カナダ・ケベック市における
銃乱射事件について

 

1. 1月30日(現地時間29日)、カナダのケベック市において発生した銃乱射事件により、多くの死傷者が発生したことに関し、ご遺族に対し心からの哀悼の意を表するとともに、負傷者の方々に心からお見舞いを申し上げます。

2. テロはいかなる理由によっても正当化できず、我が国はこのようなテロ行為を断固として非難します。我が国は,カナダ政府及びカナダ国民に対し、強い連帯の意を表します。

[参考]
現地時間1月29日19時45分頃、ケベック州ケベック市にあるイスラム文化センター(Centre culturel Islamique de Quebec)で、イスラム教礼拝のために集まっていた人々に対し銃の乱射があり、6名が死亡、19名が負傷(うち5名は重傷)。
ケベック市警察から在モントリオール日本国総領事館への通報によれば、被害者には邦人は含まれていない。  

少なくとも2名の覆面をして侵入した男が犯人とみられ、ケベック市警察はアレクサンドル・ビソネット容疑者(Alexandre Bissonnette、ケベック市出身、27歳、男性、ラバル大学学生)の身柄を拘束。警察は本件をテロ事件として捜査中。

平成29年1月31日
外務省プレスリリース

前日までの雨も止み、青空がのぞき、時おりおひさまも応援してくれた糸東流空手道正晃会の寒稽古が、1月21日、バンクーバー市のイングリッシュベイで行われた。50人を超える練習生が集まり、砂浜での柔軟体操、形の練習などで、すっかり汗かくほどに温まったあと、いざ、海中へ。蹴りや突きの形をしたり、水の掛け合いではしゃいだりで大いに盛り上がる。水から上がるとみんながハイテンション。笑い転げたり、海中へ押し戻したりの大ハシャギ。

1月21日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で、グレーター・バンクーバー日系カナダ市民協会(JCCA)が主催する恒例の敬老会が開かれた。約170人が参加し、食事や歓談、各種の催し物を楽しんだ。

1月19日、建友会の新年会が、バンクーバー市の日系ガーデナーズ協会会館で開催された。日系の建築、建設関連企業のプロ集団「建友会」は発足して5年目、新年会の開催は4回目である。昨年11月10日の年次総会で、3代目の新会長として吉武政治氏が就任して初めての新年会となった。岡井朝子在バンクーバー日本国総領事と夫君の岡井知明氏をはじめ、日系コミュニティの代表者も数多く参加し、総勢60人を超えていた。来賓、建友会役員の紹介、ビュッフェスタイルの食事やクイズなどで楽しむ一方、岡井総領事のスピーチや吉武会長が語った抱負に、参加者全員が鼓舞された新年会であった。その一端をご紹介したい。

 新しい年明けの二学期が始まり、グラッドストーン日本語学園では、「日本のお正月文化を楽しもう」をスローガンに、5教室を使って各部屋ごとに様々なお正月学習体験が設けられた。各部屋を15分間楽しみ回って行くローテーション式でタスクをこなし、子供たちが充分に楽しめるように適切な指導と工夫がなされていた。

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ