2019年2月7日 第6号

 異常寒波など冬はまだまだ続くように思えるが、すでに2月。春はすぐそこまで来ているかも知れない。そんな春の到来時期を、北米の伝統的な手法で占うグラウンドホッグ・デーが2日、カナダ各地で行われた。これは巣穴から出てきたグラウンドホッグ(ジリスの一種)の行動で、春の到来時期を占うものだが、カナダ各地の有名リス気象予報士の予報は、実際のところまちまちだった。

 そのうちの一匹、オンタリオ州ワイアートンのウィリーがこの日巣から出てきた時、天気は曇りで自分の影を見られなかった。言い伝えでは、グラウンドホッグが自分の影を見られなかった場合、「春は近い」となる。

 ワイアートンが所属するブルース半島南部地区のジャニス・ジャクソン地区長はこの日、グラウンドホッグ・デーの式典でこの「予報」を発表した。また同会場には、ダグ・フォードオンタリオ州知事も駆け付けた。

 ちなみに北米で最も予報歴が長い米ペンシルバニア州パンクサトーニーのグラウンドホッグ、フィルの予報もウィリーと同じだった。

 一方、ノバスコシア州シュベナカディのグラウンドホッグ、サムは、夜明け直後に巣穴から出てきたあと、自分の影を見てまたねぐらに戻っていった。グラウンドホッグが影を見た場合は、今までと同じような寒い冬があと6週間続くという予報になる。

 サムが住んでいる自然動物公園ではこの30年ほど、グラウンドホッグ・デーのイベントを開催している。この公園で自然解説員のチーフを務めるタビサ・コックスさんによると、約200人がサムの「予報」を見ようと、早朝の森林に集まったという。

 気候学の専門家で『ナイアガラの滝が干上がった日(The Day Niagara Falls Ran Dry)』の著者デビッド・フィリスさんによると、過去40年間のカナダ13都市での天気データからは、2月2日が晴れたか曇ったかは半々だったという。さらに、この期間のグラウンドホッグによる予報の正答率は、37パーセントだったことを指摘している。

 しかしコックスさんは、クリスマスと正月が終わり、イースターまではまだ間があるこの時期、楽しみが少ない冬に楽しめるイベントとして、この年中行事を盛り立てていくべきだと取材に話していた。

 

2019年2月7日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア州メトロバンクーバーのサレー市で1月30日、公共交通機関のスカイトレインの駅のプラットホームで警察官が撃たれ、重傷を負った。

 事件が起こったのはエキスポ・ラインのスコットロード駅で、午後4時ごろのことだった。メトロバンクーバー交通警察のジョッシュ・ハームス巡査(27歳)が男性に近づいたところ、男は突然銃を取り出しハームス巡査に向けて発砲した。同巡査は重傷を負い病院に搬送されたが、命に別状はないとのことで、同日遅くには退院した。今後専門医と、けがの治療方法について相談がなされる予定。

 同市ダグ・マッカラム市長は、ハームス巡査が退院できたことを聞き安心した、一日も早い完治を祈っているとのコメントを発表している。また今回のような事件で、警察官が常に危険と隣り合わせでコミュニティの安全のために勤務していることを、あらためて認識させられたと付け加えている。

 駅構内の防犯カメラに写った映像から、犯人は2010年に殺人事件を起こしていたデオン・グラスゴー容疑者(35歳)であると特定された。警察の大掛かりな捜査の末、グラスゴー容疑者は3日早朝、バーナビー市内のアパートで逮捕された。4世帯が入居していたアパートの他の住人は事前に避難させられ、またグラスゴー容疑者逮捕の際には3人が一時身柄を拘束されたものの、その後釈放されている。

 グラスゴー容疑者は2010年、今回の事件現場から2〜300メートルしか離れていないファーストフード店のトイレで、約5オンスの麻薬(ハッシシ)売買の価格をめぐって争いとなった挙句に相手を射殺し、逮捕されている。この件で2011年に9年の禁固刑と生涯武器の所持を禁止された同容疑者だったが、この時は犯した罪や被害者の残された家族に対する態度が真摯であると見なされ、更正の可能性があると判断されていた。

 しかし同容疑者はそれまでも、2005年には麻薬取締法違反で告訴されていたほか、2006年には武器の不法所持、2008年には売買目的の麻薬所持の罪で、さらに2009年には5千ドルを超える盗みでも告訴されていた。

 

2019年1月31日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーで拘束された中国通信大手ファーウェイ(華為技術)の副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏をめぐってカナダと中国の関係が緊張する中で、ジャスティン・トルドー首相はジョン・マッカラム駐中国大使を解任したことを26日、明らかにした。

 マッカラム前駐中国大使は23日にオンタリオ州マークハムで中国語系メディアへの記者会見を開き、孟氏のアメリカへの身柄引き渡しに対する持論を展開した。その中で、この件に関してトランプ大統領が政治的な関与を示唆していること、カナダがイランに対してアメリカと同様の制裁措置は導入していないことなどを挙げ、孟氏側にアメリカに引き渡されない強い論拠があるとの見方を示した。

 この発言がカナダのメディアで放映されると野党から強い反発があった。保守党アンドリュー・シェア党首は「マッカラム駐中国大使を解任するべき」と主張していた。

 しかし、トルドー首相はこの時点では、容易に大使を解任するのは中国に拘束されているカナダ人の解放に向け最善策ではないと語り「カナダでは政治から独立した司法が法に則って決定する。それは孟氏でも、アメリカ人でも、カナダ国民でも同じだ」と語り、マッカラム前駐中国大使の発言については直接の言及を避けた。

 24日には自身の発言は失言だったとマッカラム前駐中国大使が謝罪。しかし25日、訪問中のバンクーバーで同前大使はトロントスター紙の質問に答え、アメリカが引き渡し要求を取り下げるとカナダにとって好都合と語ったと報じられた。そして同日に、トルドー首相がマッカラム氏に駐中国大使を辞任するよう要請し、同氏が応じたと26日の声明で発表した。

 マッカラム前駐中国大使は自由党連邦議員を18年務めた後、トルドー首相に任命され2017年3月に前駐中国大使に就任した。議員時代は移民相などの閣僚を務め、ベテラン議員として若いトルドー政権を支えていた。

 クリスティア・フリーランド外相は次期駐中国大使について人選を慎重に行うと語った。

 29日には孟副会長がBC州最高裁判所に出廷した。この日、保釈条件の変更が認められ、副会長のアメリカへの身柄引き渡しに関する審理を3月6日と設定した。前日にはアメリカ司法省がファーウェイと孟副会長などを連邦大陪審が起訴したと発表している。

 27日には一部メディアがマカオでカナダ人男性が詐欺の疑いで拘束されたと伝えた。

 

2019年1月31日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州ナナイモ選挙区でのBC州補欠選挙(1月30日実施)で、自由党が支持率でリードしていることが分かった。

 メインストリート・リサーチが28日に発表した世論調査によると、自由党に投票すると回答したのが44・7パーセント、新民主党(NDP)32・2パーセント、グリーン党13・7パーセント、BC保守党7パーセントだった。

 自由党候補のトニー・ハリス氏を支持すると回答したのは43・5パーセント、NDP候補シーラ・マルコムソン氏の支持は35パーセントで、候補者でも自由党がNDPを上回った。

 選挙は自由党とNDPの一騎打ちとみられている。現在、BC州議会は、NDPとグリーン党の協力体制政権で43議席、野党自由党が42議席。自由党が今回の選挙で勝利すると、与野党の議席が43議席で同数となる。そうなれば、2021年の選挙を待たずに前倒しで選挙が実施される可能性が高くなるとみられている。

 ナナイモ選挙区は2017年の選挙ではNDPレオナルド・クロッグ氏が当選した。しかし2018年10月に実施されたBC州地方選挙で同氏がナナイモ市長選に出馬し当選したため、今回の補欠選挙となった。この選挙区は長くNDPが確保してきた選挙区でもある。ナナイモ市があるバンクーバー島南部はNDPが強く、自由党は極めて少ない。そのため、自由党は次の選挙も見据え、今回の選挙にかなり力を入れているといわれている。

 グリーン党の候補は、クロッグ市長の娘で元教師のミッシェル・ネイ氏。グリーン党が候補者を擁立することでNDPと票が割れるのではないかとの懸念があったが、グリーン党アンドリュー・ウィーバー党首はその懸念はない、グリーン党の主張を通すと語っていた。

 世論調査は、あくまでも事前調査で実際の選挙結果と異なることもあるとNDPジョン・ホーガン州首相は語った。

 

2019年1月31日 第5号

 今春に実施が予定されているアルバータ州議会選挙に注目が集まる中、野党連合保守党(UCP)と与党新民主党(NDP)の差が縮まっていることが分かった。

 現在、支持率でリードしているのはUCPで48パーセント。NDPは25・1パーセントだった。党首ではUCPジェイソン・ケニー党首を評価するが39・7パーセントで前回調査の45パーセントから下落。NDPレイチェル・ノッテリー州首相を評価するは36・9パーセントで前回の31パーセントから上昇し、ケニー党首とほぼ同じとなった。

 その他では、アルバータ党6・1パーセント、自由党4・9パーセントで、その後にグリーン党を含む3党が続いた。まだどの党に投票するか決めていないは10・8パーセントだった。

 アルバータ州は保守系が強い州として知られている。天然資源産業との結びつきも強く、長く進歩保守党などの保守系が政権を担ってきたが、2015年の選挙でNDPに政権を譲るという快挙が起きた。その後、保守系2党が統合し連合保守党が誕生した。

 NDP政権は連邦自由党政権と歩調を合わせ、気候変動対策として炭素税の導入を決め、環境対策のためにアルバータ州も痛みを伴う改革を行うと推進してきた。2016年には連邦自由党政権がトランスマウンテン・パイプライン拡張工事計画を承認。NDPにとって追い風となっていたが、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府や先住民族、環境活動家などの反対が強く、裁判所によって同パイプライン計画が工事の一時停止を余儀なくされるとNDPへの風当たりが強くなった。ノッテリー州首相は、ジャスティン・トルドー首相にパイプライン工事再開に向けての措置を取るように訴えているが、トルドー首相はパイプライン建設そのものは進めると主張しているものの、裁判所の決定に従い手続きを進めると語っている。

 UCPケニー党首は元連邦保守党政権閣僚経験者。知名度も高く、連邦保守党へのパイプも太い。NDP政権の炭素税導入と連邦政府への弱腰政策がアルバータ州の主要産業を衰退させていると批判を繰り返している。

 選挙は今年の5月中に実施される。

 

 

今週の主な紙面
2月14日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
盛岡の完熟りんごがカナダに初上陸…V-2
若手日系人調査(Global…Youth Nikkei…Research…Project)…V-5
MOVIES TIME OUT…V-11
Noriko Jazz Band 本格始動!…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは2月14日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ