2019年2月28日 第9号

2月24日、BC州日本語教育振興会(JALTA)主催の第21回「お話発表会」が、バンクーバー日本語学校並びに日系人会館で行われた。JALTA加盟校11校から選抜されて発表する生徒数は、小学科と基礎科を合わせて26名。一人あたりの発表時間は、低学年2分以内、高学年3分以内と定められていて、その中に自らの思いのうちを巧みに入れて作文し、発表するのは決してたやすくはないはず。この発表の場を乗り切った後の生徒は、自信につながり、大きく成長することだろう。

 

 JALTA副会長の本間真理さんは、開会のあいさつで「日本語の勉強は、将来きっと役立ちます。今日の発表は、さらに成長を促すことでしょう。楽しんで、発表してください。そして、会場の皆さん、温かい拍手を惜しみなく与えてください。きっと、生徒たちの学習意欲につながり、さらなる励みになることでしょうから」と述べていた。

 また、来賓のあいさつに立った在バンクーバー日本国総領事館の児玉隆司領事は、「日頃の勉強の成果を思い切り発表してください。そして、もっと日本語を好きになってください。こんな盛大な発表会を21回も続けて開催しておられる先生方や、関係者の方々のご苦労に敬意を表します」と述べ、生徒各自の発表の一言一言にうなずき、身を乗り出して聞き、少し言葉が詰まったりすると手を握りしめながら応援する姿が印象的だった。

 閉会のあいさつは、JALTA会長のベイリー智子さん。「大勢の人の前でスピーチすることも、練習することも根気と勇気が必要です。皆さんほんとうにがんばりましたね。そして、ご出席の皆さん、たくさんの拍手をありがとうございました」と、お礼を述べ、その後、劇団「座・だいこん」の劇、全員での記念撮影で終了した。

 

●JALTA日本語教育振興会加盟校
ウエスト・ポイントグレイ日本語学校
グラッドストーン日本語学園
サレー日本語学校
CJLAコキットラム日本語アカデミー
JEC日本語教育センター
スティーブストン日本語学校
バーナビー日本語学校
バンクーバー日本語学校
メープルリッジ日本語学校
リッジメドウズ日本語学校
ラングレーにほんご教室
(五十音順)

(取材 笹川守)

 

JALTA副会長の本間真理さん

 

在バンクーバー日本国総領事館の児玉隆司領事

 

 

JALTA会長のベイリー智子さん

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/