オードリー・コバヤシ氏の講演会開催

9月19日、バーナビー市にある日系文化センター・日系博物館のロビーで「出稼ぎ〜明治時代の日本からカナダへの移民」と題した講演会が開催された。講師は、クイーンズ大学教授のオードリー・コバヤシ氏だ。コバヤシ氏は貴重な写真資料を紹介しながら、明治時代の日本とバンクーバーの様子や、移民の背景にあった政治的・経済的要因について、約40人の参加者にわかりやすく説明した。

コミュニティ・スピリットに包まれ、盛大に開催

9月22日、バーナビーの日系プレースで日系プレース・コミュニティ賞授賞式・募金活動ディナーが開かれ、在バンクーバー日本国総領事伊藤秀樹氏、富(とみ)義之領事、BC州多様文化担当大臣ジョン・ヤップ氏を始め260人以上が出席した。授賞式後は日系プレースへの支援を募う活気あるライブ・オークションが行われ、盛大な夕べとなった。

TO | FROM BC ELECTRIC RAILWAY: 100 YEARS
都会の電灯!ブリティッシュ・コロンビア路面電車100年祭!

9月15日から11月10日まで、ダウンタウン・イーストサイドにあるセンターAで『TO | FROM BC ELECTRIC RAILWAY: 100 YEARS』(都会の電灯!ブリティッシュ・コロンビア路面電車100年祭!)と題した展覧会が開かれている。
カナダ在住の現代アーティストの作品を通して、バンク−バー市の初期の重要な建築やさまざまなコミュニティの歴史を伝えるのが目的だ。キュレーターの原万希子さんの解説で、日系アーティスト、シンディー・モチヅキさんの作品を見せてもらった。

感謝の言葉がもたらす小さな奇跡

リッチモンド市JTBインターナショナルオフィスで9月8日(土)、期待に胸をふくらませて参加した90人を前に、「なぜ感謝するとうまくいくのか」と題して五日市剛(いつかいち・つよし)さんが4時間近くの講演を行った。彼の体験談が書かれた小冊子『ツキを呼ぶ魔法の言葉』と関連書籍を合わせると累計340万部を超え、講演参加者はのべ40万人に上る。

平成24年度外務大臣表彰を受賞した八木慶男氏の表彰式が8月31日、在バンクーバー日本国総領事公邸で開かれた。八木氏は1988年から12年間バンクーバー日本語学校並びに日系人会館(VJLS-JH)理事長を務め(現・副理事長)、その他の分野でも過去30年にわたりいろいろなボランティア活動に奔走するなど、日本とカナダとの相互理解の促進に寄与した功労により日本政府より表彰を受けた。在バンクーバー日本国総領事伊藤秀樹氏より表彰状を受け取った八木慶男氏は、関係団体、友人や家族など約40人に囲まれ、和やかに受賞を祝った。

 

今週の主な紙面
8月22日号 第34号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
リンダ・オオハマ映画監督による演劇 「From the Inland Sea」…V-12~13
オタワ便り…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5
$5クッキング…V-23

詳しくは8月22日号 第34号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ