ことし4回目となる日系祭りが、9月3日と4日にブリティッシュコロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で開催された。約1万1,000人の入場者が訪れ、さまざまなパフォーマンス、クラフトや日本文化体験、おいしい屋台フードなどを楽しんだ。

 

MLSに適用するために自分のスタイルを守りながら何かを変えていく

ホワイトキャップスとして約半年。MLS(メジャーリーグサッカー)初ゴール、選手生活最大のケガ、そこからの復帰。選手として上を目指し飛び出した海外リーグ初シーズンで、山あり谷ありの経験をした工藤壮人選手。 北米でのサッカー、日本との違い、多国籍選手チームでの自分のポジションなど、これまでを振り返った。

 

ことしも、当地、国際都市バンクーバーのコンベンションセンターで、8月5日から7日の3日間、アニメレボリューションが開催された。夏期の開催としては5回目、冬春期の開催と合わせて第7回目となる。毎回、カナダだけでなく、日本、アメリカ、はてはヨーロッパからもアニメファンが集まる。レクチャー、ショー、コスプレ、ショッピングと内容は盛り沢山。アニメレボリューションは、私たちを夢にあふれたアニメの世界へと誘う。

 

6月から7月中旬まで涼しい、というより寒い日の続いたウィスラー。7月下旬になりやっと夏らしい気候になってきた。ウィスラーの人気のひとつ、アルパインハイキングのコース全てがオープンしたのは7月下旬だった。

アルパインハイキングとは、ウィスラービレッジからゴンドラで森林限界までのぼって、山上だけで行う標高差の少ないハイキングコースのこと。ウィスラーの一番人気のアクティビティーだ。なかでも高山植物を見るのは大きな楽しみの一つ。そんな高山植物も7月下旬の本格的な雪解けから一気に花開き、ことしは8月が一番の見ごろになっている。

 

バンクーバー市・イーストサイドにあるオッペンハイマー公園を中心に毎年開催される日系カナダ人の夏のお祭り、パウエル祭が7月30日、31日の2日間にわたり盛大に開催された。40周年を迎えたことしは規模を拡大。さらにパワーアップされた多彩なプログラムや大人気の日本食屋台、ユニークなクラフト販売、そして恒例の炭坑節、おみこし、相撲トーナメントや武術のパフォーマンスなど見どころいっぱいで、多くの入場者を呼び寄せた。

 

 

今週の主な紙面
6月15日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚…V-3
深田晃司監督作品『淵に立つ』VIFFで特別アンコール上映…V-12
オタワ便り…V-22
老婆のひとりごと…V-23
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは6月22日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ