「アニメレボリューションは、日本のアニメとそれを取り巻く文化に対する深い理解と情熱を持って、より多くの人々に日本のアニメと文化の良さを伝えることにあります」と語るのはCEOのCanさん。櫻會のメンバーIvan氏が、櫻會代表の清野健二氏に、このイベントにお神輿を出すことを提案し、日本の文化発信を志す思いに共感、今回のコラボが実現した。

 

8月6日「Memorial Tournament」がBelmont Golf Course で開催されました。このトーナメントはJET Golf Clubに所属し、鬼籍に入られた方々を偲ぶものです。山火事の煙で覆われた空のもと、蒸し暑い中でも熱戦が繰り広げられました。

 

ドンドン!ドドンドドン! 一打入魂の太鼓の音、激しく勇壮なエイサーの演舞、その舞いと対照的な幽玄の美を表現する琉球舞踊。 バンクーバー・プレイハウスで8月4日、創作芸団レキオスと琉球舞踊団・飛流- HARUの舞台で観客の興奮は最高潮に達した。この強烈な吸引力を持つステージはどうやって生まれるのか。

 

バンクーバーのブリタニア・コミュニティ・センターで7月29日、バーナビー在住の後藤えむ(オジャ・エム・ゴトウ)さん(以下エムさん)が執筆した小説『しらゆきのゆめ』の出版記念パーティーが開かれた。会の中では小説作りのワークショップが行われ、参加者12人は物語の創作に挑戦。披露された個性あふれるストーリーに会場が沸いた。

 

暑い夏にふさわしいアニメの祭典、アニメレボリューション。アニメファンが待ちに待った開催6回目となる夏季大会が8月4日から6日の3日間、バンクーバーダウンタウンのコンベンションセンターで開催された。冬季に行われる大会を含めると10回目となる。昨年より広い会場を確保するため、今回は西側の、より大きなコンベンションセンターに移った。アニメや日本の文化を展示、パネル、パフォーマンスなどによって紹介する。アニメファンは、アート作品やアニメーション、マンガ、コスチューム、ダンス、ゲーム、音楽などの様々な形で、アニメを楽しむことができる。開会式の前から、コスプレで仮装したファンが賑やかに集まり、お祭りはすでに始まっていた。

 

 

今週の主な紙面
8月17日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
われらが科学文明…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
Hello! Community…V-13
バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ 9月10日に15周年記念コンサート…V-16
認知症と二人三脚…V-20
ヨガと健康…V-22
気になるカラダにいい話…V-23
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは8月17日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ