UBCのアジアセンターで開催

3月5日、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)のアジアセンターで、第23回BC州日本語弁論大会が開催され、高校部門15人、大学・一般部門20人の計35人の出場者が、日ごろの日本語学習の成果を存分に発揮し、レベルの高いスピーチを行った。日本語を母国語としない若者ならではの興味深い視点が盛り込まれたスピーチの数々を聞くため、延べ100人以上の来場者が訪れ、会場は活気に包まれていた。

 

脳の神経細胞が減り、脳が萎縮することで、高度の知能低下や人格の崩壊が起こる認知症のひとつ、アルツハイマー型認知症。現在、世界における患者数は2600万人、毎年460万人が発症しているとされている恐ろしい病気だ。

お香の香りと奥深さに魅せられて

 『香道』(こうどう)と聞いて馴染みがなくても、『匂い袋』という言葉から、ふうっと優雅な香りを思い出す人も多いのではないだろうか。
 華道や茶道と違い、広く伝わることのなかった香道。日本でこの香道を伝承していた宇野京子さんが、間もなくバンクーバーでの滞在を終えると聞き、帰国を前にお香についての話を伺った。

歌会始入選の粟津さん、儀式出席

毎年恒例の皇居・宮殿での歌会始の儀。今年は1月14日に、「葉」をお題に行われた。天皇皇后両陛下、皇太子殿下をはじめ皇族方、一般からの入選者らが出席する。今年の一般応募作は2万802首で、選ばれる入選者はたったの10人。その中にサレー市在住の粟津三寿さ
んの名前もあった。

~在バンクーバー日本国総領事伊藤秀樹氏、
バンクーバービジネス懇話会会長合田茂氏を迎えて~

1月31日、リステル・ホテルで、企友会の2011年度新春懇談会が開催され、 在バンクーバー日本国総領事の伊藤秀樹氏とバンクーバービジネス懇話会会長の合田茂氏が講演した。日本だけでなく海外での経験が豊富で、バンクーバーの日系コミュニティーを支える存在である伊藤氏と合田氏の講演に、約60人の参加者は熱心に聞き入り、講演後には活発な質疑応答が行われた。

 

今週の主な紙面
3月30日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚 10…V-3
外から見る日本語…V-5
糸東流空手道正晃会ピンクシャツデー…V-16
NPO「D-SHiPS32」岡井総領事を表敬訪問…V-27
SAORIのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月30日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ