2017年6月29日 第26号

 大リーグのトロント・ブルージェイズに所属する現役投手が不安神経症を告白した。24日、試合後に通訳を通して記者に語ったのはクローザーのロベルト・オスナ投手。

 前日カンザスシティで行われたロイヤルズとの初戦で、4ー1とチームがリードしている場面で9回裏に登板できなかった理由を語った。

 「野球から離れている時、フィールドにいない時に、すごく変な気分で、自分じゃないような感じに襲われる」という。フィールドにいる時は問題ないと語った。現在はチームに同行している精神科医と相談しながら治療を行っていくとしている。

 現役のプロ選手が自身のメンタル的な問題を公表することは稀だという。専門家は今回のオスナ投手の公表を「勇気のある行為」と称賛している。スポーツ界のように常に精神的な強さを求められる世界では、自分のメンタル的な弱さを認めることを良しとしない傾向がある。今回の公表は、スポーツ界でのメンタルヘルスや中毒症などの問題に光を当てる第一歩になればと語っている。

 現在22歳のオスナ投手は、今季ここまで29イニングを投げ、19セーブをあげている。昨年までもクローザーとして大リーグの最年少記録を塗り替えてきた実績を持つ。今季も大リーグ最年少での75セーブ到達を果たしたばかり。

 ロイヤルズとの第3戦では勝敗がつかない場面で9回裏にマウンドに上がり、無失点に抑えた。「マウンドに上がっている時は毎回、投球のこと以外は考えない。いつも気分はいい」とオスナ投手。「昨日よりも、一昨日よりも、気分はいい」と語った。

 ジョン・ギボンズ監督は、医師と相談しながら今後もオスナ投手を起用していくと語っている。

 

 

2017年6月29日 第26号

 ノバスコシア州ケープ・ブレトン島の東海岸にある、人口3万人ほどの町シドニーで21日朝、革ジャンに身を包んだオートバイ集団が、1人の小学生の登校をエスコートした。

 この小学生は、10歳になるザンダー・ローズ君。先住民とアフリカ系カナダ人の子供であることや、160センチメートル弱の身長に体重約70キログラムという体格などから、学校で執拗にいじめられてきた。スクールバスに乗ると、同乗していた児童に服を引き裂かれたり、殺すと脅されたりしたこともあったという。ローズ君の母親は小学校や教育委員会、また他の児童の親などにも助けを求めたが、どれもうまくいかなかった。

 そんな彼女が連絡を取ったのは、米国の子供支援団体「子供の擁護者(Defenders Of The Children)」。そして、シドニーに最も近い同団体の支部(ニューブランズウィック州フレデリクトン)が、地元のオートバイクラブにローズ君の支援を依頼した。ケープ・ブレトンでオートバイツアーなどの企画運営も手掛けるマイク・バッソさんは、これに応じ「革と鉄の守り」を計画。さまざまなオートバイ同好会やライダーらが彼の呼びかけに応じ、ローズ君登校の朝には150台以上のオートバイが集まった。

 ローズ君を応援する近所の人たちが見守る中、バッソさんたちはローズ君をオートバイに乗せて隊列を組み、エンジンの爆音をとどろかせながら、彼の通うハーバーサイド小学校に向かった。学校に到着すると、ライダーたちはオートバイから降りて隊列を組み直し、そのまま校舎入り口まで行進した。バッソさんによると、ローズ君はとても興奮していて、彼は長い学校生活の中で今日初めて、学校に行きたいと心から思えたと、取材に語っていた。

 一方、学校や教育委員会関係者は、個人情報の観点からローズ君の件に、どのように対応してきたかは話せないとしている。しかし、いじめ問題は最重要課題として扱っていると付け加えている。

 ケープ・ブレトン地区では父の日に、13歳になる少女がインターネット上のいじめを苦に自殺し、今年に入って3人目の同地区での犠牲者となった。バッソさんは、こうした悲劇を繰り返さないために、もっと努力が必要だと語っていた。

 

 

2017年6月29日 第26号

 ユーコン準州の西端、アメリカ・アラスカ州との国境に近いドーソン・シティのホテルから17日、有名ドリンクの中身である、人の足指が盗まれた。

 同市のダウンタウン・ホテルのラウンジが提供する「サワートー・カクテル(Sourtoe Cocktail)」には、凍傷のため切断され、ミイラ化した人の足指が入っている。この度胸試しカクテルは、特に70年代からはドーソン・シティでのマストアイテムの一つに挙げられてきた。

 言い伝えによると、そもそものきっかけは1930年代、アメリカでは禁酒法が施行されていた時代に遡る。アラスカ州へアルコールを持ち込もうとした密輸業者が、誤って犬ぞりから凍てついた川に落ち足指に凍傷を負った。そこから壊疽にかかるのを防ぐために、兄が斧でその足指を切断した後アルコール漬けにしておいたのだが、それが後年小屋で発見され、それを記念するために「サワートー・カクテル・クラブ」が結成されたのだという。

 そして、このホテルのラウンジでは、現在までに7万人以上が、このカクテルに挑戦してきたという。ところで、このカクテルを飲み干し「サワートー・カクテル・クラブ」に加入するための儀式として、飲み干す時に必ず、唇が、その足指に触れなければならないという決まりがある。そのほか、足指を飲み込んだり盗んだりした客には、2500ドルの罰金が科せられることになっている。

 そんな足指が盗まれたのは当日の深夜ごろ。当時、このカクテルに挑戦したケベックからの観光客が、同伴していたガールフレンドに足指を盗もうかと冗談を飛ばしているところが目撃されている。当人はクレジットカードでカクテル代を支払っており、その明細がラウンジに残されていたのみならず、このカクテルを飲み干した記念として発行される証明書も置き去りにされていたなど、足取りをたどる手掛かりはいくつもあった。

 ホテルから通報を受けたカナダ連邦警察(RCMP)が捜査を開始したが、20日になって犯人から、盗んだ足指をホテルに郵送したという電話が入った。また犯人はホテルにも電話をかけ、口頭で謝罪した。郵送された足指は22日に届き、RCMPが開封したところ、中には足指と謝罪の手紙が添えられていた。またRCMPによると、足指の状態は良好だとのこと。また犯人に対する罰金は、科せられない模様。

 

 

2017年6月29日 第26号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市内のハンバーガーショップ、マクドナルドが23日、新装開店した。

 場所は同市中心部を南北に走るナンバー3ロード沿い、市役所の近く。21日に行われたVIPイベントでは同店のオーナー、ジョー・ガッツォさんが、この一等地は投資家から見れば平屋建てのファーストフード店ではなく、まわりに立ち並ぶような高級マンションにすべき土地に見えるだろう、しかし、こうした利用方法もあるのだということを示すために、この土地にとどまることができてうれしいと挨拶した。また、マクドナルド・カナダ社の西カナダ担当副社長シェリー・ハンセンさんが、この土地をファーストフード店用に保持し続けてくれたことにも謝辞を述べていた。

 実は、この場所に1967年6月1日に開店した同店は、マクドナルドにとって記念すべきアメリカ国外第一号店だった。

 新店舗建設中には、掘り起こした地面から初代店舗の赤と白のタイルが大量に発見された。ガッツォさんは、自分にとっては金塊に等しいと大喜びしたという。VIPイベントでは、このタイルを埋め込んだ記念の盾が彼に贈られたほか、店舗外側の歩道の一部にもこのタイルが使われている。

 マクドナルドに勤めて42年を迎える彼は、顧客へのサービスが一貫した仕事へのポリシーだったと語っている。9人兄弟姉妹の中で育ったガッツォさん。そのほとんどは景気の良かった建設業界に就き、ガッツォさんに対しファーストフード店などではなく、もっと良い仕事に就くべきだと忠告し続けていたという。しかしガッツォさんにとっては人との出会いが全てであり、マクドナルドは彼にとって理想の職場だった。

 新築された同チェーン店の目印、数メートルの高さの黄色いM字型のアーチは市によって歴史的建造物と認定され、ガッツォさんは市に対しても感謝の意を表している。新店舗の座席数は以前より減少したものの、ドライブスルーは2レーンとなったほか、店舗の敷地には木などの植え込みを配した緑地帯が設けられ、外でハンバーガーを楽しみやすいようになっている。

 

 

2017年6月29日 第26号

 ケベック州モントリオール市で23日、朝の通勤ラッシュ時間のバスで運転手が携帯電話でテキストメッセージを送っているところが、乗り合わせた16歳の乗客に撮影された。

 この16歳の少年の母親デブラ・マスターソンさんは、息子が撮ったこの動画を見て激怒、すぐさまモントリオール交通局に電話を2度かけたが、何の応答もなかったという。マスターソンさんから情報を受け取ったメディアが交通局に問い合わせても、この件についてはコメントできない、また調査が行われているかどうかについても明言を避けた。

 交通局いわく、懲戒処分の可能性もあるが、それはドライバーの勤務記録や当時の状況によるという。また処分のレベルは、文書による警告から、最大で停職処分だという。昨年はセントローレンス川をはさんでモントリオール市の対岸にある都市ロンゲールで、やはりバスの運転手が運転中にテキストメッセージを送っているところを見つかり、懲戒処分を受けている。

 ケベック州では運転中のテキストメッセージ送受信は道交法違反となる。摘発された場合の罰金は100ドルで、4点のデメリット・ポイントが付く。しかし警察官が直接摘発する必要があり、今回のような動画では罰金を科することはできないという。

 この状況に直面しマスターソンさんは、市民からの圧力がなければ交通局は何の責任も取らなくなると指摘、同じような動画を撮影した人がいたら、それを公開してほしいと呼び掛けている。

 

 

 

今週の主な紙面
7月20日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ピアニスト・ジェイミー・パーカーが音楽祭『サマー・ミュージック・バンクーバー』で演奏…V-2
認知症と二人三脚…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
企友会・日加商工会議所ゴルフ大会…V-4
20周年を迎えたウエストポイントグレイ日本語クラス…V-16
ヨガと健康…V-22
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
The Nations Cup 2017 日系代表チームが初出場!…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月20日号 第29号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ