2018年1月11日 第2号

 カナダ人でアフガニスタンに5年間人質として捕らわれていたジョシュワ・ボイル(34)さんが、15件の罪に問われていることが明らかになった。2日にカナダ・ブロードキャスティング・コープ(CBC)が報じた。

 報道によると、ボイルさんは暴行、性的暴行、監禁、脅迫などの罪に問われているという。事件を起こしたのは2017年10月14日から12月30日の間で、1月1日に裁判所に出廷。拘留されたまま3日にも出廷し、保釈請求の聴取の延期が告げられた。8日に再び出廷している。

 ボイルさんは、2012年10月にアフガニスタンをアメリカ人の妻カイトランさんと旅行中に、タリバン系グループに誘拐された。昨年10月にアメリカ政府により救出された。しかし、以前にアメリカ軍に捕虜として捕らえられていたオマー・カーダルさんを支援していた経緯があることから、アメリカに入国することを拒否。カナダに帰国した。

 帰国後の記者会見では、人質として捕らえられていた5年間に、妻カイトランさんが4人の子どもを出産したが、一番幼い一人が殺害され、妻も性的暴行を受けたと告白した。タリバンはこうした事実を否定している。

 今回の件について、ボイルさんの代理人は、全ての罪状について否認していると語っている。

 1月8日にも出廷している。

 

 

 

今週の主な紙面
4月19日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
アートの町・ポートムーディで個性が響き合う“一写入魂”の作品展開催中…V-2
東洋医学の杜…~鍼灸・漢方専門医のつぶやき~第1回 不眠症の鍼灸・漢方治療…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康 第26回…V-21
ホワイトキャップス、ホーム連続不敗記録11で止まる…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月19日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ