毎春、4月に1カ月間にわたり開催される、スカジットバレー・チューリップフェスティバル。色鮮やかなチューリップが咲きそろう、スカジットバレーは、バンクーバーとシアトルのほぼ中間点。バンクーバーからだと南へ直線距離で約100 キロと日帰りの距離にあり、スカジットリバー河口の肥沃な土地だ。スカジットバレー・チューリップフェスティバルは4月1日から30日まで行われ、今年で35回目を迎える。バンクーバーからスカジットバレーまでハイウェイで約130 キロ程度。ピースアーチの国境からは85 キロだ。

私たちが住むメトロバンクーバーには豊かな生態系を残す深い森林や湿原が豊富にあり、そこには整備された小道、トレイルがある。すぐ近所にもお気に入りのトレイルがあるかもしれないが、ここでは、大自然からエネルギーをもらえる素晴らしいトレイルがある公園を7カ所紹介する。

第1回バンクーバー・インターナショナル・ファッション・フェスティバルが3月18日と19日、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市のパシフィック・ゲートウェイ・ホテルで開催された。 18日のショーでは6人のデザイナーによる、日本の着物(40点)と中国の伝統衣装(42点)、ニューヨークファッション(25点)の3回のステージがあった。 会場には約400人の観客が詰めかけ、計90人のモデルが身につけたファッションを眺めながら約1時間半のショーを楽しんだ。

昨年バンクーバーを熱狂の渦に巻き込んだカナダセブンズが今年もバンクーバーに帰ってきた。

ワールドラグビー・セブンズシリーズ・カナダ大会(カナダセブンズ)が3月11日、12日、バンクーバー市BCプレースで開催された。今年は日本代表もコアチームとして参加。初参加となったカナダセブンズで、ベスト8入りを目指した。

昨年は、8月にブラジルで開催されたリオデジャネイロ夏季オリンピック直前で緊迫感が漂っていた今大会。 五輪後の今年は各チーム、昨年とは違った顔を見せていた。それでもファンの盛り上がりは変わらない。2日間で観客動員数76,116人を記録。昨年より26パーセント増。リオ五輪から正式種目として採用されたこともあり、人気も急上昇。ファンも一体となって楽しめるバンクーバーでの一大イベントは、会場の内外で盛り上がっていた。

大会1日目は各組4チーム4組のプール戦。ここで上位2チームがカップトーナメントに、下位2チームがチャレンジトロフィートーナメントに進む。日本はC組、カナダはD組でプール戦を戦った。

まだまだ冷たい雨や雪が降る3月上旬、ことしは春が待ち遠しい。日一日と長くなる日照時間と冷たい雨や暖かい日差しの繰り返しの中、バンクーバーに植えられた約4万3千本もの桜の木は、美しく咲き乱れる日を今か今かと、辛抱強くそして確実に、つぼみを膨らませて待ちわびている。年によって異なるが、早咲きの桜は3月中旬から咲き始め、遅咲きの桜は5月下旬まで咲き誇り、2カ月以上にわたって街をピンクに染めてくれる。その圧倒的な存在感で春の訪れを告げる桜は、日本人だけではなくバンクーバーに住む多くの人々を魅了している。

 

今週の主な紙面
12月14日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
日加商工会議所クリスマスパーティー美しく彩られた会場で華やかに…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは12月14日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ