた。アバーウシェさんが追いかけたところ、男は裏道に入って、ゴミ捨てコンテナの陰に隠れた。

 彼女が追い詰めると、男は「悪かった。こんなことは二度とやらない。自分でもなんでやってしまったのかわからない。財布は返す」と言って、アバーウシェさんに財布を返した。

 この男は、女性が路上生活者に小銭を与えようと財布を出したところを目撃、その女性から財布を奪ったものの、アバーウシェさんに追い詰められたのだった。彼女から財布を返してもらった女性は、バレンタインデーのお祝いの言葉とともにアバーウシェさんにハグをした。

 この一件ですっかり後悔の念にさいなまれているように見えた男に対し、アバーウシェさんは携帯カメラで男を撮影したあと、彼をコーヒーショップに連れていきコーヒーをおごった。「相手も人間なんだという態度で接すれば、そういう対応が返ってくるはず」と、取材に答えるアバーウシェさん。多分、追跡劇で体中に放出されたアドレナリンがそうさせた無謀な対応だったが、別の結果にならなかったのは幸運だったと付け加えている。

 

 

 

今週の主な紙面
2月22日号 第8号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系文化センター・博物館古本市・フードフェア・ひな祭りフェスティバル…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
投稿千景…V-14
$5クッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月22日号 第8号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ