「明けましておめでとうございます」の元気な挨拶で新しい子年が始まった。日本のお正月遊びの「かるた取り」「福笑い」「カタカナすごろく」「羽子板」「こま回し」「たこあげ」「百人一首」「書き初め」「餅つき」等々を各クラスの子ども達は楽しんだ。

 晴れやかな新年を迎えた令和2年(2020年)1月4日、アレキサンダー日本語学校で晩香坡 神輿の会 楽一による祭囃子と獅子舞のワークショップが、新年の演舞に併せて開催されました。

1月11日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のEnglish Bayにて、第50回佐藤派糸東流国際連合寒稽古が開催された。冬のバンクーバーにしては珍しく太陽が顔を覗かせる一方、体勢を崩しそうになる程強く吹き荒れる冷たい風。荒れた空模様の中、稽古は昼の1時から始まった。まずは砂浜に整列し挨拶を行い、ランニング、準備体操、筋トレと続く。形、組手の練習を行い、そして最後はなんと海の中へ。凍える寒さに負けず、約40人の参加者が稽古に励んだ。

1月4日、バンクーバー市内の聖十字聖公会で混声合唱団さくらシンガーズの新年会が行われ、メンバーの家族や友人など約45人が出席。ポットラック料理を楽しみながら、恒例の余興とゲームで親睦を深めた。

2017年にバンクーバーで初の国際音楽コンクールを開催した

カナダ国際アーツ&ミュージック・ソサエティが、今年10月に第2回『バンクーバー国際音楽コンクール』を開催すると発表した

(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。