ブリティッシュ・コロンビア州のビクトリア大学は、「不正義の光景」と題した、第二次大戦中にカナダ政府が行った、日系カナダ人の財産没収について大規模な調査研究を行っている。

 このプロジェクトの主要パートナーを務める同州バーナビーの日系文化センター・博物館は先日、そのための資料となる、戦前に製材業で巨額の富を築いたエイキチ・カゲツの遺産を、その子孫から譲り受けた。

 エイキチ・カゲツが来加したのは1906年。最盛期には自社の鉄道路線や従業員のための町、牡蛎の事業も所有していた。本社事務所をバンクーバーダウンタウンに構え、自宅をバンクーバーのケリスデール地区に持つとともに、避暑用の家もウェストバンクーバーに所有していた。またバンクーバー島ファニー・ベイ近くのディープ・ベイでは、材木切り出し業も行っていた。

 さらに日系カナダ人協会の会長職を10年にわたって務め、皇室関係者など日本からの要人が当地を訪れた際には、その応対にも当たっていた。

 そんな彼が所有していた資産は、1943年にカナダ政府に没収・払い下げされた時点で現在の値段で約8百万ドルの価値があったと見積もられている。

 そんなエイキチ・カゲツの末息子ジョンさんの未亡人(アメリカ南部在住)のもとを、昨年秋に日系文化センター・博物館館長シェリー・カジワラさんと、同博物館資料収集記録研究員リンダ・カワモト・リードさんが訪れた。その目的は、カゲツ家の歴史を後世のために保管するという、未亡人との約束を果たすためだった。

 カジワラさんらは未亡人から、日記や写真、木炭画のほか当時の名刺、豪華な装丁がなされた本や布地など、重さにして90キログラム以上の遺品を譲り受けた。

 これだけの資料が、いまだに保存されていただけでも驚きだとカジワラさんは語る。またビクトリア大学の歴史学を教えるジョーダン・スタンガー=ロスさんも、この資料から移民の生活や直面した困難、またバンクーバー島での労働状況がわかるほか、事業において稀有の成功を収めた移民の努力の全てを、この国の人種差別が葬り去っていく様子を知るための貴重な資料になると説明している。

 今回のプロジェクトは、社会・人文学研究所からの資金援助を受け、ビクトリア大学が15の団体の協力を得て7年計画で行っている。その目的は、日系人に対するカナダの人種差別の歴史を掘り起こし、これからのこの国の民主主義の健全な発展に役立てようというもの。

 そのハイライトは、2021年に予定されている、カナダ各地を巡って開催される調査研究結果の展示会。さらにこのプロジェクトでは、学校教材のほかウェブサイトや関連書籍の出版なども予定している。

 

System.String[]

 ハルジット・サージャン国防相は6月30日、カナダ軍をNATO(北大西洋条約機構)の任務の一環として東欧に派遣すると発表した。

 ロシアに近い地域で多国籍戦闘群の立ち上げに合流する。すでにアメリカ、イギリス、ドイツの参加が決まっている。詳細は発表しなかったが、派遣地域はラトビアとされ、500人から1000人の兵士をNATO軍が撤退を決定するまで派遣する予定とみられている。カナダはこれまで東欧にはNATO軍として、クリミアやポーランドに兵士を派遣している。

 今月1日、北米3カ国首脳会議に出席するためにオタワを訪問していたアメリカのバラク・オバマ大統領は、国会で演説。「NATO同盟国として、そしてカナダの友人として、カナダを含むすべてのNATO加盟国が、共通の安全を共有するために貢献することで我々の安全が確保される」と語り、「カナダ軍は非常に優秀であり、誰かの言葉を引用させてもらうならば、世界がもっとカナダを必要とし、NATOがもっとカナダを必要とし、そして、アメリカがカナダを必要としている」とカナダのNATOへの任務の重要性を説いた。

 

System.String[]

 オンタリオ州オタワで3日、道端でレモネードを売っていた少女らが、販売に必要な許可を当局から得ていなかったことを理由に、そのスタンドを撤去するよう指導された。

 同市のリドー運河沿いに並行して走るエコー・ドライブとコロネル・バイ・ドライブを隔てる、幅5メートルほどの緑地にスタンドを出していたのは、エリザ・アンドリュースちゃん(7歳)と、妹のアデラちゃん(5歳)。特にコロネル・バイ・ドライブは、ナショナル・キャピタル・コミッションが管理するパークウェイの一部で、5月から9月までの日曜日は車の通行が禁止され、歩行者のほか自転車やローラーブレード愛好家に解放されている。

 こうした絶好のロケーションで、サマーキャンプに参加する費用を捻出するためにレモネードを1杯1ドルで売っていた姉妹。好天にも恵まれ、2時間足らずで52ドルの売り上げがあったという。

 しかし午前11時ごろ、自転車で通りかかった女性が、ここでの物品の販売は禁止されていると彼女らに忠告。一緒にいた父親のカーティス・アンドリュースさんは、にわかにはこの女性の言うことを信じられなかったが、やがて到着したナショナル・キャピタル・コミッションの係員に、そのとおりであると告げられた。

 係員の対応は丁寧だったが、制服姿の彼からは威圧的な雰囲気があったと、アンドリュースさんは取材に語っている。また、その場で販売許可を購入すると係員に申し出たものの、却下されたと付け加えている。

 結局その場から撤収せざるを得なかったエリザちゃんたち。「せっかく多くの人にレモネードを買ってもらえていたし、私たちも楽しみながらやっていたので、正直悲しい」と、心境を語っていた。

 コミッションが所有地を管理するのは当然のことだが、7歳と5歳の子のレモネード・スタンドに対しては柔軟な対応があってもいいのではと、取材に語っていたアンドリュースさんだったが、翌日コミッションのオフィスに子供ともに訪れたところ、広報担当から柔軟性にかける対応を謝罪された。

 さらに担当者は、規則であっても、市民の楽しみを奪うようなものにならないよう努力すると説明していた。これを聞いたアンドリュースさんは、販売許可の手続きの簡素化や、申請料を子供たちの売り上げを損なわない金額にするよう要望していた。

 

System.String[]

 サーフィンと同じようなボードの上に立ち、パドルを漕いで水上を静かに進むスタンドアップ・パドルボード。ハワイ発祥のこのスポーツ、不安定なボードの上でバランスをとり続けることから、体全体を使うエクササイズとしても注目を集め愛好家が増えている。

 そんなスタンドアップ・パドルボードを用い、5年前からヨガクラスを始めた女性がブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーにいる。

 彼女の名前は、クリスティ・ライト・シェルさん。クラスを開始してから2年ほどは、そもそもスタンドアップ・パドルボードの知名度が低かったこともあり、どんなヨガなのか理解してもらえなかったと話している。

 しかし最近では略称のSUPヨガという言葉もはやりだし、クラスの参加者は年々倍増しているという。たまたまスタンドアップ・パドルボードの大きさがヨガマットと同じぐらいであったことから、ボードを見たヨガ愛好家が「この上でもヨガができそうだ」と思ったのが、このヨガの始まりではないかと笑いながら話していた。

 どのようなレベルの人でもSUPヨガに挑戦できるが、特に季節的にヨガを楽しむ人の間で、このヨガが人気だとシェルさん。

 彼女によれば、不安定なボード上でバランスをとり続けるため、体幹やバランスをとる筋肉のトレーニングになり、ヨガのステップアップに寄与するという。このヨガを始めたばかりの人はよく、足が震えっぱなしだと口にするが、これはこうしたバランス筋肉が覚醒してきた証拠であり、体全体のトレーニングには最適だとシェルさんは説明する。

 また常に変化する海は、どんなレベルのヨガ経験者も謙虚にさせるともいう。5年前には若干20人だった受講者も、今では約400人がスタンドアップ・パドルボードに適した季節の5月から10月の間に彼女のもとを訪れるという。

 『カナダにおけるヨガの首都』を自負するバンクーバー。SUPヨガもしっかりこの地に根付いたようだとシェルさんは取材に答えている。

 

System.String[]

 アルバータ州の高速道路沿いを、フェースペイントをほどこした男が拳銃を振りかざして走っているとの通報を受けた警察官が現場に急行したところ、それが実はキャンペーンのためにマラソンでカナダを横断中の先住民の男性だったことがわかった。

 この男性は、通称「カリブー・レグ」と呼ばれているブラッド・ファースさん。5月にバンクーバーを出発し、先住民女性が殺されたり行方不明になったりしていることへの関心を高めてもらうために、東海岸のセント・ジョンズまでをマラソンで走っている最中だった。実は彼自身、妹を昨年夏に亡くしている。

 現場にはパトカー3台が駆けつけるものものしさだったが、ファースさんが先住民の正装を身につけ、手にはハンド・ドラムを所持しているだけだったことを確認すると、このような通報があって駆けつけたと理由を彼に説明、とくに何の罰金も科さずに立ち去った。

 今回で5回目となる彼の長距離マラソン。昨年はバンクーバーからオタワまでを走破し、ユーコン準州のピール川流域保全のための基金集めと政治家への陳情を行った。この時もオンタリオ州内の高速道路沿いをマラソン中に、何回か地元警察に職務質問されている。

 そもそも、ファースさんがマラソンに目覚めたのは、あるバンクーバー市警察の警察官の一言がきっかけだった。当時ホームレスで麻薬中毒だったファースさんは、よく警察官の追跡を振り切っていたが、そんな彼に1人の警察官がかけた言葉が、「これはお前の才能だな」だった。

 それからファースさんはバンクーバー・ファルコン・アスレチック・クラブに加入、ほどなくしてバンクーバー市のトップマラソン・ランナーになった。彼はマラソンで自己を立ち直らせた。彼の当面の目標は、ジャスティン・トルドー首相と並んで走り、殺されたり行方不明になったりしている先住民女性の調査について語ることだという。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
9月20日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
第37 回VIFF 日本映画特集…V-10
マルチカルチャー弁当…V-11
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは9月20日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ