2020年4月30日 第14号

 カナダの夏を彩ってきた大イベントが、新型コロナウイルスの影響で続々と中止を発表している。

 4月23日には、アルバータ州カルガリー市で毎年7月に開催されるカウボーイ・カウガールの祭典、カルガリー・スタンピードが中止を発表した。スタンピードは、毎年開催されるようになった1923年以降で中止となるのは初めて。今年は7月3日から12日の日程で開催される予定だった。

 カルガリー市ナヒード・ネンシ市長は、「スタンピードはカルガリーにとって、自分たちのアイデンティティーを象徴する重要な役割を果たしている。個人的にも、スタンピードがない7月のカルガリーを正直いって想像できない」と述べたが、現状では開催中止はやむを得ないと語った。アルバータ州では毎日200人以上の新たな感染者が確認されている。

 オンタリオ州トロント市は6月に開催予定だった、国内最大のプライドパレードの中止を発表した。

 全国各地のジャズフェスティバルも4月10日に中止を発表している。6月25日に開催予定だった、国内最大のモントリオール・ジャズフェスティバルも今年は中止に。ケベック州は全国で最も感染者数、死亡者数ともに多い。全国の半数以上を占めている。

 他の主要3州に比べて、比較的感染者数が少ないブリティッシュ・コロンビア州も、今月18日に衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士が、「今夏の大イベントはほぼ中止になる可能性が高い」と発言。以降、バンクーバーで7月末から8月初めに開催される花火大会ホンダ・セレブレーション・オブ・ライトが中止を発表、8月のプライドパレードも中止、バンクーバー唯一の遊園地PNEも開園時期の延期を発表した。バンクーバー・ジャズフェスティバルは4月10日に、今年の開催中止を発表している。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/