12月18日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内のロイヤル・バンクーバー・ヨットクラブで、日本カナダ商工会議所のクリスマスパーティーが開かれた(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。

イルミネーションで飾られた美しい建物で開催される恒例のパーティーには、会員やその家族、友人など54人が出席。詩と音楽のエンターテイメント、豪華なビュッフェディナーとドアプライズを楽しんだ。

1月5日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市にある日系文化センター・博物館で、桜楓会の年次総会と新年会が開催された。会員、会友など合わせて約80人が出席し、おいしくてボリュームたっぷりのおせち弁当やデザートを楽しみながら、新年の訪れを祝った。

カナダで2018年10月17日に嗜好品としてのマリファナ(大麻)使用が合法化された。これまでも医療用としての使用は認められていたが、今回の合法化で誰でもがマリファナを購入、使用できることになった。

あれから2カ月以上が過ぎたが、これまでのところ特に大きな混乱や問題は起こっていない。アメリカではすでに州によっては合法化されているところもあり、北米ではマリファナ合法化の流れは今後も続くだろうともいわれている。

それでも国として合法化したのはカナダが世界で2番目。先進国では初となる試みに世界からも注目を集めている。

ただ初の試みということで分からないことも多い。今回はカナダのマリファナ合法化の概要と注意点などを紹介する。

—バンクーバーおよび日系コミュニティーの印象

 「冬は雨が多いと聞いてましたが、着任後、意外と晴れている日が多かったですね。バンクーバーはきれいな街で、いいところに来たなと思っています。前にもお話したことがありますが、バンクーバーの人たちは親切で温かいなとも思いました。

日系人医師として活躍したDr.アーニー・ムラカミ。子供時代には収容生活を経験、一度は諦めた医師への道を、その情熱と恵まれた出会いにより成就し、医師としてブリティッシュ・コロンビア州で貢献してきた。

現在はその知識と経験を生かしてライム病患者の救済に尽力。世界中からDr.ムラカミの助言を求めてくるという。バンクーバーに来る人もいればオンラインで助言することもある忙しい毎日を過ごす。

多忙な中、強制収容生活や医師としてライム病への挑戦などの話を聞いた。

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ