決勝まで駒を進めた日本代表。しかしアメリカの壁を崩せず、今大会は準優勝に終わった。

サレー市ソフトボールシティで開催された、第15回ソフトボール女子世界選手権大会。優勝候補の日本代表は準決勝と決勝で宿敵アメリカと対戦。互角の勝負をしながらも、両試合とも黒星を喫し、世界選手権3連覇はならなかった。

 

今夏もバンクーバーに日本代表の元気な声がこだまする。サレー市ソフトボールシティで毎年7月に開催されるソフトボール女子の国際大会。今年は第15回世界選手権大会として15日から24日まで開催されている。

今年の夏は、日本代表にとって、世界のソフトボール女子選手にとって、特別の夏となる。8月には2020年夏季オリンピック東京大会でのソフトボール女子復帰が採決される。そうなれば2008年北京大会以来の五輪復帰。あの日本中を歓喜の渦に巻き込んだ熱い夏が帰ってくるのか。その直前の世界大会。日本代表がかける思いも熱い。

残念ながらエース上野由岐子投手はケガで欠場だが、エースを欠いても優勝できる底力を見せることが五輪へとつながることを証明する絶好の機会。この直前にアメリカで開催されたUSAワールドカップでも優勝した。今夏はこの地でどんな試合を見せてくれるのか。

予選リーグのプールA1位通過が決まったフランス戦の後、福田五志監督、坂元令奈主将に意気込みなどを聞いた。

 

トロントFCにドラフト1位で入団した日本人プレーヤーがいる。遠藤翼選手だ。今季MLS(メジャーリーグサッカー)初シーズンにしてすでに開幕戦で先発出場。FW(フォワード)として右ウィングでチームメイトのイタリア代表ジョビンコ選手と肩を並べ、堂々のMLSデビューを果たした。

今回はACC(アムウェイ・カナディアン・チャンピオンシップ)決勝でバンクーバー・ホワイトキャップスFCとBCプレースで対戦。勝てば来季のCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)チャンピオンズリーグへカナダ代表としての出場権を獲得する最終戦を前に6月28日、BCプレースで練習後に話を聞いた。

 

ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市で、カナダ建国記念日の7月1日、第8回カナダデーパレードが開催された。ことしは多国籍の43グループ、約2100人が参加し、ジョージアストリートとブラウトンストリートの交差点からバラードストリートとウェストペンダーストリートの交差点までの約1.6キロを行進しながら踊りや音楽を披露し、20万人を超える観衆(主催者発表による)から盛んに声援を受けていた。

 

「DAIGO」がバンクーバーに帰ってきた。覚えている人も多いだろう。MLS(メジャー・リーグ・サッカー)バンクーバー・ホワイトキャップスFCで活躍していた小林大悟選手。わずか1シーズンでニューイングランド・レボリューションに移籍したが、その存在感はバンクーバーのサッカーファンに日本サッカーの面白さを垣間見せた。

今回は、6月18日BCプレースでホワイトキャップスと対戦するため、移籍後2年半にして初のバンクーバー凱旋。本人も「楽しみにしていた」というバンクーバーでの試合を前に市内ホテルで話を聞いた。

 

 

今週の主な紙面
6月15日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚…V-3
深田晃司監督作品『淵に立つ』VIFFで特別アンコール上映…V-12
オタワ便り…V-22
老婆のひとりごと…V-23
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは6月22日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ