2017年12月14日 第50号

 サスカチワン州政府が4日、環境対策を発表した。連邦政府が発表した温室効果ガス排出に対する課税「炭素税(もしくは同等の課税政策)」に同調することを唯一強固に反対していたサスカチワン州政府による今回の独自対策に注目が集まった。

 それによると、年間2万5千トンを上限として、それを超える温室効果ガスを排出した場合は、農業や森林業者から相殺分を購入するか、上限以下の企業から炭素クレジットを購入するか、州政府基金に支払わなければいけないという。

 排出量に応じて課税する炭素税とは異なるものの、連邦政府が炭素税と同等の課税制度として認識しているキャップ&トレード制度に似ているが、サスカチワン州政府は今回の対策を炭素税ではないと強調している。

 この日記者会見した同州ダスティン・ダンカン環境相は、炭素税ではなくそれ以上の効果がある対策と語り、経済成長を続けるには排出量増加が必要な企業もある、そうした企業に対して完全に排出量制限をしないという点ではキャップ&トレード制度とも異なる独自の制度を強調した。

 しかし今回発表された対策には、州としての排出量削減目標や、今回の対策を実施することでどれほどの温室効果ガスが削減されるかなどの具体的な数字が記載されていないほか、交通手段や家庭用暖房、商業用・工業用エネルギー使用に伴う温室効果ガスなどの対策が含まれていないとの指摘が出ている。また州営の電力会社サスクパワーの発電について半分を再生可能エネルギーに変えると約束しているが、期限を定めていないなど不明な点が多い。

 今回のサスカチワン州政府の発表について連邦政府キャサリン・マッケナ環境相は、連邦政府が導入する炭素税への第一歩として一定の評価をしている。ただ連邦政府が目指す広範囲にわたる対策という基準からすると、大量排出企業のみを対象とした今回の対策ではまだ不十分との認識も示している。

 サスカチワン州の温室効果ガス排出量は、2017年カナダ・インベントリー・リポートによると2015年は約7500万トンで、前年より0・7パーセント減少していると報告されている。カナダ全体の排出量における同州の排出量は約10パーセントとなっている。

 

 

2017年12月14日 第50号

 下院の補欠選挙で自由党が4選挙区中3議席を獲得した。11日に実施された補欠選挙で注目されたブリティッシュ・コロンビア(BC)州サウス・サレー-ホワイト・ロック選挙区では、自由党から立候補したゴーディ・ホグ元ホワイト・ロック市長が僅差で当選した。

 この選挙区は、2015年総選挙では保守党から立候補したダイアン・ワッツ前サレー市長が自由党候補を1500票以下という僅差で当選。しかし、同議員が今夏から始まったBC州自由党党首選に立候補するため国会議員を辞職し、空席になっていた。その議席を確保したい保守党はケリー-リン・フィンドレー元議員を擁立。保守党政権時代閣僚を務めたフィンドレー元議員だったが2015年選挙で落選した。今回の選挙で、保守党の議席確保と自身の起死回生を狙ったが有権者は自由党を選び、保守党から議席を奪うことに成功した。

 自由党政権ジャスティン・トルドー首相は2回もサレーまで応援に駆け付けた。トルドー首相が2016年に承認したトランスマウンテン・パイプライン拡張工事計画の反対派が多いBC州での自由党政権の人気に陰りが出始めていたが、2019年に向けて明るい結果となった。自由党が補欠選挙で保守党から議席を奪ったのは、今年になって2回目。

 その他、オンタリオ州スカーボロー-アジンコート選挙区は自由党ジーン・イップ氏が予想通り当選。自由党アーノルド・チャン前議員が9月にガンで逝去したため、補欠選挙となったこの選挙区から立候補したのはチャン前議員の妻で、保守党候補に約10パーセントの差をつけて当選した。この選挙区での新民主党(NDP)候補の得票率は5パーセントにとどまった。

 またニューファンドランド・ラブラドール州ボナビスタ-ブリン-トリニティ選挙区では、自由党チャレンス・ロジャーズ氏が保守党候補を大きく引き離し当選した。

 保守党はサスカチワン州バトルフォーズ-ロイドミンスター選挙区の議席は確保した。ただ、保守党アンドリュー・シェア党首にとってはBC州の議席を確保できず、1議席を失うという厳しい結果になった。

 さらに、野党第2党NDPジャグミード・シング党首にとっても厳しい結果となった。オンタリオ州の選挙区は、東南アジア系が多い選挙区で党首自身が育った地域でもある。BC州でもインド系移民が多いサレー地区での補欠選挙で、前回選挙より約5パーセントも得票率を下げた。今回NDPは議席を獲得できなかっただけではなく、全体的に得票率も大きく下げている。

 今年に入って党首に選ばれた野党2党の両党首にとって、2019年総選挙に向けて厳しい結果となった。

 

 

2017年12月14日 第50号

 今年ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)に協力してきたオンタリオ州トロント在住の被爆者サーロー節子さんが、ノルウェーの首都オスロで10日に行われた授賞式に出席、演説を行った。被爆者がノーベル平和賞で演説するのは史上初。

 サーローさんは13歳の時に広島で被爆。その時の自身の経験や被爆した悲惨な町の様子を演説で語った。そして、今回の受賞を「核兵器の終わりの始まりにしよう」と呼びかけた。

 ICANは468団体が協力する非政府組織(NGO)で、今年7月に122カ国が賛成した国連核兵器禁止条約の採択に尽力した。この条約の採択について、核保有国5カ国、アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシアと共に、カナダ、日本も参加しなかった。

 

 

2017年12月14日 第50号

 カナダ唯一の大リーグ球団トロント・ブルージェイズを所有するカナダの通信大手ロジャーズ・コミュニケーションズが球団を売却する可能性について言及したと5日、ロイターが伝えた。

 ニューヨークのUBS投資家会議で同社CFOトニー・スタフィエリ氏が、球団と放映権の売却について言及したという。

 アメリカの経済雑誌フォーブスによると、ブルージェイズの価値は現在約13億米ドルで大リーグ30球団中16位。ロジャーズは2000年に80パーセントを買収、2004年に残りの20パーセントを買収した。また全試合の放映権も所有、本拠地のスカイドームの命名権を取得しロジャーズセンターと命名している。

 ブルージェイズは1977年に創設され、1992年、93年には、2年連続ワールドシリーズで優勝した。ただそれ以来優勝から遠ざかり、今季はプレーオフ進出を逃している。

 ロジャーズは、カナダで人気の高いナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)と2013年に、12年間41億米ドル(52億加ドル)でテレビ・インターネットでの放映権を契約している。

 

 

2017年12月14日 第50号

 メジャーリーグサッカー(MLS)の決勝戦MLS杯が9日トロントで行われ、トロントFCが優勝した。

 対戦は、昨季と同じ顔合わせとなった。東カンファレンスで優勝したトロントFCと、西カンファレンスはシアトル・サウンダーズFC。昨季はサウンダーズが優勝した。

 今季雪辱に燃えるトロントFCは、今季東カンファレンスを独走。プレーオフに入っても予想通り勝ち進みMLS杯に進出した。

 一方、サウンダーズはレギュラーシーズンでは最後までバンクーバー・ホワイトキャップスFC、ポートランド・ティンバーズと三つ巴の争いをしたが、2位でプレーオフへ進出。しかしきっちりと今年もMLS杯決勝に駒を進めた。

 先制したのはトロント。67分、FWアルティドアがFWジョビンコのアシストでゴールを決め1‐0。さらにアディショナルタイムにも追加点をあげ、2‐0で勝利し優勝を決めた。トロントに所属している日本人選手遠藤翼は登録選手には入っていなかった。

 11日にはトロントで優勝パレードを行い、ファンと共に喜びを分かち合った。

 

 

 

今週の主な紙面
12月14日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
日加商工会議所クリスマスパーティー美しく彩られた会場で華やかに…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは12月14日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ