『不仲の母を介護し看取って気づいた人生でいちばん大切なこと』は、「決して仲がよいとはいえなかった」母親が、がんの告知を受けてから亡くなるまでの葛藤の日々を、川上澄江さんが振り返ったノンフィクションだ。以前バンクーバー新報でもコラムを書いていたことがあるライターの川上さんがカナダを訪れた機会に話を聞くことができた。

 

たとえ独居で要介護でも自宅で暮らすことは可能か? 上野千鶴子氏が10月15日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市のアラン・エモット・センターで、112人の参加者を前に『日本の介護事情』と題して講演を行なった。

 

アメリカ・ワシントン州シアトルからワシントン湖を挟んで東側に位置するベルビュー市で、現地アメリカの子どもたち700人が通う私立小中学校を設立・運営している清水楡華(しみず・ゆか)さん。その日本的なサービスと、高い国際レベルのカリキュラムと指導法は、現地でも高く評価されている。10月13日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのリステルホテルで、清水さんの講演会が開催された。その講演の概要を紹介する。

 

9月27日、バンクーバー市ダウンタウンのリステルホテルにおいて企友会、バンクーバービジネス懇話会、日本・カナダ商工会議所共催による「BC州のLNG(液化天然ガス)の現状とエネルギー・気候変動問題」と題した講演会と対談が催された。講演者にJOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)バンクーバー事務所長・山田剛士氏を、また対談にはJAPEXモントニーLtd.副社長・岸上有紀夫氏を迎えた。LNGプロジェクトとは何か。将来BC州の経済に大きなインパクトを与えるかもしれないプロジェクトだけに、会場に足を運んだ約50人の参加者は熱心に耳を傾け、活発な質疑応答がなされた。

 

「世界中の人たちを笑顔にし、幸せにするコンテンツを提供し続ける会社」、バンダイナムコスタジオ。その北米拠点がバンダイナムコスタジオ・バンクーバー(BANDAI NAMCO Studios Vancouver Inc.)だ。同社のスタジオ責任者でマネージング・ディレクターの福本正史さんに話を聞いた。

 

 

今週の主な紙面
7月20日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ピアニスト・ジェイミー・パーカーが音楽祭『サマー・ミュージック・バンクーバー』で演奏…V-2
認知症と二人三脚…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
企友会・日加商工会議所ゴルフ大会…V-4
20周年を迎えたウエストポイントグレイ日本語クラス…V-16
ヨガと健康…V-22
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
The Nations Cup 2017 日系代表チームが初出場!…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月20日号 第29号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ