2017年4月6日 第14号

 ニューファンドランド・ラブラドール州のニューファンドランド島西端部、州都のセント・ジョンズ近くの海岸で、流氷に閉じ込められたイルカやクジラが相次いで死亡した。

 場所はベル島の入り江。4月1日午後には少なくとも11頭のハナジロカマイルカ(whitebeakeddolphin)が、流氷に覆われた入り江に閉じ込められたのを住人が確認した。なんとか海水面が開けたところへ移送しようと、住人25人あまりが吹雪の中、イルカを捕獲用ストレッチャーに乗せ、それをトラックで海水面にアクセスできる場所まで搬送し、海に返す作業をくり返した。

 その結果、5頭を無事に解放することができたが、残されたイルカの生存は危ういとみられている。

 ベル島・ワバナ町のゲーリー・ゴシン町長は、今年は例年になく厚い氷が島を取り囲み、フェリーによる物流も遅れがちになっていると、取材に答えている。また、このような状況は7年ぶりとのことだが、イルカが閉じ込められるという事態は初めてだとも話している。

 また同州西部の町オールド・パーリカン近くでは、3月31日にザトウクジラが、やはり流氷に閉じ込められた。同州のクジラ救助団体(WhaleRelease and Strandings)が救出を試みたものの、取り囲む氷が厚すぎ、砕氷船による脱出路の確保ができなかった。

 体長およそ14メートルの、このクジラは、その呼吸音から呼吸器系に支障をきたしているようにみられた上、付近の氷は大量の出血により赤く染まっていた。

 同地方は週末から3日にかけてふぶき模様の天気で、救助を試みた人はクジラに近づくことも、ままならなかった。3日未明にはクジラのまわりの氷は押し流されてなくなったものの、クジラは、その場にとどまっていたという。おそらく打ち上げられた浅瀬から移動するだけの体力が残っていなかったのではと、同町ではみている。またクジラは、いかにも困難に陥ったかのような不気味な音を出していたという。それは心に突き刺さる、赤ん坊のすすり泣きのように聞こえたと、町職員は形容している。

 結局、このクジラは死亡が確認された。

 

 

2017年4月6日 第14号

 メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは4月1日、BCプレースでLAギャラクシーと対戦。後半3得点と爆発して4ー2で勝利し、今季初白星をあげた。

 先制したのはホワイトキャップス。19分にMFテチェラ(#13)が決めて1ー0。しかし、前半に2点を返され1ー2と逆転されて後半を迎えた。

 後半はFWモンテロ(#12)、MFチャニ(#16)を投入。これがズバリと当たり、66分にモンテロが、67分、87分にはMFラバ(#15)が決め、4ー2とギャラクシーに快勝した。

 これでホワイトキャップスは今季ようやく1勝目。5日にはCONCACAF チャンピオンズリーグ準決勝で、メキシコのタイガースUANLとBCプレースで対戦する。

 

 

2017年4月6日 第14号

 マニトバ州ウィニペグに本部を置くUFO研究団体、UFO学研究所が、2016年にカナダ国内で目撃されたUFOに関する報告書を、先週発表した。

 それによると、昨年一年間で目撃されたUFOの件数は1131件だった。そのうち科学的には証明できないと判断されたケースは4パーセントにとどまり、同学会が活動を開始して以来の28年間でもっとも低い数値となった。

 この理由について調査報告書の編集者クリス・ルトウスキーさんは、目撃情報をより詳細に検証できるようになったことが、その主な理由ではないかと説明している。

 報告件数が増加するのは夏場で、多くの場合、何かの光がUFOと勘違いされていた。また州の人口と報告数は比例しており、ケベック州が38・5パーセント、オンタリオ州が26パーセント、そしてブリティッシュ・コロンビア州が17パーセントを占めていた。

 報告されたUFOの形状としては、単なる光がもっとも多く(57パーセント)、そのほかには三角形(4パーセント)、球形(9パーセント)、葉巻型(3パーセント)や、火球(5パーセント)などがある。

 目立った報告としては、BC州ノースバンクーバーの山々の上空を飛行する『サーチライトを備えた巨大な円盤状の物体』や、オンタリオ州セント・トーマス近くで目撃された『ブーメラン状の星のかたまり』などがあった。

 また航空機との遭遇も報告されている。11月14日にオンタリオ州トロント付近を飛行中の旅客機のパイロットが、その先を飛ぶ物体を発見。そのまま飛行を続けると衝突の危険があったため、急旋回を行った。このため客室内の乗務員が軽い怪我を負った。パイロットによると、その物体の直径は1・5メートルから2・5メートル程度で、ドーナツかタイヤチューブを立てたような形をしていたという。明らかに気球ではなかったため、ドローンではないかと思われていたが、航空機の飛行高度などから、その可能性はないとされた。また公式調査を行った運輸安全委員会は、このインシデントを『未確認空中物体(Unidentified Airborne Object)とのニアミス』と定義している。

 

 

2017年4月6日 第14号

 ノバスコシア州ハリファックスに住むローン・グラブへールさんの愛車には、自身の苗字を綴ったナンバープレートがつけられている。グラブヘールさんは、父親の65歳の誕生日プレゼントとして1989年、同州でカスタマイズ・ナンバープレート制度が開始された時、これを取得した。父の死後はグラブヘールさんが受け継ぎ、昨年12月までは自分の車のナンバープレートとして使用していた。

 ところが昨年12月に、ナンバープレート継続使用を申請したところ、当局から拒否された。

 理由は、その表記が女性を侮辱するものだということ。交通局は、このつづり(GRABHER)が、ドイツ系の苗字であることは認めつつも、公共の場所での表示には不適切だと彼に伝えた。また昨年10月には、市民から、このナンバープレートが女性を侮辱しているという苦情があったことも明らかにした。

 また、カスタマイズ・ナンバープレート制度が導入された当時の担当者は、グラブヘールさんの申請は個人の苗字としてであり、今日のような(特に、アメリカ大統領選挙期間中に暴露された、トランプ大統領の過去の発言ー女性の性器をわし掴みにするーのような)意味が一般的になるとは考えず受理したのだろうと、交通局では説明している。その一方で、例のトランプ大統領の発言は、今回の継続申請拒否には影響していないとも話している。

 しかし、グラブヘールさんは、これは自分の苗字に対する差別だとして、訴訟も辞さない構えだ。

 アルバータ州に住むホールさんの息子も同じ苗字のナンバープレートを装着しているが、今のところ問題は起きていない。しかし自分も同じような状況になるのではないかとの思いから、ナンバープレートの横に「これは私の苗字!」と書いたビニールテープを貼ることにした。

 

 

2017年4月6日 第14号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市中心部を南北に走る新交通システム、カナダライン。その列車が走る高架線路の橋脚に乗用車が激突したため、一時列車の運行が見合わされた。

 事故が起こったのは3月26日正午前で、橋脚に突っ込んだのはセダン型のBMW。場所はNo・3ロードとアクロイド・ロードの交差点付近で、橋脚にぶつかる直前は、高架下を走るNo・3ロード北向きに走っていた。しかし前を走っていたベンツのSUVが、同交差点を右折しようとしたところに追突、はずみで道路脇のコンクリート製の橋脚に激突して停止した。

 BMWの運転手は怪我を負い病院に搬送されたが、命に別状はないという。また、アルコールやスピードの出し過ぎは事故の原因ではないと警察ではみている。

 この事故のため、カナダラインは、同市内のブリッジポート駅とブリッグハウス駅の間で運行を休止し、技術員が橋脚の被害の検査を行うとともに、同区間のバスによる代替輸送が行われた。検査の結果、運行に支障がないことが確認でき、運転が再開されるまでに約40分かかった。

 

 

 

今週の主な紙面
4月20日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ヴァイオリニスト、カレン五明さん…V-2
絆~Kizuna カナダツアー……V-4
気持ち英会話…V-5
和食のテーブルマナー…V-12
BC日系二世カーリングトーナメント…V-12~13
7人制ラグビー日本代表総監督・岩渕健輔氏に聞く…V-16
ヨガと健康…V-22
認知症と二人三脚…V-23
テキトー母さんの処方箋…V-26
この人にフォーカス 公邸料理人・大谷拓也シェフ…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月20日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ