2018年8月2日 第31号

 日露戦争さなかの1905年、韓国沖で沈没したロシア船には金塊が残されているとの噂を利用、韓国金融市場で詐欺を働いたとして、引き揚げを計画した会社に韓国当局の捜査がおよぶ事件が、韓国で話題になっている。

 詐欺事件は別として、このロシア船の捜索の技術面では、カナダの民間潜水艦が活躍していた。

 沈没したドミトリー・ドンスコイ号には、200トンに及ぶ金塊や金貨が積み込まれていたという噂が流れていた。もしその通りなら、その現在の価値は1320億USドルに及ぶ。

 この金塊を基に資金を募り、同艦の引き揚げを計画したのが、韓国のシンイル・グループ。同グループはドンスコイ号の捜索を、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーの水中探索専門会社、ナイッテコ(Nuytco)に依頼した。

 当初ドンスコイ号の捜索には、何週間かかかるものと予想されていたが、同船は捜索初日、シンイル・グループが捜索開始に指定した場所で発見された。ナイッテコの創始者で社長のフィル・ナイッテンさんによると、現地の捜索チームからは、金塊など財宝のようなものは何も発見されていないとの報告を受けていると取材に語っている。その一方で、見つけていないだけで、金塊が存在していないことが確認されたわけではないとも付け加えている。

 シンイル・グループの新社長チェ・ヨンソクさんは7月26日、韓国ソウルで記者会見を開いたが、金塊疑惑を糾弾する世論の重圧から前社長リュ・サンミさんが辞職したことを明らかにし、またシンイル・グループは金塊が存在するかどうかの確証を得ないまま沈没船の引き揚げプロジェクトを立ち上げ、民間から資金調達していたことを認め謝罪している。

 そんなシンイル・グループだが、ドンスコイ号を発見したナイッテコ社には、捜索費用全額を支払っていた。ナイッテンさんは、もし韓国政府がシンイル・グループに引き揚げを許可することになったら、同社は間違いなくプロジェクトに参加し続けるだろうと語っていた。

 

 

2018年8月2日 第31号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府は、中国での予防接種ワクチンのリコールを受け、該当する年齢の子供のいる州内の家庭に対し、予防接種記録を確認するよう呼びかけている。

 昨年10月にリコールされたのは、ジフテリア・破傷風・百日ぜきの三種混合ワクチン。2つの製造ロットで、品質検査に不合格となった製品が発生した。このワクチンが使用されたのは、中国山東省と河北省の県立疾病管理センターと、重慶市疾病予防管理センター。このワクチンを接種しても完全には免疫ができず、再度接種する必要があるという。

 BC州疾病管理センターによると、リコールされたワクチン自身には危険性はない。しかし2歳以下の幼児を持ち、昨年3月から10月の間にこれらの地域に滞在していた人は、予防接種履歴を確認するよう呼びかけている。

 

 

2018年8月2日 第31号

 日本時間の7月30日午後3時30分過ぎ、ケベック州モントリオール空港からのエアカナダ5便が成田空港に着陸後、滑走路から誤って工事中の誘導路に侵入、未舗装部分で車輪が埋まり動けなくなった。201人の乗客と乗組員11人にはけがはなかった。

 機体の尾部がまだ滑走路に突き出た状態で立ち往生したため、この滑走路も閉鎖となった。この影響で同空港を発着する6便がキャンセルになったほか、2便が着陸できずに他の空港へ向かうなどの影響が出た。同機がけん引されてターミナルに到着したのは午後9時頃で、それまで乗客は5時間ほど機内に閉じ込められたままだった。また滑走路が再開されたのは、同日夜10時過ぎになってからだった。

 

 

2018年8月2日 第31号

 オンタリオ州オタワ市で7月19日、朝のラッシュ時の高速道路にヘラジカが迷い込んだ。

 このヘラジカが最初に目撃されたのは、高速417号線の東へ向かう車線上で、午前6時30分頃のことだった。最初は2車線を通行可能にしたまま、警察と州の係官が車両を使いヘラジカが走行中の一般車と接触しないように囲い込むようにしものの、最終的には東向きの全車線を閉鎖しなければならなくなった。

 この状態は現場に州の野生動物担当係官が到着するまで続いたが、ちょうどラッシュのピーク時間に重なってしまい、大きな渋滞を引き起こした。この時の様子をとらえた画像からは、ヘラジカは右前脚にけがを負っていたのが見てとれる。

 ヘラジカに麻酔をかけた場合、その効果が表れるまでに時間がかかり、その間にシカが暴れて逃げ回って周囲に危害を加える恐れも考慮し、係官は安楽死させることを選んだ。州の森林及び自然資源省はメディアに対し、安楽死の決定は獣医とも協議した上で出されたものだったが、易しい決断ではなかったと説明している。またヘラジカの死体は、地元先住民コミュニティに寄付された。

 

 

2018年8月2日 第31号

 ケベック州モントリオール市のオリンピック・スタジアムで7月19日、自然保護団体グリーンピースのメンバーが外壁によじ登って抗議活動を行った。

 4人のメンバーらはロッククライミング用の装備とロープを身につけ、夜明けとともにスタジアムの突き出た塔の外壁を登り始めた。塔の高さは165メートルあり、当初の計画ではその最上部にトランスマウンテン・パイプライン計画に反対する横断幕を掲げる予定だったという。実際には8時40分ごろ、メンバーが約60メートルの高さまで達した段階で横断幕を広げた。そこにはジャスティン・トルドー首相に向けた『パイプライン建設を中止せよ。我々のお金を汚すな』というメッセージが書かれていた。

 警察はメンバーらの真下のエリアを封鎖するとともに、スタジアムを訪れていた観光客や従業員を退去させた。またメンバーが地上に降りた時点で、公衆に対する迷惑行為の罪で逮捕した。

 グリーンピースは、カナダ政府が同パイプラインを買い上げることは、汚染物質削減という世界に向けた公約に反するものだと批判している。

 

 

 

今週の主な紙面
8月9日号 第32号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月9日号 第32号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ