2019年1月24日 第4号

 オンタリオ州の男性が、郵便配達人が不在かどうかを確認しないまま、玄関ドアに「ご不在連絡票」をかけていく様子をとらえた動画をインターネット上で公開した。この動画は、男性の予想をはるかに超える注目を集めている。

 この男性はトロント市の北、シムコー湖の南岸に位置する人口4万5千人ほどの町ジョージナに住むクリスさん。彼は千ドル近くかけて防犯カメラシステムを設置したが、その理由の一つは誰かが在宅中にもかかわらず、いつもご不在連絡票が残されていくことにしびれを切らしたからだと、クリスさんはメディアに語っている。

 「家内は育児休暇中だし、誰かがドアをノックすれば犬が吠えるのですぐ気づく。配達を見逃すチャンスは多くないはずだ」とクリスさん。そこで防犯カメラを設置し、配達人が実際に人がいるかどうかをチェックしてからご不在連絡票を残していっているのかを確認することにした。

 そんなクリスさんの家に来た郵便配達人をとらえた動画には、1月14日午後4時5分と時刻が記録されている。家の敷地前の道路に止まった配達車から降りてきた配達人は、紙切れ一枚を握っただけで小走りで玄関先に到着、それをドアノブにかけるやいなや、きびすを返し車に戻って行った。この間、約45秒。配達人が車に乗り込む寸前、家の中から出てきた女性が「ちょっと、ドアをノックもしてないでしょ!」と声をかける。これを聞いた配達人は、誰かが家にいるとは思わなかった、すぐに小包を持ってくると応え、助手席側から中にあった小さな小包を取り、玄関先に戻ってきた。

 受け取りのサインをする女性に対し配達人は「実際のところ(受け取る人がいることが分かってから配達できたので)小包を持ったまま車に戻らずに済んで助かった」と語りかけている。しかしクリスさんにしてみれば、どうして最初から小包を持って玄関に来なかったのか、理解に苦しむ行動だ。自分は送料を払っているのに、荷物を受け取るのにこっちから郵便局に出向かなければならないのか、料金を受け取った分はきっちり仕事をしてもらわなければ困るとクリスさん。彼は、この配達人が解雇されるようなことは望まないが、こうした配達をしている郵便局員には研修が必要だと考え、また彼の仕事ぶりに抗議する意味から、この動画をインターネット上で公開した。

 ところが、その反響はクリスさんの予想をはるかに上回るものだった。動画は先週の段階で30万回以上再生された。またオンライン掲示板でも動画を公開したところ、自分も同じような体験をしたなどのコメントが何百件と寄せられた。

 メディアがカナダポストに問い合わせたところ、この件についてはフォローアップがなされ、同じようなトラブルは起きないはずだと回答している。またオンラインショッピングについて、現在では自宅での手渡し以外にも、玄関先など安全な場所にそのまま置いていってもらったり、郵便局を配達先に指定したりする選択肢も可能になっていることに言及、注文時によく確認して自分に都合のよい配達方法を選ぶよう、呼びかけている。

 

2019年1月24日 第4号

 先週末、北米東海岸を襲った寒波で離陸できなくなった旅客機の中で、乗客が16時間以上缶詰にされた。

 この旅客機は、19日夜に米ニューヨークから香港に向けて飛び立ったユナイテッド・エアラインの179便。途中で乗客に緊急医療事態が発生したため、ニューファンドランド・ラブラドール州のグースベイ空港に緊急着陸した。この乗客を降ろしたのち、再び香港へ向け離陸の準備を始めた同便だったが、客室ドアが閉まらず出発できなくなった。航空会社は、厳しい寒さのために凍り付いたことが原因ではないかとみている。

 すでに夜遅く、同空港では深夜の入出国管理を担当する係官がいなかったため、250人の乗客は飛行機から降りることができなかった。乗務員からはほとんど説明がなかった上、外気温は氷点下30度近くまで下がり客室内はきわめて居心地が悪くなった。同便に乗り合わせていた、中国で開催されるイベントに向かっていたプロレスラーのソンジェイ・ダットさんは「寒さと疲労、空腹」と表現、この仕事で20年以上毎週のように世界を飛び回っているが、こんなひどい状況にはいまだかつて出合ったことがないと語っていた。

 積み込まれていた食料は底をつきかけてきたが、閉じ込められて10時間ほどたった頃、ティムホートンズから食料が届けられた。

 ドアを修理するための整備員が到着したのは、20日の午前も遅くなってからだった。さらに修理には時間がかかることが明らかになり、乗客はニューヨーク空港に戻るために用意された飛行機に移された。航空会社はこの状況に対し、できるだけのことをしたと説明しているが、ダットさんから見ると、航空会社は誠実かつもっと頻繁に乗客とコミュニケーションを取るべきだったのに、そうだったとは思えないと取材に語っている。

 

2019年1月24日 第4号

 アイスホッケーのコーチとして中国・北京に滞在していたブリティッシュ・コロンビア州ビクトリアのジャスティン・アイザックさん(28歳)は、昨年12月に交通事故に遭った際に身も凍る体験をしたと、帰国後取材に語っている。

 同州バンクーバー島南部の都市シドニーのジュニア・ホッケーチーム、ペニンシュラ・パンサーズの元選手かつアシスタント・コーチだったアイザックさんは昨年2月、北京凱文学校(Kaiwen Sports Academy)の若い生徒らにアイスホッケーを教えるため、北京に赴いた。

 しかし先月6日、北京市内で横断歩道を渡っていた時に車にはねられた。体のあちこちに打ち身や擦り傷を負ったアイザックさんはさらに、片足を骨折。骨は皮膚を突き破り激しく出血していた。しかし通行人は見て見ぬふり、誰も手を差し出そうとはしなかったし、道路は相変わらず車が往来し続けていた。

 しばらくしてオーストラリア人など何人かの旅行者がアイザックさんを歩道に移動させ、救急車を呼んだ。しかしその到着に90分近くかかり、また救急隊員はアイザックさんを助けようとはせず、まずパスポートの提示と支払いを要求するばかりだった。結局アイザックさんは友人の携帯電話で勤務先に電話、救急隊員と話をつけてもらうしかなかった。

 最初の手術後、目が覚めると警察官が病室内で待機しており、この事故ではアイザックさんに50パーセントの過失があることを認める必要があると申し渡した。同じころ、アイザックさんの地元ビクトリア市では、友人が中心となり彼の帰国費用を捻出するためのオンライン寄付活動が始まった。また、この件は地元メディアも取り上げ、氷点下の中で負傷したまま90分以上も放置されたほか、中国警察がアイザックさんの雇用主に対し、アイザックさんの事故に関する供述の改ざんを要求していたことを明らかにした。その理由は、アイザックさんの供述どおりでは、中国の印象が悪くなるからというものだった。

 一方、北京の病院でこの状況に孤立無援の状態で立ち向かっていたアイザックさんは、とにかく言われるまま供述を変更していた。そうする以外、中国から出国するすべがなかったからだ。彼は自分が50パーセントの過失を認めるとした供述書を病室で雇用主に見せ、これで中国から出られるかと問いただしたものの、明確な答えは得られなかった。

 雇用主の態度も、手のひらを返すように豹変した。事故以前はアイザックさんを夕食に招待したり観光ツアーを用意したりと、よく面倒を見てくれていた。しかし病院では、彼らが払った朝食代を、自分が払い戻すことを確約する念書に署名させられた。

 今まで国外に出たことのなかったアイザックさんの母親も、北京に飛んだ。空港から直接病室に向かった母親は、そこにいた2日間は人生最悪の経験だったと、帰国後メディアに語っている。彼らは中国から出国できないかもしれないと、脅された。

 最終的にはアイザックさんの雇用主が病室を訪れ、出国が可能になったと告げた。彼らは先月17日、中国を後にした。その翌日、アイザックさんは2度目の手術を受けた。窮地に置かれながらも、威厳と忍耐をもって自力で切り抜けた息子を誇りに思うと、アイザックさんの母親は目に涙を浮かべながら取材に応じていた。

 

2019年1月24日 第4号

 デモグラフィア・インターナショナル・ハウジング・アフォーダビリティ・サーベイで、世界で最も住宅購入が困難な都市第2位にバンクーバーが選ばれた。

 フロンティア・センター・フォ・パブリック・ポリシーが実施した中間所得層の住宅購入の可能性に関するこの報告書は今年で15回目。オーストラリア、カナダ、中国(香港)、アイルランド、ニュージーランド、シンガポール、イギリス、アメリカの8カ国309都市を対象に調査。2018年は第3四半期に実施された。

 その結果、中間所得層にとって住宅購入が最も困難な都市は今年も香港、2位にバンクーバーが入った。調査結果の中でバンクーバーについては、ブリティッシュ・コロンビア州で導入された海外購入者税が住宅価格をやや落ち着かせているものの、高級住宅に限った現象で、中間層を対象にした住宅市場について状況は悪化していると解説している。カナダの他の都市ではトロントが10位に入った。

 トップ10は次の通り。1位香港(中国)、2位バンクーバー(カナダ)、3位シドニー(オーストラリア)、4位メルボルン(オーストラリア)、5位サンノゼ(アメリカ)、6位ロサンゼルス(アメリカ)、7位オークランド(ニュージーランド)、8位サンフランシスコ(アメリカ)、9位ホノルル(アメリカ)、10位トロント(カナダ)、ロンドン(イギリス)

 

2019年1月17日 第3号

 ジャスティン・トルドー首相は14日、中国の裁判所がカナダ人の被告に対して死刑判決を言い渡したのは「恣意的だ」と記者会見で批判した。

 中国遼寧省大連市の中級人民法院が14日(現地時間)、中国で麻薬密輸罪に問われたカナダ人男性ロバート・ロイド・シェレンバーグ被告の差し戻し審で死刑を言い渡した件についてトルドー首相が記者会見で言及した。

 トルドー首相は「中国が今回カナダ人に対して恣意的に死刑の適用を選んだことは、カナダにとって国際社会全体にとって重要な懸念だ」と語った。

 シェレンバーグ被告は15年の有罪判決を受けていたが、不当に軽いとして差し戻されていた。カナダのメディアはこの件について大きく扱い、中国に詳しい専門家の意見として裁判が終了して判決が言い渡されるまで約1時間と異常に早い判決と紹介している。さらに、シェレンバーグ被告の最初の裁判は全く注目されていなかったが、今回の裁判は外国メディアに公開していることも注目される事実の一つという元在中国カナダ大使の言葉を紹介している。

 シェレンバーグ被告は2014年12月3日に麻薬密輸の罪で逮捕され、約4年後の昨秋に15年の判決を受けた。しかし12月29日に差し戻し審が決定した。シェレンバーグ被告の弁護士は控訴すると語っている。

 多くのメディアでは、アメリカの要請によって中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が先月カナダ・バンクーバーで逮捕された件に関連しているとの見方を示している。中国では孟氏の逮捕後にカナダ国籍の男性2人が身柄を拘束されている。

 今回の件を受けカナダ外務省は14日深夜、「現地の法律が恣意的に運用される恐れがある」と中国へ渡航するカナダ国民への注意喚起情報を更新した。

 トルドー首相の「恣意的」発言に対して中国政府は15日(現地時間)外務省の定例会見で、中国の主権を尊重し、こうした発言を止めるようカナダに要請した。さらにカナダ外務省の中国渡航に関する注意喚起に対抗して、中国国民にカナダ渡航への注意を呼びかけた。

 

 

今週の主な紙面
2月14日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
盛岡の完熟りんごがカナダに初上陸…V-2
若手日系人調査(Global…Youth Nikkei…Research…Project)…V-5
MOVIES TIME OUT…V-11
Noriko Jazz Band 本格始動!…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは2月14日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ