2017年1月19日 第3号

 マニトバ州ウィニペグ市に住むジョナサン・マカローさんは6日、自身のミニバンで走行中パトカーに停止するよう命じられた。

 その理由が思いつかないでいたマカローさんに対し、警察官はなぜ車の屋根に大量の雪を積んだまま走っているのかと質問した。

 マカローさんによると、その時ミニバンの屋根に残っていた雪の厚さは、せいぜい7〜10センチだったという。答えに窮しているマカローさんに、警察官は積載物の転落等防止措置義務違反として、237ドル50セントの違反切符を手渡した。

 積載物の固定に関するマニトバ州の法律については知っていたが、それが屋根に残った雪にまで適用されるとは思ってもみなかったと、マカローさん。

 その一方でウィニペグ市警察は、雪もマニトバ州道路交通法が定める積載物の範疇に入るとの見解を表明している。道交法では、積載物は走行中に移動して車の安定性を損なったり、車から落下してまわりの車両などを危険にさらしたりしないよう固定させなければならないとあり、雪であれなんであれ、基本的に車の一部でないものはこれにあたるというのが、警察の説明だ。

 マカローさんの友人が、その違反切符をフェイスブックに掲載したところ、賛否両論のコメントが寄せられたという。雪下ろしをしなかったマカローさんを怠惰だったと責めるコメントもあれば、厚さ7〜10センチは大量の雪とは思えない、道交法がおかしいというものもあった。

 マカローさんは、今回の違反切符に関して、無効か減額を法廷に訴えることにしている。彼は、雪を載せたまま車を運転すると違反切符を切られるということは一般に知られておらず、多くの人にこのことを伝えたいと話している。

 

 

2017年1月19日 第3号

 アルバータ州レッド・ディアーの北西60キロメートルほどにあるリンベイで9日、沼地の上に張った氷を踏み抜いて身動きが取れなくなった馬が、近所の人の協力で助け出された。

 この馬がロイド・クリークの凍った沼にはまってもがいているのを、地元のコディー・スコットさんが見つけた。馬は馬車の牽引用などに用いられるクライスデール種のメスで、彼はこの馬が近所の家の馬であることに気がついた。体重は700キログラム近かったという。

 スコットさんは最初、友人らとともにロープで馬を引き上げようとしたが、うまくいかなかった。そこでロープをスノーモービルで引っ張ってみたが、もがき続けるびしょ濡れになった馬の重みで、そのベルトが切れてしまった。

 馬も必死にもがき続けるが、そのためにかえって沼の深みにはまっていった。時間との戦いだったと語るスコットさんは、再び人力での救出を試みた。

 奮闘すること3時間あまり、ついに馬が片方の前足を氷の上に出すことができた。さらにスコットさんらが、もう一方の前足を引き上げることに成功、馬はようやく自力で這い出すことに成功した。

 最終的にはRCMPと地元消防団も駆けつけた救出劇の一部始終は、スコットさんが胸につけていたアウトドア用動画カメラで撮影された。スコットさんは生まれてこの方、馬に囲まれて育ってきたが、いてつく寒さの中でのこの馬の忍耐力には感動したと、取材に語っている。

 氷の上に這い上がってから、馬が立ち上がるまでには2〜3分かかったが、その後馬は飼い主のもとに戻った。この馬を診察した獣医は、しばらくすれば完全に回復するだろうとスコットさんに話していたという。

 

 

2017年1月19日 第3号

 メキシコ東部の観光地、プラヤデルカルメンのナイトクラブで16日未明、銃乱射事件が発生したが、その被害者の中にカナダ人が含まれていた。

 そのうちの1人は、オンタリオ州ハミルトン市のカーク・ウィルソンさん(49歳)であることが、友人らによって確認された。

 事件が起こったのは、地元で開催中のBPMエレクトロニック音楽のフェスティバルの会場にもなっていた、ブルー・パロット・ナイトクラブ。この観光地があるキンタナ・ロー州政府のウェブサイトによると、ウィルソンさんはこのナイトクラブの警備スーパーバイザーとして働いていた。

 銃撃は午前2時半ごろ、店に入って来た男と中にいた男との間で始まったと、同州警察はメディアに説明している。また撃ち合いは、二人のけんかの末に起こったものだとみられている。この争いをやめさせようと間に入ったウィルソンさんら警備員も、銃撃に巻き込まれる形となった。

 ウィルソンさんの友人の話では、ウィルソンさんはトロントのナイトクラブ、ザ・ガバメント・アンド・キューブや有名人、企業などのセキュリティガードとして長年働いてきた。彼と6年間仕事をともにしてきた友人はウィルソンさんのことを礼儀正しく控えめで、かつ勤勉だったと形容している。また体格が良いことから、よくナイトクラブの入り口警護を担当していたという。その人当たりのよさが、緊迫した状況を和らげたことも多く、彼が利用客をぞんざいに扱ったりすることは見たことがないと、この友人は取材に語っていた。

 

 

2017年1月19日 第3号

 マニトバ州ウィニペグ市警察が昨年購入した装甲車の、昨年末までに事件で出動した回数と広報活動に参加した回数がほとんど同じだったことから、一体何のために市民の税金を使っているのかという批判にさらされている。

 ウィニペグ市警察が、その活動をより迅速・安全にするための画期的な装備として昨年6月に購入したこの装甲車、金額は34万2800ドル。大型SUVをさらに大きくいかつくし、つや消し黒に塗られたこの車両、重量は7トンを超え、車体の各所に銃を外に突き出せる射撃窓を8つ備えている。

 しかし、その出動回数は昨年末までで20回だった。その一方でウィニペグ市警察の警察犬カレンダーの写真や、地元カナディアン・フットボールチームのブルーボマーズとの撮影会に登場したり、またサンタパレードへ参加したりするなど、広報活動として合計15回出動している。そのほか、クリスマスシーズンには、クリスマスプレゼントが盗難被害に遭わないよう、安全な場所に保管するようショッピング客に呼びかける広報ビデオに出演もした。

 他の市警察(オタワ、モントリオール、バンクーバー、トロント、カルガリーなど)も、こうした装甲車両を所有しているが、例えばカルガリー市警察の場合はその出動回数は月に40〜50回に上るという。ウィニペグ市警察は、今後の出動回数がどのように推移していくかはわからないが、引き続き広報活動にも使用していくとコメントしている。

 カナダ・タックスペイヤー連盟のトッド・マッケイさんは、この車両購入が本当に必要なものだったのかどうか精査する必要があると指摘している。警察の予算を何に使用するかは、市警察と市の警察理事会の一存で決められるが、ブライアン・ボウマン・ウィニペグ市市長は、税金を支払っている市民が、その金額に見合ったサービスを受けられるようにしたいと取材に語っていた。

 

 

2017年1月12日 第2号

 トロント不動産協会は5日、昨年12月のグレータートロント地域の住宅販売数が前年同月比で8・6パーセント増加したと発表した。2016年全体では前年比で11・8パーセント増加している。また同地域の昨年12月の平均住宅価格は730・472ドルで前年同月比20パーセント上昇。2016年を通しての平均価格は729・922ドルで前年比17・3パーセント上昇となっている。

 同協会代表ラリー・セルカ氏は、同地域の経済が好調なこと、失業率が低いこと、人口が増え続けていること、住宅ローン金利が低いなどのさまざまな要因がこの地域での住宅需要を押し上げていると説明している。

 また今回初めて調査会社イプソスに、同地域での海外住宅購入者数の調査を依頼。10月6日から10月21日までに約3500人の不動産売買仲買人にオンラインで行った調査回答を基にした結果は、4・9パーセントだったと発表した。トロント市では5パーセントだった。必ずしも海外購入者が価格を引き上げているとの認識は正しくないとの見方もある。

 その他の要因の一つに供給数が少ないことを指摘する声もある。2016年の購入可能住宅数は前年比で4パーセント減少。政府の住宅購入に関する規則変更は、高い需要を抑えることに焦点を当てているが、供給を増やす方策が必要なのではとの声も上がっている。

 一方、グレーターバンクーバー不動産協会は4日、昨年12月のグレーターバンクーバーの住宅販売数は前年同月比で39・4パーセント減少したと発表した。しかし価格はベンチマークで897・600ドルと前年同月比で17・8パーセント上昇している。

 グレーターバンクーバー不動産協会代表ダン・モリソン氏は、販売数は昨年3月のピーク時から徐々に落ち着いてきているが、価格は6カ月前よりは2から3パーセントは下がっているものの、前年比では販売数ほどの劇的な下落率にはなっていないと説明した。

 グレーターバンクーバーの不動産には、昨年8月からブリティッシュ・コロンビア州政府が15パーセントの海外購入者税を導入。その影響については、数カ月が経ってもまだ様子見といった感じが強いと説明している。今春くらいには人々の傾向が見えてくるのではないかと分析している。

 

 

今週の主な紙面
4月18日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
サンラン グラッドストーン日本語学園…V-2
VAM ジョン・キムラ・パーカーとイアン・パーカーが共演…V-2
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月18日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ