2019年2月7日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドに、カナダ初となる仮想現実(VR)ゲームセンターがオープンした。

 仮想現実用ゴーグルとヘッドフォーンを頭部に装着、手足にはセンサーを付け、また襲われたり撃たれた時の衝撃を体に伝えるリュックを背負い、黄緑色一色に塗られた部屋に入り、部屋全体に仮想空間が映し出されればゲームスタートとなる。この世とは完全に異なった世界にいるのは、まったく違ったコスチュームに身を包んだ自分と、一緒にゲームを楽しみに来た友人たち。

 取材のために地元紙の記者がゾンビと戦うゲームを体験したものの、迫りくるゾンビの恐怖感があまりにリアル過ぎ、ゲームを中断せざるを得なかったと報告している。センターのマネジャー、イアン・チャンさんによると、ゲームは1セット30分だが、この記者と同じように途中でゲームをストップする人も多いという。「仮想現実は次世代型映画館になると、私たちは考えている」とチャンさん。これまでの映画館のようにただ座って見たり、画面に向かってゲームをしたりするのではなく、自分がその中にいるような体験をするものだというわけだ。

 ゲームセンターではあるが、使っている機材は特撮映画で用いられているものと同じだと、チャンさん。各プレーヤーの体に付けられたセンサーにより、その動きはリアルタイムで解析され、ゴーグルを通して見えるプレーヤーたちの姿に、仮想現実のコスチュームや状況が重ね合わせられる。これにより、ゴーグルを通さなければ私服を着たままプレーしている友人が、あたかもゲームキャラクターとなってプレーしているかのように見えることになる。例えば誰かが撃たれた場合、他のプレーヤーからもこの人物が撃たれ負傷したように見え、また助けを求めていれば、その窮地に陥った状況がまざまざと目に飛び込んでくることになる。

 同ゲームセンターは2016年に香港で第一号店をオープンさせたのち、シンガポールのほかタイとアメリカにも進出している。今年中には北米に約20店舗を展開する予定で、カナダではトロントとカルガリーで、近いうちに開店するとのこと。

 現在は3つのゲームが選べるが、年末までにはさらに8つのゲームが追加される予定。また言語は英語と中国語(普通語と広東語)が用意されている。

 

2019年2月7日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州ナナイモ選挙区で1月30日に実施されたBC州補欠選挙は、新民主党(NDP)シーラ・マルコムソン氏が勝利した。

 同日の投開票の結果は、NDPマルコムソン氏が49・22パーセント、次点は自由党候補のトニー・ハリス氏で40・47パーセント、次いでグリーン党ミッシェル・ネイ氏7・38パーセントだった。

 連邦ナナイモ-レディスミス選挙区のNDP議員だったマルコムソン氏は、今回の補欠選挙出馬のために連邦議員を辞職して臨んだ。当選確実となった同日夜遅くに同州ジョン・ホーガン州首相が同席する壇上で勝利宣言したマルコムソン氏は、今回の勝利は「ナナイモにとっての勝利」と語り、支持者、ボランティア、有権者に感謝の意を述べた。

 BC州議会員としての第1歩を踏み出したマルコムソン氏は「これからまだまだやるべきことがたくさんある」と語り、NDPが政策として掲げる、環境問題、特にオイルサンドパイプライン事業により増加が予想されるタンカー航行による海洋汚染の阻止や、チャイルドケアの改善・充実などを強調した。

 BC州のナナイモ選挙区は、昨年10月の地方選挙で元BCNDP議員だったレオナルド・クログ氏がナナイモ市長に当選し辞職したために空席となっていた。

 通常ならそれほど注目を浴びる選挙ではないが、今回はBC州議会の勢力図が変わる可能性がある選挙だったため、BC州だけではなく全国的に注目されていた。

 選挙前の議席数は与党NDP40、NDPと協力関係にあるグリーン党3で合わせて43、野党自由党が42となっていた。もしNDPが負けて自由党が勝利していれば与党NDP・グリーンで43、自由党43で同数となる。

 NDPとしては与党の過半数を維持するために何としても勝利する必要があり、自由党は勝利して早期選挙へと持っていきたいというお互いに譲れない一戦だった。

 結果はNDPの勝利で議席数はこれまで通りということになった。しかし、グリーン党が擁立したネイ氏の得票率が7パーセント台と低かったため、グリーン党アンドリュー・ウィーバー党首はNDPの法案成立の実現にグリーン党の貢献が周知されていないとの危機感から、今後は独自色を強めていく必要があると選挙後に語った。

 NDPとグリーンは連立としての与党体制ではなく、あくまでも自由党から政権を奪取するために組まれた協力関係にある。今後、全ての法案においてグリーン党の協力が得られなければNDPは議会で厳しい舵取りを迫られることになる。

 一方自由党は、選挙には負けたもののNDPが強いナナイモ選挙区で若いビジネスマンを擁立して40パーセントの得票率と健闘したことで、次の選挙に向けての道筋が見えたとアンドリュー・ウィルキンソン党首は今回の選挙結果に一定の評価をした。

 

2019年2月7日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーで中国通信大手ファーウェイ(華為技術)の副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏が拘束されて以降、カナダと中国の関係が緊張状態にある中で、国民は自由党政権の中国への対応に不満を持っていることが世論調査で分かった。

 世論調査会社アンガスリードが2月1日に発表した調査結果では、92パーセントが今回の中国との緊張関係を厳しい事態と捉えていると回答した。トルドー政権の対応を「非常に拙い」、「拙い」と答えたのは52パーセントで、「非常に良い」、「良い」の33パーセントを大きく上回った。

 トルドー政権の今回の中国への対応について、「強硬さが足りない」が44パーセントと最も多く、「適切」が29パーセント、「態度を軟化するべき」が20パーセントとなり、トルドー政権の対応への国民の不満が明らかになった。

 今回の調査は1月23日から28日にオンラインで実施された。この実施期間に、前駐中国カナダ大使ジョン・マッカラム氏が、拘束されている孟氏のアメリカへの引き渡しについての数回にわたる失言で解任されている。

 

2019年2月7日 第6号

 今年10月に実施される総選挙を前に連邦政府は、海外からの妨害やサイバーアタック、偽情報などによるカナダ選挙への悪影響を防ぐための対策を1月30日に発表した。

 特徴的なのは選挙に影響するような重大な介入行為が認められた場合、国民にもそれを伝達するとしていること。連邦政府は、2016年アメリカの大統領選挙やイギリスの欧州連合(EU)からの離脱を決める住民投票、またケンブリッジ・アナリティカによるフェイスブック個人情報の流出事件などが、カナダでも起こらない保証はないとして強化を進めると発表した。

 ラルフ・グッデイル公安相、ハルジット・サージャン防衛相とともに記者会見に臨んだカリナ・グルド民主機構相は、枢密院書記官長、国家安全保障担当補佐官のほか、法務省、公安省、外務省から各代表1人で構成される5人によって警戒行為かどうかを判断し、その後、首相、各党、選挙管理委員会へ通達し、必要な場合は国民に警戒するよう伝えると説明した。

 グッデイル公安相は、ソーシャルメディアを利用する悪質な情報が悪影響を及ぼす事態は「G7(先進7カ国)でもファイブアイ同盟国(カナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国による協定関係)でも深刻な問題として懸念されている」と、カナダも例外なく対策が必要との認識を強調した。

 

2019年2月7日 第6号

 カナダの歴史を紹介するヒストリカ・カナダが、連邦保守党が制作したビデオのせいで悪影響を受けているとビデオの修正を要求していたことが分かった。保守党は2月4日に修正版を再投稿した。

 これは保守党がソーシャルメディアに投稿していたキャンペーン広告で、自由党ジャスティン・トルドー政権の約束するだけで実行力がない政策を批判している。このビデオ映像に、ヒストリカが制作しているヘリテージ・ミニッツのロゴが使用されていた。これが問題だったという。

 ヒストリカCEO(最高経営責任者)アンソニー・ウィルソン-スミス氏は、保守党の映像広告のせいでヒストリカが保守党寄りと受け取られ、寄付を取り止めるという声が上がってきたとメディアに訴えた。

 ヒストリカは政治的な活動とは一線を画し、事実に基づいて歴史的出来事や人物を紹介している。

 これに対して保守党は、パロディ映像のためにロゴを使用して制作したものでヒストリカを政治的に利用する意図はなかったとして、映像内容を変更、ヘリテージ・ミニッツのロゴを削除して再投稿した。

 今年は10月に総選挙が控え、各党とも選挙に向けた準備をすでに着々と進めている。

 与野党がお互いの党を批判するのは選挙活動の一環だが、接戦が予想される今回の選挙では、これまでにない批判合戦となると予想されている。

 自由党は今回の保守党の自由党批判広告に対して、ハーパー前党首の時と同様の批判的広告キャンペーンは2015年選挙で国民がノーを突きつけたはずだとの声明を発表し、批判で応酬した。

 

 

今週の主な紙面
2月14日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
盛岡の完熟りんごがカナダに初上陸…V-2
若手日系人調査(Global…Youth Nikkei…Research…Project)…V-5
MOVIES TIME OUT…V-11
Noriko Jazz Band 本格始動!…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは2月14日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ