2017年5月18日 第20号

 アルバータ州レイチェル・ノッテリー州首相はブリティッシュ・コロンビア州の選挙結果でグリーン党がカギを握ることに強い警戒感を示している。16日に記者会見でノッテリー州首相は、一つの州が国全体の経済を左右する政策には賛成できないと語った。

 今月9日に実施されたBC州選挙の結果、自由党が43議席、新民主党(NDP)41議席、グリーン党3議席で、少数派政権になる可能性が高くなっている。最終的な集計結果は今月24日以降に発表されるが、もし少数派政権となれば、カギを握るのはグリーン党となる。

 グリーン党の選挙公約に、州民が購入可能な住宅提供、選挙制度改革、献金制度改革、教育制度の見直し、無料デイケアの提供、富裕層への所得税と法人税の引き上げ、そして、キンダーモーガン・パイプライン拡張計画の停止、シェールガス開発、サイトCダム反対を掲げている。

 グリーン党アンドリュー・ウィーバー党首は、これまでのところ記者会見で、政策ごとに他党と協力していくことを強調している。自由党か、新民主党か、どちらかと連立を組むことは今のところないとみられている。

 そしてNDPもキンダーモーガン計画の白紙撤回を選挙公約にあげている。NDPとグリーンが組めば、パイプライン計画の見通しは不透明なものになる。

 これについて、BC州選挙終了直後に選挙結果について聞かれたジャスティン・トルドー首相は、当選者への祝辞を述べたが、パイプライン計画の影響については言及を避けた。ひとまず静観視するとみられる。

 パイプライン計画については、すでに連邦政府、BC州政府が承認。早ければ今年9月にも着工が予定されている。ただ、環境活動家や先住民族だけでなく、周辺関係者の反対もいまだに根強い。選挙結果がそれを裏付ける形となった。

 少数派政権となれば、クラーク自由党政権はグリーン党の協力なくして、法案成立はあり得ない。自由党は今年2月に発表した予算案を、グリーン党に配慮した内容に再編する必要に迫られている。

 今後、自由党がどのような予算編成とするのか、グリーン党がどのような動きに出るのか、BC州だけでなく、アルバータ州政府、連邦政府、天然資源産業全体が注目している。

 

 

2017年5月18日 第20号

 連邦保守党ローナ・アンブローズ暫定党首が16日、政界引退を発表した。引退後はアメリカにあるシンクタンク、ウィルソン・センターズ・カナダ・インスティチュートのワシントンDC事務所で、米加貿易問題に取り組むことが決まっている。

 保守党は2015年総選挙で議席を大幅に減らし、自由党に政権の座を譲った。その責任を取り、スティーブン・ハーパー首相が党首を辞任。現在は13候補による激しい党首選が繰り広げられている。

 アンブローズ暫定党首は、ハーパー党首の辞任後に党員投票で、正式な次期党首が決定するまでの暫定党首に就任した。それから18カ月間、惨敗した党の立て直しに尽力。それまでの保守党カラーを脱却する方針を次々と打ち出した。特にライフワークでもある女性問題については積極的で、自由党と協力し、女性の権利や先住民族女性に対する虐待問題などに取り組んだ。現在国連が制定している10月11日を国際ガールズ・デーとする決議にも尽力した。またそれまで保守党の方針だった同性愛婚反対を撤廃。保守党の政策に共感する人は誰でも党員資格があると方針転換した。

 この日は国会では、自由党ジャスティン・トルドー首相と新民主党(NDP)トーマス・マルケア党首からアンブローズ暫定党首へ言葉が贈られた。両者とも、いつも意見が一致したとは言えないが、党を越えて常に公平で、政治に真摯に向き合う姿は全ての国会議員が尊敬していたと語った。

 アンブローズ暫定党首は、2004年の選挙で、アルバータ州エドモントンから初当選。2006年保守党が政権を取った時には、史上最年少閣僚として環境大臣に就任した。以後、保守党政権では重要閣僚を歴任。暫定党首という形でひとまず政界を引退する。

 アンブローズ暫定党首は、「とても有意義な政治家人生だった」と13年を振り返り、あとに続く党首にバトンを渡した。国会が夏の休会に入るまで議員は務める。

 新党首は5月27日の党大会で決定する。

 

 

2017年5月18日 第20号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーでの、夏の風物詩ともいえるナイトマー ケットが、今年も始まった。

 カナダラインのブリッジポート駅から徒歩でアクセスできる、リッチモンド・ナイト・マー ケットは12 日にオープン。200 を超える小売りブースのほか、軒を並べるフード・ブー スが提供するメニューは総計500 種類に及ぶと、同マーケットのウェブサイトでは宣伝 している。

 そのほか、今年は機械仕掛けで動く18 体の恐竜を展示したマジカル・ディノ・パークや、 バンパーカーなどの子供向けアトラクションも充実。

 入場料は3.75ドル(10 歳未満の子供と、60 歳を超えるシニアは無料)。また入場券 7枚つづりのズーム・パスは25ドル。営業時間は、金曜日と土曜日の午後7時〜深夜零 時まで。日曜日と祝日が午後7時〜午後11 時。

 開催期間は10 月9日まで。駐車場も隣接しているが、夏のピーク時期には、会場に アクセスするブリッジポート通りまで長蛇の渋滞が生じるので、カナダラインの利用が 望ましい。

 また同じリッチモンド市で開催されてきたパンダ・マーケット(それ以前の名称はイ ンターナショナル・サマー・ナイト・マーケットだった)は、今年はイルミネーション・ サマー・ナイト・マーケットと改称、5日にオープンしている。場所は以前と同じ、バンクー バー市とリッチモンド市を結ぶナイトブリッジのすぐそば。名前の示す通り、イルミネー ションによるエンターテイメントに力を入れたマーケットとなっているが、小売りとフー ド、あわせて200 以上のブースが出店するのは以前と同じ。

 入場料は3ドル(5歳未満の子供と、65 歳超えのシニアは無料)。同マーケットのウェ ブサイトから、オンラインでも入場券を購入できる。開催時間は金曜日と土曜日は午後 7時〜深夜零時まで。日曜日は午後7時〜午後11 時までで、開催期間は9月10 日まで。

 さらにノースバンクーバー市では、バンクーバー港湾局が主催するザ・シップヤード・ ナイト・マーケットが5日から始まっている。場所は、シーバスのロンスデール・キー駅 から徒歩でアクセスできる、ウォーレス・シップヤード内シップビルダーズ・スクエア。 先のふたつのナイト・マーケットが、アジアンテイストあふれる夜市であるのに対し、こ ちらは35 台を超えるフードトラックの屋台村と、地ビールを提供するビアガーデンが中 心となる。

 入場無料。開催は9月29 日までの毎金曜日午後5時〜午後10 時。

 

 

2017年5月18日 第20号

 エアカナダのフライトに搭乗寸前だった乗客が13日、手続きの不手際から搭乗を拒否された。先に機内に入っていたガールフレンドは、そのまま目的地に到着。残された本人はさらに、別の空港で一夜を寂しく過ごす羽目になってしまった。

 この乗客は、サスカチワン州サスカツーン市在住のキンヤン・リウさん。ガールフレンドとともにマニトバ州ウィニペグ市の友人を訪問したのち、この日の便でサスカツーン市に戻るはずだった。

 ところが搭乗ゲートから飛行機に乗り込もうという段になって、リウさんの身分確認に問題があるとして、エアカナダの職員からストップをかけられた。この時点で、ガールフレンドと2人の荷物はすでに機内に。しばらくして身分確認は問題ないことが確認できたのだが、今度は飛行機がすでに満席になり、リウさんは搭乗できないと告げられた。

 職員はリウさんに対し、サスカツーンに戻るには、これからアルバータ州カルガリー行きの便に乗り、翌日のサスカツーン行きを利用するしかないと告げた。ウィニペグからサスカツーンを通り越し、ほぼ倍の距離を飛んでカルガリーに到着したリウさんは、そこで一人でホテルに宿泊。

 この事態に対し、エアカナダはホテル代を払うことも、最初のフライトから降ろされたことに対する補償も何もしなかった。この「人生で最悪の経験」をさせられたリウさんは、自分はすっかり混乱してしまい、落ち込んでしまったと、カルガリーのホテルから電話でメディアに訴えた。精神的なダメージに対する補償を、エアカナダに求めているという。

 カナダ交通省は、搭乗を拒否した乗客に対して航空会社は、200ドル〜800ドルの現金を補償するよう求めている。しかし今回の場合、搭乗拒否に対する補償はないだろうとリウさん。エアカナダは乗客に対し、空港には90分前に到着するよう求めているのに対し、彼がウィニペグ空港についたのは60分前だったからだ。

 リウさんはエアカナダとのツイッター上での会話を、メディアを通じて公開している。それによると、航空会社もカップルが同じ便に乗れるように便宜を図ろうとしなかったことは、異常だと認めており、社内調査の開始を示唆していた。

 またエアカナダは14日にコメントを発表し、リウさんからの苦情を真摯に受け止める姿勢を示したが、補償が行われるかどうかには言及しなかった。

 

 

2017年5月18日 第20号

 オンタリオ州ジャグミート・シン議員が15日、連邦新民主党(NDP)党首選への出馬を表明した。現在、オンタリオNDP副党首、インド系カナダ人で元弁護士。英語、フランス語、パンジャブ語を話し、派手なターバンと高級スーツがトレードマークの38歳。もし党首に決まれば、初の非白人系連邦党首の誕生となる。同議員の党首選出馬はすでに予想されていた。

 現在、NDP党首選には4人の国会議員が立候補を表明。BC州ピーター・ジュリアン議員、オンタリオ州チャーリー・アンガス議員、マニトバ州ニキー・アシュトン議員、ケベック州ガイ・キャロン議員。他にも2人が出馬を表明しているが、公式には立候補していない。

 NDPは2015年総選挙で大敗し、それまでの野党第一党から第二党に転落。昨年の党大会で、トーマス・マルケア党首の交代を投票で決定した。党首選は2月頃から本格的に始まっている。次期党首は今年10月に決定する。

 

 

 

今週の主な紙面
5月25日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
Kimono Culture着物を通して日本文化の美を紹介する企画展…V-2
老婆のひとりごと…V-3
外から見る日本語…V-5
認知症と二人三脚…V-12
バンクーバー・ホワイトキャップス…V-16
$5クッキング…V-16
オタワ便り…V-22
Saoriのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは5月25日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ