連邦政府ジョン・マッカラム移民・難民・市民権相は8日、オンタリオ州ブランプトンで記者会見を行い、ことしの移民受け入れ数を大幅に増加することを発表した。

 同移民相は2016年に28万から30万5千人の永住者を受け入れるとし、前年の保守党政権の計画2015年末までに26万から28万5千人受け入れから大幅増となる。

 内訳は、約15万から16万人がケアギバー、州政府推薦、技能労働者などの経済関連移民で、7万5千から8万2千人が配偶者、子供、親、祖父母など家族移民、5万1千から5万7千人が難民、人道的理由での受け入れとしている。ここには1万8千人の民間支援難民も含まれる。

 シリア難民に関してはことし2月末までに政府・民間支援合わせて2万5千人を達成したことをカナダ政府はすでに発表。今年中にさらに政府支援1万人を受け入れるとしている。

 マッカラム移民相は、「移民政策が大きくシフトしたことを示したものとなった。家族の合流、経済成長、そして難民や保護を必要としている人々の受け入れるカナダの人道的な支援へとシフトした」と語った。

 さらに保守党政権時代に滞っていた家族移民申請者の審査を迅速にし、未処理・保留申請を減らしていくとも語った。

 

 ファイナンシャル・ポスト電子版は7日、マレーシア国営企業ペトロナス社が今月31日までに連邦政府の承認がなければ、現在ブリティッシュ・コロンビア州北西部で計画中の液化天然ガス(LNG)開発から撤退すると連邦政府に通告したという関係者の証言を伝えた。

 自由党新政権は環境対策強化を進行中で、それがペトロナス社が率いるパシフィック・ノースウエストLNG計画にも影響するという。これまでも計画発表からここまでに、度々の遅延と後退に悩まされてきた。先住民族や環境活動家の反対はもちろん、BC州政府の遅い対応、アメリカのLNG輸出による競争激化、原油価格急落に同調する価格の下落、さらに、保守党政権時代ですら高水準だった環境対策、それでも同計画だけが現在最終投資決定し、計画を前進させている。記事では、ペトロナス社はこれ以上の変更は許容できないと語っていると伝えている。

 LNGを取り囲む状況はBC州で計画が持ち上がった時から大きく変化している。最も影響を及ぼしているのが原油価格急落による価格の暴落で、ことしに入りアルタガスのダグラス・チャンネルLNGはすでに開発停止、ロイヤルダッチシェルは最終投資決定をことし末まで引き延ばした。これでパシフィック・ノースウエストが撤退すればBC州にとって大きな打撃となる。

 この記事についてBC州政府はそういう話はないと否定。これまで通り計画は進行していると記事内容は真実でないと語った。8日クリスティ・クラーク州首相もペトロナス社はそういうことは言っていないと否定し、記事が不正確なのではと語っている。

 

 ブルームバーグ電子版は7日、カナダ・モーゲージ&ハウジング・コープ(CMHC)が国内の3都市で海外資本による不動産売買の調査を強化することを計画していると伝えた。

 CMHCは現在、海外投資家によるカナダ国内での住宅市場への影響を正確に示すデータがないことを認め、調査の強化方法を話し合っていると語ったとも伝えている。

 バンクーバー、トロント、モントリオールが調査の対象で、特にバンクーバーとトロントは近年急激な不動産の高騰により一般市民が購入できないほどの価格まで達している。不動産価格の急騰についてはブリティッシュ・コロンビア州政府もようやく重い腰をあげ、来年度予算案の最優先事項として取り上げた。

 これらの都市での不動産売買には、マネーロンダリングの可能性もあるとして警察や税務署とも連絡を取っていることも明らかにした。

 

 国際女性デーの8日、ジャスティン・トルドー首相は次の機会にはカナダ紙幣に女性の肖像画を採用すると発表した。「2018年に予定されている次回の紙幣印刷で女性の肖像画を採用する」と語った。

 国際女性デーのこの日からカナダ銀行は国民から紙幣肖像画に相応しいカナダ人女性の候補の募集を始めるという。4月15日までカナダ銀行のウェブサイトからできる。ただし採用されるのは、実在した人物で1991年4月15日以前に亡くなっていることが条件。同銀行はどの紙幣に採用するかは明らかにしていない。

 建国から150年近くも経って、エリザベス女王以外の女性が一度も紙幣の肖像画に採用されていないのは明らかに時代遅れと、記者会見に同席したビル・モルノー財務相も語った。

 

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市は、使用されていない鉄道敷地の買収でカナディアン・パシフィック鉄道と合意に達したと、7日発表した。

 対象となるのは、ミルトン通りから1番アベニューまでを南北に延びるアービュタス線の敷地で、総延長約9キロメートル、面積は42エーカーで、買収額は5500万ドル。

 鉄道輸送には全く使われていなかったこの敷地は、4年以上市と鉄道会社の間で買収交渉が続けられてきたが、双方の折り合いがつかず合意点を見出すことはできなかった。さらに、2014年夏には鉄道会社が敷地内に作られていた市民菜園を一方的に撤去、この問題がにわかに脚光を浴びることとなった。

 バンクーバー市市長グレガー・ロバートソン氏は、今回の合意は歴史的なものと評価、市はこの敷地をフォールス・クリーク地区からマーポール地区までを結ぶ市民のための徒歩・自転車専用道路(グリーンウェイ)の整備に取り掛かるとしている。その手始めとして、アービュタス・グリーンウェイ・プロジェクト・オフィスを設置、同グリーンウェイのデザイン・プロセスを監督するとともに、最終デザイン案に対する市民からの意見を受け付けることにしている。

 

 

今週の主な紙面
5月24日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
オタワ便り~小倉マコのこんな毎日~ その31…V-15
5ドルクッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは5月24日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ