カナダ人の彼からの愛情表現 あなたはどう受け止める?

おはようやお出かけのキス。ことあるごとに聞かれる“アイ・ラブ・ユー”。カナダ人の彼が見せるストレートな愛情表現に、戸惑いを感じる人もいるのでは? 国際結婚の会ワークショップ(JCCA後援・隣組協賛)2月のテーマは『コミュニケーション 愛情表現編』。約20人が参加し、精神科医、野田文隆先生の話を聞き、話し合った。

会った瞬間から、相手を引き寄せるようなオーラがあふれ出すピアニストのサラ・デイヴィス・ビュクナー氏。流暢な日本語にジェスチャー交じりの愉快な会話。阪神タイガースの話を始めたら止まらない。 
4月10日に行われるチャリティー・コンサート開催に向けて貢献したビュクナー氏に話を聞いた。

バンクーバーの南、シアトルの北にあるスカジットバレー。毎年、春になると、色鮮やかなチューリップの絨毯に覆われ、チューリップフェスティバルが開催される。300エーカーを超えるチューリップを見るために、毎年、100万人以上が訪れるという人気のフェスティバルだ。

トロントに4-2と快勝!!

鮮烈なデビュー戦となった。3月19日、試合開始前、どんよりと覆っていた黒い雲は、試合開始時間が迫るとともに消え、キックオフにはまるでキャップスのデビュー戦を祝福するかのように太陽が顔を出し、青空が広がった。バンクーバー・ホワイトキャップスはこの日、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)デビュー戦を迎えた。対戦相手はトロントFC。MLS史上初、カナダチーム同士の対戦となった。期待に胸膨らむキャップスの新しい歴史の一ページを華やかに飾ったのは、選手たちの躍動感あふれるプレーと、スタジアムに詰めかけた満員のファンの大歓声だった。

-地震の発生は止められない。でも、被害は努力次第で減らすことができる-

 

ニュージーランド・クライストチャーチ市の大規模地震からまだ間もない11日、今度はマグニチュード9.0という、国内観測史上最大の巨大地震が日本を襲いました。地震、津波、火災などによる被害の実態は徐々に明らかになってきている段階ですが、被災をされた方にお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方に心からのご冥福をお祈り申し上げます。

 

今週の主な紙面
1月18日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
桜楓会 笑顔の花咲く新年会…V-12
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは1月18日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ