2017年3月30日 第13号

 自由党政権は27日、マリファナ合法化に向けて法案を来月に提出することを発表した。2018年7月1日施行に向け調整する。4月10日の週に法案を提出し、諮問委員会からの提案を受ける。

 マリファナ供給については、犯罪目的や健康への被害など、安全面、健康面などの法整備については連邦政府が担い、販売許可なども連邦政府が担当する。

 しかし、詳細については各州政府で設定できるようにするとしている。例えば、購入可能年齢については連邦政府は18歳以上と設定するが、各州政府でそれを引き上げることは可能。販売方法や価格設定も州政府に一任する。

 今回の連邦政府の発表に対し各州政府は、概ねでは賛成しているものの、州政府の負担が増すようなことは避けてもらいたいと本音を漏らした。

 自由党は2015年の選挙期間中からマリファナ合法化を公約としていた。政権を取って以降、いつ合法化するのかとの声が周りから上がっていたが、今春には法案を提出することを昨年の時点で、すでに公表していた。それを実現した形となった。

 マリファナを合法化することについて、連邦政府は「政府が合法化し、法整備し、規制することによって、子供の手に入りにくくすること、犯罪者の収入源となることから遠ざけることができる」と理由を説明している。

 

 

2017年3月30日 第13号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府は28日、ラングレー市のトランス・カナダ・ハイウェイ拡張工事第2段階に1億1300万ドルを充てることを発表した。

 ラングレー市の216ストリートと264ストリートの8キロメートル区間を6車線に拡張する。

 BC州トッド・ストーン運輸相は、安全性の確保と渋滞緩和が目的と語った。この辺りは、メトロバンクーバーと、フレーザーバレー地区と、アボツフォード市へとつながる交通の要所で、常に渋滞しているという。将来的なアボツフォードまでのハイウェイの拡張も視野に入れていると州政府は語っている。

 

 

2017年3月30日 第13号

 ブリティッシュ・コロンビア州新民主党(NDP)ジョン・ホーガン党首は27日、NDPが政権をとったら党の政治的広告を禁止すると語った。

 ホーガン党首によると、NDPはこれまで公共広告への基準設定や会計検査院による政府広告の精査、選挙4カ月前の政府広告の停止などの提案を議会に提出してきたという。自由党の反対により否決されている。

 今回のホーガン党首の主張は先週、バンクーバーの弁護士からBC自由党政権が税金を使って党の利益となる広告を行っているとして、広告費を返金するよう求められていることを受けてのもの。この件については会計検査院も疑問を呈している。

 BC州政府と会計検査院長官は今週中にも面会する予定になっている。

 BC州議会議員選挙は今年5月に行われる。

 

 

2017年3月30日 第13号

 カナダ統計局は24日、2月のインフレ率が前月2・1パーセントから2・0パーセントに下落したと発表した。ロイターによると、予測では2・1パーセントと変化なしとされていたという。

 インフレ率低下の要因は、食料品と電話代への消費低下。一方で、ガソリン価格は上昇し、前年同月比で23・1パーセント上昇している。

 カナダ銀行は、2・0パーセントを目標インフレ率と設定している。スティーブン・ポロズ総裁は28日、カナダ経済は、まだまだ成長する余地はあるとの見解を示した。原油価格急落がカナダ経済に大きな影響を与えたが、その影響からまだ完全には立ち直っていないと語り、現在の低金利がカナダ経済の成長を後押しすると語った。

 

 

2017年3月30日 第13号

 2014年のソチ冬季五輪大会で銅メダルを獲得した、サスカチワン州レジャイナ市出身のスノーボーダー、マーク・マクモリスさん(23歳)が25日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー近郊でバックカントリー・スノーボード中に大けがを負い、バンクーバー総合病院にヘリコプターで救急搬送された。

 マクモリスさんは今シーズン、Xゲーム大会(X Games)でメダルを3個獲得しているほか、ワールドカップでは2個のクリスタルトロフィー(ひとつは冬季五輪の新種目となったビッグエア競技、もうひとつは総合優勝)も手に入れている。

 マクモリスさんのけがの詳細は明らかにされていないが、あご及び左腕の骨折、脾臓破裂のほか、骨盤にもひびが入った模様。さらに肋骨も骨折し左の肺が潰れたとのこと。

 先週末の段階で2つの手術を行い、呼吸の確保と、あご、腕の骨折の治療が施された。カナダチーム所属の医師によると、どちらの手術も成功したが、今の段階でマクモリスさんがいつごろ復帰できるかはわからないと話している。

 マクモリスさんは2016年2月にも、アメリカ・ロサンゼルスで行われていたエアー・アンド・スタイルの大会2日目に大転倒、大腿骨を骨折する大けがを負っている。しかしその後の回復は比較的順調で、同年7月のメディアの取材には85〜90パーセント治癒していると語っていた。

 また2014年のソチ冬季五輪のスロープスタイル競技では、その直前のXゲームでの負傷(肋骨にひび)を押して出場し、銅メダルを獲得している。

 このこともあり、カナダ・スノーボーダー連盟のエグゼクティブ・ディレクター、パトリック・ジャービスさんは、マクモリスさんが、とびぬけた回復力の持ち主であり、2018年の冬季五輪を目指してリハビリを開始するだろうと語っている。

 

 

 

今週の主な紙面
7月11日号 第28号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Hello Community「マーポールチャリティーガレージセール最終報告」…V-3
地震注意喚起情報…V-6
MOVIES TIME OUT…V-11
世界各国からミュージシャンが集まる バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは7月11日号 第28号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ