2018年9月20日 第38号

 アルバータ州エドモントンに住むベン・ケリールークさんとマリリンさん夫婦は、5月5日に同州レッドディアの南で起こったオートバイ事故で、息子夫婦を失った。この息子夫婦には、3歳になるリアム君と6歳のアリエールちゃんがいたが、事故当時はケリールークさん夫妻のもとに預けられており、難を逃れた。

 以来ケリールーク夫妻は、この2人の孫の世話をしてきたが、再び子育てをするとは思っていなかった老夫婦にとって、予定外の出費が家計を圧迫することとなった。2人の孫は高額な補聴器が必要なほか、リアム君にはスピーチセラピーも必要だった。

 そうした費用をまかなうため、ケリールーク夫妻は息子夫婦が大切に保管していたクラシックカー、1973年型ポンティアック・パリジェンヌを売却することにした。ケリールークさんの息子はこの車を、リアム君が18歳になったら譲るつもりだったという。

 「孫たちは車庫の中で、この車を整備していた父親と長い時間を過ごしていた。孫にとっては多くの思い出がつまった特別な車だった」と、断腸の思いで売却を決意した経緯を取材に語るケリールークさん。

 車は8日、オークションに出された。オークション会社の共同オーナーの一人リンゼイ・ペインさんは、ケリールークさんと孫のリアム君のために、できるだけのことをするつもりでいた。この車のせりが始まる前に、会場ではこの車を手放さなければならなかったケリールークさんの事情が説明された。せりが開始されると、この車は2万9千ドルで落札された。そしてその直後、購入者は車を寄付、再びオークションにかけられた。このあとさらに2回、同じことが繰り返され、合計で10万ドル近い売上がケリールークさんのもとに集まった。さらに、最後の購入者も車を寄付したため、車もケリールークさんのもとに戻ってきた。

 「オークションが始まってからの出来事に、信じられない思いだった」とケリールークさん。オークション会社のペインさんも、この予想外の展開に感動、会場全体がもらい泣きするのを目の当たりにしたと語っている。

 「こんな素晴らしいことを起こした車を、もう売ることなどできない」とケリールークさんは話していた。

 

 

2018年9月20日 第38号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーで7日、かつら専門店から150個以上のかつらが盗まれたが、13日にその一部が警察によって回収された。

 盗難事件が発生したのは、同市ウエスト・ブロードウェイにあるエバかつら店。早朝に何者かが店内に侵入、本物の人の髪から作られたかつらを盗んでいった。そのうちの多くが、BC州小児専門病院のがん患者の子供たち向けだった。

 そんな中、13日夕方になって同市イーストサイドのホテルで大量のかつらが見つかったと、バンクーバー市警察に通報があった。発見者は、その一週間前に起きた盗難事件をニュースで知っており、発見と同時に警察に連絡を入れたという。警察が回収したかつらは66個。同市警察は引き続き残りのかつらと、盗んだ犯人の行方を追っている。

 一方エバかつら店では、子供たちが学校に戻るタイミングまでに間に合うよう、盗まれた分のかつらの再製作に追われている。またこのニュースを知った多くの人から、髪の毛の寄付の申し出が後を絶たないと、同店では話している。なお、これから髪の毛の寄付を考えている人のために、同店ではその際の注意事項をウェブサイトで紹介している(『Eva&Co』、『wigs』、『donation』で検索)。

 

 

2018年9月20日 第38号

 ブリティッシュ・コロンビア州とバンクーバー市が協力してバンクーバーのチャイナタウンをユネスコ世界遺産へ登録する働きかけをすることで17日提携した。

 BC州政府ジョン・ホーガン州首相とバンクーバー市グレゴール・ロバートソン市長は同日、チャイナタウンの中国文化センターで覚書に署名。登録に向けて努力することを約束した。

 ホーガン州首相は声明で「バンクーバーのチャイナタウンは、中国系コミュニティが代々受け継いできた、復活と決断と勇気を示す象徴であり、中国系コミュニティはBC州の発展に貢献してきた」と発表。さらに「将来のBC州民のためにもその遺産を称え、保護するために活動していく」と語った。

 世界遺産登録への価値として、バンクーバーのチャイナタウンは、中国系移民が受けてきた人種差別や直面してきた困難を教訓として現代に思い起こさせる世界遺産となるだろうとBC州政府は説明している。

 BC州では現在2カ所、ハイダグアイにある村スカン・グアイ(文化遺産)とアルバータ州とにまたがるカナディアン・ロッキー山脈自然公園群(自然遺産)が登録されている。

 世界遺産への登録は連邦政府が公式に支援を宣言しなければならない。BC州と市はこれから働きかけをすることになる。

 

 

2018年9月13日 第37号

 カナダの郵便局カナダポストの労働組合CUPWは11日、交渉が決裂した場合にストライキを実施することを賛成多数で承認した。

 CUPWは労働協約で昨年から労働相との交渉が続いている。もし9月26日までに協約で合意に至らなかった場合は、労働組合のストライキ、もしくは施設封鎖が実行される可能性がある。

 パトリシア・ハイデュ労働相広報官は、ハイデュ労働相が調整役を任命して交渉を続けていると声明を発表している。

 CUPWは協約合意の条件に、時給の引き上げ、福利厚生の改善を含めているが、政府からの回答は承認できるものではないと発表している。

 さらに組合は従業員に直接かかわるもの以外として、カナダポストのサービス範囲拡大も要求している。金融サービス、生鮮食品デリバリーサービス、環境に優しい車両の導入などが含まれている。

 カナダポストが前回施設封鎖を実行したのは2011年。その時は保守党政権によって国会での可決により強制的に職場復帰が行われた。2016年にもストライキの可能性があったが、直前で合意に至り回避された。

 

 

2018年9月13日 第37号

 来年に迫った連邦総選挙に向け、各党が準備を始めた。自由党は12日からサスカチワン州サスカトゥーンで、新民主党(NDP)は11日からブリティッシュ・コロンビア州サレーでの党大会開催に向け準備をしている。

 2015年に大勝した自由党は政権を担って約3年、当時には考えられなかった難題が襲いかかっている。現在アメリカとの交渉が続いている北米自由貿易協定(NAFTA)は、クリスティア・フリーランド外相がワシントンDC入りして合意に向けた話し合いが行われているが、今月末が期限と厳しい状況が続いている。さらに2016年に承認したトランスマウンテン・パイプライン拡張工事については、今月上訴裁判所の判決で政府承認が無効化された。パイプライン承認は環境対策と一対だったため、炭素税の全国一斉導入にも暗雲が立ち込めている。他にもマリファナの合法化、銃規制など、早急な対策が望まれる課題が多いが前に進めていないのが現状。これらをどのように来年の選挙に向け国民に訴えるかが話し合われる見通し。

 NDPは昨年就任したジャグミード・シング党首の下で来年の選挙を戦うが、すでにベテラン議員が多く引退を表明し、シング党首自身は選挙区を持たないなど準備する状況すら整っていない。NDPはパイプライン反対などの環境問題、全国的な健康保険制度導入や薬代を含めた保険制度などを提案しているが、これから党として国民にこうした政策をどう訴えていくのか、課題は多い。

 シング党首はBC州バーナビーの選挙区で実施される予定の補欠選挙に立候補を表明していて、今後の動きが注目される。

 

 

 

今週の主な紙面
10月11日号 第41号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
新報独占インタビュー『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一監督と女優の橋本愛さん …V-11
思い切り楽しみたい!バンクーバーのハロウィン…V-11~12
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月11日号 第41号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ