ウィスラーというと、スキー場が有名でスキーヤーやスノーボーダーだけの場所と思われがちだが、実際には他にも楽しいアクティビティがある。犬ぞり、スノーシューのハイキング、ジップトレック、スノーモービルなどが楽しめる魅力的なスポットがたくさん!

そこで、世界中の観光客を虜にするウィスラーの冬のアクティビティ&オススメ・スポットを紹介しよう!

2月14日は聖バレンタインデー。 女性が男性にチョコレートを贈ったり告白する日本とは逆に、カナダでは男性から女性へ花束やプレゼントを渡したりプロポーズをする日である。またカップルは贅沢な食事をして、夜の雰囲気を味わうデートの日でもある。バンクーバーでは毎年様々な特別イベントが開催されているので、いくつか紹介しよう。

低料金の歌い放題、ソフトドリンク飲み放題、飲食物持ち込み可、ひとカラ(ひとりカラオケ)専用ルーム…そんなカラオケ天国の日本が恋しくなるのは記者だけではないだろう。そうここはカナダ。ぜいたくは言えない。だが日本の曲の歌える店もある。やっぱり歌いたくなったら行っちゃおうカラオケ!まずはダウンタウンからご紹介!

肌寒くなっていく毎日。今の時期、外に出ると、ゴホゴホ、ハックショーンといった苦しそうな音が必ずどこかから聞こえてくる。Public Health Agency of CanadaのFlu Watchによると、今年は、A型インフルエンザ(H1N1)が国内で広まっており、今後もインフルエンザの勢いが増すことが予想されている。本紙では、ヴィーガン料理研究家の石原亜希子さんから、そんな冬を乗り切る免疫力アップレシピを紹介してもらった。

「レストランは大好きな場所だけど、それをキャリアにするなんて思ってもいませんでした。だってキッチンといえば、気性の荒い怒ったシェフが働いている場所というイメージが強かったから」

元Zen Kitchen オーナーで、カナダのドキュメンタリー番組The Restaurant Adventures of Caroline&Daveで一躍有名になった、セレブシェフ石井キャロラインさんは言う。本紙では、そんなキャロラインさんが、シェフになった経緯から現在の活動を紹介する。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/