2016年10月27日 第44号

 カナダ最大の新聞社グループの一つポストメディア・ネットワーク・カナダは20日、経費削減のため人員整理をすると発表。早期退職者を募り、約20パーセントの経費削減を目標とする。この数字が達成できなかった場合は、解雇もあるとしている。

 同社は、8月末までの3カ月の損失が9940万ドルと報告、昨年同期の損失は5410万ドルだった。同期の収入は昨年の2億3020万ドルから1億9870万ドルに減少。同社によると新聞の広告収入と発行部数による収入の減少が原因としている。一方でデジタル版での収入は増加しているものの、印刷版の落ち込みを埋めるほどの伸びになってはいない。

 同社は、全国紙ナショナル・ポストをはじめ、バンクーバー・サン、プロビンス(ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー)、カルガリー・ヘラルド、エドモントン・ジャーナル(アルバータ州)、オタワ・シチズン(オンタリオ州)、モントリオール・ガゼット(ケベック州)などトロントを除く主要都市地方紙を傘下に入れているほか、サン・メディアなども含め、約4千人を抱えている。今年1月には90人の記者・編集者を解雇した。今回は全従業員を早期希望退職の対象としている。

 

2016年10月27日 第44号

 ヨガウェアで知られるアパレル会社ルルレモン・アスレティカが、7月に連邦政府に対し外国人雇用プログラムの免除を求めていたことが20日分かった。免除が実現しない場合、本社を現在のバンクーバーから移転することも示唆していた。

 同社が必要とする人材がカナダ国内では見つからないことから、海外から雇用する必要があるが、同プログラムがその妨げになっている。アパレル会社としてファッション界で世界的な競争力を高めていく必要がある中で、プログラムの免除を要請するとの内容を連邦政府に提出していた。

 現在は本社移転についてはややトーンダウンしているものの、外国人労働者プログラムがカナダの企業発展の妨げになっているとの意見がルルレモン以外からも出ているという。バンクーバー市グレゴール・ロバートソン市長もルルレモンの主張を援護した。

 外国人労働者プログラムは2014年に保守党前政権が導入。あるファーストフードレストランで外国人労働者がカナダ人の雇用を奪っていると報道されたことがきっかけとなった。導入後は海外からの雇用手続きが煩雑になっているとの指摘が噴出しているという。自由党政権になり規制はやや緩和されている。

 

2016年10月27日 第44号

 家事手伝い募集の広告がインターネット上の掲示板サイトに掲載されたが、これは事実上召使い募集の広告だと、非難された。

 広告主はバンクーバー市のガスタウンにある高級コンドの住人。広告には、専門職で働くカップルが、家事手伝いを探していると記述されていた。

 仕事の内容は洗濯、軽い食事の用意、部屋の片付けや整理整頓など。

 この広告を見たブリティッシュ・コロンビア大学で雇用と不平等について研究している教授シルビア・フューラーさんは、要は召使い募集の広告だと指摘した上で、貧富の格差が広がり続けているバンクーバーでは、必然的に起きたことだとも話している。

 またこの仕事に就いても、将来のキャリアアップのためには何にもならない点が問題だとも。

 さらに、フューラーさんは、個人宅の中だけで完結する仕事では、見合った給料が支払われなかったり、虐待や搾取的な対応をとられたりする危険性もあると警告している。

 この広告は、現在取り下げられている。

 

2016年10月27日 第44号

 農林水産省は25日、カナダ向けの日本産リンゴの検疫に関する規制が緩和され、全ての品種について輸出が可能になったと発表した。これまで「ふじ」以外の輸出は認められていなかったが、病害虫の防除などを巡って協議した結果、一定の防除や検査を行うことで他の品種も輸出を可能とすることで合意した。

 日本からの主なリンゴ輸出先では、これまでカナダとオーストラリアが「ふじ」のみに品種を限定しており、規制緩和が課題となっていた。

(共同)

 

2016年10月27日 第44号

 店舗内で調理された食品がもとで6人が食中毒を起こした、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドの中華系スーパーマーケット、フーディ・ワールドが20日に営業を一部再開した。

 同スーパーは14日に、バンクーバー・コースタル保健局から営業停止を命じられていた。

 リステリア菌による食中毒を起こした人のうち1人は死亡しているが、保健局によると、この人物は以前から健康上の問題を抱えていたため、食中毒が直接の死因かどうかははっきりしないという。

 いずれにせよ、保健局はフーディ・ワールドが衛生検査に合格したため、同店の肉・魚の生鮮食料品と青果、食料雑貨の営業再開を許可した。

 なお火を使う調理場、ベーカリー、寿司バーは、引き続き閉鎖されている。

 保健局では、同店で7月から10月14日の間に調理された商品(バーベキュー・ポークなど)は食べないよう、注意を呼びかけている。

 

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ