40年の歴史を持つSkydive Vancouverには、連日多くの人々がスカイダイビングをしにやってくる。ここはアボッツフォード郊外にあり、ダウンタウンから高速を使って1時間半ほどで行くことができる。先に多くの人が気になる価格を伝えると、初心者の場合$279+税からとなっており、日本で飛ぶよりは比較的安価で飛ぶことが可能である。バンクーバーの中心地からのアクセスが悪くないこともあり、夏季には1日に100人もの人々が飛ぶそうだ。

隣組シニアライフセミナーは2008年にスタートし、2014年からは月1回のペースで実施されてきた。同セミナーの目的は、「人生の最終章をもっと積極的に楽しみ、幸せをつかみ取りましょう! 隣組スタッフもそのお手伝いをします」…というもの。各セミナーのタイトルの最近のものをピックアップしてみると、『心を健康に保つ方法』、『シニアの安全な財産管理法』、『健康に生きるための食の楽しみ方』、『サービスカナダ、政府による補助金』といった実用的なテーマや、『いざというときのための準備』、『遺品整理、生前整理について』といった“終活”をテーマにしたものなど、それぞれの専門家を招きセミナーを開催。さらに、『いきいきシニアライフ〜充実の秘訣〜』では、“おしゃれをしよう”、“恋をしよう”、そのスパイスが人生の最終章に大きな役割を果たすことが知られている…手軽で具体的な方法としてSNSなどのITを使う「オンラインデート」で老若男女の区別なく交際のネットワークを広げようという提案のセミナーも行った。こうしたこれまでタブーとされてきたことであっても積極人生のためにテーマに取り上げチャレンジした。

そして、今回のシニアライフセミナーに選んだテーマが『大麻のチカラ』であった。(メディアスポンサー:バンクーバー新報)

今世界から注目されている和菓子アーティスト、菓道家・三堀純一氏が初めてのバンクーバーで菓道・お点前パフォーマンスを披露、そしてマスタークラスを指導します。

5月2〜3、6〜8日にかけて、新天皇の即位を記念し、在バンクーバー日本国総領事館で祝賀記帳が行われた。

長年日系コミュニティーのために尽力した林光夫さん(日系センター元会長、現理事)夫妻が、人生の次のステージに移るにあたり日本への帰国を決心した。4月27日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で林さん夫妻の送別会が開かれ、約60人の参加者が林さん夫妻に惜しみない感謝と別れの挨拶を交わした。

 

今週の主な紙面
5月16日号 第20号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは5月16日号 第20号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ