「ここね、雑草だらけの草むらだけど、下を向いて歩いてみて。面白いものがあるから」ファームに遊びに来た小さな子供たちに向かって、久美子さんが言う。子供たちは、一体、何が出てくるのだろうかと好奇心でいっぱいだ。「あっ!アスパラガスだ!」5月の下旬、雑草に混ざって立派なアスパラガスが、ニョキニョキとキノコのように生えている。「じゃ、これ、今、食べてみて〜」と久美子さんの言葉に、驚きを隠せないのは、子供たちだけじゃなく、同伴している保護者も同じだ。スーパーで購入するアスパラガスをふだん食べている私たちにとって、アスパラガスは茹でて食べる野菜なのだから。言われるがまま、恐る恐る口に入れてみると、まるでキャベツのような食感で、軟らかく、みずみずしい!子供たちも、こんなにおいしいアスパラガスを見つけてしまうと、他にどんな未知の野菜が登場するのだろうかと、ワクワクしている様子だ。そんな大地と自然の恵みを提供してくれるのが、カナダの首都オタワの郊外で、久美子さんとコーリンさんが夫婦で運営するJambican Studio Gardensだ。本紙では、久美子さんからファームの話を聞いた。

隣組の制作による出版物第2弾が今年7月に出版された。タイトルは、“OUR EDIBLE ROOTS” The Japanese Canadian Kitchen Garden。

一見すると和食のレシピが集められたクッキングブックのようだが、実はレシピ付きガーデニングブック。 日系コミュニティのルーツを野菜作りから食を通して紹介する「カナダ日系の食文化」が学べる本となっている。 今回はこの出版を記念して制作に関わった人々をねぎらう完成記念会がバンクーバー市の隣組で行われた。 本はすでに購入可能だが、一般への出版本完成披露会は、今秋10月20日に予定されている。

 8月後半に米国・ニューヨークの国際連合(以下、国連)に赴任する岡井朝子在バンクーバー日本国総領事と夫君の知明氏を見送る日系コミュニティー合同送別会が8月8日にブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系センターで開催され、約150人が出席した。

 続いて10日には総領事館主催の離任式が総領事公邸で開かれ、学術、文化、経済・政府・自治体関係者ら約170人が出席した。

 出発前の多忙なスケジュールのなか、開催された送別会・離任式では、出席者が長蛇の列を作り、総領事ご夫妻との名残惜しい挨拶と記念撮影が続いた。

8月3日、バンクーバーから日本へ出発するJETプログラム新規参加者の壮行会が、在バンクーバー日本国総領事公邸で開かれた。今年度はブリティッシュ・コロンビア(BC)州から82人がJETプログラムに参加する。

壮行会には翌日に出発を控えた76人と8月後半に出発する3人ほか、JETプログラム同窓生やプログラム実行関連機関など約100余人が出席。岡井朝子在バンクーバー日本国総領事のほか、BC/ユーコン州JET同窓会会長らが参加者を激励した。

7月22日、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市にあるスティーブストン仏教会で、最先端の医療現場で主流となりつつある『湿潤療法(モイスト・ウーンド・ヒーリング)』について、日本形成外科学会専門医の長谷川宏美先生を講師に招き、講演会が行われた。(メディアスポンサー:バンクーバー新報)

先生は、カナダに来る直前まで、『キズ治し』を専門にしていた形成外科医。そのプロが教える驚きの手法は、身体が持っている自己治癒力を最大限に引き出し、“消毒せず乾かさない”、“痛くなく”、“早くきれいに”治す方法。しかも、家庭にあるもので手当てできる。これまでのキズの手当て法をくつがえす話に100名の参加者が驚きを隠せない様子だった。

1時間半の講演で、ユーモアもまじえ、シリアスな内容もサラリと話し、聴衆を飽きさせない。その濃密な内容を限られた紙面で再現することは不可能なので、要約してご紹介したい。

 

今週の主な紙面
10月11日号 第41号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
新報独占インタビュー『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一監督と女優の橋本愛さん …V-11
思い切り楽しみたい!バンクーバーのハロウィン…V-11~12
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月11日号 第41号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ