2017年4月6日 第14号

 グレーターバンクーバー不動産協会は4月4日、3月の同地域での住宅販売数が前月比では47・6パーセント増加したものの、前年同月比では30・8パーセント減少したと発表した。

 ベンチマーク価格は前月比1・4パーセント上昇し91万9300ドル。ただ過去6カ月では0・8パーセント下落した。

 バンクーバーは国内で最も不動産価格が高い。昨年8月にはブリティッシュ・コロンビア州政府が、海外購入者税15パーセントを導入。高騰し続けるバンクーバーの不動産の要因に、海外からの莫大な投資資金が関係しているとの判断だった。

 連邦政府も住宅ローンの規制を強化するなど、不動産価格を安定させるための政策は取っているが、これまでのところ大きな成果は出ていない。

 最近ではバンクーバーでは落ち着きを見せている不動産がトロントで高騰を続け、話題となっている。

 カナダ銀行スティーブン・ポロズ総裁は、同銀行の低金利政策が住宅価格高騰に影響していることは考えにくいとの見解をインタビューで語っている。カナダ銀行は現在金利を0・5パーセントとしている。

 

 

2017年4月6日 第14号

 ブリティッシュ・コロンビア州内陸部の町タッペンで、5エーカーの土地が売りに出された。

 土地にはリノベーション済み一軒家のほか、900平方フィートの自動車修理施設、1200平方フィートの鉄骨製倉庫が含まれている。そして、何よりも、この物件が注目を浴びている理由は、この土地で保管されている340台以上のビンテージカーが含まれていること。

 所有者のマイケル・ホールさんは、がけなどで崩落の危険のある、もろくなった岩を除去する、いわゆるロック・スケーラー職人で、ビジネス・オーナーでもある。

 そんな彼がビンテージカーの収集を始めたのは、およそ40年前のこと。当時はBC州内陸部の中核都市カムループスに住んでいたが、そのコレクション数が尋常でなくなり始めると、市当局からさまざまな指導が入るようになった。

 それを嫌い夫婦でタッペンに引っ越したホールさん。土地には中古車回収業の利用許可もちゃんと取得している。さらに友人からレッカー車を購入したホールさんは、さらに収集を加速、この3〜4年の間に新たに150〜200台を買いあさったという。その中には、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で有名になったデロリアンや、1941年型ドッジ・ビジネス・クーペ、1968年型シボレー・シェベルSS396などがある。(ちなみに、このシェベルは手放さないという)。

 いずれにせよ、ホールさんほどカーマニアではない奥さんは、ついに「もうたくさん」と引導を渡した。しかしホールさんにとって、この土地と車を売りに出すことは容易な決断ではなかった。これらがなくなれば、自分の人生に大きな穴があくことになると、ホールさん。それでも、この趣味が常軌を逸したものだということは認識しているし、家族のために必要な選択だと語っている。

 ホールさんの土地の売買を担当している不動産業者には、1日に15件以上の問い合わせが来ているという。

 

 

2017年4月6日 第14号

 カナダの航空会社大手ウェストジェットは3月31日、はしかを発症した乗務員が勤務していた航空機に乗り合わせた乗客に、はしか感染の恐れがあると発表した。

 感染の可能性があるのは、次の便。

3月22日 アボッツフォード発カルガリー行き450 便
3月22日 カルガリー発オタワ行き610 便
3月22日 オタワ発トロント行き369 便
3月23日 トロント発モントリオール行き590 便
3月24日 モントリオール発トロント行き581 便
3月24日 トロント発イギリス領タークス・カイコス諸島プロビデンシアレス島行き2668 便
3月24 日 イギリス領タークス・カイコス諸島プロビデンシアレス島発トロント行き2669 便

これらの便を利用し、発熱や風邪のような症状を覚えた場合は、医師の診察を受けるよう呼びかけている。またオンタリオ州トロント市保健局は、市内で3件のはしか感染が確認されたとの注意情報を出し、感染ルートを調査している。

 さらに同保健局は、次の国際線でもはしか感染の恐れがあるとしている。

3月19日 インド・デリー発アラブ首長国連合ドバイ行き、エミレーツ航空517 便
3月20日 アラブ首長国連合ドバイ発トロント行き エミレーツ航空241 便

 はしかは感染力が高く、予防接種を受けていなかったり、過去にはしかを患っていなかったりした人には、感染の可能性がある。

 

 

2017年4月6日 第14号

 ニューファンドランド・ラブラドール州のニューファンドランド島西端部、州都のセント・ジョンズ近くの海岸で、流氷に閉じ込められたイルカやクジラが相次いで死亡した。

 場所はベル島の入り江。4月1日午後には少なくとも11頭のハナジロカマイルカ(whitebeakeddolphin)が、流氷に覆われた入り江に閉じ込められたのを住人が確認した。なんとか海水面が開けたところへ移送しようと、住人25人あまりが吹雪の中、イルカを捕獲用ストレッチャーに乗せ、それをトラックで海水面にアクセスできる場所まで搬送し、海に返す作業をくり返した。

 その結果、5頭を無事に解放することができたが、残されたイルカの生存は危ういとみられている。

 ベル島・ワバナ町のゲーリー・ゴシン町長は、今年は例年になく厚い氷が島を取り囲み、フェリーによる物流も遅れがちになっていると、取材に答えている。また、このような状況は7年ぶりとのことだが、イルカが閉じ込められるという事態は初めてだとも話している。

 また同州西部の町オールド・パーリカン近くでは、3月31日にザトウクジラが、やはり流氷に閉じ込められた。同州のクジラ救助団体(WhaleRelease and Strandings)が救出を試みたものの、取り囲む氷が厚すぎ、砕氷船による脱出路の確保ができなかった。

 体長およそ14メートルの、このクジラは、その呼吸音から呼吸器系に支障をきたしているようにみられた上、付近の氷は大量の出血により赤く染まっていた。

 同地方は週末から3日にかけてふぶき模様の天気で、救助を試みた人はクジラに近づくことも、ままならなかった。3日未明にはクジラのまわりの氷は押し流されてなくなったものの、クジラは、その場にとどまっていたという。おそらく打ち上げられた浅瀬から移動するだけの体力が残っていなかったのではと、同町ではみている。またクジラは、いかにも困難に陥ったかのような不気味な音を出していたという。それは心に突き刺さる、赤ん坊のすすり泣きのように聞こえたと、町職員は形容している。

 結局、このクジラは死亡が確認された。

 

 

2017年4月6日 第14号

 メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは4月1日、BCプレースでLAギャラクシーと対戦。後半3得点と爆発して4ー2で勝利し、今季初白星をあげた。

 先制したのはホワイトキャップス。19分にMFテチェラ(#13)が決めて1ー0。しかし、前半に2点を返され1ー2と逆転されて後半を迎えた。

 後半はFWモンテロ(#12)、MFチャニ(#16)を投入。これがズバリと当たり、66分にモンテロが、67分、87分にはMFラバ(#15)が決め、4ー2とギャラクシーに快勝した。

 これでホワイトキャップスは今季ようやく1勝目。5日にはCONCACAF チャンピオンズリーグ準決勝で、メキシコのタイガースUANLとBCプレースで対戦する。

 

 

 

今週の主な紙面
7月11日号 第28号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Hello Community「マーポールチャリティーガレージセール最終報告」…V-3
地震注意喚起情報…V-6
MOVIES TIME OUT…V-11
世界各国からミュージシャンが集まる バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは7月11日号 第28号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ