カナダのナチュラルストアで目にする機会が増えてきたモリンガ。奇跡の木やビタミンの木など100以上の別名を持ち、近年その効力に関心が高まっている。原産国のインドを含め、日本では沖縄、鹿児島、熊本の3県の熱帯・亜熱帯の地域で栽培されている。本紙では、毒物学者/化学者であり、モリンガ商品を専門に取り扱うNia Pure Natureの代表アミナさんに、モリンガについて話を聞いた。

 これまでバンクーバー国際映画祭に度々招待されてきた廣木監督。 久しぶりに訪れたバンクーバーは高層ビルが多くなり、 ホテルの窓から見える風景が違っていると感心していた。1982年のデビューからこれまで多くの作品が批評家トニー・レインズ氏をはじめ海外プログラマーに推薦されてきた。コマーシャルはもちろんだが、ピンク、恋愛、青春など、特に女性を優しく扱った作品を中心に海外でも根強い人気がある。今回はVIFF本部のあるバンクーバー・サットンホテルで話を聞いた。

9月27日、バーナビー市の日系文化センター・博物館で、日系祭り(9月1・2日に開催)トラベル・ラッフルのスポンサーから当選者へ目録が授与された。

“人生100年”ともいわれる長寿社会の今、北米ではもちろん、日本でも「充実したシニアライフをいかになすべきか」の研究、提言が盛んに行われるようになってきた。その真っただ中にいて、ホットな事例を収集し、分析をしているサイモン・フレイザー大学の和田峰子博士(リハビリテーション)を講師に招き、9月28日、隣組オフィスで講演会が行われた。健康的な身体はもちろん、精神的な充実が欠かせない。それは、人とのつながり…話す相手がいる、いや、ぬくもりを感じ合える人がいる…その相手探しに最近注目を集めているのが『オンラインデート』。具体的なヒントの紹介に、集まった30名を超えるシニアの参加者が耳を澄まし、目を輝かせていた。 そのセミナーの概要を要約してご紹介したい。

今年度も大槻義彦教授の「サイエンスカフェ」が7月から行われた。月2回、計6回開かれ、科学を専攻している大学生なども参加して、大盛況のうちに終了した。

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ