2017年ビジネス界の現状と展望

イギリスのEU離脱ショックやアメリカ次期大統領に決定したトランプ旋風など、予想を裏切る事態が続出した2016年。明けて、2017年。不透明感漂い、何が起きるか…と不安を口にする人が多いなか、今の時代をどう捉え、どう乗り切るか…を読み解くため、グローバル経済の真っただ中で活躍する商社マンのカナダ三井物産バンクーバー支店長の佐野亨さんにインタビューした。

 

2016年4月26日に 在バンクーバー日本国総領事館に着任

 

12月17日、バンクーバー日本語学校で毎年恒例のクリスマスパーティーが開催された。岡井朝子在バンクーバー日本国総領事、夫君の岡井知明氏、ジャン・ケリー・バンクーバー市会議員と来賓方、園児・児童・生徒と家族、先生方やボランティアも合わせて約350人が集い、創立110周年記念も兼ねた賑やかな会となった。

 

12月7日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で、古本の贈呈式が行われた。贈り主は北海道から訪れた千歳高等学校国際教養科2年生の皆さん。

式典は日系センター事務局長・ロジャー・レイミーさんの挨拶で始まった。続いて登壇した理事長の五明明子さんにより、日系カナダ人の歴史から日系文化センター・博物館の生い立ち、恒例行事である「古本市」と今年5月にオープンした「古本屋さん」などについての話があった。

日本人移民第1号として、明治10年(1877年)に22歳の若さで密入国した永野万蔵の紹介から始まり、第二次世界大戦中から1949年まで続いた強制収容や財産没収の事実、1988年カナダ政府によって謝罪されたこと、補償支払いがあったこと、その際コミュニティに支払われた補償金が日系センターの土地の購入にあてられたことなどが語られ、生徒たちは日系人の歩みについて熱心に聞き入った。

 

12月23日に83 歳を迎える明仁天皇。その誕生日に先立ち、在バンクーバー日本国総領事主催による恒例の天皇誕生日祝賀レセプションが12月12日、バンクーバー市のウェスティン・ベイショア・ホテルで行われ、BC州大臣や政府関係者、各国の総領事、日加のビジネス、教育、文化、芸術、日系団体関係者、約450人が出席した。

 

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ