2018年1月25日 第4号

 ニューファンドランド・ラブラドール州で昨年末から販売されていた、ひげ面で上半身裸の男性陣が、人魚を模した『尻尾』をはいてポーズをとったカレンダーの売り上げが大好評だった。

 同州のセントジョン市で昨年1月に設立された、ヒゲ愛好家団体ニューファンドランド・ラブラドール・ベアード・アンド・マスタッシュ・クラブが作製したこのカレンダー、地元で乗馬や馬の世話を通して子供や大人のセラピーなどを行っている、スピリット・ホースNLへの寄付金集めとして販売されていた。そして同愛好会は13日、このセラピー団体に30万ドルの小切手を手渡した。

 ひげを愛でるとともに、地元の慈善事業にも積極的に参加することを目的としている同愛好会のオーガナイザー、ハサン・ハイさんは当日のイベントで、『男らしさ』のより広い解釈と敷居を下げることが、このカレンダーの目的だったと語っている。「上半身裸になり、人魚の格好をするというのは、自分たちにとって冒険だった。自分たちを物理的にも精神的にも無防備な格好でさらけ出しつつ、それでも問題はないんだということを、世界に発信することができた」とハイさん。

 ちなみにハイさん自身、これはおバカな企画だったと認めているが、アイデアから出版まで2カ月弱という手際の良さで、最終的には世界的な評価を得る作品となった。

 

 

2018年1月25日 第4号

 台数限定販売の高級スポーツカーを運転中に、ハンドル操作を誤り自損事故を起こした女性が、事故後の処理で様々なダメージを受けたとして、この車を売った販売店と修理業者を訴えている。

 この女性は、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド在住のジェシカ・リウさん。2015年12月に、20万ドルで購入した高級車アストン・マーティンDB9の 限 定 モデルを、ほぼ購入直後(走行距離は数キロメートル)に自宅そばの大きな石にぶつけ、車の右前面を大破した。

 彼女はベーシックな自動車保険にしか加入していなかった。この高級車の修理費は13万5千ドルに上ったが、これは過剰請求だとして支払いを拒否しているため、車は彼女のもとには返されていない。

 そんな彼女は昨年末、販売店と修理工場は自分の英語能力のなさにつけ込み、財力をあてこんで共謀して契約違反をはたらいたとして、BC州最高裁判所に訴えを起こした。訴状によると、被告の共謀により原告は以下のような個人的傷害を被ったという。

うつ症状及び恐怖心
パニック症候群記憶のフラッシュバック
一時的な、自殺したくなるほどの精神的落ち込み
体重減少
睡眠障害
自尊心の低下
感情表現にかかわる問題
恥辱の感覚
他人を信頼することへの困難
他人と親密な関係を構築する能力の損失

 リウさんは一般損害として『苦痛、苦悩、人生への楽しみの損失、肉体的および精神的不全』に対する補償を請求。さらに特別損害として、カナダと中国の間を行き来した航空運賃代の補償も請求、その額は合わせて30万ドルとなっている。

 さらにリウさんは、昨年9月にはアストン・マーティンの英国本社からの修理費3割値引きの申し出を受け入れたものの、被告らはその合意を反故にしたとも主張している。

 販売店と修理工場はそれぞれ、リウさんの主張を(修理費値引きの件も含め)すべて事実無根だとして否定する答弁書を裁判所に提出している。また修理工場側は、修理代のうち8万5千ドルが未払いであることも主張し、リウさんの訴えは中傷的で軽率であり、裁判の乱用だと非難している。

 さらに販売店と修理工場は、リウさんが両者を中傷していると逆裁判を起こしている。販売店の反訴によると、リウさんは中国語SNSウィチャット(微信)で、同店(MCLモーター・カーズ)は『馬肉をビーフステーキだと言って売る嘘つきで、人を騙すうさんくさい店』などと書き込んでいたという。またこうした書き込みは、バンクーバーが拠点のふたつのSNSウェブサイトにも投稿されていた。

 

 

2018年1月25日 第4号

 オンタリオ州トロントで15日、下校のため迎えに来た父親と共に車にはさまれた5歳の少女が、搬送先の病院で死亡した。少女は3歳の時にがんと診断され、腎臓に見つかった腫瘍を切除、現在は回復しつつあった。

 事故が起こったのは同市ノースヨーク地区の聖ラファエル・カトリック学校。午後3時20分ごろ、迎えに来た父親と共にベンツのSUVに乗り込もうとしていたカミラ・デ・アルメディア・トルカトちゃんに、道の反対側から現代自動車のSUV、サンタフェが近づき、二人をベンツとの間に挟む形で衝突した。

 この時、サンタフェには誰も乗っていなかったという。ドライバーの女性は、サンタフェを道路脇に止めた後、自分の子供を迎えるため、道路を横断して学校内へ入っていったところだった。サンタフェがきちんと駐車されていなかったのか、機械的なトラブルで動き始めたのかについては、警察が車を押収し調査している。

 トルカトちゃんはすぐさま病院に搬送されたが、2〜3時間後に死亡した。父親も病院で手当てを受けたが、命には別状ないとのこと。

 トルカトちゃんの家族を知る人によると、トルカトちゃんはまわりの人からとてもかわいがられており、彼女の突然の悲報に家族は打ちひしがれているという。翌日には、学校の前にぬいぐるみや花などを供える人が次々と訪れていた。

 

 

2018年1月25日 第4号

 1月31日未明には北米西海岸で皆既月食が見られる。北米の他の地域では、皆既月食になる前に月が沈む部分月食となる。

 月食は満月の夜に起こるが、実は今月は満月が2回ある(1回目は2日だった)。こうした、同じ月に起こる2度目の満月のことを俗にブルームーンと呼ぶが、通常月食中の月は赤く光るため、今回は『赤いブルームーン』となる。

 さらに、この日は月と地球の距離が最短になるスーパームーンでもあるため、より特別な『スーパー赤いブルームーン』と呼べる。スーパームーンは、通常の満月より14パーセントほど大きく、また30パーセントほど明るく見えるという。

 皆既月食の始まりは、太平洋標準時(PST)で午前4時51分。午前5時29分から皆既月食となり、午前6時7分まで続く。月食が完全に終了するのは午前7時11分。ちなみに、このころから空は明るくなり始め、午前7時45分に日の出となる。

 

 

2018年1月25日 第4号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港は11日、今年から空港内のインフォメーションセンターで、女性のための生理用品の無料配布を開始したと発表した。

 これは、トイレ内で生理用品を買えなかった女性が、最初に見つけた店で割高なパッケージを買わざるを得なかったことを、メディアが取り上げたことが発端だった。

 昨年12月に空港内の8つの店で販売されている生理用品の価格が調査された際には、10個入りパックの値段が2・99ドルから7・99ドルの間であることが確認されていた。しかし、この女性は、最初に見つけた店で15ドルで購入していた。

 こうした状況が今後空港内で起こらないよう、今回の措置に踏みきったと空港管理会社は語っている。

 

 

 

今週の主な紙面
2月15日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
強豪ひしめく「打揚会」第45回スティーブストン国際空手道選手権大会…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月15日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ