2019年6月6日 第23号

 ジャスティン・トルドー首相は6月4日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーで記者会見し、全国で多くの先住民族女性・少女が殺害され、行方不明になっている事実を「民族浄化のための大量虐殺」と表現した報告書についてカナダ政府は「受け入れる」と語った。

 トルドー自由党政権が2016年に設置した先住民族女性・少女の殺害・行方不明に関する調査委員会(MMIWG)による1200ページに及ぶ調査報告書が3日にケベック州ガティノーで発表された。

 内容は、先住民族、特に女性や少女、性的少数派(2SLGBTQQIA)を標的にした殺人・行方不明事件についての事実や改善策の提案などとなっている。先住民族はカナダの総人口の4パーセントにしか過ぎないにもかかわらず、先住民女性・少女が殺害・行方不明に巻き込まれている割合は、その他のグループと比較して約12倍、白人女性と比較すると16倍にものぼるとしている。

 この事実の要因には、ヨーロッパからの入植時代から今日まで続く「先住民族破滅」を目的とした政策が影響しているとも報告している。1700年代に起こった先住民族殺害への報奨金制度から子供に寄宿生活を強要するレジデンシャルスクール制度、独自文化継承禁止政策、さらには今日でも続く医療や経済活動へのアクセス欠如、警察の対応などが、多くの先住民族、特に女性や少女たちに大きな影響を与えているという。

 トルドー首相は3日のガティノーでの記者会見では、「大量虐殺」という言葉を使用しなかったが、4日のバンクーバーでの記者会見では報告書の内容として「大量虐殺」という言葉を政府として受け入れることを表明、ただ、記者の個人として受け入れるかとの問いには明言しなかった。トルドー首相は「使用されている単語については議論が巻き起こっているが、国家として、リーダーとして、国民として、我々に何ができるかということに焦点を当て、悲惨な状況を終わらせるための段階に入らなくてはならない」と述べた。

 今回の報告書で、先住民族の状況を「大量虐殺」と表現したことについては、賛否両論が巻き起こっている。

 

2019年6月6日 第23号

 アメリカのマイク・ペンス副大統領が5月30日に首都オタワを訪問し、ジャスティン・トルドー首相と会談した。ペンス副大統領の訪加は、昨年カナダで開催されたG7(主要7カ国首脳会議)以来。

 会談では、昨年11月にカナダ、アメリカ、メキシコの3カ国首脳によって署名された新北米自由貿易協定(アメリカ・メキシコ・カナダ協定:USMCA)の批准について確認したことをペンス副大統領が記者会見で明らかにした。USMCAは北米自由貿易協定(NAFTA)に取って代わる3カ国間の自由貿易協定となる。

 カナダは5月29日に批准手続きを開始、メキシコでも議会で手続きに入ることを30日に発表した。アメリカでは民主党が過半数を占める下院で批准に難色を示しているという。それでも、この日の記者会見でペンス副大統領はアメリカでの批准に楽観的な姿勢を見せた。

 この他にも、対中国で両国が協力するとペンス副大統領。中国で逮捕された2人のカナダ人男性の釈放に向けて努力することを確認したと語った。昨年12月にブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー国際空港で中国の通信大手ファーウェイの孟晩舟副会長兼CFO(最高財務責任者)をアメリカの要請により拘束。直後に中国でカナダ人男性2人が拘束されたため、報復措置とみられている。さらに今年になってカナダの大手キャノーラ会社の製品輸入を禁止するなど、報復とみられる措置が続いている。孟CFOは現在もバンクーバーで自宅軟禁が続いている。

 ペンス副大統領は今年6月に日本で開催されるG20(20カ国・地域首脳会合)でドナルド・トランプ大統領がカナダ人男性2人の釈放について中国の習金平国家主席と話すだろうと語った。

 

2019年6月6日 第23号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バーナビー市を6月1日に訪問したジャスティン・トルドー首相は、同日に同市で開催されていたフェスティバルに飛び入り参加し、市民を驚かせた。

 その直前にはバーナビー市マイク・ハーレイ市長と会談、トランスマウンテン・パイプライン拡張工事計画について話をしたことが分かった。ハーレイ市長が明らかにした。

 同市長は、パイプラインが完成すれば火災発生などの危険性も高まるとして、パイプライン計画が実施される前に住民の安全を担保するための話し合いが必要との認識を示したと語った。ハーレイ市長は元消防士で、市長就任後にパイプライン計画には反対の意向を示している。

 市長によると、パイプラインの最終地点であるバーナビー市の施設は、5キロメートル以内に森林や住宅がある生活地域という。市民の大多数は計画に反対している。

 トルドー首相事務所は今回のハーレイ市長との会談について、消防署の代表との面会や喫緊の住宅問題について意見を交わしたとの言及にとどめている。

 トランスマウンテン・パイプライン拡張工事計画は、アルバータ州エドモントン近郊からバーナビー市まで延びている現行のパイプラインを増加する事業で、完成すれば現在の輸送量が3倍になり、バーナビーから運ばれるタンカーの航行数は7倍になると予想されている。

 トルドー首相は2016年秋に同計画を承認。しかし2018年8月に連邦上訴裁判所が、環境への影響に関する調査不足と先住民族への説明不足を理由に、承認を無効とした。その後政府は、カナダエネルギー委員会による再調査を指示し、再承認され、今月中には工事継続についての決定をトルドー首相が発表することになっている。

 連邦政府は昨年、トランスマウンテン・パイプラインを45億ドルでキンダーモーガン社から買収している。

 

2019年6月6日 第23号

 MLS(メジャーリーグサッカー)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは5月に組まれた7試合の最終戦で31日、トロントFCと対決した。

 試合は84分にホワイトキャップスがPKのチャンスをつかみ、FWモンテロ(12)が決め1点を先取。このまま逃げ切るかに思えたが90分に途中出場したトロントFCのMFデリオン(50)が同点弾を決め、試合はそのまま引き分けた。

 それでもホワイトキャップスは4試合連続の負けなしで勝ち点を18とし、16試合を終え4勝6敗6分、西カンファレンス9位となった。

 次のホームゲームはUSオープンカップ開催によりレギュラーシーズンが一時中断するため、少し間が空き6月22日にコロラド・ラピッズとの対戦となる。

 この間にカナダではカナダ代表を決めるカナディアン・チャンピオンシップが開催される。ホワイトキャップスは3次予選ラウンドから出場。今シーズンから始まったカナディアン・プレミア・リーグのフォージFC(オンタリオ州ハミルトン)対カバリーFC(アルバータ州カルガリー)の勝者と7月に対戦する。

 

ケガから復帰し7試合ぶりの出場となったホワイトキャップスMFレイナ(#29)。5月31日トロントFC戦。(Photo by Preston Yip)

 

2019年6月6日 第23号

 ブリティッシュ・コロンビア州メトロバンクーバー地区の公共交通機関を運用するトランスリンクは5月22日、利用する経路のプランから時刻表、現在の運行状況や次の発車時刻なども画面上に表示する、新しいタイプの券売機の導入を発表した。

 約50台の券売機が導入されるのは、スカイトレインのエキスポラインとミレニアムライン、ウェストコースト・エクスプレスの駅のほか、シーバスのターミナル、およびパークアンドライドやバスターミナルにも設置される予定。

 トランスリンクが公表したイメージ写真によると、この券売機は縦1メートルほどの、超大型スマートフォンのようなディスプレイを壁に取り付けたような格好をしている。

 

 

今週の主な紙面
6月20日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系センター「七夕祭り」へ行こう!…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月20日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ