2016年9月15日 第38号

 カナダ統計局は9日、8月の就業者数が2万6200人増となったと発表、前月の3万1200人減から大きく増加した。ただ、労働市場へ参入した就業希望者も増加したため、失業率は前月の6・9パーセントから7・0パーセントに悪化した。

 フルタイムが増加し5万2200人増、パートタイムは2万6000人減だった。要因は公的機関での雇用が増えたことで5万7000人、民間で8300人、自営業は3万9100人減少した。

 地域別ではケベック州が2万2000人増、ただ失業率は7パーセントから7・1パーセントに悪化、ニューファンドランド・ラブラドールが4000人増で12・8パーセントから12・3パーセントに改善、ニューブランズウィックは3000人減だったものの9・7パーセントから9・4パーセントに改善した。失業率が最も低いのはブリティッシュ・コロンビア州で5・5パーセント、前月よりも0・1パーセント改善している。

 カナダ銀行は7日、金利を0・5パーセントのまま据え置くと発表。今後の経済見通しについては、今年後半は大きく成長するだろうと予測。今年5月にアルバータ州で起きた大規模山火事からの回復と自由党政権の経済刺激策の効果が表れてくるとみている。

 

2016年9月15日 第38号

 1970年代にアルバータ州で犯罪を起こして以来、数々の性犯罪を繰り返してきたラリー・タカハシ受刑者(63歳)に対し、昼間の外出許可が認められた。

 同受刑者は、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内にある社会復帰のための施設ハーフウェイ・ハウスに収容されている。1984年には当時29歳だった女性への暴行の罪で刑務所に収監されたほか、複数の強姦、変装、加重性的暴行罪のほか、監禁、武器を使用した性的暴行の罪などで終身刑に服している。

 また、最近出された仮釈放委員会の報告書によると、タカハシ受刑者が再び犯行に及ぶ可能性はかなり高いとされており、特に10代の女性に危害を与える危険性が高いという。

 そのようなタカハシ受刑者に対して先月、門限を厳守する条件付で外出が認められたというニュースが報道されると、コミュニティの安全に対する不安の声があがり、先週末にはバスや街角でタカハシ受刑者を見かけたという目撃者談を、メディアがとりあげたりした。

 しかし警察は、同容疑者は今のところ施設から出ないことにしていると、目撃情報は人違いであるとのコメントを発表している。また、警察はタカハシ容疑者の行動を監視しているとした上で、いずれは同容疑者が街角で目撃されるようになるだろうが、もし彼が外出中に科せられた義務ーアルコールの摂取、購入や所持の禁止などーに違反しているのを目撃した場合は、速やかに警察に通報するよう呼びかけている。

 タカハシ容疑者は身長180センチ、体重70キログラムで、短い白髪で目は茶色。普段は度入りの眼鏡をかけている。

 

2016年9月15日 第38号

 オンタリオ州トロントに住むビッキー・マカラムさんには、27歳になる息子ジュリアンさんがいる。彼は耳が聞こえず、知的障害と遺伝子疾患を患っており、自宅での家族のサポートなしには生活が困難な状態だ。

 そんな息子のため、マカラムさんはオンタリオ州政府に対して長年、援助の申請を続けてきた。しかし当局からは何の返答もないまま。州議会議員にかけあっても、なしのつぶて。

 かつては補助金を支給されていたこともあったが、それも彼がスーパーで週5時間のアルバイトを始めたとたんに打ち切られた。

 「彼の存在が忘れ去られている」と嘆くマカラムさん。しかし、彼女の息子のケースは決して珍しいものではない。最近オンタリオ州の行政監察機関がまとめた報告書によると、成人を迎えた障害を持つ人に対するサポートの不備により、支援が行われなかったり、虐待を受けたり、また適切なケアを受けられないまま刑務所や病院に送り込まれてしまうケースが後を絶たないという。

 そのような状況の中、マカラムさん夫妻は家を売却し、息子のためにタウンハウスを購入することにした。彼が環境に慣れるまでは一緒に暮らし、可能なサポートやルームメイト探しを行うつもりだという。最終的には、彼が自活できるような、自家製グループホームのようなものを目指す。

 そうして、そのような流れが拡大して同じように障害を持った成人たちのコミュニティが形成され、政府からの支援を得られるようになることを、マカラムさんらは望んでいる。政府にはこうした人々やその家族に対する敬意と、さらなる情報と制度の透明性を高めることを求めている。

 

2016年9月15日 第38号

 ニューブランズウィック州の首都フレデリクトンの男性が所有していた人形が、1万ドルでコレクターに売却された。

 この高さ20センチほどの首振りホッケープレーヤー人形を、中古品を扱う店バリュー・ビレッジで7〜8年前に購入したノーマン・マクドナルドさんが払った金額は、わずか2・99ドルだった。

 つい2カ月ほど前までは気にしていなかったが、マクドナルドさんはあらためてこの人形のことを調べてみる気になった。そしてわかったことは、この人形はチョコレート店ローラ・セコールが出したもので、全部で6種類のホッケーチームのコスチュームを着た人形のうちのひとつだったということ。ちなみに、1964年に日本で製造されたものだった。

 さらにこの人形を超レアものにしているのは、カラーリングに大きな間違いがあるところ。この人形はボストン・ブルーインズの選手のはずなのだが、着ているのは同チームの黄色と黒のユニフォームではなく、モントリオール・カナディアンズの赤と青のユニフォームに、ブルーインズを示す『B』のロゴを付けたという、ありえないユニフォーム。コレクターによると、この人形は世界中に13体しか残っていないという。

 この人形の素性を知ったと同時に、その熱心なコレクターがいることも判明した。ニューヨークに住むコレクターは、その日のうちに3000ドルでの買い取りを申し出てきた。マクドナルドさんが回答をしぶっていると、4000ドル、6500ドルと値を上げてきた。最終的にマクドナルドさんが1万ドルを提案、交渉が成立した。他にも買い取りを申し出てきたコレクターもいたが、この6種類の人形を全てそろえるため、最後になったモントリオール・カナディアン風ボストン・ブルーインズの人形を何年間も捜し求めてきたというニューヨークのコレクターの夢をかなえさせたいと思い、彼への売却を決心したという。

 わずか3ドルで購入した人形に1万ドルの価値があったことに満足はしているマクドナルドさんだが、最初にこの人形を買おうと思ったのは、この人形が気に入ったからで、それなりの愛着があった。いざ手放すとなると、後ろ髪を引かれる思いもあったと語っている。

 また、今回の一件には、自分の実力だけではなく運も味方してくれていたと感じたマクドナルドさんは、得たお金の一部をチャリティに寄付すると話している。

 

2016年9月15日 第38号

 メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは10日、アウェーでコロンバス・クルーSCと対戦。プレーオフ進出に向け、もう1試合も負けられない一戦で、先制を許しながらも逆転で勝利し、9試合ぶりの白星で、なんとか踏ん張った。

 この日は、前試合で退場処分となったカール・ロビンソン監督が出場停止となったが、選手たちはプレーオフへの望みをつなぐ執念を見せた。

 前半11分に先取点を取られたが、13分に相手のオウンゴールで同点。そして後半に入り、74分、MFジェイコブソンが決めて逆転。最後は今季ゴールが決まらず苦しんだFWハタードがダメ押しゴールを決め、3‐1で勝利した。FW工藤は先発。試合開始早々、シュートを放つもゴールはならなかった。

 チームは7月13日以来の白星で、9試合ぶりに勝ち点3を獲得。9勝13敗7分で勝ち点34となり、西カンファレンス7位に浮上した。

 ただ、プレーオフ進出の境界線となる6位以内に入るには、勝ち点38の6位ポートランド・ティンバーズとの勝ち点差4を縮めなければならない。残りは5試合、まだまだ厳しい状況に置かれていることには変わりはない。

 次の試合は17日、シアトルでサウンダーズFCと対戦。今季は現在9位と低迷しているカスケディアライバルのサウンダーズに、まずはアウェーで勝利し、勢いをつけてホーム2試合を戦い、プレーオフ進出に望みをつなぐ。

 

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ