8月20 日、バンクーバー福岡県人会35 周年記念式典及び祝賀会が、ダウンタウンのCoast Coal Harbour Hotel by APA で開催された。福岡県の大曲昭恵副知事、県議会代表団、福岡県海外移住家族会会長、さらに東京福岡県人会からも代表団が駆けつけ、在バンクーバーの会員もあわせ総勢73 名が参加。福岡県に同じルーツを持つ同郷の者同士、盛り上がること、この上ない。もともと、おおらかな人間性が県民の持ち味。お国訛りを交えながら旧交を温め、会の終盤には『炭坑節』も飛び出し、会場は無礼講の踊りでおお賑わい。最後は、名物『博多手一本』で締めとなった。

 

 今年3月から開催している「日本国憲法のルーツについて」学ぶ3回シリーズ(バンクーバー9条の会、ピース・フィロソフィ・センター共催)。講演者は青山学院大学教授中野昌宏氏。最終回は「ハーバート・ノーマンと日本の民主化」。7月8日開催。

 ハーバート・ノーマンは日本生まれのカナダ人外交官。1945年から50年まで日本に駐在し、外交官として、研究者として、そして親日家として、日本の民主化に関わった。

 今回は彼の役割や人脈、研究者としての視点が、日本の民主化にどのように影響したかを読み解いていく。

 

8月20 日「August Tournament」が Hazelmere Golf Course で開催されました。残り少ない夏、太陽の光も弱くなった中、熱戦が繰り広げられました。

 

結成15周年を迎えたバンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ(VMO)が9月10日、バンクーバー市内ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)内のチャン・センターで記念コンサートを開く。ハイライトはバンクーバー・バッハ合唱団が加わるベートーベンの『第九』。スケールの大きな『歓喜の歌』で今シーズンを開幕する。

 

「アニメレボリューションは、日本のアニメとそれを取り巻く文化に対する深い理解と情熱を持って、より多くの人々に日本のアニメと文化の良さを伝えることにあります」と語るのはCEOのCanさん。櫻會のメンバーIvan氏が、櫻會代表の清野健二氏に、このイベントにお神輿を出すことを提案し、日本の文化発信を志す思いに共感、今回のコラボが実現した。

 

 

今週の主な紙面
10月19日号 第42号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
気持ち英(え~)会話…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
在バンクーバー日本国総領事館 ワーホリ・学生向け トラブル相談ワークショップ~住居・仕事の契約、大丈夫?~…V-11
スティーブストン特集を放送…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは10月19日号 第42号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ