特別講演会『人生に余りはない』

7月18日、ダウンタウンのコースト・コールハーバーホテルで、曻地三郎氏(医学・文学博士)による特別講演会が開かれた。曻地氏は現在105歳。99歳から毎年世界一周講演旅行を開始し、7回目の今年は機中で106歳誕生日を迎え、ギネスの高齢者世界一周記録に挑戦中。国際心理学会参加のため、南アフリカ、ケープタウンへ向かう旅の途中、バンクーバーに寄航した。在バンクーバー日本国総領事伊藤秀樹氏と田中朝絵医師をゲストに、会場いっぱいの70人以上の参加者が長寿健康の秘訣、幼児・障害者教育など、曻地氏の元気で楽しいトークに聞き入った。

日々の厳しいビジネスをすっかり忘れて

7月15日、メドー・ガーデン・ゴルフクラブで、恒例の企友会・日加商工会議所共催のゴルフ大会が開催された。当日はあいにくの雨模様。しかし、後半は雨も上がり、さわやかな風そよぐなか、7組27名で熱戦を繰り広げた。

世界一住みやすい都市として脚光を浴びるバンクーバー。アウトドアスポーツに最適な大自然、国際色豊かなレストラン、また飽きることのないエンターテイメント、そして年間を通して比較的温暖な気候。そのためか、毎年、観光客から新移民まで、バンクーバーに魅せられて渡加する人は少なくない。そして人気があがると同時にあがってしまうのが家賃。そんな住民の負担を軽減しようと、2006年からHousing Matters BCの一環として、州政府が低所得の家庭を対象に、家賃のサポートを行っている。本紙ではBC州賃貸住宅手当について紹介する。

7月1日(日)午後7時より9時まで、バンクーバー市内のダウンタウンでカナダデー・パレードが開催された。カナダデーはカナダの建国記念日であり、毎年国内各地で様々なイベントが催されている。カナダデー・パレードはそのひとつで、ダウンタウンのジョージア・ストリートとブラウトン・ストリートの角から、バラード・ストリートを経てヘイスティング・ストリートまでを練り歩いた。今年で4回目を迎えるこのパレードには、計56組の団体が参加。約10万人の観衆が所狭しと沿道に詰めかけた。

 

今週の主な紙面
6月13日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
投稿「ギリシャ旅行記」…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月13日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ