2017年3月2日 第9号

 連邦保守党党首選に向けた党首討論会が2月24日、オタワで開催された。今回はいつもの全員がステージで討論する形式から、グループ分けでの討論形式を導入。ヘルスケア、環境、天然資源開発、トランプ大統領、北米自由貿易協定(NAFTA)などカナダが抱える問題について議論を交わした。

 この日は1980年代に現在の保守党の基礎を築いたプレストン・マニング氏が講演。「トランプ信者のような人々の台頭への対抗策は、トランプ信仰否定ではない。本質を明確にできる党首が有権者をまとめ、否定的な政治的エネルギーを肯定的なものへと方向転換することだ」と語った。

 保守党党首選ではケリー・リーチ元労働相が、全移民に対して「カナダの価値」を審査する制度を導入すべきとして議論を巻き起こしている。リーチ議員のトランプ的政治手法には同党からも批判の声が上がっている。さらに28日には同議員は、自身の主張を動画で紹介した映像を発信。内容よりは、そのカメラ目線の不自然さにソーシャルネットワークが反応したが、移民対策についての主張を繰り返した。

 党首選のもう一つの注目オラリー氏は、24日の討論会には出席したものの、28日にエドモントンで開催された討論会へは「形式に納得いかない」として欠席した。しかし同日に討論会会場のすぐ近くでサポーターを集めて持論を展開した。エドモントンでの討論会は保守党公式のため、欠席した場合は1万ドルの罰金を科せられる。オラリー氏は個人の財源から支払うと発表している。

 このエドモントン討論会は英仏両語で開催された。他の立候補者は仏語が得意でないオラリー氏が逃げたと批判された。

 保守党党首は5月28日に決定する。

 

 

2017年3月2日 第9号

 テレビパーソナリティーとして知られるケビン・オラリー氏が党首選に立候補して14人という候補が出揃い、熱を帯びる保守党党首選の陰で、新民主党(NDP)の党首選がようやく動き出した。

 2月27日ケベック州選出ガイ・キャロン議員が立候補を表明。26日に出馬表明したオンタリオ州選出チャーリー・アンガス議員、1月に一番乗りで出馬表明したブリティッシュ・コロンビア州バーナビー‐ニューウエストミンスター選挙区選出ピーター・ジュリアン議員に続いて3人目となった。

 NDPは2015年10月の総選挙で大きく議席を減らし、それまでの野党第一党から第二党に転落。2016年4月の党大会でトム・マルケア党首続投の是非について投票し、党首交代が決定した。昨年7月には党首立候補者受付開始となったが、今年1月まで一人も手を上げなかった。

 党首決定は今年10月。それまでに党首討論会は7回行われる予定。第1回は3月12日オタワで実施される。これまでのところ3人しか立候補していないため、最初の討論会までどのくらいの立候補者が名乗り出るのか注目されている。

 すでに3人とも出馬は表明しているものの、正式に立候補登録は終えていない。立候補希望者は登録料3万ドル、党員500人の署名、そのうち半分は女性から、最低100人はビジブルマイノリティー(白色人種、先住民族以外の民族グループ)、先住民族、同性愛者、障害者から署名を集めなければならないとされている。

 

 

2017年3月2日 第9号

 ブリティッシュ・コロンビア州産のカキが原因とされるノロウイルスによる食中毒が、国内に拡散している。BC州をはじめアルバータ州とオンタリオ州からもカナダ公衆衛生庁に食中毒の報告が寄せられ、その数は2月中旬までで221件に上ったと、同庁は話している。

 ノロウイルスは、冬場に流行する食中毒・感染症の主な原因で、感染性胃腸炎を引き起こし、感染力が強いのが特徴。その症状は激しい下痢や嘔吐、腹痛などで、通称winter vomiting bugとも呼ばれている。

 BC州では昨年11月過ぎから件数が増加し始めたが、今年1月半ばからはオンタリオ州やアルバータ州でも症例がみられるようになったと、同庁では話している。その原因がBC州産のカキであることまでは突き止められたが、何がカキを汚染したかの原因特定には至っておらず、同庁が主体となりBC州保健局やカナダ漁業海洋省、カナダ食品検査局とともに調査を進めている。 カナダでこれほどの規模のノロウイルス食中毒が広まることは、稀だという。またいくつかの養殖場は、汚染されたカキが見つかったあと短期間閉鎖されたが、関係者は感染源は一カ所ではないとみている。

 一方生産者側も、カキが生産地から消費者に届く間にはいくつもの過程を経るため、感染源の特定が難しく、もし汚染が拡大・長期化するようならば売り上げにも影響しかねないと懸念している。

 貝類のノロウイルスによる食中毒を予防するには、完全に調理すること、調理済みと未処理の食材が混在しないようにすること、また手洗いを励行すること―特に食中毒などの症状をすでに発症している人との接触があったあと―だと、公衆衛生庁は説明している。またノロ・ウイルスの食中毒は、一般には1〜2日で自然に治まり治療はいらないが、もしカキが原因だと思われた場合は、それでも医療機関にその旨を報告するよう、呼びかけている。

 

 

2017年3月2日 第9号

 カナダ交通安全委員会は2月20日、2015年に起きた乱気流による乗客負傷事故の調査報告書を発表、同時にシートベルト着用がいかに重要であるかを啓蒙する動画も公開した。

 この事故は2015年12月30日、中国・上海を出発、トロントに向け飛行中だったエアカナダ88便(乗客332人、乗員19人)が北米大陸に差しかかった時に起こった。

 航路上で激しい乱気流を予報する連絡を受けた同機は、予想される空域に差しかかる35分ほど前にシートベルト着用のサインを点灯させると共に、乱気流が予想される空域に入ることを英語、フランス語、中国語で何度もアナウンスし、シートベルトの着用を求めていた。

 しかし飛行機が乱気流に突入した時には、まだ多くの乗客がシートベルトをしていない状態だったと、報告書は指摘している。この激しい乱気流で、重傷者1人を含む21人が負傷。同機はアルバータ州カルガリー空港に緊急着陸して、負傷者をカルガリー病院に搬送した。

 当時の状況を乗客の一人は、シートベルトをしていなかった乗客の体や、固定されていなかった様々なものが一瞬にして宙に浮いたと表現。浮いた乗客のひとりは、そのまま頭でプラスチック製の天井を突き破ったあと、座席に落下したという。

 報告書は、乱気流が予想される空域に突入する前に、パイロットはシートベルト着用を求めると共に、乱気流遭遇時の機体へのダメージを避ける飛行速度まで減速する措置を取っていたことで、甚大な被害には至らなかったと結論付けている。その一方で、パイロットに対する乱気流や、その原因となるジェットストリームの教育には、網羅されていない部分があったと指摘している。この事故を受け、エアカナダは運行管理業務(ディスパッチ)に、乱気流回避に必要な情報をパイロットに提供する指針を通達している。

 

 

2017年3月2日 第9号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は2月27日、最低賃金を現在の時給10.85ドルから50セント増の11.35ドルに引き上げると発表した。今年9月中旬に実施される。最低賃金は昨年9月に50セント引き上げられたばかり。

 雇用、ツーリズム、技能訓練省は、引き上げ分50セントのうち20セントは2016年消費者価格指数に基づくもので、それに30セントを上乗せすると説明した。

 同省によると昨年の労働市場2万人のうち最低賃金労働者数は9万3800人(自営業を除く)という。同省は最低賃金引き上げの詳細は後日発表するとしている。

 BC州では今年5月に州議会議員選挙が実施される。

 

 

 

今週の主な紙面
3月23日号 第12号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
練習船、海王丸がやってくる!!…V-2
老婆のひとりごと…V-4
第28回カナダ全国日本語弁論大会…V-13
$5クッキング…V-13
第29回BC州日本語弁論大会…V-16
オタワ便り…V-22
岡井朝子総領事、ロータリークラブ・バンクーバーで講演…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月23日号 第12号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ