2020年4月30日 第14号

 オンタリオ州の101歳男性が、新型コロナウイルス感染に打ち勝ったという明るいニュースが飛び込んできた。男性は、トロントに住むジャスティニアーノ・アニバル・ウロアさん。3月末に新型コロナウイルスに感染したと診断されてまもなく、呼吸困難になったため入院したという。息子のマルセロさんは当時を振り返り、ファミリードクターからは肺の状態が非常に悪いため、助からないかもしれないと告げられたと語った。入院してからは面会もかなわないため、家族で病院の外から回復を願うしかなかったという。「もうこれで会えないかもしれない」という恐怖感は拭えなかったと振り返った。

 そこで病院から父を引き取る決断をし、自宅療養に切り替えたという。マルセロさんは必要な防護用具を身に着け、自宅で世話を始めた。毎日、朝と午後に呼吸訓練もした。「病気でも時々冗談も言うんだよ」と振り返った。父には医師の懸念は知らせていなかったという。そうするうちに、状態が徐々に良くなり、4月10日にはトロント公衆衛生局が回復を確認したと語った。

 実際には葬儀の準備も考えたというマルセロさん。「ほんとにホッとした」と語った。ジャスティニアーノさんは7月に102歳を迎えるということだ。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/