2020年3月12日 第11号

2月29日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で、沖縄県友愛会の45周年を記念する新年祝賀会が開催された。今年は沖縄県人のカナダ移民120周年でもあり、アルバータ州のレスブリッジ沖縄文化協会、カルガリー・オキナワンクラブ、オンタリオ州のトロント球陽会と合同での祝賀会となった。当日は200人以上が集まり、沖縄の伝統芸能やポットラックの食事を楽しんだ。

 

子どもたちによる「チキンダンス」

 

たくさんの祝辞が寄せられた

 最初に三線や太鼓の伴奏に合わせて子どもたちが「O Canada」を斉唱した。その後、友愛会会長の奥間トーマスさんがあいさつし、120年前沖縄の各地からカナダへ移住した先祖が、幾多の苦難を乗り越えながら生活の基盤を作っていった功績を称えたいと述べた。また、友愛会は1975年に設立、新移民として移住してきた沖縄県人のカナダでの生活をサポートし、協力し合い発展してきており、現在のメンバー数は300人を超す大きな団体となっていると語った。

 続いて奥間さんが、池田憲昭在バンクーバー日本国領事からの祝辞を代読。友愛会のメンバーが当地で生活していく中で助け合い友好を深めると共に、沖縄の文化を継承し続けていることに敬意を表したいとし、カナダと日本の良好な関係はこうした草の根レベルでの交流の上に成り立っていると考えているといったメッセージを伝えた。沖縄県庁からは、沖縄県文化観光スポーツ部の文化スポーツ統括監である山城貴子氏が出席し、玉城デニー沖縄県知事からの祝辞を代読した。その中で、沖縄から移住した先人たちが苦難を乗り越え、カナダの地に根づいていったこと、現在その子孫たちが政治、経済、教育、文化などさまざまな分野で活躍していることに深く敬意を表するとし、沖縄から派遣された若者のバンクーバーでの受け入れなど、文化交流の面での協力にも感謝していると述べた。その後、カナダでの社会基盤の構築と友好親善に貢献したとして、新年会に出席していた4人に玉城県知事から感謝状が贈られた。

 三線と太鼓の伴奏に合わせて踊る「かぎやで風」で幕開けしたあとは、スピーチが続く。レスブリッジ市のダイアン・マキシさんが、1900年代にカナダに移住した祖先について話した後、沖縄からの日系1世についてのビデオが流された。沖縄の南風原(はえばる)町と姉妹都市提携をしているレスブリッジ市から沖縄文化協会のケン・ナカマさん、カルガリー・オキナワンクラブからノリコ・コロさんが、それぞれの県人会の活動内容を報告した。トロント球陽会からは祝辞が届いており、奥間さんが代読した。4つの県人会が、それぞれの活動内容をまとめたビデオも上映され、どの会も活発な活動と交流をおこなっていることがうかがえた。

多彩な余興を楽しむ

 盛りだくさんのパフォーマンスは、子どもたちによる「チキンダンス」でスタート。かわいらしい踊りに喝さいがあがった。「安里屋(あさどや)ユンタ」では、20人近い踊り手が2つの輪になって三線と太鼓に合わせて踊った。「貫花 武富節(ぬちばな だきどぅんぶし)」では、花輪を首にかけた踊り手が優雅に舞った。「上り口説(ぬぶいくどぅち)」は、薩摩上りを命じられた首里士族の心情と旅の風景を表現したもので、三線と太鼓をバックにりりしい踊りを披露した。続いては、ティーンの女の子たちによるKポップグループのBTSの曲でのヒップホップダンス。伝統芸能が続く中、若い世代による新しい風といったパフォーマンスも新鮮だった。

 こうした合間に、紙飛行機飛ばし大会や、2ドル硬貨を賞品に一番近いところに投げた人が獲得するゲーム、ドアプライズや50/50の発表など企画が次から次へと出てくる。また、昨年10月末に火災で焼失した沖縄の首里城の復興プロジェクトを、友愛会をはじめとする沖縄県人会が興し、その成果が発表された。当初の目標を大きく超える2万ドルが集まり、首里城復興資金として沖縄県に贈られた。

 トリを務めたのは、バンクーバー沖縄太鼓。「シンカヌチャー」「かりゆしの夜」「ダイナミック琉球」をパワフルに演奏して会場を大いに盛り上げた。閉会のあいさつの後には、リズミカルな三線と太鼓に合わせて会場のみんなで踊るカチャーシー。沖縄で祝い事の最後にはつきものだというこの踊りで、盛大かつ長丁場の宴は幕を閉じた。

(取材 大島多紀子)

 

「上り口説」のりりしく力強い踊り

 

沖縄では祝宴の幕開けに欠かせないという「かぎやで風」

 

心揺さぶるダイナミックな演奏を披露したバンクーバー沖縄太鼓のみなさん

 

首里城復興資金として2万ドルの小切手が渡された。左から2番目が沖縄県庁の山城貴子氏。右端から奥間トーマスさん、ノリコ・コロさん、ケン・ナカマさん

 

参加者が持ち寄った食事がいくつものテーブルにわたってずらりと並べられた

 

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ