2019年6月13日 第24号

 在カナダ中国大使盧沙野(ルー・シャーイエ)氏が6月末で退任し、フランスの大使として赴任することが分かった。5日、CTVが伝えた。

 盧氏は2017年に赴任。昨年12月にブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港でファーウェイCFO(最高財務責任者)孟晩舟氏が逮捕拘束されて以降は、カナダの全国紙グローブ&メールに意見記事を掲載するなど、カナダ政府を強く非難している。

 カナダと中国の関係は、孟CFOが拘束されて以降、緊張状態が続いている。昨年12月には中国国内でカナダ人男性2人が拘束され、今年に入り中国政府はカナダ製キャノーラ製品輸入制限や、豚肉製品の検査基準引き上げなどの措置を取っている。

 カナダでも、政府が今年1月にジョン・マッカラ在中国カナダ大使が辞任して以降、後任を発表していない。これでギクシャクする両国で両大使が不在となる。

 一方、孟CFOについては6日にブリティッシュ・コロンビア州裁判所で2020年1月20日に身柄引き渡しに関する裁判を開始することが決まった。孟CFOは2018年12月1日にバンクーバー国際空港でアメリカの要請により身柄を拘束された。現在はバンクーバーの自宅で軟禁生活を送っている。

 

2019年6月13日 第24号

 オンタリオ州トロントを拠点とする北米プロバスケットボール(NBA)トロント・ラプターズが、NBA決勝に進出しカナダ全国で大いに盛り上がっている。

 ラプターズが3勝1敗で迎えた10日、トロントでの決勝第5戦は高い視聴率を得た。その第5戦のテレビ放映中に、保守党アンドリュー・シェア党首を批判するコマーシャルが流された。メディアによると、放映料は5万ドルにもなると推測されるという。

 このコマーシャルを一体誰が何を意図して流したのか、波紋を呼んでいる。

 放映したのはエンゲージ・カナダといわれる組織で、2014年12月に設立されたとされている。主に政治的なコマーシャルを扱うことで知られている。2015年の総選挙前には、当時の保守党政権スティーブン・ハーパー首相を批判するCMを流している。

 同社広報によると、「企業利益を支配することへの抵抗」とCMの意図について声明を発表している。

 CM内容は、シェア党首が隠し事をしているとか、オンタリオ州ダグ・フォード州首相の中間層を苦しめるような政策に続く可能性について批判している。

 エンゲージ・カナダは草の根的組織としているが、労働組合や政党関係者とのつながりが深く、自動車産業従業員などで構成されたカナダ最大の労働組合ユニフォなどが支援している。

 今回のCMが誰の依頼によって、誰が支払ったものなのかは、公表されていない。政治的CMについては、今秋の総選挙を前に6月30日以前であれば、依頼主や料金を公表する必要がないとトルドー政権が規則を定めている。

 エンゲージ・カナダは6月末までCMを続けると発表している。

 

2019年6月13日 第24号

 北米プロバスケットボール協会(NBA)のオンタリオ州トロントを本拠地とするトロント・ラプターズが快進撃を続けている。

 レギュラーシーズンを東カンファレンス2位で終えたラプターズはプレーオフを勝ち上がり、カンファレンス決勝でミルウォーキー・バックスを4勝2敗で下し、NBA優勝決定戦に勝ち進んだ。相手はゴールデンステート・ウォリアーズ。今季で5年連続NBA優勝決定戦に進出、過去4年で3回優勝しているNBA最強チームだ。

 そのウォリアーズに7日、105-92で勝利し、シリーズを3勝1敗として優勝に王手をかけ、10日、本拠地トロントに戻ってきた。NBA30チーム中、カナダにあるのはラプターズのみ。カナダのチームとして優勝をかけたこの日の一戦に、カナダ中のファンが盛り上がった。

 トロントでは街にラプターズファンが溢れ、西はバンクーバー、東はハリファックス、北はヌナブト準州まで、国民が固唾を飲んで決戦を見守った。結果は105-106のワンポイント差で惜敗。優勝は13日、カリフォルニア州オークランドでの第6戦に持ち越しとなった。

 

2019年6月13日 第24号

 オンタリオ州南部、トロントから西に100キロほどのところにある、13万2千人弱の都市ゲルフで6日午後、自転車に乗った少年らが、線路に倒れていた男性の救助に貢献した。

 11歳から12歳の3人、ジョーダン君、ガブリエル君、そしてグリフォン君はこの日の午後、線路上に何かが横たわっているのを見つけた。近くに寄ってみると、それが自転車であり、さらに人が気を失って倒れているのも分かった。

 線路の先には工事現場があったので、彼らはそこへ向かい、働いている作業員に見たことを話した。作業員が911番通報を行い、駆けつけた救急隊員がこの男性に処置を施した。

 ゲルフ警察のジェニファー・ナダリン巡査は、この男性には医療処置が必要だっただけではなく、この線路を30分後には列車が通る予定だったと話し、この年頃の子供たちとしては緊急事態をよく把握して、人命を救ったことに讃辞を送っていた。

 この自転車3人組には、地元のアイスクリーム・チェーン店からアイスクリームがプレゼントされたほか、警察活動に関するジュニア市民賞候補に推薦された。

 

2019年6月13日 第24号

 ブリティッシュ・コロンビア州メトロバンクーバー地区の都市サレーにある墓地が、環境に優しい埋葬『グリーン埋葬(Green Burial)』を開始した。

 この墓地、ヘリテージ・ガーデンズのオーナー、トレバー・クレインさんはこれを「ビーガン埋葬」と呼んでいる。また、社会全体が環境に配慮した「レデュース・リユース・リサイクル」の時代に移っていくのに比べ、葬儀業界はその動きが鈍かったと取材に話している。

 ヘリテージ・ガーデンの「ビーガン埋葬」では、火葬された遺灰やエンバーミング(遺体保全処理)や化学薬品を用いた遺体などは埋葬しない。また遺体に着せる衣装や棺桶も生物分解性の素材を用いるなどして、極力環境に優しい埋葬を実現する。さらに墓石も置かず、人工的な痕跡が後世に残ることを極力避けるという。

 グリーン埋葬の啓もうと、そのガイドラインを設定している団体、カナダ・グリーン埋葬協会が認証しているカナダ国内の墓地は5つあるが、このヘリテージ・ガーデンもそのうちのひとつだ。グリーン埋葬に使用されるのは同墓地の中の一角で、200墓分が用意されている。まだ実際の埋葬は行われていないが、これまでに15墓分の予約が入っているという。

 

 

今週の主な紙面
6月20日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系センター「七夕祭り」へ行こう!…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月20日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ