2018年1月11日 第2号

 連邦保守党アンドリュー・シェア党首は4日、上院リン・ベヤック議員を保守党から除名すると発表した。

 ベヤック議員は先住民族に対する差別的なコメントを書いた手紙約100通を自身の上院サイトに掲載。以前に自身が発言した先住民族に対する差別的な発言についての言い訳を綴っていた。

 ベヤック議員は昨年、先住民族に対して連邦政府が取った政策「レジデンシャル・スクール」について、この政策は先住民族の人々にいい影響もあったなどと発言して非難を浴びたことがある。

 レジデンシャル・スクールは、1830年代から1990年代まで続いた連邦政府が取った先住民族への文化一掃政策。先住民族の子どもたちを親から引き離し、寄宿生活を強制、キリスト教への改宗を強いたほか、先住民族の言語・宗教の使用や文化を禁止したり、肉体的、性的、言語的暴力が日常茶飯事に行われていたことが明らかになっている。

 レジデンシャル・スクールを経験した先住民族の人々の多くは今でも精神的、肉体的な後遺症に悩まされており、カナダ政府は2008年に当時の保守党政権スティーブン・ハーパー首相が、レジデンシャル・スクール政策について公式に謝罪した。

 シェア党首は声明の中で、ベヤック議員に対してサイトへ掲載したコメントを削除するよう求めたが、本人が応じなかったと述べている。そのため、ベヤック議員を保守党から除名することを決定したと語っている。「サイトに記載されているコメントを拡散させることは保守党の上院議員として受け入れがたい」と理由を述べている。

 カナダの上院議員は任命制で、恒久的に議員を務める。党は議員を罷免できないが、党から除名することはできる。2013年には経費不正受給問題で、保守党がマイク・ダフィらを除名。また自由党が野党時代に自由党上院議員を党から切り離すことを発表。元自由党上院議員は現在無所属という立場で議員活動を行っている。

 

 

 

今週の主な紙面
1月18日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
桜楓会 笑顔の花咲く新年会…V-12
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは1月18日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ