この夏、バンクーバーで日米加の大学野球チームによるトーナメントが開催される。日本からは東京六大学の東京大学、慶應義塾大学(慶応大学)が参加。カナダはブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)野球部サンダーバーズが、アメリカからはカリフォルニア州立大学サクラメント校野球部ホーネッツが参加する。参加チームは今からすでに気合十分!白熱した試合になること間違いない。 今回はトーナメントを前に主催するUBC野球部ディレクターのテリー・マッケイグ氏と、UBCアメフト部OBでトーナメントを支援するニコラ・マイニングCEOピーター・エスピグ氏に話を聞いた。両氏ともトーナメントの成功には日系コミュニティ、在留邦人コミュニティのサポートが不可欠と語った。

ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市の隣組で3月22日、サービスカナダ(Service Canada)から市民サービスのスペシャリスト、ダイアン・ストーズさんを講師に迎えてカナダの年金・援助金についてのセミナーが行われた。(メディアスポンサー:バンクーバー新報) 谷由紀さんが日本語への同時通訳を担当し、藤岡紀子さんが日本語に訳したガイドラインがこの日の参加者全員に手渡された。会場は41名の参加者で盛況となった。

今回は、セミナーで取り上げられた主な内容のみに絞って紹介するが、カナダの公的年金制度は多様で、援助が受け取れる資格やその金額は、様々な条件により決定される。また、収入額の上限などが設けられていても、他の条件や状況が考慮された結果、最終的には受給が可能になるケースもある。

ストーズさんは、「迷ったときには、とりあえず申請してみてください。やってみないことには受給のチャンスは生じません。最悪の結果でも、申請が通らないだけのことですから」と参加者に積極的に申請するように勧めた。

3月14日、15日の2日間、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)日本研究センター(CJR)主催で『北海道150年:近現代日本と世界における殖民・植民地主義と先住民性』関連イベントが開催された。

初日にはUBC人類学博物館(MOA)で、アイヌのミュージシャンとハイダ族ミュージシャンにバンドが加わり、音楽によるコラボレーションが行われた。翌日のワークショップと基調講演に先立ち、ミュージシャンたちが歌と音楽を通して、自分たちの文化を継承することの大切さを表現した。

日本とカナダで薬剤師の資格を取得し、現在はサンシャインコーストのドラッグストアに勤める佐藤厚さん。弊紙で2012年から連載しているコラム「お薬の時間ですよ」では、薬に関する基礎知識から気になる健康問題まで、豊富な知識を元にわかりやすく説明しており、毎回楽しみにしている読者も多い。仕事や家庭、コミュニティーとの関わりにも熱心に取り組む佐藤さんの人柄に迫るロングインタビュー!

戦前のバンクーバーで人種を越えて人気を博した日系人野球チーム「朝日」の元選手上西ケイ(功一)氏がトーマス・ショーヤマ生涯功績賞を受賞した。

3月10日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市で開催された日系プレース基金主催チャリティイベント「サクラガラ」で授賞式が行われ、家族や関係者など多くの人が祝福した。

この日は同時に、戦前の「朝日」の意志を継ぐ野球チーム「新朝日」の選手たちも招待され、日本遠征に向け激励を受けた。 またバンクーバーで和食を普及させ、日系コミュニティに大きく貢献した平居茂氏の功績を称えた。

今年のサクラガラには、講演者としてBC州ジョン・ホーガン州首相が出席。日系人強制移動政策で多くを失ったにもかかわらず、「(その後の)日系コミュニティの存在が、BC州がここまで成長し成功した根幹を成している」と称えた。 この日は在バンクーバー日本国総領事館羽鳥隆総領事夫妻も出席。参加者は約150人。同基金ロバート・バンノ理事長は「今日は、上西さん、新朝日、平居さんの、コミュニティへの貢献に対して感謝したい」と語った。

司会は日系人俳優でスモールビルやゴジラなどのテレビ・映画に出演したことがあるケビン・オオツジ氏が務めた。

 

今週の主な紙面
4月25日号 第17号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
$5クッキング…V-2
オタワ便り…V-16
Hello! Community…V-23
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月25日号 第17号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ