2020年4月30日 第14号

 先ずは、41年間という長きにわたり日系社会にいろいろなニュースや情報等を発信していただき、誠にありがとうございました。日系社会にとりましては、なくてはならないバンクーバー新報さん。でもついに今回が最終号となってしまいました。とても残念ですが、致しかたありません。改めまして、お疲れさま、厚くお礼申し上げます。

 このエッセイですが、2001年から毎月1回連載しておりました。こんなに長く続くとは夢にも。この「外から見る日本語」の名前も社主の津田さんと相談して決め、土佐弁なども教えて戴き、いろいろ昔のことが走馬灯のように懐かしく思い出されます。

 それにしても、このコロナ騒動、さらに感染拡大が続いており、バンクーバーも外出自粛が出て、もちろん当学校も休み、まだまだ家に閉じこもり生活を余儀なくされそうで、でもしょうがないぜよ。

 そんな中、日本語を教えている卒業生のKさんからこんなメールが入った。家からほとんど出られないので、暇に任せて、日本語教育の本など読んでいますが、暇に「まかせて」と「まかして」と、どちらが正しいのでしょうか、である。うーん、この慣用表現に関して、そんなことよりはもっと大事なことを認識してもらいたく、早速メールでの講義を始めた。

 先ず、この「暇に任せて」はいかんぜよ、「暇に飽かして」が正しい慣用表現ぜよ。「飽かす」は余っているものをふんだんに使う、暇がたっぷりあるので、時間をかけて物事を行なうこと。Kさんの場合は「暇に飽かして、本を読んでいる」がふさわしい。

 でも、最近は「暇に任せて」のほうがはるかに多く使われており、すでに辞書にも載っている。確かに「飽かす」はあまり聞き慣れず、「任す」のほうが分かりやすい。でも意味はかなり異なる。その前にKさんの質問、「まかせて」と「まかして」の違いであるが、これはどちらでも問題なし。かなり前のエッセイにも書いたが、これは「任す」と「任せる」という同じ意味の動詞が二つある、ややこしい特殊な動詞で、「飽かす」と「飽かせる」も同じである。「あかして」と「あかせて」も本人の好きなほうでノープロブレム。

 さて、「暇に任せて」であるが、この「任せる」は人任せのように、自分の意志がなく、「暇に任せて、ぼんやりテレビを見ていた」などはいいであろう。でも「暇に任せて、書いたエッセイが入賞した」などはやはりそぐわない。「暇に飽かして、書いたエッセイ」にすると、十分時間をかけて、頑張って書いた雰囲気が伝わる。やはり日本語教師としては、正しい慣用句として「暇に飽かして」を使ってもらいたい。

 最後となるこのエッセイですが、暇に飽かして、書き上げました。でも逆に時間があり過ぎてうまく仕上がらず、ごめんぜよ。でも最終号まで続けられたのは皆様の励ましの言葉でした。長い間お読みいただきありがとうございました。おおきに!

 

ご意見、ご感想は矢野アカデミー 《ホームページ www.yano.bc.ca》 までお願いします。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/