極光ともいわれ、ローマ神話の暁の女神、Aurora(アウロラ)が語源とされる、 オーロラ。太古の時代より人々を魅了してきた。

オーロラツアーについて、バンクーバーの旅行会社、IACE Travel(以下IACE)、H.I.S. Canada(以下H.I.S.)、JTB International Jステーション (以下JTBI)、 スカイランド・トラベル(以下スカイランド)(五十音順)に話を聞いてまとめてみた。 

 

鍛え抜かれたダンサーの美しい身体が放つ躍動感、鳥の羽根がヒラヒラと舞っているかのようなバレリーナの可憐な踊り。ルネッサンス期のイタリアに起源を発し500年の長き歴史を誇るバレエは音楽・物語・舞台美術に踊りが加わった総合芸術。「バレエはちょっと…」と感じている人は、『くるみ割り人形』から初めてみてはどうだろう。カナダではクリスマス前に『くるみ割り人形』を観に行くことを毎年の恒例行事にしている人も多い。特に子供のダンサーも多数出演する『くるみ割り人形』では、観客席の中にもかわいらしいクリスマスドレスを身にまとった子供の姿も多く見られる。バンクーバーでも毎年、12月にはいろいろなバレエ団体による公演がある。その中から4団体を紹介する。 

 

12月に入ると、街は色とりどりのクリスマスのデコレーションで飾られる。おなじみの観光スポットもクリスマスイルミネーションで彩られ、いつもとは違った表情で楽しませてくれる。この時期ならではの家族や友人と楽しめるクリスマスイベントをご紹介! 

 

パラリンピックが再確認させてくれたもの

「パラリンピックのチームワーク、応援、リスペクトという自然な在り方は世界規模で必要不可欠だという思いを再確認させてくれました」。今大会で改めて抱いた思いだった。 ことし9月7日から18日までブラジル・リオデジャネイロで開催されたリオ2016パラリンピック競技大会(第15回夏季大会)。通称「リオパラ」で、日本のNPO団体パラフォト(特定非営利活動法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会)のカメラマンとして参加した中村“マント”真人(まこと)さん。バンクーバー在住で「マントさん」と呼ばれ親しまれている。 今回リオパラの撮影を通して感じた「パラリンピック」というスポーツイベントをさまざまな角度から語ってくれた。

 

山の上では10月中旬からずっと降雪の続いたウィスラー。ウィスラーのプロスキーヤーやボーダーは、早速ヘリで氷河スキーを堪能していた。 11月24日がオフィシャル・オープニングデーで、この日からウィスラー山とブラッコム山の両方がオープンして名実ともにウィスラーの冬が始まる。 でも実際にはウィスラー山だけがオフィシャルより2週間はやく、11月11日にオープンしているので、「もう滑っちゃったよ~」という人は多いかもしれない。

 

 

今週の主な紙面
6月15日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚…V-3
深田晃司監督作品『淵に立つ』VIFFで特別アンコール上映…V-12
オタワ便り…V-22
老婆のひとりごと…V-23
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは6月22日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ