2020年1月16日 第3号

 みなさん、新年明けましておめでとうございます。

 いよいよ2020年が始まりました!皆さんいかがお過ごしでしょうか。皆さんは今年1年を、どのような年にしたいと思いますか? すでに今年1年の目標・ビジョンを決めた方もいらっしゃると思いますし、中には、まだ決まってない方、曖昧な方、もしくは分からないという方もいらっしゃるかと思います。

 今日は、あなたにとって、2020年の指針になる5つの言葉・キーワードを探し出すエクササイズをしてみましょう。まず用意するものは、ノート(A4など画用紙)。そしてそこに円を書きましょう。 

1)下記に3つのカテゴリーに分けた質問があります。「今・ここ」で思い浮かんだことをランダムに書き出してみてください。

Do/Receive
・やりたい事
・やってみたい事
・してもらいたい事

Need/Want
・必要なこと
・必要のないもの(手放したいもの)
・欲しいもの Gain
・知りたいこと
・気づきたいこと
・受け取りたいもの

2)上記のことを思い浮かべながら、思い浮かぶだけノートに書いてみましょう。様々な言葉や文章が出てきたと思います。

3)上記で出てきた言葉、文章を思いながら、それらをやっている時、またしてもらっている場面、必要なものがある状態、必要のないものを手放した時、欲しいものを得た時や、人から受け取った時などのイメージを膨らませながら、自由に想像してみて下さい。

4)想像している時、自分の身体の感覚と感情に注目してみて下さい。身体はどんな感覚になったでしょうか? どんな気持ちを感じましたか?

5)身体の感覚や気持ち・感情を、色に表現してみましょう。色鉛筆、クレヨン、マーカー、水彩、パステルなどを使って、ノート(もしくは画用紙)の中の円に、色を塗っていきましょう。何色でも出てくるだけの色でOKです。(例:写真は水彩画です)

6)色を塗った円をちょっと遠くに置いてみて、その円を見つめて下さい。そこから思い浮かぶ言葉を5つ書き出してみて下さい。

 この5つの言葉は、2020年あなたにとって指針となる言葉。目標やビジョンに向かうためのキーワードとなるはずです。

 2020年が皆さんにとって素晴らしい1年となりますように。

 今年もどうぞよろしくお願いします。

 今年は自分の内なる旅に出るぞ!と思う方は、こちらの本もオススメです!

ずっとやりたかったことを、やりなさい
ジュリア・キャメロン著
The Artist's Way: A Spiritual Path to Higher Creativity Julia Cameron(英語)

 

 


加藤夕貴
MA, RCC ((BC州認定臨床心理療法士)、認定表現アーツセラピスト  想像して創造する遊びの中で、気づきと心の成長を促す、表現アーツセラピーを中心に、バンクーバーと日本で心理カウンセリングやワークショップを行なっている。

HP:http://www.youkikato.com/japanese.html

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。