2019年4月11日 第15号

現在日本が誇る最高峰のバイオリニストのひとり神尾真由子さんが、バンクーバー交響楽団(VSO)と共演する。 指揮者はVSO桂冠指揮者の秋山和慶(かずよし)氏。伴奏合わせが世界一といわれる秋山氏の腕裁きに乗って、神尾さんのクラシック音楽の真価を大いに期待できるコンサート。3公演を前に、メッセージを寄せてもらった。

 

神尾真由子さん

 

神尾真由子さん

お客さまの反応は伝わる

 4歳でバイオリンを始め数々の国際コンクールで優勝。2007年、21歳の時『第13回チャイコフスキー国際コンクール』で日本人としては17年ぶりの優勝という快挙を果たし世界の注目を集めたバイオリニスト、神尾真由子さん。アメリカ・ジュリアード音楽院で勉強し、演奏家として走り続けてきた神尾さんが半年間の休業を取ったのは2011年。2013年、同じチャイコフスキー・コンクールで最高位に入賞したロシア人ピアニスト、ミロスラフ・クルティシェフさんと結婚。現在ロシアのサンクトペテルブルクに在住し、ヨーロッパ、日本、北米で演奏活動を行っている。

 「国によっては、ソリストが出てきただけで反応がポジティブなところもありますし、観客が百戦錬磨であろうと思われるような都市もあります。どの場所でも、お客さまの反応は伝わります」

バッハとモーツアルト

 神尾さんといえば、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲がトレードマークといわれるが、今回演奏するのはバッハとモーツアルト。『バイオリン協奏曲第2番ホ長調』はバッハのバイオリン協奏曲の中で最も親しまれており、演奏頻度の高い名曲といわれている。

 「バッハもモーツァルトも好きな曲の一つです。ロマン派ほどの感情の爆発はありませんが、抑制されているからこその飽きのこない美しさがあると思います」

 その巧みな技巧と感性豊かな演奏に、結婚後は柔らかな魅力が加わったといわれている。夫でピアニストのミロスラフ・クルティシェフさんについて「彼はとても芸術的な音楽家です。あまりメインストリームではなく、ニッチな個性だと思います」と話す。

 ソリストとしてオーケストラと共演するほか、クルティシェフさんとのデュオ演奏も行っている。「どちらも特に変わりません。強いて言えば、オーケストラとの共演の時は自分の出番が少ないから身体的に楽ですが、その分同業者の厳しい目が後ろから注がれるという面もあります」

ストラディバリウス「モーラン、ルビノフ」

 これまでストラディバリウス、カルネリ、カッパなどの名器を弾いてきた神尾さん。「バンクーバーでは宗次コレクションより貸与いただいていますストラディバリウス「モーラン、ルビノフ」を演奏する予定です。とてもパワフルで太い音のする楽器です」。

 子育てをしながら国際的に演奏活動を続けている。

 「大変ラッキーなことに母も義母もまだ若く、そして時間も体力もあるので、たくさん手伝ってくれます。その点は20代で子供を産んだ利点だと思います。ですので、困ったことはそれほどありません。演奏旅行は長期間は行かないと決めています。大体10日間くらいです」

 「バンクーバー・シンフォニーとは以前、夏のオープンエアでご一緒しましたが、今回は本拠地ということで大変楽しみにしています。秋山先生とはもう何度も共演していて、尊敬する音楽家です」と話している。

 

秋山和慶氏

VSOとは50年のつきあい

 「神尾さんは2007年にチャイコフスキー国際コンクールで優勝し、ヨーロッパの一流のオーケストラと共演してきました。今回弾くモーツアルトは繊細でナイーブな表現が要求される曲です。レスピーギのアリアは弦楽奏だけで有名な曲です。メンデルスゾーンの交響曲第4番はイタリア・シンフォニーと呼ばれるもので、VSOのメンバーにも馴染みある曲です。私が初めてVSOで振ったのは1969年の冬でした。それから50年近く、VSOの100年の歴史の半分をご一緒してきたことを光栄に思っています」と語る秋山氏。

 1972〜85年までVSOで音楽監督を務め、現在VSO桂冠指揮者である。待望のバンクーバー・リターンを心待ちにしている聴衆、オーケストラ団員も多い。

 

5月16日(木)センテニアル・シアター(ノース・バンクーバー)8:00pm開演
5月17日(金)、18日(土)チャン・センター(Chan Centre at UBC)8:00pm開演
VSOバンクーバー交響楽団
秋山和慶(指揮)、神尾真由子(バイオリン)
レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア組曲・第3番
バッハ:バイオリン協奏曲第2番ホ短調
モーツアルト:バイオリン協奏曲第3番ト長調(シュトラスブルグ協奏曲)
メンデルスゾーン:交響曲第4番『イタリア』
www.vancouversymphony.ca 電話(604) 876-3434(5月16日のチケット購入に関して)
*チャン・センターの公演(5月17日・18日)のみ(604)684-9100 EXT 252 (Kathyさん)にプロモーション・コードPromo code; AKIRA GROUPと言って購入を!

 

神尾真由子(かみおまゆこ):4歳でバイオリンを始め数々の国際コンクールで優勝。2007年、21歳の時「第13回チャイコフスキー国際コンクール」で日本人としては17年ぶりの優勝という快挙を果たし、世界中の注目を浴びた。 国内外の主要オーケストラと共演。サン・モリッツ、コルマール、ヴェルビエなどの著名フェスティバルにも出演。またソリストとして、ニューヨーク、ワシントン、サンクトペテルブルグ、モスクワ、フランクフルト、ミラノなどでリサイタルを行っている。レコーディングではRCA Red Sealレーベルより「PRIMO」「パガニーニ:24のカプリース」「チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲」「ロマンティック・ソナタ」「愛のあいさつ&夢のあとに〜神尾真由子ヴァイオリン・アンコール」の5枚をリリース。大阪府知事賞、 京都府知事賞、 第13回出光音楽賞、文化庁長官表彰、ホテルオークラ音楽賞はじめ数々の賞を受賞している。

(取材 ルイーズ阿久沢 / 写真提供 VSO)

 

 

神尾真由子さん

 

VSO桂冠指揮者の秋山和慶氏

 

 

今週の主な紙面
6月13日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
投稿「ギリシャ旅行記」…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月13日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ