2018年11月29日 第48号

 連邦自由党ラジ・グレワル議員が辞職する意思を22日示した。自身のフェイスブックに前日に辞職する意思を党に伝えたと掲載した。理由は「健康上の理由と、個人的な理由」とし、今後は自身の健康と家族のために時間を費やしたいと語っている。

 ジャスティン・トルドー首相は22日ツイッターで、難しい選択だったと思うが正しい選択だと思う、必要な支援が得られることを願っていると掲載し、グレワル議員の辞職を了承している。

 しかしこのタイミングでの辞職に疑問の声が上がっている。グレワル議員はオンタリオ州ブランプトン・イースト選挙区の議員。同議員が辞職したことで補欠選挙が実施されることになる。

 ブランプトンは連邦新民主党(NDP)ジャグミード・シング党首が州議員時代の選挙区。シング党首は連邦で出馬するために現在空席のブリティッシュ・コロンビア州バーナビー・サウス選挙区での立候補をすでに表明している。

 もしブランプトン・サウス選挙区から立候補すれば当選はほぼ確実と言われているが、すでにバーナビーでの立候補を表明しているため、バーナビーで支援している人々に背を向けることになる。

 しかもトルドー首相は前回に補欠選挙を発表した時には1議席のみの実施にとどめ、空席となっているバーナビー・サウスを含める3議席の補欠選挙は発表しなかった。

 一部報道によれば、来年2月にも4選挙区の補欠選挙が発表されるという。シング党首はバーナビーから出馬すれば厳しい戦いになると予想されている。しかし「私はバーナビー・サウスから出馬する」と記者会見で断言した。

 今回辞職したグレワル議員は、利益相反の疑いで倫理委員会に調査の要求が提出されているとCBCは伝えている。

 

2018年11月29日 第48号

 ゼネラル・モータース・カナダは26日、オンタリオ州オシュワの工場での製造を2019年12月で停止すると発表した。

 オシュワ工場ではフルタイム、パートタイム合わせて約3千人が勤務。GMカナダ全体の3分の1以上を占める。この日の突然の発表に、従業員は一様に動揺を隠せない様子で、26日は職場放棄する従業員が多く出た。

 GMカナダによると、今回の製造停止は同社の生産ラインの見直しの一環という。消費者の志向が乗用車からSUVやピックアップトラックに移行していることや、同社が進める電気自動車や自動運転車に注力するためと語っている。

 オシュワ工場は、かつてはGMの中でも最大工場としてフル稼働していたが、年々生産量が減少、現在では稼働率は50パーセントまで落ち込んでいたという。GMカナダ副社長デイビッド・パターソン氏は、今回の製造停止決定が今後は全く継続の可能性を模索しないことを意味するものではないと説明しているが、保証はできないと語っている。

 GMはオシュワ工場の他にアメリカ4工場の閉鎖も発表している。

 今回のGMの発表を受け、連邦政府、オンタリオ州政府は、解雇される従業員への支援を表明。ただ、オンタリオ州ダグ・フォード州首相は政府としてGMに直接働きかけて工場存続を模索することは難しいとの見解を示した。

 今回の製造停止は工場で働く従業員だけではなく、同市にある関連企業にも大きな影響があるとみられている。 

 

2018年11月29日 第48号

 カナダ国内の通信会社への苦情件数が激増していることが27日分かった。通信テレビサービス苦情処理委員会(CCTS)の報告によると、苦情件数は2017年8月1日から2018年7月31日までの1年間で前年比57パーセント増の14、272件だったという。

 ハワード・マーカー委員長は、2017年9月からテレビサービスに関する苦情も含まれることになったため、件数が増加することは見込んでいたが、ここまで増加するとは予想していなかったと語った。テレビに関する苦情は全体の5パーセント以下と低かった。

 苦情内容で多かったのは、例年と同様で、サービス移行時のトラブル、料金に関する不満、契約時の説明と実際のサービスが違うなど。サービス別では携帯サービスが最も多く、苦情件数の増加幅が最も大きかったのはインターネットサービスだった。

 苦情が最も多かった会社は国内最大会社ベルで全体の33・2パーセントを占めた。次いでロジャーズ10・2パーセント、テラス6・6パーセントだった。しかし、テラスは他の2社よりも伸び率が高く前年比で49・6パーセント増加している。この大手3社で苦情件数の約50パーセントを占めた。

 苦情が急増した要因についてマーカー委員長は、消費者の意識の変化があると指摘。CCTSの存在が通信会社やメディアによって知らされたり、カナダラジオテレビ電気通信委員会(CRTC)の公聴会がメディアで紹介されたりして、声を上げることが重要ということを消費者が認識し始めたことが大きいと語った。

 

2018年11月29日 第48号

 サッカーカナダは26日、男子カナダ代表チームの公式戦をブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市で開催することを発表した。2019年3月24日BCプレースで開催される。

 同市で行われた記者会見にはジョン・ハードマン監督と、カナダ代表ラッセル・テイバート選手(所属:バンクーバー・ホワイトキャップスFC)が出席。バンクーバーでの開催について語った。

 今回の公式戦は北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)主催のネイションズ・リーグで、カナダはグループAで出場。ここまで3試合を戦い3連勝と勝ち点9を獲得している。3月のフレンチ・ギアナ戦で勝利すればグループ首位が確定する。

 ハードマン監督はバンクーバーで開催する理由をカナダ全国のファンの前で試合をしたいこと、3月のカナダの天候、そしてバンクーバーサッカーファンの情熱を挙げた。昨年まで女子代表監督を務め、バンクーバーのサッカーファンは承知の監督。「非常に重要な試合なのでBCプレースでのファンの声援が必要。女子の時のような声援を期待している」と語った。また今季までバンクーバー・ホワイトキャップスでプレーしていたアルフォンソ・デイビーズ選手のバンクーバー凱旋については「それがかなうとバンクーバーのファンにとってはすごくいいと思う。期待しているだろう」と語った。デイビーズ選手はドイツへの移籍が決まっている。

 また、テイバート選手は「ワールドカップへの道をハーデマン監督と一緒に行けると思うと、またカナダ代表としてプレーできることをうれしく思う」と語り、慣れ親しんだバンクーバーで代表としてファンの前でプレーできることはうれしいと語った。

 チケットは、27日からチケットマスターで販売が開始している。

 

カナダ国旗デザインのBCプレースを背景に、ハーデマン監督(左)とテイバート選手。(Photo by D. Laird Allan/Sportswave)

 

2018年11月29日 第48号

 第106回グレイカップはカルガリー・スタンピーダーズが制した。11月25日アルバータ州エドモントン市コモンウェルス・スタジアムで開催されたカナディアン・フットボール・リーグ(CFL)最高峰を決定するグレイカップ決勝戦。この日は55、819人のCFLファンが詰めかけた。

 対戦は、西地区優勝を果たしたスタンピーダーズと東のオタワ・レッドブラックス。2年前と同じカードとなった。スタンピーダーズは3年連続のスタンレーカップ決勝。しかし、レギュラーシーズンで圧倒的な強さを見せるスタンピーダーズは、過去2度はいずれも東のチームにグレイカップ決勝で敗れている。2年前はレッドブラックスに敗れた。

 この日の試合は、常にスタンピーダーズがリードする展開となった。そして第2クオーター終盤にRBウィリアムズが達成したグレイカップ新記録92ヤードのパントリターンでのタッチダウンで、ほぼ試合を決定づけた。結果は27-16。スタンピーダーズが3年目にしてようやくグレイカップを掲げた。

 最優秀選手賞はスタンピーダーズのクオーターバック(QB)ボレビー・ミッチェル選手、最優秀カナダ人選手賞はスタンピーダーズのレマー・デュラント選手が受賞した。

 

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ