2019年7月25日 第30号

毎年、BCデーの週末の土日に開催される、パウエル祭。今年も8月3日(土)と4日(日)にバンクーバー日本語学校並びに日系人会館とその周辺、アレキサンダーストリートとジャクソンアベニューが交差する地域で行われる。今年は例年とは異なり、オッペンハイマーパークは会場となっていないので注意したい。会場周辺は、戦前、日本人街があったことでも知られている。今年も太鼓、歌、ダンスなどの様々なライブ・パフォーマンス、劇団、座・だいこんの公演、武道のデモンストレーション、アクティビティ、たこ焼きをはじめとするお祭りでお馴染みの屋台、食品ブース、フードトラック、アジアンテイストのクラフトの販売と、盛りだくさんの内容だ。

 

3日(土曜)11:30からは晩香坡神輿の会「楽一(らくいち)」による神輿も登場(写真提供:Lucas Lau)

 

注目のアーティストによるライブ・パフォーマンス

 山梨県から参加する、シンガーソングライターでピアニストの森ゆに(土曜14:00 〜14:30 Firehall Arts Centre、日曜13:00〜13:30ストリートステージ。土曜は書道家、姫州、日曜はシンガーソングライターのKohei Yoshinoと)、モントリオールを活動の拠点とするTeke::Teke(土曜16:15〜17:00 ダイヤモンドステージ、日曜15:00 〜16:00 ダイヤモンドステージ)、シアトルの舞踏家、Katrina Wolfe and Joey Largent(土曜16:00 〜16:30 Firehall Arts Centre)、東京出身のアンビエントミュージシャン、Chihei Hatakeyamaとバンクーバーに拠点をおくフォトグラファー・ビデオプロデューサー、Mark Mushetのコラボレーション(土曜15:00〜15:30 Firehall Arts Centre)など。

 Teke::Tekeはエレキの神様、寺内タケシのオマージュバンドとして活動を開始。エレキ、シューゲイザー、サイケを融合した音楽で活躍している。Katrina Wolfe とJoey Largentの二人は舞踏、インスタレーション、彫刻、ライブサウンドによる独特な世界を表現する。 プログラム詳細はウェブサイトで。 http://www.powellstreetfestival.com/festival/schedule/

 

フード販売

 お祭りといえば、屋台で食べ物を買うのも楽しみだが、パウエル祭でも多数フードブース、フードトラックが登場。日系団体や飲食店などが出店する。

 日系団体からは金光教会の今川焼、天理教よのもと会の焼きそば、コロッケ、隣組の冷やし中華やカリフォルニアロール、バンクーバー仏教会のビーフカレー、バンクーバー日本語学校並びに日系人会館の焼き鳥、お好み焼き、かき氷、GVJCCAの鮭バーベキューなど。

 さらに、アーティザン酒メーカー (しょうが、クランベリー、チョコレートのライスクリーム、粕ジュース、酒粕)、ココナマ・チョコレート、Damien's Belgian Waffles (和風ワッフル)、Hatchan (いかたこ焼き、たこ焼)、ジャパドッグ、クレープサスケ、弁慶ラーメン、ポテトさん(トルネードポテト)、辻利茶舗、Vegan Pudding and Co(ビーガンプリン)、ワクワクバーガー、Whatafood Food (ブラジルのストリートフード、パステル)、 Tea Lani(紅茶 各種)、バン麹フーズ (自家製〜食品)など。

 

子どもテントでのアクティビティ

 フェスティバル期間正午から17:00まで。子ども向け無料のアクティビティも充実している。

 恒例の子どもたちの大声を審査する、気合コンテスト(日曜14:00〜14:30)、綱引き(土、日曜16:00 〜 16:30)、スイカ割り(土曜14:00〜14:30)や、フェイスペインティング、折り紙、帽子づくり(土、日曜両日)。

 また日曜の15:00〜15:45は尺八、太鼓、三味線、篠笛などで和楽器について知ることができる、Sounds of Japan。

 子どもテントはアレキサンダーストリートにある日本語学校の東側。

 一部アクティビティは子どもテントで参加予約が必要だ。

 

参加型アクティビティおよびウォーキングツアー

参加型アクティビティ
 相撲トーナメント(日曜16:00〜17:00)、気合コンテスト(大声コンテスト)、綱引き、スイカ割り、炭坑節(日曜14:00〜14:30)、お笑い運動会(土曜12:00 〜12:30)など、一般参加のアクティビティもある。

パウエル街歴史ウォーキングツアー
 戦前、日本人街があったパウエル通り地区の建物、商店を訪れる。
参加無料
所要時間: 約45分
英語ツアー:土曜 午後2時&4時、 日曜 午後2時&3時
日本語ツアー:土曜 午後3時 バンクーバー日本語学校から出発

 

会場

メイン会場:
-バンクーバー日本語学校並びに日系人会館 (Vancouver Japanese Language School and Japanese Hall, 475 Alexander Street)
-ファイアホール・アート・センター(Firehall Arts Centre, 280 East Cordova Street)
-バンクーバー仏教会(Vancouver Buddhist Temple, 220 Jackson Avenue)

 日本語学校がアレキサンダーストリート、仏教会がジャクソンアベニューにあり、両会場の前の道路も会場だ。ステージはダイアモンドステージがアレキサンダーストリート(日本語学校の西側)、ストリートステージがジャクソンアベニューに設置される。

 

アクセス

-バス:4番 (Powell/UBC)と7番 (Nanaimo Station/Dunbar)、あるいは、14番、16番、 20番、95番などのEast Hastings Streetを走るバスを利用。スカイトレインの メインストリート-チャイナタウン駅、またはウォーターフロント駅から歩くと1.5 キロ(約20分)だ。

- Handy DART : Uncommon Café – 477 Powell St, Vancouver Powell Convenience Store – 390 Powell St, Vancouver のいずれかを利用することを勧めている。

-車:周辺で路上駐車もできるが、パウエル祭中は駐車禁止となっているので要注意。 Imparkほか、駐車場も利用できる。 -自転車:駐輪スペースが2カ所。               

(取材・文 西川桂子)

 

日本から参加のシンガーソングライターでピアニストの森ゆに(写真提供:Powell Street Festival Society)

 

エレキ、シューゲイザー、サイケを融合した音楽で活躍しているTeke::Teke (写真提供:Powell Street Festival Society)

 

シアトルの舞踏家、Katrina Wolfeの幻想的なステージ(写真提供:Powell Street Festival Society)

 

今川焼などのお祭りフードも楽しみ(写真提供:Kristin Fuchihara)

 

空手をはじめ、さまざまな武道のデモンストレーションも人気 (写真提供:Kristin Fuchihara)

 

地図

 

 

今週の主な紙面
12月5日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ウインズクワイア  花は咲く 歌声とともに 人の心の中に……V-2
MOVIES TIME OUT…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
カナダで楽しむ食の世界・42…V-23
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは12月5日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ