ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドのショッピングモールで5日午後6時ごろ、同市に事務所を持つ土地開発業者社長が銃撃を受け死亡した。

 死亡したアマジット・シン・サンドゥーさん(56歳)はこの日、バンクーバー市中心部で行われたチャリティーイベント、グル・ナナック・キッチンのボランティア活動の帰りに、このモールのコーヒーショップに友人とおぼしき人物と立ち寄っていた。そのあと店を出て自身の黒いピックアップトラックのところまで来たところで、近づいてきた何者かに銃で撃たれた。

 警察によると、この男は20代前半で痩身、身長は約180センチ、灰色のフード付きジャケットに暗い色のズボンを着用していたという。目撃者によると、男は消音機付きの拳銃で少なくとも6回発砲、待機していたトラックで逃走した。

 またサンドゥーさんと一緒に店を出た「友人」は、撃たれたサンドゥーさんを助けることはせず、彼の車から何かの書類をつかみ取り、現場を立ち去ったという。

 現場はコーヒーショップのほかレストランや自動車用品店に囲まれた駐車場。休日の夕方をショッピングモールで過ごす人で賑わっていたが、けが人は出なかった。しかし銃撃が再び起こるのではないかという恐れから、犯人が逃走した後も地面に倒れ血を流していたサンドゥーさんを助ける人は現れず、結局警察と救急が到着するまでの約10分間、サンドゥーさんは放置された状態だった。

 ビジネスマンであるサンドゥーさんはまた、熱心な政治活動家でもあった。彼の会社サンドヒル・デベロップメント社は、2014年のリッチモンド市の選挙の際にマルコム・ブローディ現市長に4500ドルを寄付している。また彼はキスメット・ファームの個人事業主として、ケン・ジョンストンとチャック・オウの両市議会議員に1000ドルを寄付。さらにSSBホームス社とサンパー・ベンチャーズ社を介してリンダ・マクフェイル、ビル・マクナルティ、デレック・ダン市議会議員らに3000ドルを寄付している。

 そのほか、サンドゥーさんはバンクーバーのシーク教寺院ロス・ストリート・グルドワラの運営に深く関与、同寺院の理事会とは対立関係にあったという。なお、サンドヒル・デベロップメント社はこの10年間に、数多くの民事訴訟に関わっていた。

 

System.String[]

 アルバータ州フォートマクマレーで結婚式を挙げる予定だった、べバリーさんとエドワード・ストロッサーさん夫婦。

 しかし先月猛威を振るった森林火災のため、挙式を予定していた教会は焼失。またそこに保管されていた、当日使用するはずだった飾り付けやタキシード、花嫁に付き添う女性のドレスなども灰燼に帰してしまった。

 避難命令に従い、家族とフォートマクマレーを後にした時には、こんなことになるとは思ってもみなかったと、べバリーさん。

 しかし、避難先の同州セント・アルバートで彼らは、ほとんど見ず知らずのボランティアの助けによって結婚式を行うことができた。彼らのウェディング・プランナーを買って出たエイプリル・リアルさんは、彼らは童話の絵本の主人公のようだと形容、この結婚式を実現できたことを自分たちもうれしく思っていると取材に答えている。

 式当日、バージンロードを歩いてくる花嫁の姿を見たエドワードさんは、この何週間かの間に起こった様々な困難が全て消え去っていくようだったと語っている。また自分たちがフォートマクマレーに戻ってから何がまた起きようとも、自分たちは立ち向かっていけると付け加えている。

 避難命令が次第に解除されてきたフォートマクマレーだが、ストロッサー夫婦はすぐには戻らず、まずはハネムーンを楽しむ予定だという。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドの、大型家具店イケアの近くにあるブリッジポート・インダストリアル・パーク。高圧送電線の下に設けられた全長240メートルあまりの緑地帯は、以前はどこにでもあるような手入れの行き届かない空き地だった。特に送電線の保安上の理由から、これを管理するBCハイドロが伸びすぎた松並木の約半数を切り倒した後は全くみずぼらしい景観だったと、同社の生物学者レニ・ロディックさんは回想する。

 この状態を改善したいと思ったロディックさんは、エミリー・カー・デザイン・アンド・アート大学の研究員キャメロン・カルティエさんに相談を持ちかけた。カルティエさんは、パブリックアートを導入して緑地帯を整備することを専門としている。その結果、この場所に花を植えてひとつの「作品」を完成させるとともに、ミツバチなど花粉を媒介する昆虫を呼び込む緑地帯にしようという構想に落ち着いた。

 BCハイドロとエミリー・カー大学、またリッチモンド市が共同で昨年春に植えた花々は、ちょうど満開となっている。この場所はバンクーバー空港に着陸する飛行機のルートの真下にあたり、ジェットエンジンの音が絶え間ない。しかしその合間のわずかな静寂の中、多くのミツバチなど昆虫類の羽音があたりを満たしていることがわかる。

 この時期にあわせリッチモンド市は、最近減少が問題視されている野生のミツバチに対し、こうした花粉媒介昆虫が好む花を植える取り組みが、どのような効果を与えているかを来訪者に解説するワークショップも行なった。

 自宅裏庭の小さなスペースでも、植える植物を変えることでこうした昆虫の繁殖を助けることができると、リッチモンド市で持続可能な自然環境づくりを促進するレスリー・ダグラスさん。また、このインダストリアル・パークはその見本となると話していた。

 またロディックさんによると、地上からでは分かりにくいが、何種類かの異なる色の花で作られたこの「作品」は、実はミツバチの羽を模している。バンクーバー国際空港に着陸する飛行機は、その時の風向きによって海側からアプローチしたり陸側からアプローチしたりするが、陸側からアプローチしている日には、この「作品」の全体像を飛行機から確認することができると、ロディックさんは説明している。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドに事務所を持つトップ不動産業者が、全国紙に事実無根の記事を書かれたと、名誉毀損で訴える構えでいる。

 ことの発端となったのは、全国紙グローブ・アンド・メール紙が先月掲載した記事。匿名で取材を受けたビジネスマンによると、この不動産業者レイラ・ヤンさんは暴力グループとのつながりをほのめかして彼を恫喝したという。このビジネスマンは、その時のやりとりを録音したものを新聞社に提供している。

 また彼は、ヤンさんが扱った430万ドルの住宅の売買について、入札競争をあおったのではないかという疑問を呈したあとに、彼女から恫喝を受けたと語っている。さらに彼は、この住宅には当時所有者は住んでおらず、購入者は所得税逃れをしたのではないかとも疑っていた。

 これに対しヤンさんの代理人を務める弁護士は、ヤンさんはこの人物と会ったことも話したことも、また代理となったこともなく、この記事は事実ではないとするコメントをメディアに送付している。その上で、事実無根のゴシップねたにより、自身の清廉潔白な経歴が影響を受けたとし、名誉毀損と経済的関係への妨害で告訴するつもりだとしている。

 経済的関係としては、ヤンさんはリッチモンド市内にいくつもの不動産を所有している。その中には、リッチモンド東部のブランデル通り沿いに20エーカーの土地(1100万ドル)や、No・3ロード沿いの10エーカーの土地(598万ドル)がある。

 なお告訴手続きが進行中かどうかを確認するメディアの電話取材に対しては、代理人弁護士は答えていない。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーの北にある、ホースシュー・ベイ・フェリーターミナルで5日朝、フェリーに乗り込もうとしていたトレーラートラックが岸壁とフェリーの間で立ち往生、挟まれるという事故が起こった。

 停泊していたのは、バンクーバー島のナナイモに出港予定だったクィーン・オブ・オークベイ号。当時の海は急激に潮が引いていく状態で、岸壁と船を渡すブリッジの傾斜がきつくなってきていた。これに身動きが取れなくなったトレーラーは、最終的に岸壁とフェリーの車両甲板の天井に、はさまれる形に。

 結局トレーラートラックの救出には再び潮が満ちてくるまで待たなければならず、それまでの間、このルートなどに何本かの運休が出た。フェリーを運航しているBCフェリーによると、このようなトラブルは極めてまれだが、過去にもあったという。同社では再発防止策を検討するとしている。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
8月9日号 第32号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月9日号 第32号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ