2017年7月6日 第27号

 ブリティッシュ・コロンビア州で16年ぶりの政権交代が実現した。注目された6月29日。自由党少数派政権の不信任が議会で可決され、2001年から続いた自由党政権が幕を閉じた。

 5月9日のBC州議会議員選挙のために解散した議会が6月22日に再開。23日にはジュディス・ギチョン副総督が議会開会の式辞で、1953年以来の少数派政権となった自由党政権の政策を読み上げた。開会の式辞で読み上げられた政策内容は、選挙戦中には自由党が反対を表明していた新民主党(NDP)やグリーン党の内容が盛り込まれ、話題となった。

 26日NDPジョン・ホーガン党首は「自由党は党の方向性を見失った」と語り、自由党政権への不信任をグリーン党とともに実行することを改めて強調。同日、不信任決議案を提出し、29日に決議となった。

 結果は予想通り、自由党42、NDP・グリーン党44で、不信任が決定。同日、クリスティ・クラーク州首相は、不信任の結果を副総督に報告。州首相を辞任の意向を伝えた。その後、副総督に呼ばれたNDPホーガン党首が政権を担う意思を伝え、副総督からの要請を受ける形でNDP政権が誕生した。

 ホーガン次期州首相は副総督との話し合い後に記者会見を行い、「副総督から政権を担当するよう要請があった」と満面の笑みで語った。「すごくエキサイトしている。選挙から7週間経って、ようやく州民のために働ける政府を作ることができる」と語り、16年間の自由党政権下で山積みとなった問題を一つ一つ解決していくと表情を引き締めた。

 今後は組閣に取り掛かる。州首相および新閣僚の就任式は7月下旬の予定で、それまでに組閣を終わらせる。その後は、開会の式辞草案や予算案、公約で掲げた政策実現に向けての議案作りなど議会再開に向けた準備や、ジャスティン・トルドー首相とのオタワでの面会、ワシントン州訪問などの予定が詰まっている。最優先課題は、アメリカとの製材木材交渉や薬物問題とし、公立教育制度改革にも早急に取り掛かりたいと語った。

 

 

2017年7月6日 第27号

 ジャスティン・トルドー首相は6月30日、ブリティッシュ・コロンビア州で新民主党(NDP)政権が誕生したことについて「歓迎する」との声明を発表した。「BC州民、カナダ国民にとって重要な課題で結果を出せるよう協力していけることを期待している」と続けた。

 BCNDPは選挙公約で、トルドー首相が自ら承認を発表したキンダーモーガン社のトランスマウンテン・パイプライン拡張計画に反対。政権実現後にはあらゆる手段を使って計画を白紙に戻すと表明した。そのBCNDPがパイプライン計画反対を訴えていたグリーン党と協力して政権を担っていくことが決定し、パイプライン計画が暗礁に乗り上げる可能性が高まっている。

 連邦政府は、現在アメリカ一国に偏っているアルバータ州のオイルサンドの輸出先を拡大するため、まずは需要の高いアジア市場の拡大を狙ってトランスマウンテン計画を承認した。

 アルバータ州では連邦政府のパイプイラン計画承認を歓迎し、原油価格急落以来低迷する州経済立て直しへの一歩として期待している。そのため、BC州でパイプライン反対派が選挙で優勢になると、アルバータ州NDPレイチェル・ノッテリー州首相は「州政府は連邦政府が承認した事業を白紙に戻すことはできない」と主張して反論していた。しかし、同州首相は30日にBCNDP政権誕生を歓迎する声明を発表。アルバータとBCは州境を共有する隣人以上の関係であり、両州民のために協力していくことを期待していると語った。

 トランスマウンテン計画は、天然資源産業を主要産業とするカナダ経済にも直接影響を与えるため、今後のBCNDP政権の政策に注目が集まっている。

 

 

2017年7月6日 第27号

 ブリティッシュ・コロンビア州クリスティ・クラーク州首相は6月29日、自由党政権への不信任決議を受け、BC州ジュディス・ギチョン副総督と面会した際に、解散再選挙を申し入れたことを記者会見で明らかにした。

 不信任決議により副総督に州首相辞任の意向を伝えた後に、クラーク州首相が取れるアドバイスの選択肢は2つ。NDPへの政権移行を推薦、もしくは解散再選挙の打診。クラーク州首相は、不信任決議の前には、このどちらの選択肢も取らず、判断を副総督に委ねると記者団に語っていたが、この日の副総督との長い面会で解散再選挙をするよう説得していたことを明らかにした。クラーク州首相は記者会見で、「副総督は(自分が推した解散再選挙ではなく)もう一つの選択肢を選択した。その選択を尊重する」と語った。

 自由党は議会が再開してからも、政権引き伸ばし作戦とも言える行動を起こしていた。不信任決議案がNDPジョン・ホーガン党首から提出された翌日には、議長に対し「議長の役割」についての質問状を送っていた。

 5月9日の選挙で、自由党は最多の43議席を獲得したものの過半数には届かなった。NDPも躍進したが41議席で野党第1党に、グリーン党は3議席となった。通常なら議席数が最多の自由党が少数派でも政権を担っていくが、今回は、選挙後NDPとグリーン党が共通する政策などで協力していくことで合意。打倒自由党政権でも合意し、合わせて44議席で不信任を可決を目指すことを発表した。

 議会が再開した6月23日には通例通り議長が与党から選出され、投票可能議席数は自由党42、NDP・グリーン党44となった。これで自由党への不信任は可決されるが、その結果NDPに政権が移った場合、議長はNDPから選出され、投票可能議席数は自由党43、NDP・グリーン43と同数となる。そのため、「こうした場合、議長はどういう役割をするのか、多数の人が知りたいと思うことを質問した」と自由党マイク・デヨン党総務は質問状の意図を説明した。

 議会再開の式辞では、NDP・グリーンの政策を盛り込み、不信任決議の直前には式辞内容に同意するよう議会で野党議員に働きかけた。こうした自由党のなりふり構わない行為に、NDP、グリーン党は自由党による政権引き伸ばし作戦と批判。さらに、副総督にアドバイスをしない、州民は再選挙を臨んでいないと語っていた州首相の再選挙打診に「政権への執着が強い」との批判の声が上がった。

 

 

2017年7月6日 第27号

 アフガニスタンで戦闘に参加し、アメリカ人兵士を殺害したとして、キューバにあるアメリカ軍グアンタナモベイ収容所で服役したカナダ人オマー・カダーさん(30)に、カナダ政府は謝罪し、1050万ドルの補償金を支払うことが7月4日、分かった。

 カナダ生まれのカダーさんは少年時代に、アフガニスタン人でアルカイダ組織の一員だった父に連れられアフガニスタンで爆弾作り要員にされ、アメリカとの戦闘に参加。15歳だった2002年に、アメリカ兵との銃撃戦のあとアメリカ軍に捕らえられ、手りゅう弾でアメリカ兵士1人を殺害、1人を負傷させたとして、テロリストを収容するグアンタナモベイ収容所に最年少で収容された。2010年にはアメリカ人兵士殺害を認め、戦争犯罪者として起訴された。2012年カナダに引き渡され、2015年に出所。現在はアルバータ州エドモントンで生活している。

 カナダ最高裁は2010年に、当時子供だった容疑者のカダーさんに対するカナダ政府の対応は人権侵害に当たるとの判断を下した。カナダ政府は諜報機関職員をグアンタナモベイ収容所に派遣し、拷問に近い尋問によって得た情報をアメリカ政府と共有したとしている。カダーさんの弁護団は、人権侵害に対してカナダ政府に2千万ドルを請求。今回の和解内容となった。

 しかし、この政府の対応に意見は二分している。擁護派は、カダーさんは少年兵として扱われるべきだったとし、10年間アメリカの収容所で虐待を受け、当時の保守党政府に助けを求めた時に拒否されたため、罪を認めるしかなかったと政府の責任を強調している。一方で保守党からは、テロリストに税金から多額の補償金を支払うのは不適切との声が上がっている。

 カナダ政府が、外国で不当な虐待を受けたカナダ人に対して補償金を支払うのは今回が初めてではない。

 

 

2017年7月6日 第27号

 建国150周年を迎えたカナダデーの7月1日、首都オタワで盛大な式典が開催された。

 記念式典で国民に向けメッセージを送ったジャスティン・トルドー首相は、世界中から人々が集まりカナダが一つの国として成功していることを強調するために、13州・準州の名前をひとつひとつ読み上げた。しかし、アルバータ州だけを読み飛ばした。トルドー首相は、式典の最中に再びステージに上がった時に、「今、少し恥ずかしい思いで、ここに上がっている。ロッキー辺りでちょっと興奮してしまった」と語った。式典が終わった後のツイートでも謝罪。ほとんどの国民は、「単なるミス」と、大げさに騒ぎ立てることはなかったが、アルバータ州では一部の州民や政治家が激しく非難した。

 建国記念日の祝賀式典で、故意に一つの州を読み飛ばすということはあり得ないが、それがアルバータ州だったことは皮肉といえる。アルバータ州は野党第一党保守党が基盤とする州で、自由党は2015年10月にその保守党から政権を奪取した。アルバータ州から見れば、政権を奪取された党の首相から読み飛ばされ気分を害したということだろう。

 これについてアルバータ州カルガリー市ナヒード・ネンシ市長は、「単純なミス。私もスピーチで間違えることはよくある」と語り、アルバータ州にはもっと大事な事案が多くあり、そんな悪意のないミスを取り上げている暇はないとトルドー首相のミスを問題視する気はないと語った。

 

 

 

今週の主な紙面
7月20日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ピアニスト・ジェイミー・パーカーが音楽祭『サマー・ミュージック・バンクーバー』で演奏…V-2
認知症と二人三脚…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
企友会・日加商工会議所ゴルフ大会…V-4
20周年を迎えたウエストポイントグレイ日本語クラス…V-16
ヨガと健康…V-22
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
The Nations Cup 2017 日系代表チームが初出場!…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月20日号 第29号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ