2016年9月1日 第36号

 ジャスティン・トルドー首相は8月30日午後(現地時間)北京に到着。中国との2カ国会談、同国杭州での20カ国・地域(G20)首脳会議に臨む。トルドー首相の中国訪問は4回目、首相としては初めて。今回は夫人と長女も同行している。

 到着早々、トルドー首相は中国の起業家で構成されている中国起業家クラブ主催の集まりに出席。司会を務めたアリババ創設者ジャック・マ氏をはじめ、中国の億万長者が顔を揃えた中、カナダと中国の関係強化を訴えた。

 トルドー首相は「中国はカナダとの関係を強化することによって、中国の国際的イメージを改善できる」と語り、中国にはカナダが必要との認識を示した。

 人権問題などから保守党スティーブン・ハーパー首相時代には関係が悪化した中加関係。約40年前、中国が国際社会へ扉を開くきっかけになったのが、ピエール・トルドー元首相の中国訪問だっただけに、新たな中加関係を期待しているとマ氏は語った。

 今回の2国間会談では、中国当局に拘束されているカナダ人ケビン・ガラットさんの解放や、9月1日から中国が検査強化を実施予定のキャノーラ問題、アジアインフラ投資銀行(AIIB)、人権問題などが話し合われるとみられている。

 トルドー首相は30日の晩餐で李克強首相と、31日には習近平国家主席との会談が予定されている。

 カナダ閣僚では、ビル・モルノー財務相、ステファン・ディオン外相、クリスティア・フリーランド国際貿易相が同行している。

 

2016年9月1日 第36号

 バンクーバーで住宅を維持するためにかかる費用が所得の90・3パーセントになることが8月30日分かった。カナダの銀行ロイヤルバンクが報告した。

 この数字は、住宅を維持するためにかかる費用(住宅費用)には、住宅ローン、固定資産税、光熱費が含まれ、世帯の税引き前所得に対し、どのくらいの割合を占めているかを示したもの。対象となっているのは全ての種類の住宅で、全国14都市で調査している。今年が26回目。

 バンクーバーでは、第1四半期に6・6パーセント、第2四半期に6・1パーセント上昇、今年6月30日時点で90・3パーセントに達し、26年間で最も高い数字となった。数字は1戸建てでさらに顕著で126・8パーセント。住宅費用が所得を越える数字となっている。

 他の都市ではトロントで60・2パーセントで1990年以来の高い数字となったが、多くの都市では概ね数字は緩やかに下がっている。カルガリー、セント・ジョン(ニューブランズウィック州)、セント・ジョーンズ(ニューファンドランド&ラブラドール州)では大きく下がっている。

 第2四半期の全国平均は42・8パーセント。第1四半期よりも1・2パーセント上昇、前年同期比で2・9パーセント上昇している。

 

2016年9月1日 第36号

 カナダ公安省は25日、イスラム国やその他のテロ集団に参加するため海外に渡航したカナダ人が昨年末で約180人になったと報告した。2014年初めの前回調査では約130人で、増加している傾向が明らかになった。

 180人のうち約半数がトルコ、イラク、シリアにいるとみられている。女性の割合は約20パーセント、子供を同伴する場合もあるとも報告している。

 昨年末で、テロ集団参加目的で海外渡航してカナダに帰国したのは約60人。これらの人物は連邦警察が監視しているとラルフ・グッデイル公安相広報は発表している。

 今回の報告は自由党政権になって初めての総合的な報告書。自由党政権は、前保守党政権が拡大してきたカナダ安全情報局(CSIS)の権限を縮小する方針を政権奪取後打ち出している。8月初めにはイスラム国を支持する男性が手製爆弾でオンタリオ州の都市を攻撃する計画を警察が未然に防いだという事件もあったが、今回の報告書やそうした事件でCSISの権限縮小を見直す方針は今のところないという。国内のテロ警戒レベルは「中」のまま変更されていない。

 世界的には西側諸国の国民少なくとも6600人がテロ集団参加のために海外渡航しているとされている。その中ではカナダの数字は小さいがテロ集団の中で重要や役割を担っていることもあり、今後もこうした海外渡航者の行動は監視するとしている。

 

2016年9月1日 第36号

 自由党政権は26日、国連平和維持活動への参加を強化すると発表した。4億5千万ドルの支援とカナダ兵士600人、警察官150人を派遣する。空輸活動、医療、エンジニアリング、兵士などの訓練活動も活動内容に含まれている。

 カナダ兵の派遣先についてはアフリカが有力で、マリ、コンゴ、中央アフリカ共和国の名前が挙がっている。情勢が不安定なアフリカだが、カナダ軍の任務は「平和維持活動」に徹することをカナダ国連大使マーク‐アンドレ・ブランチャード氏は地元ラジオ局のインタビューで強調した。

 派遣先は9月にイギリス・ロンドンで行われる国際平和維持活動会議か、ニューヨークで行われる国連総会で正式決定する。

 国連平和維持活動への積極参加は自由党政権の公約でもあり、9月の国連総会にはジャスティン・トルドー首相も参加する。

 

2016年9月1日 第36号

 オンタリオ州トロントの西隣ミシサガ市の女性が28日、空手の最高段位、黒帯を授与された。

 今年72歳になるグロリア・スミスさん、実は8年前に乳がんを患い、摘出手術と化学療法を受けた経歴がある。闘病生活から学んだことは、「やりたいと思ったことは、やってみること。そのチャンスは2度と巡ってこないかもしれないから」だった。

 65歳で教職からリタイアしたスミスさんが最初に興味を持ったのは、太極拳。2年間これを習ったが、次第に空手に興味を持つようになり、アカデミー・オブ・マーシャルアーツの8週間体験コースに参加することにした。当然、これが彼女にとって初めての空手だった。しかし習い始めてみると、空手が単なる技の練習ではなく、礼儀、思いやり、尊敬といった人生そのものの鍛錬であることを知り、すっかり空手のとりことなった。

 以来ほとんど毎日、アカデミーに通い20代から40代の生徒に混じって稽古を続けてきたスミスさん。そんな彼女に対して、年甲斐もなくとか、無理をしないようになどと揶揄する人は皆無だった。それどころか、互いに切磋琢磨し助け合う姿勢を見せてくれたと、スミスさんは取材に語っている。

 スミスさんが通うアカデミーは、トロント郊外のブランプトン、ミルトンのほか、アメリカ・フロリダ州ネープルズにも支部を持ち、在籍生徒数約3000人を数える。しかしそれでも、スミスさんのように70歳を越えてから黒帯保持者になった人は、同校28年の歴史の中でも初めてだと、スミスさんのヘッドコーチ、イアン・ジェイさんは語っている。

 また、空手は若い人だけのものと勘違いされがちだが、どんな年齢の人でもできるものであり、スミスさんはそれを見事に示してくれたと、ジェイさん。さらに年を言い訳にしてしまうと、できることもできなくなってしまうが、何かをやろうとすることに遅すぎることはないことも彼女が体現してくれたと、付け加えている。

 日常的に関節炎の痛みに苛まれているスミスさんだが、それを言い訳に稽古を休むことはない。黒帯授与にあたり、これはあなたの今までの結果であり、ゴールではないとの言葉をもらったというスミスさん。本人も続けられる限り稽古を続けるつもりで、「習うのを止めた日が、自分が死に向かう日だ」と語っている。

 

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ