2月16日、在外公館長表彰式が在バンクーバー日本国総領事公邸で行われた。在留邦人及び日系コミュニティに対する献身的な活動と功績を称え、弁護士のゲーリー・マトソン氏に在外公館長表彰が授与された。

 

戦前のバンクーバーに実在した伝説の日系人野球チーム「朝日ベースボールチーム」。そのレガシーを受け継ぐ野球チーム「新朝日ベースボールチーム」が、3月の日本遠征を前にした2月20日、バンクーバー市にある在バンクーバー日本国総領事館の岡井朝子総領事を表敬訪問した。

選抜メンバーの日本遠征は今回が2回目。チームを代表して猪亦功憲(いのまたあつのり)監督、福村十三郎(とみお)コーチ、猪亦慶希(よしき)主将、山本陽郎(ひろ)副主将が訪問。野球を通した日加の国際交流と初勝利を約束した。岡井総領事は「(朝日の)伝統が引き継がれるのは誇りでもありますし、日本でもその歴史を広めることができることは、すごく良い試みだと思います」と語り、「(日本遠征の)成功を祈っています」と激励した。

 

指揮者のケン・シェ氏が恩師、故岡部守弘指揮者に捧げる『岡部守弘記念コンサート』。今年はソプラノ歌手の木下美穂子さんをゲストに迎え、3月10日に開催される。

昨年、バンクーバーオペラ『蝶々夫人』でタイトルロールを演じバンクーバーの聴衆を魅了した木下さんが、バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ(VMO)の演奏とともにオペラのアリアをたっぷりと聴かせてくれる

 2016年秋に渡加した陽介さんは、2015年に日本の大学を卒業後、ニューヨークに10カ月間、語学留学をしていた。大学では音楽専攻だったが、卒業後にやりたいことが見つからなかった。

 

対日理解促進交流プログラム
「カケハシ・プロジェクト」
カナダ高校生の訪日

 

1. 1月27日から2月3日まで対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」により、カナダの高校生計17名が訪日します。

2. 一行は、対日理解促進を目的として、東京都及び福岡県を訪問し、地方自治体訪問、学校交流等を行い、幅広く日本を理解する機会を持ちます。

3. 今回の交流事業を通じて、カナダの高校生が日本の魅力に触れ、帰国後に日本の外交や日本の魅力等を積極的に発信することが期待されます。

対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」
本件事業は、日本と北米との間で対外発信力を有し、将来を担う人材を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化、歴史及び外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、また、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外国基盤を拡充するもの。

今次招へい校
グレンイーグル高校(ブリティッシュコロンビア州)
センテニアル高校(ブリティッシュコロンビア州)

事業実施団体
一般財団法人 日本国際協力センター

平成29年1月26日
外務省プレスリリース

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ