2018年6月14日 第24号

 注目のオンタリオ州選挙は6月7日に投開票が実施され、進歩保守党(PC)が圧勝、次期州首相にダグ・フォード氏が決定した。

 選挙前の世論調査では、第3党だった新民主党(NDP)が勢いを増し、選挙日直前には支持率でPCを上回る勢いを見せていた。久々のNDP政権誕生の可能性も言われたが、ふたを開けてみると、PCの圧勝だった。

 今回型破りの選挙戦を繰り広げたフォード党首は、記者会見でも異例ぶりを発揮。従来なら負けた党首から党員に向けたメッセージを発するが、フォード党首は他党党首の会見を待たずに真っ先に勝利宣言。「全員で勝ち取った勝利。これから州民のためにさらに力を尽くす」と語った。

 第3党から政権奪取かと期待されたNDPは野党第1党となった。政権奪取が期待されただけに大きく議席を伸ばして躍進しても、喪失感が選挙党本部に漂っていたことは否めなかった。それでもアンドレア・ホーワス党首は「野党第一党としてPC政権にしっかりと意見を言っていく」と語った。

 一方で予想どおり自由党は大敗した。議席数はわずか7。自由党史上最悪の結果となった。オンタリオ州での公式政党8議席にも及ばなかった。すでに敗北宣言をしていたキャサリーン・ウィン党首にとっては党本部で今選挙中2度目の敗北宣言。「若い力にトーチを引き渡す」と大敗の責任を取って辞任することを発表した。ウィン党首本人は当選。議員をそのまま続けると語ったが、次の選挙まで残るかは疑問視されている。ただ公式政党にすら残れない議席数での辞職は厳しいとの声も上がっている。

 歴史的な選挙となった今回、もう一つの史上初があった。グリーン党が初当選を果たした。マイク・シュレイナー党首がグエルフ選挙区から当選。「歴史的な一歩だ」と当選後に支援者に語った。

 選挙結果は、進歩保守党(PC)が76議席、(得票率40・63パーセント)、NDP40議席(33・69パーセント)、自由党7議席(19・30パーセント)、グリーン党1議席(4・62パーセント)だった。

 

 

2018年6月14日 第24号

 ブリティッシュ・コロンビア州グレーターバンクーバーの都市コキットラムに住む男性が、収集日の朝にごみを表の歩道に早く出しすぎたとして、罰金を科せられた。

 この男性は、4カ月の乳児と暮らすデーブ・デボーさん。赤ん坊の世話が忙しく、収集日にごみを出し損ねることも多かった。たまたま4日の明朝、赤ん坊が眠りに落ちたのを確認したデボーさんは、このチャンスにごみ袋とリサイクルごみ用の青いコンテナボックスを、家の前の歩道に出しておいた。時間は午前3時30分だった。

 ごみが回収された後に、コンテナボックスを取りに行ったデボーさんは、500ドルの罰金を科せられたことを知らせるステッカーがボックスに貼られているのを見て驚いた。久しぶりにごみ収集に間に合うようにごみを出すことができ、達成感を感じていたデボーさんにとって、これは大きなショックだった。罰金のステッカーを見ても、最初は何がいけなかったのか見当がつかなかったという。

 同市の条例によると、ごみは収集日の午前5時30分以降に家の前に出すよう決められている。これはクマやクーガーなど、野生動物がごみを荒らさないようにするためのもの。コキットラム市環境サービス課は、山に隣接する同市にはクマをはじめとする多くの野生動物が住んでおり、夜間や明朝にごみを屋外に放置すると、荒らされる危険性があるとしている。いったんクマが家庭ごみに慣れて、これを求めて街中を徘徊するようになると、最終的にそのクマを駆除しなければならなくなり、そうした悪循環を未然に防ぐため、この罰金システムの必要性を説明していた。

 6月に入った時点で同市は、違法なごみ出しに対し339件の警告と、62件の罰金告知書(500ドル)を交付している。

 

 

2018年6月14日 第24号

 米国ドナルド・トランプ大統領がジャスティン・トルドー首相に向けて放った攻撃的な内容のツイートや、10日にアメリカのテレビ局FOXの番組に出演した国家通商会議委員長ピーター・ナバロ氏が、トルドー首相の記者会見での内容に対して、「部屋から出て行こうとする(トランプ大統領の)背中にナイフをつきさすようなものだ」と強い口調で非難し、「(トルドー首相は)地獄の特別室がふさわしい」と語った。

 これに対して、11日のカナダ国会では、野党保守党、新民主党(NDP)からも、トルドー首相がカナダ国民のためにトランプ大統領にカナダの主張を通した、と全面的にトルドー首相の主張を支持することで全会一致。「カナダ国民が力を合わせて立ち向かっている時に、トランプ大統領は孤立している。アメリカの政治家や友人たちは、隣人であり最大の同士であるカナダに対するトランプ大統領の言動に強く反発している」とNDPルース・エレン・ブロソー議員が語った。

 ナバロ氏の発言について、カナダ側はクリスティア・フリーランド外相が10日に記者団に対応し、「他国との関係を築くときに、感情に訴えた攻撃は適切で効果的とは思っていない」と語り、「我々はこれまで通り、事実に基づいて交渉を続けていく」と語った。トルドー首相は、この件について無言を貫いた。

 ナバロ氏は12日、アメリカ国内からも批判の声が相次いだことで、トルドー首相に対する発言について、テレビ番組で「言葉の選択が間違っていた」と謝罪した。

 

 

2018年6月14日 第24号

 カナダ統計局は8日、5月の労働統計を発表、予想に反して失業者数が7500人と報告した。しかし失業率は前月から変わらず5・8パーセントだった。これで2カ月連続の失業者数増となった。

 減少したのはフルタイムで3万1千人、パートタイムが2万3600人増加したが、全体として失業者数が増えた。

 業種別ではヘルスケア・社会福祉関連産業で2万4千人が失業、製造業でも1万8千人、建設業で1万3千人が失業した。一方で就業者数が宿泊・飲食業で1万8千人、専門・科学・技術サービス業で1万7千人、運輸・倉庫業で1万2千人増加した。地域別では、プリンスエドワード島で就業者数が800人増加し失業率がやや改善。ブリティッシュ・コロンビアでは1万2千人が失業、前年同月比でほとんど伸びなかったのは2015年5月以来となった。それでも失業率はほとんど変化せず4・8パーセント。オンタリオ州では前月比ではほとんど変化がなかったが前年同月比では1・8パーセント増、ケベック州でも前年同月比で1・6パーセント就業者数が伸びた。

 予測よりも失業者が増加した5月だが、時給は急速な伸びとなっている。前年同月比で3・9パーセント上昇、2009年4月以来の伸び幅になった。

 

 

2018年6月14日 第24号

 昨年5月、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーの砂浜に瀕死のアシカが打ち上げられたが、水生哺乳類救助センターで治療を受け一命をとりとめた。その後アシカは順調に快復してきたものの、再び外海で自活することは不可能とカナダ漁業海洋省が判断、バンクーバー水族館が、このアシカを生涯飼育することとなった。

 セニョール・シンコと名付けられた、推定年齢10歳のカリフォルニア・アシカは発見当時、顔面に2発の小口径銃による銃創を負っていた。失明し、歯も折れていたためエサを食べることができず、衰弱しきっていた。獣医が折れた歯を除去してからはエサを摂取できるようになり、この13か月間で体重が約140キログラム増加した。救助センターによると、セニョール・シンコはおとなしく、盲目ながら職員の声に反応しながら、エサの魚を穏やかに食べているという。

 盲目ゆえ、今回の水族館での生涯飼育が決定されたセニョール・シンコは6日、バンクーバー水族館へと移送された。ここでの生活に慣れながら、徐々に運動や体力増強のプログラムが実施されていく予定。バンクーバー水族館がカリフォルニア・アシカを飼育するのは、これが初めて。

 

 

 

今週の主な紙面
6月21日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
食都神戸2020プロジェクト…V-2
ウィルチェアーラグビー カナダカップ2018日本チームが準優勝…V-11
サレー日本語学校学習発表会と卒業式&創立40周年記念式典…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
ヨガと健康…V-21
ジャズと絵画のコラボ…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは6月21日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ