バンクーバー市のコンベンションセンターで、9月25日から30日の5日間にわたって国際水族館会議(International Aquarium Congress)が開催された。IACは1960年の開催以降、4年に1度開かれ、世界中から海洋学者、水族館関係者が集まる。昨年は南アフリカのケープタウン、ことしはバンクーバー水族館の主催でバンクーバー市での開催となった。バンクーバー水族館は、非営利団体でありながらも海洋学の世界に大きく貢献している。

 

9月24日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館にて日系カナダ人コミュニティに貢献した人物を称えるコミュニティアワードの授章式と日系センターの活動資金を募る晩餐会が開かれた。約210人の出席は、日系コミュニティを支える思いの集まりだった。

 

ヨーロッパとアジアにまたがる国、トルコ。そのトルコと日本の友好125周年を記念して制作されたのが、映画『海難1890』だ。1890年に起きたトルコ史上最悪の海難事故、軍艦エルトゥールル号遭難事件と、1985年のイラン・イラク戦争時に、トルコ政府が救援機を飛ばしてテヘランに取り残された日本人を救出した出来事という、二つの史実を基にしている。在バンクーバー日本国総領事館及びトルコ総領事館並びに日系文化センター・博物館の共催により、この『海難1890』の特別上映会と記念レセプションが、9月18日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で行われた。

 

『私の戦後71年』に投稿してくださった、トロント在住の丸木英朗さん。兵庫県甲子園生まれで、大阪府立大学を卒業した後、東芝放射線(現・東芝メディカル)に入社、ブラジル移住、アメリカ勤務を経て、現在カナダ在住というユニークな経歴の持ち主だ。その丸木さんが、8月26日から9月4日まで開催された、アメリカズ・マスターズ・ゲームズ(Americas Masters Games)にカナダ代表として参加するため、バンクーバーを訪れた。

 

日本・カナダ商工会議所第13回年次総会が8月30日バンクーバー市内ターミナル・シティ・クラブで開催された。 総会後には今年4月に着任した岡井朝子在バンクーバー日本国総領事が「日本政府の成長戦略と当地における官民連携の可能性」というテーマで講演。日本とブリティッシュ・コロンビア州との経済的なつながりを強化し、両地でのビジネスの相互発展を目指す協力体制をこれから築いていきたいと語った。

その後は懇親夕食会となり、参加した会員約30人が和やかに歓談の時間を過ごした。

 

 

今週の主な紙面
3月30日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚 10…V-3
外から見る日本語…V-5
糸東流空手道正晃会ピンクシャツデー…V-16
NPO「D-SHiPS32」岡井総領事を表敬訪問…V-27
SAORIのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは3月30日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ