1978年の創刊以来、メトロバンクーバーを中心にカナダの日系社会と共に歩んできたバンクーバー新報(以下『新報』)。4月30日号で41年の歴史に幕を引くことになった。2014年には、「日系コミュニティーの連携ばかりではなく、日本とカナダの友好親善関係に創刊以来、寄与してきた」として、津田佐江子社主が、外務大臣表彰を受賞している。

生活に役立つ情報、人々の動きを伝え、コミュニティーの人々をつないできた新報。カナダにおける邦字新聞として、新報が日系社会とともに歩んできた歳月を振り返りたい。

「志げさんはとてもおしゃれ好きで、100歳の頃も服装を気にしてられました。最近のことでは、志げさんが歌を口ずさんでいたのに驚きましたよ。よくよく聞いていると『君恋し』だとわかりましてね」。志げさん親子と40年来の付き合いである友人が朗らかに語る。こうして今も周りを明るくしている峯柴志げ(みねしば・しげ)さんは、2020年5月18日に111歳の誕生日を迎える。

近年さまざまなアートが注目される中、カナダで「サンドアート」を広める活動をしている団体がある。Canada Sand Painting Association(以下、CASPA)だ。CASPAは2019年秋に、サンドアートをカナダ全土へ広めようとバンクーバーで活動を開始した。現在はCOVID-19の感染拡大防止のため、活動を控えているCASPAだが、サンドアートへの熱意が冷めることはない、創設者である浜田博明氏と津々良さつき氏に、サンドアートの魅力について話を聞いた(本インタビューはオンラインでおこなっています)。

日本へ帰国する学生、ワーホリの人たちにバンクーバーで一番好きだった場所は?との問いに、多くの人が“イングリッシュベイ”と答えます。そこに沈む夕日は太平洋の向こう日本を照らしています。普段忙しい若者たちですが、夕日を見ながらカナダでの生活を振り返り、あらためて日本を思う、そんなゆっくりした時間が流れていたのでしょうか。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。