冬のお出かけ

雨季ともいえそうな雨量を誇るバンクーバーの冬。夏ならもっと楽しめるアウトドアも冬には限定されてしまいがち。天気が悪いことで季節性うつ症状を経験する人も多いこの季節を少しでも楽しくするためのアイディアを集めてみました。(取材 大島多紀子)

クリスマスの定番と言えば、バレエ『くるみ割り人形』。バンクーバーに拠点を置くGohバレエ・アカデミーの公演に加え、今年は北米で最も歴史のあるバレエ団、ロイヤル・ウィニペグ・バレエ団がバンクーバーにやってくる。
子どもから大人まで楽しめる夢いっぱいのストーリー。チャイコフスキーのお馴染みのメロディーが、クリスマス気分を一層盛り上げてくれること間違いなし。(取材 ルイーズ阿久沢)

パシフィック・シネマティークでは、12月7日(金)から1月3日(木)まで、スタジオジブリによる計14作品の映画を上映する。家族で楽しめるジブリ映画をお見逃しなく。(取材 熊坂香)

日本で長年スタイリストとして培った経験を生かし、ビンテージの着物を日本で買い付け、丹念に糸をほどいた着物地を使って独自のデザインでドレスやスカーフの制作に励む文江 ヴォン デーンさん。日本文化芸術専門家のまい子・ベアさんの解説とともに、文江さんの新作コレクションを紹介する。(取材 ルイーズ阿久沢)

スキー・スノーボードシーズン到来!家族と仲間と楽しく滑りに行こう!

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。