カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー圏の建築・建設関係者で組織するコミュニティ「建友会」。

発足は2012年11月、今月で満6年を迎えるのに合わせ第6回目となる年次総会が11月15日隣組にて開催されました。

全会員数32名(付帯会員含まず)のうち19名が参加し、各活動についての報告、会計報告、審議並びに承認、新役員選出が行われました。

総会に続いて恒例の懇親会も行われ、夕食を囲みながらメンバー同士の親善を深める楽しいひと時となりましたが、会話が弾みにぎやかな雰囲気で次第に声を張らないと、お互い声が聞こえないほどとなっていました。仕事のこと、プライベートのこと、建友会の発展についての議論や今月開催される建友会のセミナーについての議論など、時間が過ぎるのも忘れ、色々な話が飛び交っていました。

ウィスラーの秋の風物詩、「牡蠣の早あけ世界大会」。今年もコーノコピア(ワインと食の祭典)最終日の締めを飾るメインイベントとして、ベアフットビストロ(リステルホスピタリティグループ)主催により、11月18日ウィスラーカンファレンスセンターにて開催された。

バンクーバー島の北にあるリードアイランドのソーミルベイ社からこの日の朝に届けられたばかりの新鮮な牡蠣を一番の目当てに、850名を超す人々が続々と集った。

在バンクーバー日本国総領事館総領事に就任した羽鳥隆氏の歓迎会「羽鳥隆総領事夫妻歓迎レセプション」が13日、バンクーバー市内のホテルで開催された。 ブリティッシュ・コロンビア州政府からはブルース・ラルストン雇用貿易技術大臣が出席し、歓迎の言葉を述べた。

参加者は約170人。日系コミュニティを支える文化系、ビジネス界から各団体関係者など、コミュニティを代表する人々が羽鳥総領事のバンクーバー着任を歓迎した。

主催は羽鳥隆総領事夫妻歓迎レセプション実行委員会。日系コミュニティ団体から、隣組、日系文化センター・博物館、バンクーバー日本語学校並びに日系人会館が文化系団体として、ビジネス界からはバンクーバー日系経済団体連絡協議会から日系女性企業家協会が中心となり実行委員会を構成した。司会は、岡本裕明実行委員長とデイビット・イワアサ隣組理事長が務めた。

2018年9月、ブリティッシュ・コロンビア州ノースバンクーバーのシーバスロンズデールキー駅から徒歩5分のPinnacle hotelの一室に、高塚理恵さんが日本語で学習をサポートする学習塾「JP Academy」を開いた。

対象はカナダに駐在する日本人の子供や、カナダで生まれた子供、または日本語に興味がある大人等様々で、年齢も国籍も問わない。

今回は、高塚さん自身の話と、塾を開いた経緯について聞いた。

 今月5日、平昌冬季五輪カーリング日本代表の平田洸介選手(株式会社アイエンター)が、バンクーバー日本語学校を訪れ、「夢のかなえかた」と題して講演した。

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ