2017年3月16日 第11号

 ノバスコシア州ハリファックスで3月1日、乗客の女性に性的暴行を働いたタクシードライバーに無罪の判決が言い渡されたことに対する抗議デモが行われた。

 この事件は2015年5月に同市で起こった。タクシー運転手のバッサム・アルラウィさん(40歳)は、酩酊状態で半身裸の状態だった女性に性的暴行を働いた容疑で訴追されていた。

 1日に出された判決では、女性が性的行為に合意しなかったことを証明するに足る十分な証拠を、検察が提出できなかったとして、アルラウィさんを無罪とした。しかし、判決文を読み上げた裁判官がその中で、酩酊状態であっても、合意できることは明らか、とコメントしたことから、そもそも合意とは何かという論議に火がついた。

 抗議デモを企画したクリッシー・メリガンさんは、司法判断は別として、今回、裁判官が使った論理と文言は、単に性的暴行容認の文化を永続させるものだと、その問題点を指摘している。今回の判決の論旨を突き詰めれば、「女性が酔っていれば」、性的暴行罪は成立しないというもので、到底受け入れられるものではない、とメリガンさん。

 デモは、ハリファックス市役所前から、スプリングガーデン通りにある州地方裁判所までを行進。判決を出したグレゴリー・リーハン判事が出勤している裁判所前で、抗議の声を上げた。

 この判決にはカナダ全国で大きな反響が沸き起こり、中にはリーハン判事の罷免を求めるグループもあるが、メリガンさんのグループは、この件についての公開調査を要求していくと取材に語っている。メリガンさんによると、この判事は過去にも性的暴行事件の審理で、被告に有利な(軽い)判決を出し、こうした事件から被害者を守ってこなかったという。

 一方、この騒ぎに対しノバスコシア州刑法弁護士協会は、「たとえ、一般市民からは批判されたとしても、疑わしきは罰せず」と、リーハン判事を弁護するコメントを6日に発表している。

 

 

2017年3月16日 第11号

 今年で27回目となる、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーの花火大会『セレブレーション・オブ・ライト』。毎年異なった国のチームが花火を打ち上げ、その技を競うが、今年の参加国が7日発表された。

 トップバッターは日本(7月29日)で、それに英国(8月2日)とカナダ(8月5日)のチームが続く。

 今年はカナダ建国150周年を迎えることから、特別企画として「最もカナダらしい曲」の一般投票が行われる。上位3曲は、それぞれのチームの花火打ち上げ時の音楽に使用される。

 大会の運営を行うバンクーバー花火大会協会の共同議長ポール・ティルバリーさんは、音楽は花火大会に欠かせないものであり、観客にどのようなカナダのミュージシャンや曲がいいかを選んでもらうのは当然の成り行きだと、取材に語っていた。

 セレブレーション・オブ・ライトのフェイスブックには、投票のための候補曲10曲が挙げられており、そこから投票できるようになっている。また投票と同時に、会場となるイングリッシュ・ベイの特設展望席のチケット2枚が当たるコンテストに自動的にノミネートされる。

 花火大会は予定日の午後10時開始。優勝チームは8月8日に発表される。

 最もカナダらしい曲の候補10曲は、以下のとおり。

Leonard Cohen — Hallelujah
The Tragically Hip — Ahead By a Century
Chantal Kreviazuk - Surrounded
Michael Bubl— Haven’t Met You Yet
The Weekend — Can’t Feel My Face
Celine Dion — River Deep, Mountain High
Bryan Adams — Summer of ‘69
Shania Twain — Up!
Justin Bieber — Where Are You Now
Spirit of the West — Home for a Rest

投票は以下のページから。

https://www.facebook.com/CelebrationOfLight/app/1262315474260861

 

 

2017年3月16日 第11号

 アメリカ国土安全保障省ジョン・ケリー長官が10日、オタワを訪問した。トランプ政権閣僚がカナダを訪問するのは、これが初めて。

 会談したラルフ・グッデイル公安相は、国境警備問題、アメリカからの亡命希望者の増加、カナダ人のアメリカ入国拒否など、多岐にわたって話し合ったとテレビインタビューで語った。

 アメリカとの国境問題は、警備や移民問題だけではない。人や物の円滑な流れが、経済活動に大きく影響することから、クリスティア・フリーランド外相や、アームド・ハッセン移民相、その他関係する閣僚もケリー長官と会談した、とグッデイル公安相が語った。

 CBCテレビに出演したケリー長官は、カナダ人旅行者が国境で入国を拒否されたのには、それなりの理由があるとし、詳細はプライバシーにかかわるので明かされないと語った。また、カナダがマリファナを合法化する動きがあることについて懸念があるかとの問いには、アメリカでも、すでにいくつかの州では合法化されており特に懸念はない、ただ国境を越える時は「ポケットの中ももう一度チェックするように」と語った。

 一方で、他局で出演した時の発言が波紋を呼んでいる。航空会社へのテロ攻撃の可能性を示唆し、アメリカのユナイテッドや、カナダのエアカナダが標的になっているかのような発言をした。

 これに対し、エアカナダは同社がテロ攻撃の対象となった事実はないと否定。グッデイル公安相も、長官は一般論を言っただけで、現実的に特定の航空会社が標的となっていると言ったわけでない、と説明した。そういったことがあれば、カナダ政府として対応する、自分が公安相に就任して、そういう事実はないと語った。

 

 

2017年3月16日 第11号

 カナダ税務局(CRA)が一時、ウェブサイトを閉鎖していたことが13日、分かった。連邦政府が公表した。

 政府によると、10日カナダ統計局のウェブサイトが新種のバグにハッキングされたことが分かり、サイトの脆弱性が明らかになったことから、連邦政府が税務局のサイトを一時閉鎖したという。統計局のデータには被害はなかったと報告している。

 CRAは以前にも不具合でサイトを閉鎖。タックスリターン(確定申告)の時期と重なり、申請期間を延長する対策を講じたという経緯がある。

 CRAは12日に声明を発表し、閉鎖は事前対策で、ハッキングされたからではないと説明。オンラインでのサービスも再開したと発表した。

 

 

2017年3月16日 第11号

 下院議会が338人の若い女性で埋め尽くされた。圧巻ともいえる光景だが、これは今月8日、国際女性デーのイベント。各選挙区から、18歳から23歳までの女性が1人選出され、この日の国会に出席した。70人の先住民族女性も含まれている。

 今回のイベントは、女性の政界進出を支援する組織イコール・ボイスの協力によって実現した。イベントに出席したジャスティン・トルドー首相は「なかなかいい光景だ」と笑顔で若い女性議員候補を出迎えた。

 首相への質疑応答になるとなかなか厳しい質問も。イスラム教徒への迫害、選挙制度改革断念、先住民族問題など、カナダが抱える社会問題が次々と飛び出した。

 今年は、カナダでほとんどの女性が選挙権を得て、ちょうど100年となる。現在、下院は338議席のうち女性議員は88人、全体の26パーセントを占める。これはカナダ史上、最も多い数字。しかし、まだまだ少ない。今回のイベントは、若い女性に国会を体験することで、政治への関心を持ってもらい、政界入りへの可能性を後押ししている。

 

 

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ